カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

モナコイン相場分析 :長期の下落トレンドが継続も 、トレンドは弱体傾向 | ビットバンク マーケット情報

9月29日のモナコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。モナコインは約1ヶ月間14EMAを下回って推移しており強い下落トレンドが続いています。123円から反発し14EMAを試しましたが現在再び売られています。長期の下落トレンドが続いているモナコインですが、MACDは上昇に転じており下落トレンドが弱くなっていることを示唆しています。高止まりしていたADX(30)も徐々に下落しています。価格は3月に記録した安値圏に近づいており、売り圧力が弱くなっているようです。120円より下は強いサポートが予想されるため、注目の価格帯となります。120円を下回った場合は強い反発に期待したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 底堅い値動きが継続、価格は長期移動平均線を上回る | ビットバンク マーケット情報

9月29日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがプラス域で推移し、これをコンファームしています。昨日ビットコインは小幅に上昇し53EMAの上位に浮上しました。終値は114.6万円でした。今週は価格の大きな変動はみられていませんが、底堅い値動きが続いています。オシレーターは上向きに推移しており、モーメンタムも良好です。ADX(15)は引き続き下落しておりトレンドが弱い状態であることを示唆しています。一方、価格はレンジ上限の115万円付近で推移しており強気の値動きがみられます。今後9月19日の高値(116.9万円)を超えてくると上昇トレンドが発生する可能性があります。ビットコイン価格は長期移動平均線を超えチャートは強気に傾いており、引き続き底堅い値動きが予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

大口送金に揺れたBTC相場 本日は東京時間からボラ上昇に注意 | ビットバンク マーケット情報

29日のビットコイン(BTC)対円相場は15,898円(1.41%)高の1,146,514円と、前日の下げ幅を奪回。週明けの金相場の反発を追い風に、28日のBTC相場はおよそ1週間ぶりに一時115万円台に到達したが、29日朝方に海外取引所OKExへ5,000BTC(≒57.5億相当)の送金が確認されると上げ幅を一気に掻き消し、日次では下落していた。29日もドル安と金相場の上昇でBTCには好環境となったものの、アジアからNY時間序盤にかけては大口の利食い売りが警戒される格好で底堅くも上値も重い展開が続いた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 安値から強く反発、オシレーターは上昇に転じる | ビットバンク マーケット情報

9月28日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。イーサリアムのチャートは弱気を示唆していますが、9月24日から強く買われ間近安値(3.38万円)から11%ほど上昇しています。先週の後半から強く反発しており、ある程度の買いが戻ってきているようです。昨日は53EMAの回復に失敗しました一方、オシレーターは上昇中でモーメンタムは回復しています。MACDも本日からゴールデンクロスしています。長期では弱気トレンドが継続していますが、ADX(17)は低水準にあり下方向への推進力も落ちてきているようです。53EMAを超えてくるとチャートは強気に傾くため、強い買いシグナルを待ちたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 明け方に売られ上昇を阻まれる、価格調整相場が続く | ビットバンク マーケット情報

9月28日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、CCIとFisherがプラス域で推移し、これをコンファームしています。MACDはマイナス域で推移していますが上昇傾向にあります。昨日は一時53EMAを超えて推移していましたが、明け方に売られ最終的には53EMAを下回り終値を迎えました。オシレーターも上昇しており強気ムードが出てきていただけに残念な下落となりました。ビットコインはレンジでの推移が続いており、大きなトレンドはまだ発生していないようです。ADX(16)も下落が継続しており価格調整相場であることを示唆しています。一方でADXは4月以来の低水準となっており次のトレンドの発生はそう遠くないと予想されます。このまま110万円より上位で値固めするようであれば、今後上昇トレンドが発生する可能性が高いでしょう。短期では価格が14EMAの上位で推移し強気を維持しているため、底堅い値動きが期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 週末は底堅い値動き、間近高値の116万円を目指すか | ビットバンク マーケット情報

9月27日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、CCIがプラス域で推移しこれをコンファームしています。FisherとMACDはマイナス域で推移しています。週末のビットコインは底堅い値動きとなり、小幅ながら2日連続の陽線を記録しました。価格は9月19日の高値(116万円)を目指しているようです。底堅い値動きが続いていることからオシレーターは上昇に転じており、モーメンタムは改善しています。FisherとMACDは遅行線を上回り上昇中です。一方、トレンドを示唆するADX(17)は下落中で強いトレンドがない相場状態であることを示しています。9月19日の高値を超えてくるとチャートはかなり強気に傾きます。今週の注目ポイントは116万円を超えるか否かになりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコインキャッシュ相場分析 : 長くサポートされていたライン割れ、年初来安値付近まで下落の可能性 | ビットバンク マーケット情報

9月24日のビットコインキャッシュの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインキャッシュは昨日、小幅に反発し3.9%ほど上昇しました。一方、価格は安値圏での推移が続いており非常に弱気なチャートが形成されています。今週、価格は間近安値だった2.3万円を割り込み一時2.15万円まで下落しました。長くサポートされていた2.3万円を割ってしまったため、現在はこのラインがレジスタンスに変わっています。今後も上値の重い展開が予想されます。現在のところ買い戻しが入る様子はみられておらず下落トレンドが継続してます。このまま下落トレンドが継続すると、年初来安値手前の2.0万円のラインまで下落する可能性が高そうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 安値から大きく反発も上値は重い展開が予想される | ビットバンク マーケット情報

9月24日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。FisherとMACDはマイナス域で推移しています。昨日は間近安値の107.5万円から大きく反発し短期移動平均線の上位を回復しました。価格は113万円台をに乗せてきました。オシレーターは弱気と強気が混じっており相場に方向感がない状態であることを示唆しています。昨日はADX(20)も減少しています。昨日は安値から強く反発した一方、現在価格の上位には長期移動平均線と雲があり上値の重しになると予想されます。上昇トレンド入りするには間近高値の117万円を超えていく必要があります。短期的にはレンジで推移しているビットコインですが、長期の移動平均線を下回っているため長期では弱気トレンドが濃厚です。長期トレンドをフォローするなら、間近高値のレジスタンスを背に売りで入るのはありだと考えられます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

WBTC発行数増はLINKの支援材料 反発後のBTCの上値は限定的か | ビットバンク マーケット情報

24日のビットコイン(BTC)対円相場は52,385円(4.85%)高の1,132,286円と、前日の下げ幅を上回り反発。週足では一時、6.31%安水準まで下落した相場だったが、昨日の反転上昇で1.05%安水準まで戻した。株安・ドル高を背景に前日のBTC相場は安値を広げ、9月9日ぶりに107万円水準まで沈んでいたが、この日はチェーンクリンク(LINK)が市場の反発を牽引する形で大幅上昇。LINKの上昇要因としては、イーサリアム上で発行されるBTCの価値にペッグされたラップドビットコイン(WBTC)トークンの発行ペースが加速していることが指摘される。WBTCは分散型取引所(DEX)に流動性を齎す有用なトークンとなっており、WBTCの発行数増加はDEX利用需要が伸びていることを示唆すると共に、チェーンリンクはこうしたDeFiアプリケーションにプライスフィードとして利用されることから、LINK相場にとって支援材料となったと指摘される。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 :間近安値を更新、移動平均線のデスクロスは4月以来 | ビットバンク マーケット情報

9月23日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しており、これをコンファームしています。イーサリアムは昨日の下落で間近安値を更新し3.38万円を記録しました。高値と安値を切り下げる弱気のチャートストラクチャーが形成されています。オシレーターもすべて下降中で売りシグナルを発しています。ADX(16)は20を下回っていますが上昇中で弱気トレンドが発生していることを示唆しています。さらに昨日は14EMAが53EMAをデスクロスしています。ETH/USDのチャートでは14EMAが53EMAを下回ったのは4月以来です。相場は弱気トレンド入りが示唆されており、長期の下落ターゲットは2.50万円付近になりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 再び売られビットコインは110万円を割り込む、安値を更新するか | ビットバンク マーケット情報

9月23日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しており、これをコンファームしています。昨日の日足は2.5%ほど下落し110万円を割り込みました。終値は107.9万円を記録しました。相場は明確に弱気トレンド入りしており、今後の注目点は9月前半に記録した105万円の安値を更新するか否かになります。このまま安値圏での推移が続けば安値を更新する確率は上がります。オシレーターはすべてマイナス域で下降しておりモーメンタムは強く下落方向に動いています。昨日はMACDのデスクロスが確認されています。テクニカル的には弱気一色の相場になっており売りが推奨されています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 安値を更新し下落トレンドが継続 | ビットバンク マーケット情報

9月22日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気を示唆し、オシレーターはすべてマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは一昨日の下落で間近安値を更新し25円を割り込みました。8月中旬以降、安値を高値を切り下げており下落トレンドが継続しています。今週後半も下落の流れが続くとみられています。昨日は再びMACDがデスクロスしておりモーメンタムの悪化が確認されています。現在のところトレンドが半連する様子はみられず20円付近まで下落する可能性がありそうです。引き続き戻り売りを狙う相場になっています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者:
引用元: ビットコインニュース

週明けの総悲観から一服 BTCの反発は続くのか? | ビットバンク マーケット情報

22日のビットコイン(BTC)対円相場は13,500円(1.23%)高の1,108,501円と反発。週明け21日は、欧米株の急落に伴ったリスクオフと換金重要のドル高でユーロと金がドルに対して強く売られ、BTCにとっては強い向い風が吹く市況となったが、22日の相場は米主要3指数の切り返しを眺めジリ高に転じた。この日の外国為替市場でもドル高基調が続き、これが金相場の重石となったが、コロナ感染再拡大を懸念したIT、EC株の切り返しがBTC相場にも安心感を与えた格好か。また昨日は、前日に今月安値を更新していたビットコインキャッシュ(BCC)やライトコイン(LTC)といった時価総額上位のアルトコインが反動高となったことも、BTC相場を支える材料となった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 相場は弱気に大きくシフト、上値が重い展開が予想される | ビットバンク マーケット情報

9月22日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気を示唆し、オシレーターのCCIとMACDがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。先週、価格は移動平均線の上位で推移していましたが、今週は移動平均線を下回っており相場の状況が大きく変化しています。昨日の日足は一昨日の大きな下落の反動から小幅に反発し1.2%上昇しました。オシレーターはFisherが唯一プラス域で推移している一方、下降中でモーメンタムは下落方向に動いています。ADX(19)は20を下回っていますが緩やかに上昇しており、弱気トレンドの発生を示唆しています。テクニカル的に相場はかなり弱気に傾いており、大きく反発したら売るトレードが推奨されています。14EMAが推移する112万円より上位は上値が重くなると予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 強いプライスアクション再び、4.3万円がキープライスか | ビットバンク マーケット情報

9月17日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気を示唆し、オシレーターのFisherがプラス域で推移しており、これをコンファームしています。CCIとMACDはマイナス域で推移しています。昨日、日足は再び移動平均線の上位に浮上し強いプライスアクションをみせました。本日の始値からMACDがゴールデンクロスするなどオシレーターも上昇のモーメンタムが戻ってきています。短期では上昇余地がある一方、価格は雲の上限に近づき、4.30万円の上位は上値が重くなる予想されます。ADX(15)は20を下回り下降中で上昇トレンドの発生を否定しています。現在は価格調整中の短期の上昇であると考えられ、9月1日の高値(5.00万円)の更新までもう少しもみ合い相場が続くと予想されます。9月4日に上ヒゲを付けた4.30万円が短期上昇の第一ターゲットになりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

アルトターン始動 BTCはFOMC消化で揉み合い | ビットバンク マーケット情報

17日のビットコイン(BTC)対円相場は4,728円(0.41%)安の1,147,800円と4日ぶりに反落。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)までは、米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和路線を織り込む形で116万円台まで値を戻した相場だったが、FOMC後に失速。FRBがこの日発表した最新のドットプロットでは、FOMC参加者17人中13人が2023年までフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0%〜0.25%に据え置く見通しを示すなど、概ね期待通りハト派の結果だったが、やはり市場は織り込み済みだった模様で、17日のBTC相場は利食い売りに押された。一方、週明けよりBTCの上昇に置いていかれていたアルトコインに買いが入り、イーサリアム(ETH)は6.14%、XRPは1.69%、ライトコイン(LTC)は1.79%それぞれ上昇した。海外主要暗号資産(仮想通貨)取引所が、分散型取引所(DEX)最大級のUniswapのUNIトークンをこぞって上場させたこともETHの買い材料となった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 陰線も安値を切り上げる展開、底堅い値動き続く | ビットバンク マーケット情報

9月17日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気を示唆し、オシレーターのCCIとFisherはプラス域で推移しており、これをコンファームしています。MACDはマイナス域で推移しています。昨日の日足は14EMA付近の113.3万円まで一時下落しましたが、反転し最終的には下ヒゲを付けて終値を迎えました。ここ5日間ほど安値を切り上げており底堅い値動きをみせています。本日も押す展開があればロングを狙う相場になりそうです。113万円より下位はサポートされる可能性が高いと予想されます。先月サポートされていた120万円は現在はレジスタンスとして意識されそうです。オシレーターは上昇中で短期のモーメンタムは良好な状態を維持しています。ADX(23)は下落中で相場のトレンドが弱くなっていることを示唆しています。しばらくは底堅い値動きをしつつ次のトレンドに向けた価格調整が行われる相場になると予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 強い弱気トレンドが継続、27円上位は上値重いか | ビットバンク マーケット情報

9月16日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気を示唆し、オシレーターのCCIとMACDはマイナス域で推移しており、これをコンファームしています。Fisherはプラス域で推移し強気示唆です。リップルの相場は日足が雲の下で推移し、さらに短期移動平均線の14EMが長期移動平均線の53EMAを下回り弱気相場が継続しています。9月6日に記録した24.5円の安値から若干反転していますが、強い反発はいまのところみられません。オシレーターは上向きつつあり短期のモーメンタムは上昇に傾いています。ADX(20)は下落中で、相場は弱気トレンド中の調整期間にあるようです。現在、53EMAが推移する27円より上位は9月4日に上ヒゲを付けている価格帯のため上値が重くなります。27円まで戻した場合は売り目線が推奨されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 短期で強い値動き、価格は120万円付近まで上昇できるか | ビットバンク マーケット情報

9月16日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気を示唆し、オシレーターのCCIとFisherはプラス域で推移しており、これをコンファームしています。MACDはマイナス域で推移し弱気示唆です。ビットコインの日足は現在3日連続の陽線を記録しており、強く買われています。価格は53EMAを上回り115万円台を回復しました。短期では強気な値動きがみられる一方、価格は雲の中で推移し長期では中立な相場であると考えられます。マーケットストラクチャーをみても127万円の高値はまだ遠く、今後高値を切り下げる形になることも想定されます。ADXは下落中でトレンドが弱い相場であることを示唆しています。120万円付近からは売り圧力も強くなると予想され、このまま高値の更新に向かうとは考えづらい状況です。大きく上昇した際は120万円を背に売り、押した場合は短期足で買いエントリーが想定される相場になっています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース