カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

リップル相場分析 :短期のモメンタムが回復も、大局的な変化は見られず | ビットバンク マーケット情報

1月20日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIが唯一プラス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは小幅に上昇し3日連続の陽線を記録しました。移動平均線の上位を回復しました。短期ではオシレーターが上昇しています。FisherとMACDもマイナス域で推移している一方、遅行線を上回り上昇中です。今後プラス域を回復できるかに注目です。ADX(16)は低い値で推移し下落中であるためトレンドがない状態であることを示唆しています。リップルは短期で買われモメンタムが上昇しています。一方34円の前回高値付近にレジスタンスがあり上ひげも発生しています。長期のチャートストラクチャーは高値を切り下げているため、このラインを超えるまでは戻り売りに注意が必要です。ADXは低水準で推移し方向感がないことを示しており、もう少し動きが出るまで様子見が無難でしょう。長短期のテクニカルを総合的に考慮すると売りポジションがやや有利な相場状況と言えそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは再び移動平均線割れ、テクニカルは弱気に傾く | ビットバンク マーケット情報

1月20日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、一時350万円を割り込みましたが終値にかけて反発し最終的に1.4%下落した陰線を記録しました。終値は368.7万円でした。価格は移動平均線を若干割り込み弱いプライスアクションがみられました。オシレーターはすべて下降傾向にありモメンタムの悪化が見られます。短期オシレーターのCCIとFisherはマイナス域に突入し弱気トレンドを示唆しています。MACDはプラス域で下降中です。ADX(27)は下落中で上昇トレンドが弱くなっていることを示唆しています。ビットコインは三角持ち合い内での推移が続いており強い方向感がありません。価格調整が続いている一方、短期のテクニックは弱気に傾いており下落に注意が必要です。トレンドの発生を示唆するADX(27)は下落中で本格的な弱気トレンドは発生していないと考えられます。350万円を終値ベースで割り込むまでは大きく下落はないと予想されます。今日明日辺りまで移動平均線の上位を回復できないようだと、テクニカル的に弱気トレンド入りの可能性が高くなります。レンジ幅は狭くなっており次の大きな動きに向けて調整は最終段階に入っていると考えれます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

モナコイン相場分析 : 安値を徐々に切り上げ高値を目指すか、資金循環買いの可能性 | ビットバンク マーケット情報

1月19日のモナコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。モナコインは昨日0.5%上昇した陽線を記録しました。終値は170円でした。先週からボラティリティが高く価格が乱高下していますが安値を徐々に切り上げています。移動平均線も上回り強気のプライスアクションが見られます。オシレーターはすべてプラス域で推移し強気を示唆しています。FisherとMACDはそれぞれ遅行線を上回り買いシグナルが出ています。モメンタムが上向きで推移していることを示しています。ADX(34)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。モナコインのプライスアクションとオシレーターが共に強気を示唆しており、テクニック的に買いが推奨されています。このまま移動平均線の上位を維持できれば200円台を再び試す展開が期待されます。モナコインのチャートは短期ではビットコインと比べてもよりいい状態を示しており、資金循環による買いが入っている可能性があります。瞬発力が高いモナコインだけに今後の値動きは要注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

アルト需要旺盛でETH最高値更新 BTCは上値試しきれず反落 | ビットバンク マーケット情報

19日のビットコイン(BTC)対円相場は61,003円(1.60%)安の3,742,997円と反落。一方、この日はアルトコインの物色が目立ち、イーサリアム(ETH)は対ドルで史上最高値を更新して1,440ドルにタッチした。東京市場時間のこの日のBTCは、アルトターン(アルトコインに資金が流れる現象)の加速でETH、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCC)などの主要アルトコイン銘柄が上昇する中、一貫してジリ安の展開となり前日終値の380万円周辺で鈍い値動きとなった。一方、この日は先週からのドル高が一服となり、欧州市場時間に入るとアルトコイン高に追随するように反発し、NY市場中盤には393万円にタッチした。しかし、その後はアルトコインに利食いが入ったことでBTCも失速。今朝方には前日終値を割り込み、マイナス圏で終値を付けた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 390万円到達も即座に売られる、レンジ内での推移継続 | ビットバンク マーケット情報

1月19日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、一時390万円を回復するも高値を維持することができず終値にかけて売られました。1.6%下落した陰線を記録しました。価格は三角持ち合いのレンジ内での推移が続いています。オシレーターはCCIとMACDがプラス域を維持している一方、下降傾向にあり上昇のモメンタムが減退しています。Fisherは3日前からマイナス域に突入しています。MACDは遅行線を下回った推移が続いており強い買いシグナルは出ていません。長期トレンドがやや弱気に傾いていることを示唆しています。ビットコインは三角持ち合いのレンジ内で価格調整を行っています。価格は移動平均線の上位を維持しているものの強い方向を示せていません。本日もレンジ内での小幅な値動きが予想されます。引き続き350〜400万円のキーとなるラインをブレイクするまでトレンドをフォローするトレードは様子見となりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 3日連続陽線を記録し年初来高値を試す展開 | ビットバンク マーケット情報

1月18日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。イーサリアムは昨日1.9%上昇し3日連続の陽線を記録しました。高値更新を試す動きとなり強いプライスが見られます。本日も5%を超える高値圏で取引されています。短期オシレーターのCCIとFisherは上昇しておりモメンタムが良好な状態にあることを示しています。下落傾向にあったMACDも本日ゴールデンクロスが発生していおり再び買いシグナルが点灯しました。ADX(38)は下落傾向が続いておりトレンドの弱体化を示唆しています。イーサリアムはプライスアクションとオシレーターが共に強気を示唆しており年初来高値の更新が期待されています。現在も14.1万の高値更新に向けて上昇中です。先週は下落する場面も見られましたが、しっかり移動平均線でサポートされ高値を試す上昇トレンド中に見られるチャートパターンを形成しています。本日からMACDもゴールデンクロスしておりテクニカル的には高値更新の可能性が非常に高いことを示唆しています。現在のチャートは非常に強くドル建では過去最高値1400ドルの更新も視界に入ってきています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 終値は380万円を回復、小幅に上昇もレンジ内推移が継続 | ビットバンク マーケット情報

1月18日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは移動平均線付近から小幅に反発し終値は380万円を回復しました。上昇率は2.3%でした。価格は三角持ち合いのレンジ内での推移が継続しています。オシレーターはFisherが唯一マイナス域で推移していましたが本日からゴールデンクロスしています。CCIも上昇しており短期オシレーターはモメンタムの回復を示唆しています。MACDは引き続き遅行線を下回り下降傾向にあります。ADX(31)は継続的に下落しており相場の方向感が薄れていることを示唆しています。ビットコインは昨日やや買われ上昇したため、短期のモメンタムが上昇しています。一方、日足のプライスアクション全体をみるとレンジ内での推移であるため、上昇の継続性に疑問符が付きます。また価格がレンジ推移している間はオシレーター系インジケーターが機能しづらいため注意が必要です。350万円、400万円といった相場の山と谷になったキーとなるラインをブレイクするまではトレンドフォロー系のトレードは様子見となりそうです。短期ではレンジ幅を狙った逆張りトレードが有効であると考えられます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン週足は5週ぶり反落 4万ドル台定着に失敗 | ビットバンク マーケット情報

先週(11日〜17日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比267,959円(6.72%)安の3,717,048円と5週ぶりに反落し、年末年始にかけてのラリーに一旦ブレーキが掛かった格好だ。アルトコインも概ねBTCに連れ安となったが、XRPの価格を追い越したステラ(XLM)は、1.661円(5.57%)高の31.500円と2週続伸した。先週のBTC相場は、米長期金利上昇を受けたドル買いの流れが相場の重石となり、週明けに400万円から一気に313万円まで急落するも、機関投資家が買いを緩めることなく安値でBTCを買い増しているというデータが安心感に繋がり300万円台半ばで揉み合いに転じると、週央からは米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事やパウエル議長から政策金利や資産購入ペースについてハト派な発言が相次ぎ400万円に回帰した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 価格が再び移動平均線割れ、安値を試す展開に発展か | ビットバンク マーケット情報

1月17日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのFisherとMACDがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは昨日小幅に下落し終値は28.7円でした。現在4日連続の陰線を記録しています。先週の週足は12%下落した陰線でした。価格は移動平均線を下回り弱いプライスアクションがみられます。オシレーターはすべてマイナス域に沈み弱気トレンドが明確化しています。長期のMCADは上昇していますが、短期のFisherが下落しており売りシグナルが出ています。CCIも下落傾向にあります。一時盛り返したモメンタムは再び下方向に推移しています。ADX(24)は下落しておりトレンドが弱体化していることを示しています。リップルのチャートは全体的に弱く売りポジションが推奨されています。価格は再び移動平均線を割り込み安値を試す可能性が高まっています。20円付近が間近の安値になります。リップルはジリジリと売られており強い買い支えは見られません。トレンドフォロー系テクニカルでは売り一択といった相場状況です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは三角持ち合いを形成か、買いと売りが拮抗 | ビットバンク マーケット情報

1月17日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは小幅に下落し終値は371万円でした。日足では先週から陰線が出るようになっており、現在も3日連続で陰線が記録されています。価格は移動平均線を上回っているものの、やや弱含んだ値動きが見られます。オシレーターはプラス域を維持している一方ですべて下降傾向にありモメンタムの悪化を示しています。短期オシレーターのCCIやFisherはマイナス域突入手前まで下落しています。MACDも遅行線から離れ大きく下落しています。ADX(33)も下落しており上昇トレンドの弱体化を示唆しています。ビットコインはなんとか強気を維持しているものの徐々に弱気に傾きだしています。値動きは三角持ち合いのような形で徐々に値幅が減少しています。レンジで推移しており買いと売りが拮抗している状態にあるようです。モメンタムは下降しているため今後の下落には注意したいところです。日足チャートでは方向感が薄れており大きな動きがでるまでは様子見が無難でしょう。まずは350〜400万円のレンジをどちらに抜けるかに注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ステラ相場分析 : 強気トレンドを維持も上昇のモメンタムは低下傾向 | ビットバンク マーケット情報

1月14日のステラの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ステラは小幅に下落し終値は31.4円でした。移動平均線の上位で底堅く推移してます。今週は一時23円を割り込み、一時移動平均線の下位まで売り込まれましたがその後買い戻されています。オシレーターはプラス域を維持している一方、横ばい推移かやや下落しています。上昇のモメンタムに陰りが見えます。MACDは遅行線を上回り強気を示唆していますが、遅行線との距離が縮まりつつあります。ADX(33)は下落傾向にあり上昇トレンドの弱体化を示唆しています。ステラは今週強く売られる場面があったものの現在は底堅い値動きをみせています。大局的に強気トレンドを維持していますが、強い上昇のモメンタムは失われつつあり積極的に買う局面にはないようです。再び35円付近まで上昇するようであればテクニカルが改善し買いポジションが推奨されます。現在は強い方向感がでるまで様子見となりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは400万円を回復し最高値を試す展開、テクニカル的には200万円付近と似た状況に | ビットバンク マーケット情報

1月14日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日続伸し終値を400万円台に再び乗せました。上昇率は4.2%でした。安値を切り上げ高値を試す強いプライスアクションが見られます。短期オシレーターのCCIは上昇しています。Fisherは下落中ですがゴールデンクロスが本日発生しています。MACDも下げ止まり横ばい推移となっています。オシレーターは短期では上昇し、中長期では上昇に転じようとしています。ADX(40)は下落を続けており上昇トレンドの弱体化を示唆しています。現在ビットコインは最高値圏に近づいており重要な相場の局面を迎えています。まずは423万円の終値ベース高値を更新できるかがポイントとなります。高値を更新すると長期オシレーターも再び上向くため、買いポジションの追い風となります。逆に高値を更新できないようだと高値を切り下げる弱気のチャートストラクチャーになる可能性があるため注意が必要です。200万円付近でもビットコインは一旦売られMACDがデスクロスしており、現在と似たテクニカル状況でした。前回は高値を更新しMACDもゴールデンクロスしその後の価格の高騰に繋がりました。今回も前回と同様の結果になるか否かに注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTC下げ幅奪回で4万ドルに再びタッチ FRB当局者のハト派発言相次ぐ | ビットバンク マーケット情報

14日のビットコイン(BTC)対円相場は166,467円(4.28%)高の4,055,360円と2日続伸し、週明けの急落から一変して週次でプラス圏に浮上した。一方、グレイスケールのXRP投信廃止のアナウンスを受けて、XRP相場は他の主要銘柄が上昇する中で逆行安となった。東京市場時間のこの日のBTC相場は、380万円〜390万円台で揉み合いに終始。序盤の相場はやや押したが、これまで相場のレジスタンスとなっていた1時間足の200移動平均線がサポートに転じ、後半にかけてこの日のプラス圏に浮上した(第2図)。欧州市場時間に入ると節目400万円で揉み合う展開となるも、その後のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のハト派発言を受けて同水準を回復。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ライトコイン相場分析 : 今週は最大で30%の下落、強気トレンドに変化 | ビットバンク マーケット情報

1月13日のライトコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、短期オシレーターのCCIがこれをコンファームしています。FisherとMACDはプラス域で推移しています。ライトコインは昨日10%ほど上昇しました。価格は移動平均線の回復には至らず、終値は1.53万円でした。移動平均線の上位に浮上できずやや弱いプライスアクションがみられます。オシレーターは下落傾向が強くモメンタムは下方向へ推移しています。CCIはマイナス域で推移しており、Fisherも本日からマイナス域に入っています。MACDでは2日前にデスクロスが成立しています。ADX(36)は下落が続いており上昇トレンドの弱体化を示唆しています。ライトコインは売りが強くなっており弱いプライスアクションがみられます。短期のオシレーターがマイナス域に突入するなど、トレンドに変化がみられます。今週は最大で30%を超える下落を記録し、買い需要が弱くなっていることを示唆しています。ここ数週間は安値を切り上げる強い上昇トレンドが継続していましたが、現在はモメンタムが低下しており今後の買いポジションには注意が必要そうです。現在は1.92万円の高値更新は困難な状況と言えそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 強く反発し再び高値を目指す展開、MACDではデスクロスが発生 | ビットバンク マーケット情報

1月13日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日大きく反発し10%ほど上昇しました。再び移動平均線を上回り終値は388万円でした。高値を試す値動きになっています。短期オシレーターのCCIは上昇しています。Fisherは下落傾向が続いているもののプラス域を維持しています。MACDではデスクロスが成立しています。MACDが遅行線を下回ったのは12月15日以来です。長期でみるとモーメントの回復には至っていません。ADX(42)は高値推移である一方下落しており、トレンドの弱体化を示唆しています。ビットコインは移動平均線割れから高値を目指す上昇トレンド中によくみられるチャートパターンをなぞっているようです。今後の注目点は最高値435万円を更新するか否かとなりました。買い圧力が残っているかが高値更新の鍵になります。フィボナッチでは0.618ラインの389万円に到達しており、短期トレードであれば利確を考慮し始めてもいい価格帯まで上昇しました。MACDのデスクロスが成立したことで長期のモメンタムの下落が確認されており、高値を切り下げ弱気のチャートを形成するシナリオもあり得るため、今後の高値圏の値動きには要注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 急騰の反動から調整局面を迎える、高値から18%安 | ビットバンク マーケット情報

1月12日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。イーサリアムは現在3日連続の陰線を記録しており、終値ベース高値(13.2万円)から18%安で推移しています。昨日の終値はほぼ移動平均線と同値の10.8万円でした。僅かながら移動平均線の上位を維持しています。オシレーターは短期長期ともに下落中ですがプラス域を維持しています。長期オシレーターのMACDは急落しており、数日以内にデスクロスが発生すると予想されます。ADX(45)は下落中でトレンドの弱体化を示唆してます。イーサリアムは急騰の反動から大きな調整局面を迎えています。1月の上昇率は最大で90%ほどありました。ボラティリティが非常に高くポジションサイズの調整は慎重に行う必要がありそうです。チャートは強気を維持しており買いでのエントリーが推奨されています。底堅く推移するのを確認してからエントリーするのが無難でしょう。10.1万円以下は下ヒゲも発生しておりサポートされることが期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 強気トレンドの移動平均線割れは買いか、ビットコインは4日連続の陰線を記録 | ビットバンク マーケット情報

1月12日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆していますが、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれを否定しています。ビットコインは現在4日連続の陰線を記録しており売り手が優勢な相場が続いています。昨日は5%下落し短期移動平均線を下回りました。終値は352万円を記録しました。弱いプライスアクションとは裏腹にオシレーターはプラス域を維持しており、強気を保っています。CCIやFisherなど短期では下落しているものの、0ライン付近へ戻ってきたため過熱感が抜けたことを示唆しています。注意すべきは長期オシレーターのMACDが本日からデスクロスしていることです。長期のモメンタムが崩れたことを示唆しており最高値更新の難易度が上がったと考えられます。ADX(45)は高値で推移していますが下落しており、トレンドの弱体化を示唆しています。現在強く売られているビットコインですが、340万円より下位は再びサポートされる可能性が高そうです。強気トレンドの高値からの移動平均線割れは押し目になることが多く、その後再び高値を目指すケースがほとんどです。チャートパターン的には絶好の買い場と言えるでしょう。MACDやADXが下落しているため長期トレンドが弱くなっていますが、短期では一旦高値を試しに行く展開が予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

急落の動揺が尾を引くBTC相場 米長期金利低下でもなぜ戻せなかったか? | ビットバンク マーケット情報

12日のビットコイン(BTC)対円相場は185,528円(5.00%)安の3,525,000円と4日続落。前日の相場は3万ドル水準(≒313万円)から切り返し35,000ドルを回復していたが、前日の急落による市場の動揺が尾を引き、相場の戻り歩調が鈍化した。東京市場時間のこの日の相場は、前日NY市場からの反発の流れを継ぎ350万円からジリ高となり380万円台に一時乗せたが、欧州市場の序盤には15分足と1時間足の200移動平均線が重なる水準で戻り売りが入り反落。NY市場時間序盤には金相場の急落に連れ安となり、336万円まで下げ足を速めた。その後も、ドル安と金相場の反発を受けて買いが入る場面もあったが、15分足の200移動平均線が走る水準で戻り売りが入り、上値の重い展開が続いた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 価格は再び移動平均線割れ、苦しい値動き続く | ビットバンク マーケット情報

1月11日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、MACDがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。CCIとFisherはプラス域で推移しています。昨日リップルの日足は8.3%下落し2日連続の陰線を記録しました。価格は再び移動平均線を下回りました。弱いプライスアクションが継続しています。短期で上昇していたオシレーターは下落に転じ始めています。Fisherでは本日からデスクロスが発生しています。MACDは上昇傾向にありますがマイナス域で推移しており、弱気相場を示唆しています。ADX(27)は下落しておりトレンドが弱くなっていることを示しています。相場の方向感は失われつつあります。リップルは弱いプライスアクションがみられ苦しい相場状況が続いてます。高値を切り下げている状態にあり弱気のチャートストラクチャーを形成しています。大局的には弱気トレンドを示唆するシグナルが多く売りでのエントリーが推奨されています。35円付近にはレジスタンスが存在するため、この価格帯を上回らない限りは売り目線が継続します。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは3日連続の陰線を記録し一時320万円まで下落も短期売りは一巡したか | ビットバンク マーケット情報

1月11日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは3日連続となる陰線を記録し約7%下落しました。一時320万円まで売られましたが、終値にかけて反発し最終的に371.0万円を記録しました。価格は短期移動平均線の上位を維持しています。オシレーター系インジケーターはプラス域を維持しており強気相場の継続を示唆しています。一方、短期ではCCIとFisherが下落中で弱気のモメンタムを示しています。長期ではMACDが依然として遅行線を上回っています。ここ3日間の陰線の影響から下落しておりデスクロスの発生が懸念されます。デスクロスが発生すると12月16日以来約1ヶ月ぶりに遅行線を下回ることになります。ビットコインは今週に入り強く売られていましたが、長期的なチャートストラクチャーは崩れておらず強気の値動きを維持しています。昨日は長い下ヒゲをつけた日足を記録し短期の売りは一巡したと思われます。オシレーターはモメンタムの悪化を示しており注意が必要ですが、短期的には高値を目指す展開が予想されます。最高値から0.618のフィボナッチライン(389万円)までの値戻しが第一ターゲットになりそうです。上昇する前に安値を試す動きになり340万円台まで下落した場合は押し目として拾える価格帯となりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン400万円突破 世界の時価総額ランキングでTOP10入り | ビットバンク マーケット情報

7日のビットコイン(BTC)対円相場は308,343円(8.13%)高の4,100,000円と3日続伸し、心理的節目400万円を初めて超えて終値をつけた。先月15日に200万円に乗せて以降、約3週間で価格は倍となり、対ドルでは4万ドルにタッチする場面もあった。昨日のBTC相場は、朝方に米ジョージア州で5日に行われた上院2議席を競う決選投票で、民主党候補が両議席を獲得したことが強材料となり380万円台に乗せた。相場のボラティリティが落ち着きやすい東京時間は利食い売りに押されジリ安となるも、欧州時間からは買いが戻り、NY時間には株高も相場の支援となり400万円台に乗せ、対ドルでは4万ドルにタッチ。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

BTCは週安値から大幅反発 XRP軟調でXLMに恩恵 | ビットバンク マーケット情報

5日のビットコイン(BTC)対円相場は181,360円(5.51%)高の3,471,352円と大幅反発。年明け最初の営業日だった前日は利益確定の売りやアルトコインに資金が流れたことで、BTC相場は一時大幅安で300万円を割り込む場面もあったが、安値拾いの買いが入りすかさず復調し、週安値の285万円から62万円(22%)ほど戻している。東京時間のこの日の相場は、対ドルで33,000ドル水準(≒339万円)で戻り売りが入り上値の重い展開となったが、心理的節目30,000ドル水準の308万円で押し目買いが入り反発を開始すると、ステラ(XLM)など一部のアルトコイン相場の切り返しや、NY時間のドル安の流れが後押しとなり、相場は340万円を奪回。今朝方には350万円台に乗せる場面もあった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン怒涛の年末年始ラリー XRPは時価総額第4位陥落間近 | ビットバンク マーケット情報

先週(2020年12月28日〜2021年1月3日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比690,034円(25.41%)高の3,406,033円と、怒涛の年末年始ラリーを繰り広げ、心理的節目の300万円を大きく上回り3週続伸した。2020年の相場は年間で280.77%上昇し、半減期のあった年としては過去最高の上昇率を記録した。先週は、トランプ米大統領が一度は署名を拒否した追加経済対策と歳出法案に署名したことで、年末からの連邦政府機関閉鎖に対する懸念が解消したことに加え、英国での新たなコロナワクチン承認や、中国で初の国産コロナワクチン承認もリスク選好を後押しした。また、31日には米投資顧問会社のヴァネックが、ビットコイン上場投資信託(ETF)組成許可を米証券取引委員会(SEC)に申請したことも材料視され、年末のBTC相場は300万円突破に王手を掛ける展開となった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 :昨日は30%を超える反発をみせる、相場の乱高下はまだまだ続くか | ビットバンク マーケット情報

12月24日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは一昨日の暴落の反動から昨日は上昇しました。上昇率は32%で終値は34.9円でした。2日前には23円まで下落したリップルですが現在は買い戻されています。オシレーターはすべて下落中で弱気トレンドを示唆しています。短期長期ともに売りシグナルが継続しています。ADX(25)は上昇しており弱気トレンドの発生を支持しています。リップルは今週、ボラティリティが急上昇しており価格が大きく乱高下しています。多数の取引所がXRPペア取引を一時停止するなど流動性が低下しているため、このボラティリティの高さはまだ継続すると予想されます。トレンドフォロー系インジケーターはすべて弱気示唆ですが、2日前に非常に大きな出来高を伴った陰線を記録しているため、売りは一巡したと思われます。短期では価格の反発が予想され40円付近までは戻る可能性があります。相場は明確に弱気トレンド入りしていますが、短期では強い反発も予想されしっかり戻り目を見極めて売りでエントリーしたいところです
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 高値圏でもみあう展開続く、年末突入で相場は不安定になるか | ビットバンク マーケット情報

12月24日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、235万円付近で取引を開始していましたが、昼過ぎから買われ始め終値は244万円を記録しました。終値ベースの高値246万円に迫っています。価格は安値を切り上げながら高値で揉み合っています。短期のオシレーターは下落傾向が続いていますが、本日の始値からFisherがゴールデンクロスするなど反転の兆しを見せています。MACDはほぼ横ばい推移ですが遅行線を上回り強気のモメンタムを示しています。ADX(36)は上昇しており強気トレンドをサポートしています。ビットコインは陽線と陰線が交互に並び高値圏でレンジ推移となっています。安値を切り上げるアセンディングトライアングルを形成しているように見えます。ビットコインの傾向として高値圏でのアセンディングトライアングルは騙しになることも多いため注意が必要です。短期では強い方向感が示されておらず、ここ1週間は235万円〜247万円のレンジ内で価格が推移しています。いよいよ年末年始が迫っているため取引量の減少から相場の値動きが不安定になることが予想されます。リスクを抑えたトレードも必要でしょう。現在はレンジ上限で推移しているため本日の相場は押す展開になる可能性が高いでしょう。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

好悪材料錯綜でどっちつかずのBTC 保ち合い放れの時間的制約迫る | ビットバンク マーケット情報

24日のビットコイン(BTC)対円相場は50,457円(2.1%)高の2,449,460円と小幅反発。米証券取引委員会(SEC)からの提訴問題で苦境に立たされるXRP相場も、この日は自律反発の様相で戻し、前日比8.619円(32.77%)高の34.919円と節目の30円台を奪還した。東京時間のBTC相場は、直近3日間下値サポートとして機能してきた日足ボリンジャーバンド1σ(237.5万円)割れを試すも、押し目買いが入り反発。欧州時間からNY時間にかけては、英国と欧州連合(EU)の自由通商協定(FTA)が合意に漕ぎ着けたり、次期SEC委員長に暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン技術に好意的なエラド・ロイスマン氏が任命されたりした一方、先日議会で可決した米追加経済対策案内の個人給付金増額を申し立てた民主党の修正提案が下院共和党に阻止され、好悪材料入り混じる中、242万円のレジスタンスを背に小さくアセンディングトライアングルを形成。相場が徐々に安値を切り上げていくと、今朝方のポンドドル相場の上昇も後押しとなり、レジスタンス上抜けに成功し244万円台に乗せた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース