カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

ホーチミン市、ブロックチェーン規制枠組み作成へ

ベトナムのホーチミン市は、スマートシティの実現にあたり、ブロックチェーン関連の規制枠組みや政策を作成する。人民委員会の副委員長Trần Vĩnh Tuyến氏が明らかにした。同氏は、同市が、科学技術、特に人工知能を用い同市の課題を克服するプロジェクトを最優先する、とも発言した。参照元

引用元: ビットコインニュース

HTC、新しいスマホにBinanceChainサポート

台湾をベースとするスマートフォンメーカーHTCは新しいスマホであるExodus 1の限定版(Binance Edition)に、Binanceの独自チェーンであるBinance Chainおよびこのチェーンを利用した分散型取引所Binance DEXをサポートする機能を搭載することを明らかにした。参照元

引用元: ビットコインニュース

スイスの銀行SEBAが本格稼働

スイスの仮想通貨銀行SEBAは、スイス国内の利用者に対して、サービスの提供を本格的に開始したと発表した。国外からの利用については、2019年12月より、一部の国で利用できるようになることを目処にしているという。2019年8月にFINMAより認可を得たのち、1ヶ月の試験的稼働期間を経て、今回の本格稼働に踏み切った。参照元

引用元: ビットコインニュース

Bittrex、イランのユーザーに預金を2年ぶりに返却

アメリカに本拠をもつ仮想通貨取引所のBittrexはイランのユーザーに仮想通貨の預金を2年ぶりに返還する予定であることを明らかにした。同取引所はアメリカのイランへの経済制裁の影響でイランに居住しているユーザーの口座を一時的に凍結していた。参照元

引用元: ビットコインニュース

Benoît Cœuré氏、BISのイノベーション責任者に就任

欧州中央銀行の元役員であるBenoît Cœuré氏が、デジタル通貨や金融改革に主眼を置く国際決済銀行(BIS)イノベーション・ハブの責任者に2020年1月半ばより就任することが発表された。任期は5年。Cœuré氏はG7のグローバル・ステーブルコインのワーキンググループの責任者も務めた。参照元

引用元: ビットコインニュース

Bitcoinのハッシュレート再び上昇100 EH/s越え

Bitcoinのハッシュレートは先月の終わり頃から100 EH/sを割り込むなど一時期大きく減少していたが、昨日あたりから急上昇を見せて再び100 EH/sを超えるようになった。ほぼ2週間おきに調整されるBitcoinの難易度は久々に減少しており、それが影響していると考えられる。参照元

引用元: ビットコインニュース

EIDOSエアドロップでEOSブロックチェーンが輻輳

CoinbaseによるとEIDOSトークンのエアドロップによるEOSネットワークの輻輳により、クライアントのトランザクション処理に問題が生じたとのこと。同社はCPUリソースを増やすことでこの問題を解決し、トランザクションを処理したという。参照元

引用元: ビットコインニュース

Joe Lubin氏、中国政府との協働に意欲

Ethereumの共同創業者でCosenSysの創業者であるJoe Lubin氏がForbesのインタビューに応じ、一帯一路政策を進める中国の相互利用性を高めるべく、同国がEthereumの技術に熟練することへの手助けを行いたいと発言した。また、中国の仮想通貨は米ドルへの脅威とはならない、と発言した。参照元

引用元: ビットコインニュース

Bobby Lee氏「BTC時価総額は数年で金超える」

BalletCryptoの創立者でありBitcoin財団の役員でもあるBobby Lee氏は、ツイッター上で、Bitcoin(BTC)半減期による供給量減少や、Bitcoinを巡る世界的な状況もあり、時価総額は9年以内に金(ゴールド)の時価総額を超え、最終的には100万米ドルとなるだろう、と発言した。参照元

引用元: ビットコインニュース

Bakkt、金曜日の取引高が1500万ドルを突破

Bitcoinの現物先物であるBakktは日本時間の昨日初めのBitcoin価格下落の影響を受けて取引量が増大し、現地時間金曜日の取引量は過去最高値を更新する1,533万ドルに到達した。未だ他プラットフォームに比べると取引量は少ないものの順調に伸びていると言える。参照元

引用元: ビットコインニュース

チュニジア、デジタル通貨発行へ

チュニジア中央銀行が中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の発行に向けた開発などを始めることを明らかにした。ロシアのスタートアップUniversaのブロックチェーン上で発行され、中央銀行は全ての取引を閲覧できるという。ロシアのメディアTassが報道した。参照元

引用元: ビットコインニュース

Binanceなりすます詐欺動画が出回る

Youtube上でBinanceやBinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏になりすまし、詐欺を行う動画チャンネルによって詐欺被害を受けた人が一定数いると、Binanceの公式アカウントが明らかにし、注意喚起のためBinanceの公式Youtube動画チャンネルを紹介した。参照元

引用元: ビットコインニュース

Tether、Craig Wright訴訟でPeter McCormack氏支持表明

Craig Wright氏がポッドキャスたーのPeter McCormack氏を名誉毀損で訴えた件に関し、Bitfinexの法務顧問であるStuart Hoegner氏は、TetherがPeter McCormack氏を支持すると表明した。Hoegner氏はツイッターに「我々はPeterの信念を賞賛し、馬鹿げて忌々しい訴訟における彼の弁護を支援できることを光栄に思う」と投稿した。参照元

引用元: ビットコインニュース

Satoshi Nakamotoと自称のCraig Wright氏、Tetherも認めず

Bitcoin考案者のSatoshi Nakamoto氏を自称するCraig Wright氏の主張について、仮想通貨取引所Bitfinexの法務顧問であるStuart Hoegner氏はツイッター上に、「多くの人が認めておらず、また、Tetherも認めていない。Wright氏には、自分がSatoshiであると証明をする機会はたくさんあったのにも関わらず、全く証明していない。」と投稿した。参照元

引用元: ビットコインニュース

マレーシア、現金取引制限を設定へ、2020年

マレーシアが、2020年よりRM2万5千の現金取引制限を設定する予定であると、現地メディアThe Starが報じた。金融の統合性を高め、不正な活動を抑制するためであるとした。これには、個人や団体間での支払い、寄付や取引など現金のやりとり一般(人道支援などを除く)に適用されるものであるとした。参照元

引用元: ビットコインニュース

ECC、Zcash商標をZcash財団に譲渡

仮想通貨Zcashを開発したElectric Coin Company(ECC)が、Zcashの商標をZcash Foundation(Zcash財団)に譲渡する合意文書が作成された。今後、財団が商標にまつわる収益や費用に責任を持つことになる。ECCは、Zcashのコミュニティへの支援と、組織の分散化を進めるために今回の譲渡に至ったと説明した。参照元

引用元: ビットコインニュース

中国、MicroBT CEOを逮捕か

地元メディアによると、Bitmainの技術に関する知的財産権をめぐってMicroBTのCEO Zuoxing Yangが拘束されているとのこと。Yang氏は以前Bitmainで働いたがストックオプションをめぐって同社を退職しMicrBTを立ち上げている。参照元

引用元: ビットコインニュース

元麻薬密売人、1900万ドル余りをシルクロードでロンダリングしたことを認める

アメリカの裁判所は元麻薬密売人のヒュー・ヘイニー被告が麻薬の密売などで得た1900万ドル余りをBitcoinで売買される闇サイト「シルクロード」でロンダリングしていたことを司法取引を通して証言を得たと発表した。参照元

引用元: ビットコインニュース

Tether、先日発表された価格操作の論文に反論

Tetherは先日発表されたBitfinexとみられる主体が2017年にTetherの発行を通して価格操作をしていたとする論文に対して正式に反論した。それによると分析対象のデータセットに取引の重要なタイミングに関するデータが大きく欠如しており、信用に到底値しないと述べている。その上で価格操作目的で発行したことはなく、またTetherの時価総額の成長はコミュニティそのものの成長だ、としている。参照元

引用元: ビットコインニュース

CFTC、ビットコインのマージンスワップに許可を与える

アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)は仮装通貨のスタートアップTassatが運営するビットコインのマージンスワップに対して営業許可に相当するスワップの実行ファシリティ(SEF)を与えたことを発表した。現在同社はテスト中であり正式な発売日は明らかにしていない。参照元

引用元: ビットコインニュース

ベネズエラ大統領、自称「Trezor幹部」と登壇

ベネズエラの大統領Nicolas Maduro氏は、同国の国営テレビにて「Trezorベネズエラの代表」と紹介された人物らと登場し、また、Trezorの開発によるものとされるデバイスを手に取るなどした。ウォレット供給のTrezorは、ベネズエラではTrezorの公式再販業者はなく、今回の件について調査を進めていると発表した。参照元

引用元: ビットコインニュース

Webjet、予約承認のブロックチェーン開発

旅行会社のWebjetが、ホテルの予約を承認するブロックチェーン・プラットフォームRezchainを発表した。RezchainはMicrosoftとの協働で開発され、二つの予約サイトの間で、予約情報が食い違っていないか承認できるという。これにより、現在ホテル予約の5%程度を占めている、予約の食い違いを防止することができるという。参照元

引用元: ビットコインニュース

上海でブロックチェーン連合形成、国際貿易に

上海市で開催された国際輸入博覧会にて同市の商務委員会、税関当局、中国人民銀行や交通銀行など6つの団体が提携し、ブロックチェーン連合が結成された。同市の国際貿易に対するブロックチェーン技術の実装を推進する。税関当局の一つである海関総署の職員Ye Jian氏は、同連合は関税分野でブロックチェーンが実装された初めての例となる」と語った。参照元

引用元: ビットコインニュース

豪大臣「テロリストは仮想通貨を財源に」

オーストラリアの内務大臣Peter Dutton氏は、メルボルンで開催されたテロ対策の会議に登壇し、テロリストは仮想通貨を活動の財源とし、仮想通貨の匿名性を利用して活動を不透明なものにしていると発言した。さらに、慈善団体などが知らず知らずのうちにテロリストの財源を助ける暗渠となっていると指摘した。参照元

引用元: ビットコインニュース

PwCアナリスト「サプライチェーンシステムの最大の問題は粘着テープ」

PwCアナリストによると、Walmartなどの食品小売大手が採用しているブロックチェーンを用いたサプライチェーンシステムの問題はテクノロジー自体とはなんの関係もないという。物理的にパッケージにラベルを貼る粘着テープが問題であり、データのレコード自体を改ざん防止しても物理的に貼り替えられるリスクについて指摘した。参照元

引用元: ビットコインニュース