カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

ドル高でもビットコイン底堅く ファン理論の中央ラインで足踏みか | ビットバンク マーケット情報

4日のビットコイン(BTC)対円相場は44,636円(1.13%)安の3,898,809円と反落。相場は一時、先月29日ぶりに節目400万円に乗せたが、欧州からNY市場序盤にかけて売られ380万円まで押す場面もあり、1週間ぶりの高値で揉み合いとなっている。東京市場のこの日のBTC相場は子確り。ライトコイン(LTC)やビットコインキャッシュ(BCC)相場が押したことで上値が抑えられる場面もあったが、前日のペイパルの暗号資産(仮想通貨)サービス拡大の発表も後押しとなり、29日高値(402万円)を更新すると408万円にタッチ。欧州市場序盤には金相場が下げ足を速めBTCも連れ安となるとこの日のマイナス圏に沈み、NY市場の始まるタイミングで金の一段安に追随する形で380万円まで押したが、その後は押し目買いが入り反発し、株式市場でのリスクオンも後押しとなったか下げ幅を解消。しかし、足元では戻り売りが入り390万円周辺での推移となっている。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 3日連続の陽線を記録し400万円に迫る、上昇のモメンタム再び | ビットバンク マーケット情報

2月3日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは6%上昇し続伸しました。昨日の終値は394.3万円を記録し400万円の大台に接近しています。現在3日連続の陽線を記録し、3日間の上昇率は約15%です。オシレーターはすべて上昇しており良好なモメンタムを示唆しています。短期オシレーターのCCIは2日前、Fisherは3日前からプラス域に突入し強気を示唆していました。MACDは昨日、遅行線を上回りゴールデンクロスが発生しました。下落していたADX(19)は下げ止まっており、今後のトレンド発生が期待できる状況です。ビットコインは現在強く買われており強い高値を目指す相場展開に発展しています。ボラティリティも上昇傾向にあり強いプライスアクションが見られます。オシレーターもすべて上昇しており上昇の流れが来ています。強気のチャートが形成されておりテクニカル的には買いポジションが推奨されています。1時間足などの短期チャートでは、押し目を付けながらキレイに上昇していることがわかります。400万円を終値ベースで超えてくると最高値を試す展開に期待が持てる状況になるでしょう。
カテゴリ: | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ステラ相場分析 : 非常に強い値動きがみられ高値更新を狙う展開 | ビットバンク マーケット情報

2月2日のステラの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のステラは5.6%上昇し強く買われました。終値は35.4を記録し2日連続の陽線となりました。オシレーターはすべて上昇しており強気トレンドを示唆しています。CCIは100を超え、Fisherも遅行線を上回り買いシグナルが出ています。今週の始めからMACDではゴールデンクロスが発生しており、長期のオシレーターも上向きで推移していました。ADX(21)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ステラは今週買われる傾向が強く高値を試す展開になっています。オシレーターはすべて上昇しモメンタムは非常に良好です。テクニカルでは買いポジションが推奨されています。本日もすでに高値圏で取引されており買い需要が継続している様子が伺えます。今後の高値更新に期待できる現在の値動きです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : モメンタムは上向き推移、上昇局面再び到来か | ビットバンク マーケット情報

2月2日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、強く買われ大きく上昇しました。上昇率は6.4%を記録し終値は371万円でした。終値は2週間の高値を記録しました。昨日の上昇によりオシレーターは上向き推移に移行しており、モメンタムの改善がみられました。CCIはここ10日間の高値を記録し、Fisherもプラス域を回復し買いシグナルが点灯中です。MACDは本日から僅かに遅行線を上回りゴールデンクロスが発生しています。ADX(19)は下落しており相場にトレンドがない状態であることを示唆しています。今週のビットコインは2日連続の陽線を記録しいいスタートを切ったと言えそうです。先週の終値ベースの高値を更新し非常にいい流れが来ています。テクニカルでは買いポジションをサポートするシグナルが増えています。遅行線を下回り下降を続けていたMACDも上昇し始めていることから、相場が再び上昇局面に入った可能性があります。今後は先週跳ね返された400万円を超えるか否かが重要なラインになりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTCは下降トレンドライン上抜け リスクオン続くか米指標に注目 | ビットバンク マーケット情報

2日のビットコイン(BTC)対円相場は224,644円(6.45%)高の3,710,000円と、先月22日から続いたレンジの上限を終値で超え、中期下降トレンドラインの上抜けにも成功した(第2図内紫線)。この日のBTCは概ね確り。DeFi関連銘柄の上昇を受けイーサリアム(ETH)に買いが入り、BTCも東京市場時間から連れ高となり、欧州序盤にはレンジ上限の362万円を突破。その後は同レンジ上限周辺がサポートに転じ、マイクロストラテジーのBTC追加購入や欧米株の上昇を眺め、今朝方に370万円台に乗せた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 強い買い需要が継続し底堅く推移、アセンディングトライアングルを形成 | ビットバンク マーケット情報

2月1日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のイーサリアムは4%上昇し終値は14.3万円でした。価格は最高値圏でコンソリデーションしており強いプライスアクションが見られます。安値を切り上げるチャートを形成しています。オシレーターはすべてプラス域で推移しており強気示唆です。短期オシレーターのCCIとFisherは上昇傾向にあります。価格がレンジ推移している影響からMACDは下落傾向にあります。ADX(27)は下落しておりトレンドが弱体化していることを示唆してます。イーサリアムは買い需要が強く底堅く推移しています。現在は最高値の更新を試す展開になっています。テクニカル的には買いポジションが推奨されています。アセンディングトライアングルを形成しており、高値を更新する可能性が高いことを示唆しています。価格はかなり煮詰まってきており、相場が動きだすタイミングが近づいていると予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 価格は移動平均線を上下に推移、価格調整続く | ビットバンク マーケット情報

2月1日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのFisherとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは小幅に上昇し2日連続の陽線を記録しました。終値は348万円を記録し僅かに移動平均線を上回りました。オシレーターは強気と弱気がまじり、強い方向感を示していません。CCIはマイナス域で推移し、FisherとMACDはプラス域で推移しています。長期オシレーターのMACDは遅行線を下回り下降を続けています。ADX(20)は下落しておりトレンドが弱い状態にあることを示唆しています。ビットコインは短期移動平均線の上下を行き来し小さなレンジで推移しています。相場は価格調整が続いており、大きなトレンドがない状態にあります。トレンドがない状態ではオシレーター系インジケーターも騙しが多くなるため注意が必要です。相場は中立にあり大きなリスクを取りに行く場面ではないようです。引き続き大きな動きがあるまで様子見となりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 週末に55%を超える上昇を記録、価格は50円台を回復 | ビットバンク マーケット情報

1月30日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは週末に強く買われ相場は一気に強気トレンドに突入しました。土曜日の上昇率は55%を記録しました。昨日の日足は雲を突き抜け終値は51円まで上昇しました。価格の上昇と共にオシレーターも上昇しており強気のモーメンタムを示唆しています。長期オシレーターのMACDも先週末、1ヶ月ぶりにプラス域を回復し買いシグナルが点灯しました。低位に沈んでいたADX(18)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。リップルは週末に高騰し価格は長期移動平均線の53EMAも飛び越え強気のチャートを形成しています。本日も13%上昇した高値圏で取引されており買いが継続しています。リップルは上昇のモーメンタムを掴んでおり、昨年末の高値70円を超えることができるかに注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 先週末に400万円までの急騰も全戻し、高値を切り下げる | ビットバンク マーケット情報

1月30日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。週末のビットコインは2日連続で陰線を記録し移動平均線を下回りました。昨日の終値は345.5万円でした。先週金曜日は一時的に価格が400万円まで高騰しましたが、その後に強く売られ弱いプライスアクションがみられました。オシレーターは下降トレンドが続いており弱気のモーメンタムを示しています。短期オシレーターのCCIとFisherはマイナス域で推移しています。MACDは遅行線を下回りゼロライン付近で推移しています。ADX(21)は下落しており相場のトレンドが弱い状態にあることを示唆しています。ビットコインは先週金曜日の高騰後、徐々に売られており価格を下げています。チャートストラクチャーは高値を切り下げる弱気チャートを維持しています。本日は今のところ2%ほど高値で取引されています。相場は価格調整相場に入っており、レンジでの推移が続いています。チャートはやや弱気に傾いている一方、売り手も300万円のサポートを割り込むのに苦労しているようです。ADXはまだまだ下げ余地を残しており、今週もレンジで推移する可能性が高そうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

マスク砲不発でBTCは乱高下 レンジ上方ブレイクにまさかの失敗 | ビットバンク マーケット情報

先週(1月25日〜31日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比104,139円(3.11%)高の3,455,890円。週足終値ベースでは小動きとなったが、先週はリスク回避のドル買いとビットコイン独自の強材料が入り混じり、週次では約100万円値幅の大きな動きを見せた。先週のBTC相場は、米時間27日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見で早期のテーパリング懸念が後退し、305万円から切り返すと、Reddit個人投資家グループによるドージコイン(DOGE)相場の押し上げと、29日のイーロン・マスク砲で一気に400万円まで戻し、一時はレンジ上限(第2図オレンジ線)の362万円を突き抜けたが、同日NYでの株価急反落によるリスクオフムードの波及で反落し、終値でのレンジ上限ブレイクに失敗した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 安値を切り上げる強気チャートを維持、高値を試す展開に | ビットバンク マーケット情報

1月28日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のイーサリアムは6.8%上昇した陽線を記録しました。終値は13.8万円でした。価格は再び移動平均線の上位に浮上し、強い値動きが見られました。短期のオシレーターは上向きで推移しモメンタムが良好であることを示唆しています。Fisherは本日からゴールデンクロスが発生しています。MACDはプラス域を維持している一方、緩やかに下落しています。ADX(29)は下落傾向にあり、トレンドが弱体化していることを示唆しています。イーサリアムは安値を切り上げるチャートを形成しており、強気トレンドが継続しています。昨日は再び移動平均線を上回り高値を試す展開になっています。テクニカルでは強気を示唆するシグナルが多く買いポジションが推奨されています。今後、最高値の15万円を更新できる否かに注目があつまります。短期は強気である一方、長期で見ると徐々に上昇の勢いが落ちてきており、ADXも下落傾向が続いています。15万円付近のレジスタンスはかなり強いようです。今後、高値を切り下げるチャートになると一気に弱気になる可能性もあるため、最高値圏での値動きは要注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 300万円付近から反発、再び強く買われる | ビットバンク マーケット情報

1月28日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。CCIとFisherはマイナス域で推移しています。昨日のビットコインは強く買われ9.4%上昇してました。終値は347万円を記録し移動平均線を上回りました。約1週間ぶりとなる移動平均線の上位を回復しました。昨日の上昇により下降傾向にあった短期オシレーターは反転し始めています。Fisherではゴールデンクロスが発生し売りシグナルが解消されました。下降を続けていたMACDも下げ止まりを見せています。ADX(25)は下落が継続しており相場のトレンドが弱くなっていることを示唆しています。ビットコインは昨日、久しぶりの移動平均線上位を回復し強い値動きをみせました。300万円付近でサポートされ反発しました。オシレーター系インジケーターも反転を見せておりモメンタムの回復が確認されています。短期の方向感は上を向いており360万円を回復できるかが注目のポイントなります。移動平均線の上位を維持するようなら来週から再び買われる展開も予想されます。チャートストラクチャーは高値を切り下げる形が崩れておらず、ADXもトレンドが弱い状態を示しています。まずは昨日の上昇に持続性があるか確認したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

Reddit効果で柴犬が暴騰 ビットコインも急旋回で下げ幅奪回 | ビットバンク マーケット情報

28日のビットコイン(BTC)対円相場は300,197円(9.46%)高の3,472,251円と急反発し、前日の下げ幅を完全に奪回した。アルトコインも全面高となり、柴犬をモチーフとするドージコイン(DOGE)には、ゲームストップ株のショートスクイーズを再現しようとRedditの個人投資家が殺到し、一時260%強高と暴騰した。前日のBTC相場は、アジアから欧米の株式市場の下落を受けたドル高の影響で一時30,000ドル(≒312万円)を割り込む場面があったが、「テーパリングの議論は時期尚早」との米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言が好感され下げ幅を縮小し始めた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ステラ相場分析 : 安値を切り下げるチャートパターンを形成、24円のサポートに近づく | ビットバンク マーケット情報

1月27日のステラの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のステラは強めに売られ8.2%下落した陰線を記録しました。終値は24.8円でした。移動平均線の下位での推移が続いており弱気のプライスアクションが見られます。オシレーターは短期長期共に下落傾向にあり、モメンタムが悪いことを示唆しています。Fisherではマイナス域に突入した1月22日から売りシグナルが点灯していました。長期オシレーターのMACDも下降トレンドが続きマイナス域と突入間近となっています。ADX(20)は下落しており相場のトレンドが弱くなっていることを示唆しています。ステラは高値を切り下げ続ける弱気のチャートパターンを形成しています。24円のサポートを割り込むと更に下落する可能性があります。相場は上昇トレンドがピークアウトした可能性があり、売りポジションをサポートするシグナルが多く点灯しています。現在はサポートラインへ徐々に近づいており、24円付近の重要な価格帯の値動きには注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 間近安値を更新し弱い値動きに、300万円に接近 | ビットバンク マーケット情報

1月27日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは5.6%下落した陰線でした。間近の終値ベース安値を僅かに更新し317.2万円を記録しました。徐々に安値を切り下げており弱気の値動きが続いています。短期オシレーターはマイナス域で推移しており売りポジションを支持しています。CCIは-100を下回り、Fisherは遅行線を下回り下落しています。長期オシレーターのMACDが唯一プラス域を維持していものの、こちらも急落しており数日以内にマイナス域に突入するものと予想されます。ADX(26)は下げ止まりを見せており、下落トレンドに傾きつつあることを示唆しています。ビットコインは小幅なレンジ推移から下抜けする動きをみせ、間近安値を更新し弱いプライスアクションが再び発生しました。オシレーターは概ね弱気トレンドをコンファームしており、短期の目線は完全に下になりました。強い反発があれば絶好の売り場になりそうです。短期のチャートストラクチャーは高値と安値を切り下げており、この形が崩れるまでは下目線が継続することになります。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ライトコイン相場分析 : 高値を切り下げる弱気のチャートストラクチャーを形成、安値更新でもう一段安懸念 | ビットバンク マーケット情報

1月26日のライトコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のライトコインは2.4%下落し、終値は1.39万円でした。2日連続の陰線を記録し、本日も安値で取引されています。オシレーターは下降トレンドにありモメンタムは良くない状況にあります。Fisherでは昨日デスクロスが発生し売りシグナルが点灯しました。MACDも継続的に下落しており、このまま推移した場合、今週中にマイナス域に突入することが予想されます。ADX(20)は下落しており、昨年末から続いていた上昇トレンドがほぼ消滅したことを示唆しています。ライトコインの価格は高値を切り下げる弱気のチャートストラクチャーを形成しています。オシレーターも下降トレンドにあり弱気を示唆しています。テクニカル的には売りポジションが推奨されています。終値が1.34万円を下回り安値を更新するともう一段の下落が予想されるため注意が必要です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 価格は安値圏を抜け出せず、強かった買い需要の減退か | ビットバンク マーケット情報

1月26日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインはほぼ横ばい推移で終値は336.2万円でした。一時今週の安値を更新し320万円まで下落しましたが、終値にかけて反発しました。安値圏で揉み合う展開が継続しています。オシレーターは引き続き弱気を示唆しています。CCIは-100を下回り、Fisherでは再びデスクロスが発生しています。MACDは遅行線を下回りゼロラインへ突入間近です。ADX(26)は下落傾向にありトレンドが弱い状態にあることを示しています。ビットコインは今週に入り小幅な値動きを繰り返し価格調整相場が続いています。価格移動平均線の下位で推移していることから、やや弱気な値動きと言えます。オシレーターも下降傾向にあり弱気を示唆しています。現在は次の大きな動きに向けた準備相場にあると考えられますが、テクニカルでは下落の継続を示唆するシグナルが多く見られます。短期では、数週間前に見られた強い買い需要が減退しており、移動平均線の上位を回復するような強いプライスアクションが確認できるまで買いポジションを手控える必要がありそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

イベント前で動意に欠けるビットコイン トウバ出現も底堅く | ビットバンク マーケット情報

26日のビットコイン(BTC)対円相場は5,928円(0.18%)高の3,362,201円とほぼ変わらず。テクニカル的に更なる下値リスクが懸念される一方、決定的な弱材料にも乏しく、本日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策発表とパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見を前に、直近の相場は方向感を示せずにいる。前日のBTC相場は上値を試す展開を演じるも、21日に下方ブレイクした三角持ち合いの下辺で跳ね返され反落。昨日もNY市場まで概ね上値の重い展開が続き、一時320万円まで押し、対ドルでは節目31,000ドルを割り込んだが、外為市場での広範なドル売りが相場の支えとなり同水準から切り返すと、今朝方にはプラス圏に浮上し340万円まで戻す場面もあった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : リップルは緩やかな下落トレンドが継続、ボラティリティは減少傾向 | ビットバンク マーケット情報

1月25日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは2.1%下落した27.8円でした。移動平均線の下位で推移しており弱気のプライスアクションが見られます。短期オシレーターのCCIとFisherは下落しておりモメンタムの悪化を示唆しています。長期オシレーターのMACDは緩やかに上昇しており強い売りシグナルは出ていません。ADX(13)は低水準で推移しておりトレンドがない状態を示しています。リップルは高値を切り下げる弱気トレンドが継続しています。オシレーターも下降トレンドにあり、買いポジションを持てる相場状況にはありません。ADXが低い値で推移していることから、下落方向への動きもかなり鈍くなっています。総合的には売りポジションが推奨されていますが、ボラティリティも減少していることから積極的にポジションを持つ必要もなさそうです。大きな動きがあるまで様子見もありでしょう。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 一時360万円を回復も、高値を維持できず日足は上ひげを付ける | ビットバンク マーケット情報

1月25日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは一時360万円まで上昇しましたが、高値を維持できず売られ上昇幅を縮小させました。終値は335.6万円でした。上ひげを付けた日足が記録され、弱いプライスアクションがみられました。短期オシレーターのCCIとFisherはマイナス域で推移し弱気を示唆しています。Fisherは昨日ゴールデンクロスが発生し下げ止まりを見せています。MACDは引き続き遅行線を下回り下降トレンドにあります。ADX(26)は下落しておりトレンドが弱い状態にあることを示唆しています。昨日ビットコインは移動平均線の上位の回復に失敗し売り圧力が強いことが示されました。オシレーターは下落傾向にあり、相場のモメンタムが良くないことを示唆しています。価格は安値付近で揉み合う展開になっており、短期では強い方向感がありません。テクニカル的には弱気を示唆するインジケーターが多いため、引き続き下落に注意していきたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 :終値ベース高値を更新し14万円突破、ダイバージェンスにも注意か | ビットバンク マーケット情報

1月24日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。イーサリアムは昨日13.2%上昇し終値ベースの高値を更新しました。終値は14.4万円でした。本日も高値で取引され、ドル建てでは史上最高値を更新した取引所もあり強いプライスアクションが見られました。やや下落傾向にあったオシレーターは再び上昇に転じています。Fisherは遅行線を上回り買いシグナルが発生しました。MACDは遅行線の下位で推移しゴールデンクロスは発生していません。ADX(32)は下落しており上昇トレンドの弱体化を示唆しています。イーサリアムの価格は最高値圏で推移しており非常に強気なプライスアクションが継続しています。オシレーターも再浮上し始めておりテクニカル的には買いポジションが推奨されています。一方で価格とオシレーターの推移にダイバージェンスが発生しており高値追いには注意も必要です。現状は値動きが非常に強く今後どこまで高値を伸ばせるか注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ETH復調も今一つ勢いのないBTC 下降トレンド否定のポイントは? | ビットバンク マーケット情報

先週(18日〜24日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比365,297円(9.83%)安の3,351,751円と2週続落。チャート上では三角持ち合い下放れとなり、先週はおよそ2週間ぶりに一時300万円を割り込む場面もあった。先週のBTC相場は、週明けからアルトターン気味に主要アルトコインが上昇する中、三角持ち合いの中で上値も下値も試しきれない展開となったが、19日のイーサリアム(ETH)対ドル相場の過去最高値更新後にアルトコイン売りが膨らむと、これまでサポートとして機能してきた34,000ドル(≒352万円)を割り込み安値を広げる展開に転じた。一方、相場が300万円を割り込むと自律反発の様相を呈し、一時は三角持ち合い下辺まで戻した。週末には早くもETH相場の反転上昇したこともあり、足元、BTCは335万円を挟み込みレンジでの推移となっている。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 価格は移動平均線の下位で推移、オシレーターも下降継続 | ビットバンク マーケット情報

1月24日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、短期オシレーターのCCIとFIsherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。週末のビットコインはほぼ横ばいで小幅な値動きでした。昨日は0.7%下落した335万円でした。先週の週足では9.8%下落し2週連続の陰線を記録しました。オシレーターはすべて下げておりモメンタムは下降方向に推移しています。CCIは昨年9月以来となる-100を記録しました。Fisherは遅行線を下回り売りシグナルが継続しています。MACDも遅行線を下回りゼロラインへ向かって下げています。下降していたADX(27)は下げ止まりトレンドが弱気に転換したことを示唆しています。ビットコインは先週、一時300万円まで下げた後、小幅に反発しています。一方、価格は移動平均線を回復できておらず、弱いプライスアクションとなりました。。オシレーターは継続的に下落しており弱気トレンドを示唆しています。現在は価格が下げ止まりを見せていますが、テクニカルでは弱気が示唆されており続落に注意が必要です。引き続き戻り売りが目線が継続中です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 大きな下落もチャートストラクチャーは強気を維持、短期では反発に期待 | ビットバンク マーケット情報

1月21日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれを否定しています。イーサリアムは年初来高値を維持することができずに昨日強く売られました。下落率は19%でした。一気に移動平均線を下回り弱いプライスアクションがみられました。オシレーターはプラス域で推移している一方、下落しておりモメンタムの悪化を示唆しています。短気オシレーターのCCIは本日からマイナス域に突入しています。昨日はMACDがデスクロスしており長期トレンドの変化を示唆しています。ADX(37)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。イーサリアムは高値更新直後に強く売られる弱いプライスアクションがみられました。安値を切り上げるチャートストラクチャーは維持しており、今後再度高値を試す展開が予想されます。高値の更新に失敗すると弱気トレンド入りの可能性が出てきます。オシレーターは弱気に傾きつつあり注意が必要です。短期では大きな下落の反発が予想されるため週末にかけての値動きに期待したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは大幅に下落し大陰線を記録、弱気トレンド入り濃厚 | ビットバンク マーケット情報

1月21日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日13%を超える下落を記録し350万円のサポートを大きく割り込みました。終値は319万円でした。久しぶりの大陰線を記録し強く売られました。オシレーターはすべて下落しておりモメンタムが下方向に推移していることを示しています。CCIやFisherは数日前からマイナス域に突入し弱気トレンドを示唆していました。MACDはプラス域を維持している一方、遅行線を大きく下回りゼロラインへ向かって下降中です。下落していたADX(27)は横ばい推移になりました。これから上昇し始めると弱気トレンドの発生を示唆します。ビットコインはレンジ相場を下方向に抜け大きく下落しました。年末年始の高騰の反動から下方向への動きも激しくなりました。昨日の動きによりチャートは弱気になりトレンドの反転が濃厚となりました。高値と安値を切り下げる弱気のチャートストラクチャーが形成されました。また、上昇トレンドから下落トレンドに移行するまでの期間が短くブローオフトップのような形になりました。350万円の上位を維持した日数は14日間でした。本日もすでに下落して取引されており53EMA付近まで下落しました。この価格帯は多少の反発が期待されるものの、トレンドは弱気であるため短期での買いポジションとなります。相場は弱気トレンドに突入したばかりであると考えられ今後は戻り売り主体となりそうです。350万円を回復するまでは下落トレンドの継続が濃厚です。中長期的に弱気トレンドが継続した場合、250〜200万円までの下落は目線として持っておいたほうがよさそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

アルトコイン急反落でBTC道連れ 3万ドル割れ必至か? | ビットバンク マーケット情報

21日のビットコイン(BTC)対円相場は487,754円(13,23%)安の3,199,822円と大幅安。今月8日に435万円に乗せて以来、2週間弱で123万円ほど吐き出した。昨日はアルトコインも概ね急落し、暗号資産(仮想通貨)市場は全面安の様相を呈した。この日のBTC相場は概ね売り一色。このところドル安株高とBTCにとっては好環境が続いたが、昨日は19日に対ドルで史上最高値を更新したイーサリアム(ETH)が目標達成感から売りが殺到し、BTCや他のアルトコインも道連れとなった格好。また、これまで相場のサポートとなっていた34,000ドル(≒352万円)や、三角持ち合いの下辺を割り込むと売りが一層に膨らみ、今朝方には30,000ドル(≒312万円)まで安値を広げた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース