カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

イーサリアム相場分析 : 最高値更新後に強い利確売り発生、今後の押し目ポイント探る | ビットバンク マーケット情報

4月19日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれを否定しています。イーサリアムは昨日4.7%下落した陰線を記録しました。売り圧力が強く4日連続の陰線を記録しました。終値は23.3万円でした。オシレーターはプラス域で推移している一方、全て下落しておりモメンタムは低下傾向です。CCIはマイナス域突入間近です。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDは昨日デスクロスが発生しています。ADX(29)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。イーサリアムは27万円の最高値を記録した後、利益確定売りに押され下落しています。短期のテクニカルは弱気に傾いていますが、チャートストラクチャーは崩れておらず安値を切り下げる形にはなっていません。売りが一巡すると高値を再び試す展開が予想されます。今後の押し目ポイントが気になるところです。前回押し目となった21.5万円付近は反発する可能性があり、注目の価格になっています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは週明けも弱い値動き、続落に注意か | ビットバンク マーケット情報

4月19日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日も続落し6日連続の陰線を記録しました。終値は602.2万円で下落率は2.4%でした。週明けも弱い値動きが続いています。オシレーターは下落しておりモメンタムが低下しています。CCIは169まで下落しています。Fisherは遅行線下回り下落中で、本日からマイナス域に突入しています。MACDもプラス域を維持している一方、遅行線を下回り下落中です。MACD(22)は低下しておりトレンドが弱い状態を示唆しています。ビットコインは週末の急落からの反発が予想されましたが、昨日も冴えない動きでした。まだ売り圧力が強いようです。本日も安値で取引されており、弱い値動きが見られます。オシレーターは徐々に弱気に傾いており、注意を促しています。FisherやMACDがこのまま下落すると今週中にも全てのオシレーターがマイナス域入りするでしょう。長期ではまだ強気のチャートストラクチャーを維持しているものの、短期では続落の可能性が高まっており警戒が必要そうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 急騰の反動から大きな利確売りが発生、価格は移動平均線上位を維持 | ビットバンク マーケット情報

4月18日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは8.1%下落した陰線を記録しました。終値は154.8円でした。下落が続いているリップルですが価格は移動平均線の上位を維持しています。オシレーターは下落傾向にあり、短期のモメンタムは低下しています。CCIは46で推移しています。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDも下落傾向が続いていますが、遅行線の上位を維持しています。ADX(56)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。リップルは現在5日連続の陰線を記録しており、急騰の反動で利益確定売りが出ています。一方で価格は移動平均線の上位を維持しており、底堅く推移しています。昨日は長い下ひげが出現しており、買い戻しの兆候が見られました。本日も始値からやや高い位置で取引されています。短期のテクニックは若干弱気を示唆していますが、長期ではまだまだ強気を示唆しており、今週は反発に期待したいところです。売りが一巡すれば再び高値を試しにいくことが予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

近年稀に見るハッシュレートの急落 弱材料複数のBTCはこの先どうなる? | ビットバンク マーケット情報

先週(12日〜18日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、激しい値動きの中、前週比416,998円(6.33%)安の6,173,000円と3週ぶりに反落し、2週間ぶりの安値まで押した。先週の暗号資産(仮想通貨)市場は、14日のコインベース上場を目掛け全面高の様相を呈し、ビットコインは同日に7,055,120円の史上最高値を付けた。一方、その後はコインベース上場で事実売りが入りビットコイン相場は失速。16日には新疆ウイグル自治区における停電が中華系マイナーのハッシュレート急落に寄与している可能性が浮上し、ビットコイン相場は下げ足を速め、650万円付近まで押した。このほか、先週は週後半にかけて、①米マサチューセッツ州の金融当局がロビンフッドのブローカー・ディーラーライセンス剥奪の思惑、②サブレディット「r/Wallstreetbets」での仮想通貨関連議論の禁止、③米財務省が仮想通貨軽油の資金洗浄(マネーロンダリング)を巡って複数金融機関を告発するという旨のネット上のリーク情報が相場の重石となり、週末のビットコイン相場は対ドルで節目の60,000ドル(≒652万円)や2月高値の58,367ドル(≒635万円)を割り込み、一時580万円まで一気に売り込まれた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 週末の薄商い時に急落、今回も移動平均線割れは買いか? | ビットバンク マーケット情報

4月18日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは5.8%下落した陰線を記録しました。終値は617.3万円でした。5日連続の陰線を記録され売りが強い状況が続いています。オシレーターは全て下落しており、モメンタムは低下しています。CCIは142まで下落しました。Fisherは下落中ですがプラス域を維持しています。MACDは週末にデスクロスが発生しました。ビットコインは昨日、強く売られ価格は短期の移動平均線を大きく下回りました。先週は、最高値を更新した後、陰線が続く売り手が有利な相場に突入していました。しかし昨日は長い下ひげが発生し、価格も長期移動平均線の53EMAにサポートされ、売りは一巡したものと考えられます。短期のテクニカルはやや弱気を示唆していますが、今週の始めは週末の急落の反発が予想されます。ここ数ヶ月のビットコイン相場では、短期移動平均線より下位は高値を目指す反転ポイントになる傾向があります。今回もどこまで値戻しできるか要注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

クアンタム相場分析 : クアンタムはここ4年間の高値圏へ、価格を2000円台に乗せる | ビットバンク マーケット情報

4月15日のクアンタムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。クアンタムは昨日、10.5%上昇した陽線を記録しました。終値は1913円でした。3日連続の陽線を記録し継続的に買われています。オシレーターは全てプラス域で推移し強気を示唆しています。CCIは95で推移しています。FisherとMACDは共に遅行線を上回り買いシグナルが継続しています。ADX(61)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。クアンタムは昨日、大幅に上昇したことで終値ベースの上場来高値を更新しました。本日も強く買われており、高値をさらに更新し現在2000円台で取引されています。強い値動きが継続しており、引き続き高値を追う展開が予想されます。過去チャートではここ4年間の高値圏で推移しており、どこまで値を伸ばせるかにも注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 大きな動きはないが底堅い推移、高値更新チャレンジのタイミング伺う | ビットバンク マーケット情報

4月15日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、大きな値動きがなく前日からほぼ横ばいでした。終値は686.8万円でした。価格は移動平均線の上位を維持し底堅く推移しています。オシレーターは全てプラス域で推移し強気をしています。CCIは161まで上昇しています。FisherとMACDは共に遅行線を上回り買いシグナルが点灯中です。ADX(23)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインはここ2日間ほど価格調整を行っており大きな動きはありませんでした。一方で価格推移は底堅く、下がれば即座に買い支えが入っており買い需要が継続しています。短期の利確売りをこなせば再び高値を目指す動きが予想されます。テクニカルでは、長短期のオシレーターが上昇しており買いポジションが推奨されています。ADXも上昇しておりボラティリティの回復が確認され、良好な相場状態と言えます。週末の値動きにも期待が持てるチャートが形成されています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

コインベース上場を無難に通過 イーサリアムはハードフォークで連日高値更新 | ビットバンク マーケット情報

15日の ビットコイン(BTC)対円相場は-6,691円(0.10%)安の6,868,021円とほぼ変わらず。一方、昨日はドル安円高の影響でビットコインの対ドルは小幅な上昇となっている。前日のコインベース(COIN)のナスダック上場初日は、事実売りとCOINの下落に連れ安となりビットコインは700万円周辺から670万円周辺まで押したが、COINが参照レートの250ドルを上回り引けると、安心感からビットコインは対ドル3月高値水準から押し目買いが入り690万円まで戻した。一方、15日の東京市場のビットコインはイベント通過で手掛かりを探る展開となり、680万円から692万円のレンジで方向感に欠ける推移となった。欧州市場の序盤には、前日から好調だった主要アルトコインに売りが入り、ビットコインは東京市場のレンジを一時割り込むも、COINの早朝取引での反発やアルトコインの速やかな反発に支えられ下げ止まり、米市場の引けにかけてはアルト主導の上昇で東京時間のレンジ内に値を戻している。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 連日の最高値更新、価格は26万円を突破 | ビットバンク マーケット情報

4月14日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日イーサリアムは5.8%上昇した陽線を記録しました。終値は26.5万円でした。ここ2日間の上昇率は約13%です。現在最高値を更新中です。オシレーターは全て上昇しており強気示唆です。CCIは159まで上昇しています。FisherとMACDは遅行線を上回り買いシグナルが継続しています。ADX(29)は20を超え上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。イーサリアムは現在、非常に強い値動きで高値を更新しています。買い手が有利な状況が続いています。テクニカルでは強気シグナルを示すインジケーターが多く買いポジションが推奨されています。まだまだ上昇する勢いは衰えておらず、次の大台となる30万円にどこまで近づけるか注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 昨日は一時3%ほど下落、適度な押し目を付けたか | ビットバンク マーケット情報

4月14日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日0.7%下落した陰線を記録しました。終値は687.4万円でした。昨日は一時676万円まで下落する場面があり3%ほど押す場面がありました。価格は終値にかけて反発しています。オシレーターは上昇トレンドを維持しています。CCIは185まで上昇しました。Fisherは遅行線の上位を維持しています。長期オシレーターのMACDも上昇が継続し買いシグナルが出ています。ADX(22)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインは昨日一時下落したものの、その後反発し底堅さをみせました。強い買い需要が継続していると考えられます。昨日の下落を押し目に高値を追う展開が期待されます。テクニカルには昨日の陰線の影響はほとんどなく、インジケーターは強気を示唆しています。週後半も上目線で問題なさそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 価格は一時200円を突破、上昇の勢い止まらず | ビットバンク マーケット情報

4月13日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは昨日、21%上昇し大きな陽線を記録しました。終値は195円を記録しました。強いプライスアクションが継続しています。オシレーターは全てプラス域で推移し強気を示唆しています。CCIは高値圏の186で推移しています。Fisherは遅行線を上回り買いシグナルが出ています。MACDは約1ヶ月間、遅行線を上回り上昇しています。ADX(55)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。リップルは昨日も20%を超える陽線を記録し強い上昇の勢いを保っています。今週もすでに30%ほど上昇しており、昨日は一時205円まで上昇しました。現在は2017年の高値(400円)の半値戻しまで来ました。テクニカルでは買いシグナル一色になり、暴騰後も大きく売られる様子はなく、まだまだ高値を目指すことが予想されます。積極的に買いのエントリーポイントを探っていきたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 1ヶ月ぶり最高値更新に成功、700万円は射程圏内 | ビットバンク マーケット情報

4月13日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、5.4%上昇し陽線を記録しました。終値は692.3万円を記録しました。昨日は高値を更新し強いプライスアクションをみせました。オシレーターは全て上昇しており強気を示唆しています。CCIは156を超えました。Fisherは遅行線を超え買いシグナルが出ています。MACDでは昨日ゴールデンクロスが発生し再び上昇し始めました。ADX(20)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインは昨日、約1ヶ月ぶりの最高値更新に成功しました。強気トレンド入りを示唆するインジケーターが多く、テクニカル的には買いポジションが推奨されています。700万円の突破を射程圏内に捉えています。ADXは上昇余地をかなり残しており、今後の強気トレンドの継続に期待したいところです。強く押す場面があれば積極的に買いでエントリーできる状況です。今週の後半も高値追い相場が期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

史上最高値更新のビットコイン 今夜の目玉イベントでどう動くか | ビットバンク マーケット情報

13日のビットコイン(BTC)対円相場は354,828円(5.40%)高の6,923,350円と上伸し、過去最高値(6,724,683円)を更新した。対ドルでも最高値の61,788ドルを更新し、63,774ドルの高値を付けた。イーサリアム(ETH)の対円も最高値を更新し、16,331円(6.97%)高の250,582円。リップル(XRP)対円は終値にかけて売られるも、一時は205円にタッチし、2018年1月15日以来の高値に浮上した。東京時間のこの日のビットコインは確りとした推移で、対ドルで節目60,000ドル水準となる656万円から前日高値の670万円を試しにいった。短期レンジの上限として意識された同水準では戻り売りが入るも、今週のメインイベントであるコインベースのナスダック上場を翌日に控え、市場では買いの順回転が加速し、欧州勢参入後に相場は急伸し、670万円と3月高値を一気に上抜け690万円台に初めて浮上した(第2図)。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 強い買いが継続、年初来高値も更新 | ビットバンク マーケット情報

4月4日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日リップルは9.3%上昇し強く買われました。終値は70.1円でした。高値を追う強い展開が続いています。オシレーターは全て上昇しており強気示唆です。CCIは136まで上昇しました。Fisherは遅行線を上回り強気示唆です。MACDも遅行線の上位を維持し買いシグナルが継続しています。ADX(28)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。現在、リップルは非常に強いチャートを形成しており明確な上昇トレンドに突入しています。テクニカルでは強気を示すインジケーターが多く、買いポジションが推奨されています。本日もすでに6%ほど上昇して取引されており、買い需要が継続しています。本日は一時年初来高値となる77円を記録しており、今後どこまで高値を伸ばせるかに注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル(XRP)は1週間で2倍強の上昇 BTCにも物色の動き | ビットバンク マーケット情報

先週(5日〜11日)のビットコイン(BTC)対円相場は2週続伸。終値は前週比139,576円(2.16%)高の6,589,998円と、前週から相場のレジスタンスとなっていた対ドル2月高値の640万円水準を超え、節目60,000ドルを試す展開となっている(第2図)。先週の暗号資産(仮想通貨)市場は、引き続きアルトコインが主導する展開となり、時価総額第4位のXRP対円の週足は、前週比で78.456円(111.81%)高くなり、3年ぶりに終値で148円に乗せた。ステラ(XLM)とクアンタム(QTUM)の対円も30%以上の上昇率を記録しており、順回転相場の様相を呈している。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ステラ相場分析 : 上場来高値を試す展開、強い上昇トレンドに突入 | ビットバンク マーケット情報

4月8日のステラの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ステラは4.8%上昇した陽線を記録しました。終値は56円でした。今週は高値を追う強い値動きをみせています。オシレーターは全てプラス域で推移し強気トレンドを示唆しています。CCIは144で推移しています。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDは遅行線を上回り上昇中です。ADX(21)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ステラは現在底堅い値動きが続き強気トレンドに突入しています。今週は上場来高値の63円にタッチするなど強く買われています。オシレーターは短期で下落しているものの大きくプラス域で推移し、テクニカル的には買いポジションが推奨されています。相場状況は非常によく、週末にかけて高値を更新できるか注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 価格は再び移動平均線上位へ、底堅い推移もトレンドは弱い状態 | ビットバンク マーケット情報

4月8日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、3%上昇した陽線を記録しました。一昨日の下落をかき消す反発がありました。終値は635万円でした。オシレーターは弱気と強気が入り混じる状態です。CCIは上昇し18を記録しました。Fisherは昨日マイナス域に突入しました。MACDはプラス域で下落中です。ADX(18)下落しておりトレンドが弱い状態を示しています。ビットコインは昨日、移動平均線の上位を回復し再び強いプライスアクションをみせました。ここ1ヶ月間ほど高値の更新はありませんが底堅く推移しています。ADXが示すように相場では、ボラティリティが低下しておりトレンドが弱い状態が続いています。大きな方向感がないため、様子見相場と言えるでしょう。昨日の上昇によりややチャートは弱気に傾いているため、続伸するようなら上抜への期待度が高まります。まずはしっかり移動平均線の上位を維持して欲しいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

市場占有率下がるビットコイン 目先は閑散に売りなしか | ビットバンク マーケット情報

8日のビットコイン(BTC)対円相場は184,994円(3.00%)高の6,350,007円と反発し、前日の下げ幅をほぼ掻き消した。前日7日の暗号資産(仮想通貨)市場は、アルトターンで高騰した主要アルト銘柄の反動安が市場の下げを主導し、対ドル2月高値水準の640万円を挟み込み方向感に欠けていたビットコインも、同水準から下放れとなり610万円付近まで安値を広げていた。一方、7日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨がハト派的な内容となると、ビットコインは下げ止まり反発。8日の東京市場では戻りを試す展開となり、630万円にタッチした。欧州市場の取引では、利食い的な売りが入り一時は618万円まで押すも、欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨で高水準の緩和策継続の必要性が強調されたことが明らかになったことや、パウエル米連邦準備制度(FRB)議長がこの日参加した国際通貨基金(IMF)のイベントで、前日のFOMC議事要旨に沿った緩和的な姿勢を示したことが好感され、ビットコインは再び反発し7日欧州時間からの下げ幅を奪回した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

モナコイン相場分析 : 昨日は強く押す展開もモナコインはここ1ヶ月間の高値で推移 | ビットバンク マーケット情報

4月7日のモナコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日モナコインは6.2%下落した陰線を記録しました。終値は223円でした。現在、価格は1ヶ月間の高値圏で推移しています。オシレーターは大きくプラスで推移し強気を示唆しています。CCIは97で推移しています。Fisherは昨日デスクロスが発生しました。MACDは遅行線を上回り上昇中です。ADX(24)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。モナコインは今週、間近高値を更新しており強気トレンドに突入しています。テクニカル的には買いポジションが推奨されています。昨日は高値から利益確定売りが発生し強め押しました。昨日の下落により短期のオシレーターは下落に転じており、モメンタムは低下気味です。長期では高値を切り上げる強気チャートを維持しているため、移動平均線付近で反発するなら再び高値を追う展開になると予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 :高値懸念から売り込まれる展開に、価格は移動平均線を下回る | ビットバンク マーケット情報

4月7日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターはプラス域で推移しておりこれを否定しています。昨日ビットコインは3.1%下落し2日連続の陰線を記録しました。価格は約10日ぶりに移動平均線を下回りました。やや売り込まれる展開になりました。オシレーターはプラス域を維持している一方、下落傾向にあります。CCIは3まで下落しました。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDも下落中で遅行線との差を広げています。ADX(19)は下落しておりトレンドが弱い状態を示しています。ビットコインは移動平均線を下回り弱いプライスアクションが見られました。オシレーターはマイナス域へ突入間近なインジケーターがあり、モメンタムの悪化を示しています。テクニカルは弱気に傾いており、買いは様子見となりそうです。現在は売り手が有利な相場に入っており、今後の下げ止まりポイントが気になるところです。まずは600万円台を死守できるかが大きなポイントになるでしょう。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

クアンタム相場分析 : 上場来高値を更新し続け2000円に迫る | ビットバンク マーケット情報

4月6日のクアンタムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。クアンタムは昨日29%上昇し強く買われました。移動平均線を大きく上回り強いプライスアクションをみせています。オシレーターはすべて上昇しており強気トレンドを示唆しています。CCIは235を記録しています。Fisherは遅行線を上回り強気示唆です。MACDも遅行線を上回り買いシグナルが継続しています。ADX(46)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。クアンタムは現在強い上昇トレンド相場に突入しています。上場来高値を更新し続けており、本日は2000円に迫る勢いで上昇しています。1月の上場から価格は約5倍に上昇しています。週足ではすでに60%ほど上昇しています。最近のアルトコインラリーの波に上手く乗っています。テクニカルでは強気トレンドを示唆するインジケーターが多く買いポジションが推奨されています。今後どこまで上値を伸ばせるか注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 650万円のレジスタンスが重い、ビットコインは小幅に下落 | ビットバンク マーケット情報

4月6日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、1.4%下落した陰線を記録しました。終値は635万円でした。上値が重い相場が続いています。オシレーターは下落傾向にあります。CCIは52に下げています。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDは一昨日デスクロスが成立しています。ADX(20)は下落しておりトレンドが弱い状態を示唆しています。昨日ビットコインは650万円のレジスタンスに跳ね返されるように小幅に下落しました。上値の重さが明確になりつつあり、上昇するのにかなり苦労している様子です。冴えない値動きの影響からオシレーターは下落しており、上昇のモメンタムは弱くなりました。本日も下落して取引されており、昨日の安値を割り込みました。630万円を割り込むと移動平均線も下回るため、更なる下落懸念が高まります。移動平均線付近での攻防に注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル大幅続伸で3年ぶりに120円乗せ BTCは2月高値巡る攻防続く | ビットバンク マーケット情報

6日のビットコイン(BTC)対円相場は94,801円(1.47%)安の6,365,199円と反落し、対ドル2月高値水準(≒641万円)を再び割り込んだ。直近1週間のビットコイン相場は同水準を挟み込む値動きとなっており、高値圏での揉み合いで方向感を示せずにいる。一方、ビットコイン以外のアルトコインの殆どはこの日も堅調に推移し、時価総額第4位のXRPは、22.894円(23.55%)高の120.094円と続伸し、2018年2月ぶりに終値で120円台に乗せた。デジタル・シルバーを謳うライトコイン(LTC)の対円相場も、欧州暗号資産(仮想通貨)運用大手のコインシェアが同通貨の上場取引型金融商品(ETP)をスイス証券取引所に上場させたことが好感され大幅上昇し、年初来高値を塗り替えた(+7.68%)。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 日次上昇率38%を記録し、年初来高値更新し100円に迫る | ビットバンク マーケット情報

4月5日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日リップルは30%を超える上昇を記録し暴騰しました。終値は97.9円でした。年初来高値を更新しました。オシレーターは全て上昇しており強気示唆です。CCIは353まで上昇しました。Fisherは遅行線を上回り強気示唆です。MACDも上昇中で買いシグナルが継続しています。ADX(31)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。リップルは昨日、これまでの高値77円を突破すると一気に100円付近まで上昇しました。この上昇により価格は2018年5月の高値まで上昇しました。価格は約3年ぶりの高値圏で推移しており、長期チャートもかなり強気に変化してきました。今後の注目点はやはり100円を突破できるか否かでしょう。現在は強いモメンタムに支えられており100円突破も十分にあり得る相場状況になっています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 価格は高値圏で底堅く推移、650万円が重要なライン | ビットバンク マーケット情報

4月5日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは0.1%上昇し終値は646万円でした。価格は移動平均線の上位を維持し底堅く推移しています。一時630万円まで下落しましたが、即座に買い戻されました。オシレーターはプラス域を維持も下落傾向にあります。CCIは63で推移し、本日は上昇に転じています。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDでは昨日デスクロスが発生しています。ADX(20)は下落しておりトレンドが弱い状態を示唆しています。ビットコインは昨日、小幅ながら上昇し買い需要が継続していることが確認されました。650万円を超えることができるかが重要なポイントになりそうです。価格は底堅く推移している一方、オシレーターは下落しておりモメンタムは追いついていません。650万円を超えてくると、オシレーターも上向きテクニカルは一気に強気に傾くことが予想されます。さらに670万円の最高値更新も射程圏内に入ってくるでしょう。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

アルトコイン高続く仮想通貨市場 本日からBTCに買い手戻るか | ビットバンク マーケット情報

先週(3月29日〜4月4日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比328,742円(5.37%)高の6,450,422円と3週間ぶりに反発。対ドルでは節目の58,000ドルを回復し、前週安値の50,000ドルから2月高値の58,367ドルを試す展開となっている。先週のビットコインは、週明けからVISAのUSDC決済と、ペイパルの暗号資産(仮想通貨)決済サービス開始を追い風に上値を伸ばす展開を繰り広げ、週央には660万円にタッチした。その後は、仕掛け的な売りが入ったり、アルトターンが発生したりしたが、強気のADP雇用統計やゴールドマンの仮想通貨投資商品検討、さらにはコインベースの上場日程決定が相場の支えとなり、ビットコインは上値が重くも底堅く推移し、650万円で踊り場を形成した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 週末は値動きが重い展開に、オシレーターは下落 | ビットバンク マーケット情報

4月4日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日、ビットコインは1.7%上昇しました。終値は645.0万円でした。週末を通しては小幅に下落しました。週末に価格がやや下落した影響からオシレーターは反落しています。CCIは63で推移しています。Fisherでは昨日デスクロスが発生しています。MACDは本日からデスクロスが発生しています。ADX(20)は下落していおりトレンドが弱い状態を示唆しています。ビットコインは週末に冴えない展開となり、高値の更新には至りませんでした。650万円の上位は上値が重い状況です。価格は移動平均線を上まわっているものの、オシレーターは低下しておりモメンタムの下落が確認されています。本日MACDのデスクロスが成立するとテクニカルは弱気に傾きます。値動き自体は弱くはないものの、下落にも警戒が必要そうです。週始めはビットコインが高値を更新する余力がまだ残っているかに注目したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTCは650万円で踊り場を形成 アルトターン発生でアルト対BTCが上昇 | ビットバンク マーケット情報

1日のビットコイン(BTC)対円相場は7,258円(0.11%)高の6,502,881円とほぼ変わらず。直近2日間の相場は650万円周辺で踊り場を形成し、横ばいとなっている。米国のADP雇用統計の大幅改善や、ゴールドマンサックスの富裕層向け暗号資産(仮想通貨)投資商品検討の報で、31日のビットコイン相場は仕掛け的な売りから一変して切り返し、630万円から660万円まで戻したが、欧州で強化されるコロナ対策の行動規制に上値を抑えられる形となり、31日のNY市場から方向感に欠ける展開となっている。ただ、ADP雇用統計が上振れたことで、本日、米労働省が発表する雇用統計も前向きな結果が期待され、昨日は新規失業保険申請件数が市場の予想に反して71.9万件と増加するも、相場の反応は極めて限定的だった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン価格 4月の見通し:インフレ指標、FOMC議事要旨、強気アノマリー | ビットバンク マーケット情報

3月のビットコイン対円相場は1,674,382円(34.73%)高の6,495,623円と、月足の上昇幅としては過去最大となり、6ヶ月続伸しました(第1図)。3月はビットコインにとって価格の下がりやすい月となっており、2012年から2020年まで3勝6敗という成績でしたが、今年の3月はこうした「弱気アノマリー」を覆す結果となり、年初からは118.71%の上昇率を記録しています(第1表)。2月は最終週にかけて相場が強く押し、同月高値(615万円)から実に25%の急落劇を繰り広げ、3月は480万円周辺からのスタートとなりましたが、米国での1.9兆ドル規模の追加経済対策の可決、それによる個人現金給付の資金流入期待、米雇用統計の改善や、カナダでのギャラクシーデジタルのビットコイン上場投資信託(ETF)取引開始など、月初から好材料に支えられ、月前半に相場は2月高値を更新し、14日に672.4万円の史上最高値を付けました。
カテゴリ: 調査レポート | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

モナコイン相場分析 : 先週の上昇によりチャートが一気に改善、一転し強気トレンドに | ビットバンク マーケット情報

3月30日のモナコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日モナコインは1.6%上昇した陽線を記録しました。現在3日連続の陽線を記録しています。価格はここ1ヶ月の高値圏で推移しています。先週まで冴えなかったオシレーターは、現在全て上昇しています。CCIは144まで上昇しています。Fisherは遅行線を上回り強気示唆です。MACDも先週末にプラス域を回復し上昇中です。ADX(21)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。モナコインは先週3月25日に突如として買われチャートが一気に改善しました。価格はその後、移動平均線の上位を維持し、一目均衡表の雲も抜けてきました。強気を示唆するシグナルが多く、テクニカル的には買いポジションが推奨されています。このまま雲の上位を維持するなら先週の高値を更新するのは時間の問題でしょう。今後の上昇に期待が持てるチャートが形成されています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース