カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

英FCA、未認可のクローン企業First BTC FXに関して注意喚起

英国の金融行為監督機構(FCA)が、同機構の認可を受けていない「クローン企業」であるFirst BTC FXに関して、注意を喚起した。クローン企業(clone firm)とは、認可を受けていないにも関わらず、受けているように振る舞い、また、認可を受けた企業の名を騙る企業を指す。参照元

引用元: ビットコインニュース

元飲料会社のブロックチェーン企業が飲料事業を売却

もともと飲料メーカーだったロングブロックチェーン社(旧社名:ロングアイランドアイスティー)は飲料事業をカナダの企業に売却することを発表した。これで同社はブロックチェーンのロイヤリティ事業にほぼ一本化されて取り組むことになる。参照元

引用元: ビットコインニュース

BitMEX CEO「ブロックチェーンによってトレーダーは休みがなくなる可能性」

ビットコインのデリバティブ最大手のBitMEXのCEOアーサー・ベイズ氏はブルームバーグのインタビューの中で、ブロックチェーンによって株などの伝統的な資産も24時間取引可能な存在になり、トレーダーに休みという概念が消える可能性もあることを指摘した。参照元

引用元: ビットコインニュース

マレーシアの教育省、学位証明にNEM利用へ

マレーシアの教育省は同国の国立大学および私立大学の学位の証明のために、NEMベースで作成されたE-Skroを導入することを発表した。これによりマレーシアの大学の卒業生はその学位や成績証明書をQRコードの形で世界中からダウンロード可能になるという。参照元

引用元: ビットコインニュース

Wells Fargoの国際決済システムの詳細明らかに

アメリカの大手銀行のWells Fargoが銀行間決済システムWells Fargo Digital Cashの詳細が明らかになった。R3のCordaをベースに作成され、SWIFTのように銀行間で送金されるが、SWIFTに比べ非常に高速で送金可能な時間帯も非常に長いと言う。JPMorganが作成したシステムに非常に似ているが将来的にはこれらの他ネットワークとも相互接続する可能性もあると言う。参照元

引用元: ビットコインニュース

CMEがBTCオプション取引へ、2020年の第1四半期予定

米国の先物・オプション取引所のCME Groupが、2020年の第1四半期に、Bitcoin(BTC)のオプション取引を開始すると発表した。同取引所は2017年よりBitcoinの先物取引を既に行なっており、こちらは、直近4ヶ月で最も低い水準に下がっていると報じられたばかりである。参照元

引用元: ビットコインニュース

Bitwise、BitcoinのETF承認目指し米SECに講演

仮想通貨のインデックス・ファンドを運用するBitwiseが、米国の証券取引委員会(SEC)に対し、同社の資産運用管理をテーマとした発表を行なった。発表に用いられたスライドは、Bitcoinや仮想通貨にまつわる疑問や懸念に答える内容のもので、申請中のBitcoin上場投資信託(ETF)承認を目してのことと考えられている。参照元

引用元: ビットコインニュース

Verizon、ブロックチェーン上のSIMカード作成特許取得

米国のテレコム大手であるVerizonが、ブロックチェーン上にバーチャルSIMカード(vSIM)を作るシステムと方法に関する特許を9月10日に取得していたことが明らかになった。同SIMカードは、物理的に挿入するSIMカードに置き換わるソフトウェアとして想定されている。参照元

引用元: ビットコインニュース

キルギス、マイナー45社の電力を停止処分

中央アジアのキルギス(キルギスタン)は仮想通貨マイニングを行なっていた45企業の電力を停止処分にしたと発表した。周辺地域の電力消費に比べて非常に多くの電力を消費したための処置と説明している。これらの国々では電力が安いことからマイナーが集まりやすいが、それにより周辺住民への電力不足に陥ることがある。参照元

引用元: ビットコインニュース

米SEC長、BTCの大手取引所での取扱は「より厳しい規制必要」

米国の証券取引委員会(SEC)委員長であるJay Clayton氏が、Bitcoin(BTC)が大手取引所で取引されるためには「より厳しく規制される必要がある」旨述べた。同氏は、CNBCと機関投資家らが開催する会議の冒頭でこう発言したのち、今後、企業がIPOをより早い段階で行うようになればよいと述べた。参照元

引用元: ビットコインニュース

UAEの保険・社会予防省、ブロックチェーン医療システム導入

アラブ首長国連邦(UAE)の医療などを司る保険・社会予防省(Ministry of Health and Prevention)が、ブロックチェーンを基盤とした医療システムの導入を発表した。同システムは、公立・私立医療機関などで勤務する医療従事者が情報を保存・共有するために用いられるという。参照元

引用元: ビットコインニュース

バンク・オブ・アメリカがフィンテックのマルコ・ポーロ参加

米国大手銀行のバンク・オブ・アメリカが、分散型台帳技術(DLT)を基盤とした貿易金融プラットフォームを運用するマルコ・ポーロ・ネットワーク(Marco Polo Network)に参加したと発表した。今月初めにMastercardが同ネットワークに参加を表明している。参照元

引用元: ビットコインニュース

Binance、1ヶ月以内に人民元-仮想通貨間のOTC取引提供か

Binanceの共同創業者のHe Yi氏は上海で行われたイベントの中で1ヶ月以内に中国の人民元と仮想通貨間の店頭取引(OTC取引)のデスクを開設する予定であると発表した。また、同氏は今後Binanceが中国市場に対してより多くのリソースを割くつもりだと語った。参照元

引用元: ビットコインニュース

蘭ING銀行の調査、仮想通貨は集権的な組織が管理と27%が回答

オランダの大手銀行INGバンクがヨーロッパ在住の人に向けて行なった、仮想通貨に関する調査の結果が発表された。約1万2千の回答のうち、27%は、仮想通貨が集権的な組織によって管理していると回答した。また、調査国のうち、仮想通貨に対して最も前向きな姿勢を示した国はトルコで、最も消極的であったのはオーストリアであった。参照元

引用元: ビットコインニュース

Keith Mali Chung氏、誤送金された7.8BTCを返金か

ナイジェリアにある仮想通貨関連企業の共同創立者であるKeith Mali Chung氏は、9月13日に見知らぬ相手から、約8万米ドルに相当する、7.8BTCが誤って送られてきており、返金する意図がある旨ツイートした。その後のツイートによれば、送り主が判明したという。参照元

引用元: ビットコインニュース

コーヒー企業ら、ブロックチェーン用いた追跡ツール立ち上げ

ITスタートアップのFarmer Connectが、世界的なコーヒーのサプライチェーンを担うコロンビアコーヒー生産者連合会や伊藤忠などの企業と提携し、コーヒーの生産から消費者に至るサプライチェーンを追跡できる企業向けプラットフォームを利用できるようにする旨発表した。同プラットフォームは、IBMのFood Trust Platformをベースに作られているという。参照元

引用元: ビットコインニュース

ドイツ内閣、Libra含む「Parallel Currency」禁止法案可決

ドイツ内閣は国家の通貨発行権限を守り、消費者を保護することを目的としたステーブルコインなど代替通貨になりうる通貨の発行を禁止する法案について可決した。この法案はLibraに対抗することを目的としたものだと考えられる。参照元

引用元: ビットコインニュース

前CFTCトップがデジタル通貨の業界団体の諮問委員に

前のアメリカ商品先物取引委員会(CFTC)のトップであるクリストファー・ジャンカルロ氏が、アメリカのデジタル通貨の促進団体である Chamber of Digital Commerceの諮問委員会に加わることが明らかになった。同氏は「ブロックチェーン業界に害を与えないこと」をモットーとした規制推進を行なっていた。参照元

引用元: ビットコインニュース

米商品先物取引委員会のBitcoin先物にCoinbaseの弁護士

アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)は、Bitcoinの先物商品を含むデリバティブ商品やプラットフォームを監督するディレクターに大手取引所Coinbaseの顧問弁護士の一人であるドロシー・デビットを新たに任命することを明らかにした。参照元

引用元: ビットコインニュース

インドの上院議員、仮想通貨の国内法制化に賛意

仮想通貨を禁止する法案が提出されているインドにおいて、インド上院議員のRajeev Chandrasekhar氏は、仮想通貨の国内でのステークホルダーらと会合を開き、国内の仮想通貨の国内法制化を目指すキャンペーン「India wants Crypto」に理解と協力の意を示したと、同国スタートアップCEOのNischal Shetty氏が伝えた。参照元

引用元: ビットコインニュース

Wells Fargo、DLT用いた内部決済サービス試行へ

大手金融機関のWells Fargoが、分散型台帳技術(DLT)を用いた、社内での決済サービス(Internal Settlement Service)である、Wells Fargo Digital Cashを、2020年を目処として試験的に運用すると発表した。世界展開している同社が社内において国境を超えた決済をデジタルに行えるようになるという。参照元

引用元: ビットコインニュース

Deloitteが仮想通貨を模索、社員食堂でのBTC支払いなど

会計監査大手のDeloitteが社内での仮想通貨の利用を模索しており、社員食堂においてBitcoin(BTC)での支払を試験的に許可するなどといった取り組みを行なっている。同社パートナーのLaurent Collet氏によると、同社は、取引の処理における資金管理をブロックチェーンによって下支えできることを優先させているという。参照元

引用元: ビットコインニュース

Bitcoinのハッシュレート3ヶ月で60%増加

Bitcoinのハッシュレート(マイニングの総計算量)は上昇を続け、1週間の平均ハッシュレートが85EH/s、最大120EH/sと3ヶ月前よりも60%近く上昇していることがわかった。これに伴いメーカー各社が夏に新型製品を出すなどマイニング市場は加熱している。参照元

引用元: ビットコインニュース

JPMorganのブロックチェーン決済ネットワークにドイツ銀行が参加

JPMorganが主催している銀行間ブロックチェーン決済ネットワークのInterbank Information Network(IIN)にドイツ銀行が参加することが明らかになった。これで320行近くが参加することになる。INNはステーブルコインのJPMコインを用い、EthereumベースのQuorum上に構築されている。参照元

引用元: ビットコインニュース

ガートナー「近くブロックチェーンは産業を劇的に変化させる」

ITアドバイザリー大手のガートナー(Gartner)が、ブロックチェーン・ビジネスの2019年のハイプサイクルを発表した。ブロックチェーンの及ぼす影響が、5年から10年のうちに多くの産業を劇的に変化させるだろうと予測し、また、要所となる産業として、銀行・投資産業、ゲーム産業や小売を挙げた。参照元

引用元: ビットコインニュース

Calibra責任者David Marcus氏「Libraは脅威ではない」

Libraの電子ウォレットを開発するCalibraのCEOであるDavid Marcus氏が、Libraに関してツイッター上で意見を表明した。同氏は、Libraが国家の貨幣主権を脅かすという議論が近頃高まっていると認識し、その上で、Libraが新たな通貨というより、既存の貨幣を元にして成立する、決済システムの改良版であると発言した。参照元

引用元: ビットコインニュース