カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

「BCC/JPY」DailyTradingSignal : 久しぶりの大幅上昇 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

「BTC/JPY」DailyTradingSignal : 100万円を再び回復 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

「XRP/JPY」DailyTradingSignal :  オシレーターに底打ち感 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

HV低下で手控えムード濃厚 BTCは節目の9000ドル死守できるか | ビットバンク マーケット情報

先週(6月29日〜7月5日)のビットコイン(BTC)対円相場は4週続落したものの、この週は一貫して動意に欠ける展開が続き終値ベースでは507円安(- 0.05%)の979,493円とほぼ横ばい。手掛かり難が続く中、BTCの短期ヒストリカルボラティリティー(HV)の低下が手控えムードを誘っている。現在の10日物と30日物のHVは、18年11月中旬と19年第一四半期の膠着相場時と同等の水準まで低下しており、いつ相場が保合い放れで大きく動いてもおかしくない状況と言える。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

「BCC/JPY」DailyTradingSignal : 4週連続陰線間近か | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  5月以来の雲が逆転 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

材料出尽くしでも動意薄 BTCの膠着相場はまだ続く? | ビットバンク マーケット情報

2日のビットコイン(BTC)対円相場は12,499円安(- 1.26%)の980,401円。1日の米指標改善を受けた株高に連れて99.9万円まで浮上した前日の相場だったが、この日公表されたFOMC議事要旨でイールカーブコントロール(YCC)の効用について米連邦準備制度委員会(FRB)が懐疑的な姿勢を示したことがわかると上値は抑えられた。2日の相場はアジア時間に前日の上げ幅を縮小。この日発表の雇用統計が市場の予想を上回り米指数先物が上昇すると瞬発的に連れ高になる場面もあったが、リスク回避姿勢後退が示唆されたこともあってか、すかさず反落し、対ドルでは節目の9000ドルを一時割り込んだ。一方、9000ドル水準では押し目買いが入り、NY時間終盤にかけては徐々に値を戻した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  昨日の高値更新なるか | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

「MONA/JPY」DailyTradingSignal : 180円で底値固め | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTCは第二四半期アノマリー示現 第三四半期は外部環境を味方にできるか | ビットバンク マーケット情報

6月のビットコイン(BTC)対円相場は前月比29,393円安(- 2.89%)の988,711円(第1表)。この月は相場が対ドルで10,000ドル水準に浮上する度にマイナーや鯨のBTC送金が相場に冷や水を浴びせ、上値を抑える材料となった。加えて、6月の米指標改善が見られると逃避資金流入の観測も後退、17日にはマイニング難易度を示すディフィカルティーが約15%と大幅に上昇し、実需筋の売りへの警戒感も一層強まり、一月を通して概ね上値の重い展開が続いた。しかし、決定的な売材料にも欠ける中、一定の底堅さも確認され、出来高は細り、ヒストリカルボラティリティー(HV)は低下し、足元では手控えムードが漂っている(第1図)。今朝方にはディフィカルティーの調整もあったが、ハッシュレートがほぼ横ばいで推移した今サイクルの調整率はゼロ%(btc.com調べ)となった(第2図)。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  小幅に反発する相場 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

「XRP/JPY」DailyTradingSignal : 引き続き底値を探る展開 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

相変わらず動意薄のBTC オプションカット後もHV低下 | ビットバンク マーケット情報

6月第4週のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比13,895円安(- 1.4%)の980,000円と3週続落。金相場が約8年ぶりの高値に浮上する中、先週のBTC相場は複数マイナーによる7.3億円相当のBTC送金が確認され、上値を重くした。26日には蘭Deribitで過去最大規模のBTCオプションカットを迎えたが、手掛かり難の中、イベント通過後も市場が予想していたようなボラティリティーの上昇は確認されず小甘い展開が続いた。週末には対ドルで節目の9,000ドル(96.5万円)を割る場面もあったが、押し目買いが入り28日には6日ぶりに反発した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

「BTC/JPY」DailyTradingSignal : ある程度の底堅さも | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

実需筋の利確再び オプションカット後の方向感やいかに | ビットバンク マーケット情報

25日のビットコイン(BTC)対円相場は5,586円安(+ 0.56%)の992,223円と小幅続落。総額7.3億円相当(≒7000 BTC)のマイナーの送金検知と米株の急落を受け、前日に103万円か99万円周辺まで下げ足を速めていた相場は、この日の東京時間にもう一段安となり一時96万円台に沈んだ。しかし、オプションの建玉が集中する9000ドル水準(≒964,000円)で相場は反発し、欧州時間序盤には前日終値周辺で揉み合う展開となった。その後は戻り売りに一時押されるも、米新規失業保険申請件数が2週連続で市場の予想を上回ったことや、米カリフォルニア州の財政非常事態宣言にテキサス州の感染拡大対抗策の緩和撤廃などを受け、NY時間には再び前日終値を目掛け徐々に値を戻していった。終値でのプラス圏回復には到らなかったが、長い下ヒゲをつけ相場の底堅さを印象付ける値動きとなった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

「BTC/JPY」DailyTradingSignal : 全戻し発動 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

「MONA/JPY」DailyTradingSignal : 再度200円へ挑戦 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

急反発からの足踏み 金、株、アルトコイン高に置いていかれたBTC | ビットバンク マーケット情報

23日のビットコイン(BTC)対円相場は9,263円安(- 0.9%)の1,025,543円と小幅反落。前日の相場は、東京時間の序盤に金塊相場が1ヶ月ぶりの高値圏に浮上したのを眺め連れ高となり反発。NY時間に主要3指数が安寄りして始まると上値を抑えられる場面もあったが、金が東京時間に付けた高値を更新し、株価が値を戻しだすと、BTC相場は上値追いに転じ、米決済大手のペイパルが暗号資産(仮想通貨)の売買・保管サービスを計画している可能性があるとの報が出るとショートスクイーズを誘発し今月11日ぶりに104万円にタッチした。22日の終値は103万円台に乗せ、今月16日ぶりに月間でプラス圏に浮上したが、翌23日は時価総額上位の匿名系コインやステーキングコインの一部が高くなる中、BTCは付いて行けず、鈍い値動きに逆戻りした。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  上昇期待再点火 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTC相場は値固めか反落か 「クリプトの冬」の記憶蘇る | ビットバンク マーケット情報

6月第3週のビットコイン(BTC)対円相場の週足は、前週比9,204円安(- 0.92%)の993,895円と2週続落。米連邦準備制度理事会(FRB)の社債買い入れ発表を手掛かりに、週央までのBTC相場は小確りとした値動きで96万円から103万円まで浮上したものの、17日のマイニングディフィカルティー14.95%上昇を受け、失速。需給悪化懸念に手掛かり難も重なり、17日から19日にかけては3日間連続で陰線が付いた。一時は100 Ehash/sを割り込んだハッシュレートも同水準を回復し、週末の相場は節目の100万円周辺で下げ止まったが、一週間を通して方向感に欠ける展開となった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース