カテゴリー別アーカイブ: ビットコイン

ビットコイン相場分析 : 今週は売られてスタート、短期のモメンタムが低下 | ビットバンク マーケット情報

3月15日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、5.5%下落し2日連続の陰線を記録しました。終値は609万円でした。今週に入り、売られる傾向が強くなっています。オシレーターはプラス域を維持している一方、短期では下落しています。CCIはプラス100を下回りました。Fisherでは遅行線を下回りデスクロスが発生しました。MACDも若干下落しており、遅行線との差が減少しています。ADX(26)は20を上まわっていますが、昨日は下落しており相場のトレンドが弱くなっていることを示唆しています。ビットコインは日曜日から下落が始まっており2日間合計で8%ほど下落しています。本日もすでに約2%下落しています。チャート全体としては強気を維持も、短期ではオシレーターのデスクロスも確認されモメンタムが低下しています。短期的な買いシグナルは解消されています。売りはかなり強いため、買いエントリーは下げ止まりを確認できるまで様子見となりそうです。まずは移動平均線が推移する580万円付近でサポートされるか否かに注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 価格調整続く、53円が大きなレジスタンスに | ビットバンク マーケット情報

3月14日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日、リップルは3.7%下落し終値は47.9円でした。週末合計ではほぼ横ばい推移となりました。価格を調整する動きが続いています。オシレーターは全て下落傾向にあり弱気のモメンタムを示しています。FisherとMACDは共にマイナス域で推移し、短期と長期でオシレーターは売りシグナルが出ています。ADX(16)は下落しており相場にトレンドがない状態を示しています。リップルは移動平均線付近での値動きが続いていおり、大きなトレンドはありません。モメンタムは下落しておりやや弱気方向で相場が動いています。53円付近がレジスタンスとなり上値を抑えています。このラインを越えるまで買いポジションは手控えた方が良いでしょう。逆に長期移動平均線を下回り先週の安値46円を割る場合は下落に注意が必要です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコインにわかに6万ドル乗せ 米国で始まった現金給付に期待 | ビットバンク マーケット情報

先週(8日〜14日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比935,512円(16.96%)高の6,450,000円と2週続伸し、終値ベースで史上最高値を更新。13日には対ドルでも高値を更新し、初めて60,000ドルの大台に乗せた。相場は今月5日から11日まで7日続伸し、この間に520万円から620万円台まで回復。先週は1.9兆ドル規模の米追加経済対策が上下要因で可決され、バイデン米大統領が署名したことに加え、ノルウェーのアーケル(Aker)グループがビットコインやブロックチェーン技術への投資を目的とする子会社を設立したり、デジタル・カレンシー・グループが子会社グレイスケールのビットコイン投資信託(GBTC)に最大で2.5億ドルの投資を行う計画を発表したりと、リスクオンムードを助長する材料や事業会社からのBTC需要の底堅さが相場の支えとなった。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 週末でも上昇するビットコイン、価格は史上最高値672万円を記録 | ビットバンク マーケット情報

3月14日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、3.2%下落し終値は645万円を記録しました。土日合計では3%ほど上昇しています。安定的な買いが継続しています。オシレーターは全てプラス域で推移しており強気トレンドを示唆しています。CCIはプラス100を上回った状態での推移が続いています。Fisherは遅行線を上回り買いシグナルが点灯中です。MACDでも上昇が続いており長期のモメンタムも上向きで推移しています。ADX(27)は20を超え上昇中で強気トレンドの発生を示唆しています。先週ビットコインは継続的に買われ安定して上昇しました。週末には最高値を更新し一時672万円を記録しました。週足では16%ほど上昇しました。オシレーターは上昇が続いており、テクニカル的には今週も買いポジション示唆が継続しています。価格は高値を更新しても強く売られ様子はなく、まだ買い需要が強い状態です。今週も高値を追う展開が予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコインキャッシュ相場分析 : 6日連続陽線が記録され相場は上昇体制へ | ビットバンク マーケット情報

3月11日のビットコインキャッシュの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインキャッシュは今週、強い値動きが続いており陽線が続いています。週間では6%ほど上昇しています。価格は移動平均線の上位での推移を維持しています。価格の上昇とともにオシレーターも反転しています。短期オシレーターはプラス域を回復し上昇のモメンタムを示しています。CCIとFisherはプラス域で上昇しています。MACDも本日からプラス域を回復しています。ADX(23)は下落しておりトレンドの発生示唆には至っていません。底堅い値動きによりビットコインキャッシュのチャートは強気に傾いています。今週は6日連続の陽線を記録しており継続的に買われています。ADXは下落が継続しており、強気トレンドを示唆するにはもう一段の上昇が必要です。一方、MACDは本日からプラス域を回復するなど、今後も価格の伸びに期待できる状況です。相場は上昇体制に入っており、上値を追う展開が期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 史上最高値を629万円に伸ばす、まだまだ続伸に期待 | ビットバンク マーケット情報

3月11日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日も陽線を記録し続伸しました。上昇率は3.5%で終値は626.7万円でした。週足の上昇率も13%に伸ばしました。オシレーターは引き続き上昇しており強気のモメンタムを示唆しています。CCIはプラス100を超えて推移しています。Fisherはプラス域で上昇が継続しています。MACDも遅行線を上回り上昇中です。ADX(22)は上昇中で強気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインは昨日も買われ連続の陽線記録を7に伸ばしました。円建ての史上最高値を更新し629万円を記録しました。最近の傾向として日本時間の早朝に上昇することが多くあり、今朝方に強く買われました。価格は最高値を更新し強いプライスアクションが見られ、オシレーターも上昇が続いており、テクニカル的には買いポジションの推奨が継続しています。今週はADXも上昇に転じており、弱気を示唆するシグナルは皆無な状態です。週末にかけて更なる上昇が期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTC対ドルは最高値目前 来週のイベントに向け今後の展開は? | ビットバンク マーケット情報

11日のビットコイン(BTC)対円相場は215,452円(3.56%)高の6,267,085円と、先月21日の史上最高値(6,149,997円)を終値で更新。相場は今年の1月3日ぶりに7日続伸となっており、価格形成を主導する対ドル相場でも史上最高値の58,367ドルが目前に迫っている。この日の相場は、前日の米消費者物価指数(CPI)通過や米追加経済対策案の下院可決で、朝方から材料出尽くし感で売りが台頭。そこに、7年間休眠状態だったアドレスから5,000BTCの送金が検知され、相場は欧州序盤に前日の上げ幅を完全に掻き消した。一方、その後は押し目買いの様相で相場は反発。605万円周辺から下に往って来いを演じ、米失業保険新規申請件数の低下や欧州中央銀行の追加緩和策を追い風に620万円にタッチした。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

モナコイン相場分析 : 価格調整相場続く、225円を超えレンジブレイクなるか? | ビットバンク マーケット情報

3月10日のモナコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日モナコインは小幅に下落し終値は215円でした。下落率は3.1%でした。価格は移動平均線付近での推移が続いています。オシレーターはマイナス域で推移しているものが多くありますが、短期では上昇傾向にあります。CCIは本日からプラス域に突入しています。Fisherは遅行線を上回りプラス域で上昇しています。MACDはマイナス域で推移していますが、緩やかに反発しています。ADX(22)は下落しており相場のトレンドが弱いことを示唆しています。モナコインは価格調整相場にあり大きなトレンドがない状態が続いています。オシレーターは短期で上昇しモメンタムはやや上向きつつあります。弱気を示唆するシグナルが多い一方、相場はレンジで推移しており、トレンドフォロー系インジケーターが効きづらい相場状況です。現在、価格は225円付近のレジスタンスにより上値を抑えられているようです。このラインを超えてくると、チャートはかなり強気に傾くためレンジブレイクに期待したいところです。まずはレンジを抜けるか否かを見極めたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 強い買いが継続、一時史上最高値618万円にタッチ | ビットバンク マーケット情報

3月10日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは小幅ながら続伸し、6日連続の陽線を記録しました。1.6%上昇し終値は605万円を記録しました。オシレーターは引き続き好調で、プラス域で上昇しています。CCIは100を超え、Fisherは遅行線を上回り強気を示唆しています。長期オシレーターのMACDも上昇しており、モメンタムは上向きで推移しています。ADX(21)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインは今週、月曜日から陽線を記録し続けており継続的に買われています。円安の影響もありビットバンクでは、史上最高値を更新し一時618万円まで上昇しました。本日は終値ベースでこれを上回れるかに注目です。今のところ強く売られる様子は見られず、テクニカル的には買いポジションが推奨されています。今後も高値を追う展開が予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ライトコイン相場分析 : 好調のライトコインが今週10%上昇、更なる続伸に期待 | ビットバンク マーケット情報

3月9日のライトコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のライトコインは5.8%上昇し終値は2.2万円を記録しました。ここ2週間の高値圏で推移しており、強いプライスアクションが見られます。オシレーターは短期と長期が共に上昇しており良いモメンタムを示しています。CCIは昨日プラス域を回復しました。Fisherは上昇が継続しています。MACDは昨日ゴールデンクロスが発生しています。ADX(15)は低水準にありトレンドの発生には至っていません。ライトコインは今週に入り10%ほど上昇しており強く買われています。価格上昇を受け、テクニカルはかなり改善し強気を示唆するシグナルが多く出されています。現在のチャートは買いポジションを推奨しています。昨日はMACDでゴールデンクロスが発生するなど長期のトレンドも再び上向き出しています。現在のライトコインは非常に買い側が強く、今週後半も高値を追う展開になると予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 長期オシレーターも上昇し強い買いシグナル、最高値更新間近に | ビットバンク マーケット情報

3月9日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日も強く買われ5日連続の陽線を記録しました。4.6%上昇し終値は595万円を記録しました。オシレーターは全て上昇しており強気トレンドを示唆しています。短期オシレーターのCCIとFisherは引き続き上昇しています。昨日はMACDでもゴールデンクロスが発生し、長期トレンドの強気が示唆されました。下落が続いていたADX(20)も上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインは今週、強い買い需要に支えられ安定的に上がっています。今週の上昇により長期のテクニカルも上向き、強い買いシグナルが出ています。ADXの上昇とMACDのゴールデンクロスは相場が最高値を更新する準備ができたことを示唆しています。今週は押し目があれば積極的に買える相場が続いています。本日もすでに高値で取引されており続伸に期待です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者:
引用元: ビットコインニュース

ビットコインは5日続伸 米CPIに注目集まる | ビットバンク マーケット情報

9日のビットコイン(BTC)対円相場は263,105円(4.63%)高の5,951,105円と5日続伸。相場は短期レンジの上方ブレイクに成功し、およそ2週間ぶりに終値で590万円を奪回した。週明けからのリスク選好度改善に加え、ノルウェーのエーカーグループが新子会社を設立し1,170BTC(≒70億円)の購入を発表したことや、ブルームバーグのアナリストがビットコインが貴金属にとって代わって価値の保存手段として地位を高めているとの分析が追い風となり、BTCの対円相場は8日にレンジ上限の554.5万円の上抜けに成功。9日の東京市場時間には一段高となり、590万円台に乗せた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 :週末から強く買われ20%上昇、最高値21万円を試す展開に | ビットバンク マーケット情報

3月8日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。イーサリアムは現在3日連続の陽線を記録し強く買われています。3日間合計で20%ほど上昇しています。昨日の終値は19.8万円で20万円の大台に接近しています。今週はオシレーターが改善しており強気トレンドを示唆しています。短期オシレーターのCCIとFisherはプラス域で上昇しており、いい状態にあります。マイナス域に沈んでいたMACDは2日前にゴールデンクロスが発生しています。ADX(23)は下落しており相場のトレンドが弱いことを示唆しています。イーサリアムは先週末から強く買われており最高値圏まで価格を戻しています。最高値21.5万円を試す展開になっています。今週はMACDでも再び強気示唆が復活しており、テクニカル的に買いポジションが推奨されています。モメンタムは完全に上向きで推移しており、続伸に期待が持てるチャートが形成されています。本日も高値で取引されており、どこまで値を伸ばせるかに注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインはさらに続伸、先週高値を更新し再び600万円を目指すか | ビットバンク マーケット情報

3月8日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日も続伸し陽線を記録しました。4日連続の陽線となり終値は568万円でした。上昇率は3.1%でした。オシレーターは上昇しており強気トレンドを示唆しています。CCIとFisherは引き続き上昇しておりいいモメンタムを維持しています。MACDも今週は上昇に転じておりゴールデンクロス間近になっています。ADX(19)は20を下回り相場のトレンドが弱い状態を示唆しています。ビットコインは現在、買われる傾向が強く高値を目指す展開です。短期、長期共にオシレーターが上昇し始め、テクニカル的に買いポジションが推奨されています。昨日は先週の高値を終値ベースで更新しており、明け方に強い値動きがみられました。本日もすでに2%ほど高値で取引されており、600万円を目指す可能性が出てきました。今後の続伸に期待できる相場状況です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 週末に買われ50円台を回復、チャートが改善 | ビットバンク マーケット情報

3月7日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのFisherとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは週末に買われ2日連続で上昇しました。価格は移動平均線の上位を回復し強い値動きがみられました。終値は50円台も回復しています。オシレーターは短期で上昇傾向にあります。CCIはマイナス域で推移していますが、緩やかに上昇しています。Fisherは遅行線を上回り買いシグナルが出ています。MACDはほぼゼロライン付近でほぼ横ばい推移です。ADX(23)は下落しており相場のトレンドが弱いことを示唆しています。リップルは週末に上昇したことでチャートが強気に傾いています。短期オシレーターが上昇しており買いポジションが推奨されています。一方、MACDやADXは下落しており強い方向感はありません。先週の高値53円を回復できるとより方向感が明確になります。まずは先週の高値を更新できるか否かを見極めたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

レンジ上限を試すビットコイン 今週こそ方向感示せるか | ビットバンク マーケット情報

先週(1日〜7日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比693,247円(14.38%)高の5,514,488円と反発し、節目の500万円を回復。対ドルでも心理的節目の50,000ドルを二週間ぶり奪回した。先週のBTC相場は、週末2月27日の米追加経済対策案の下院通過により、週明けから米経済回復期待に伴うリスクオンムードの恩恵を受け、480万円から一段高で530万円に戻した。週央までこの流れが続き、3日にはレンジ上限を試す展開となるも、この日のADP雇用統計が前月比で伸びが鈍化する結果となると、経済回復期待や雇用拡大によるインフレ進行観測が後退し急反落。さらに、翌4日にパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が長期金利上昇に対して静観スタンスを示したことも相場の重石となり、BTC相場は一時510万円まで値を下げた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 週末に強い動き、560万円を試す展開 | ビットバンク マーケット情報

3月7日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、4.3%上昇し強い値動きがみられました。日足は3日連続の陽線が記録されています。ここ数日間でオシレーターはかなり改善しています。CCIとFisherはプラス域を回復し強気トレンドを示唆しています。先週下落していたMACDはやや下げ止まりを見せており、今後のゴールデンクロスが期待されています。ADX(19)は下落しており相場のトレンドが弱い状態にあることを示唆しています。ビットコインは週末に強い動きがみられ、先週の終値ベース高値を更新しました。オシレーターは上昇傾向が強くモメンタムは上方向に動いています。短期でチャートはかなり改善し、テクニック的には買いポジションが推奨されています。現在は先週の高値圏の560万円付近で推移し、高値を更新すると600万円を試す動きになると予想されます。今週は高値を追う展開が期待できる状況になっています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは戻り売られる形に、チャートは急激に弱気方向へ | ビットバンク マーケット情報

3月4日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、3.2%下落しました。終値は523万円でした。本日もすでに3%ほど下落し取引されています。回復を見せていたオシレーターは反落しています。CCIは本日マイナス域に突入しています。Fisherはマイナス域で推移しています。MACDは遅行線を下回り下落トレンドを保っています。ADX(22)は下落しておりボラティリティが減少しトレンドが薄れていることを示しています。今週始めまでビットコインは買われる傾向が強く順調に上昇していましたが、週末を前に売られる展開になりました。本日はすでに移動平均線の下位に下落しており、上昇トレンドに黄色信号が灯っています。オシレーターも反落しており、モメンタムの悪化を示しています。ロングは一旦手控えた方が安全でしょう。ドル建てでは5万ドルのラインがレジスタンスとなっており、上値は重い状況です。チャートは急激に弱気に傾いており続落に注意が必要です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

指標下振れで出鼻を挫かれたBTC 金利上昇静観で失望感も | ビットバンク マーケット情報

4日のビットコイン(BTC)対円相場は173,903円(3.22%)安の5,234,182円と反落し、前日の上げ幅を掻き消した。前日3日のBTC相場は、米株先やアルトコイン相場の上昇を追い風に、一週間ぶりに50,000ドル(≒540万円)を回復し先月25日の高値(554.5万円)を上回る場面もあったが、この日発表されたADP雇用統計が市場の拡大予想に反して前月比で伸びが鈍化する結果となると、一変して売りが膨らみ反落。相場は短期レンジの上方ブレイクに成功したかと思いきや、これによりレンジ内に押し返された(第2図)。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

リップル相場分析 : 下げ止まりを見せるもチャートは改善せず、続落に注意か | ビットバンク マーケット情報

3月3日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日リップルは3.0%下落し終値は48円を記録しました。先週からの強い下落は一時的に下げ止まっていますが、移動平均線下位の推移が続いています。オシレーターは短期で反転していますが、長期では下落が継続しています。短期オシレーターのCCIとFisherはマイナス域で上昇しています。MACDは遅行線を下回り本日からマイナス域に突入しています。ADX(27)は下落しており相場のトレンドが弱い状態にあることを示唆しています。リップルは今週下げ止まりを見せオシレーターも短期では反発していますが、チャートはまだ好転してらず、買いポジションは推奨されていません。MACDが1ヶ月ぶりにマイナス域に突入するなど相場のモメンタムは弱気に傾いています。現在は14EMAが戻りポイントとして機能しています。53EMAを再び下回るなら続落する可能性が高まるため注意が必要です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 価格は540万円を回復、再度高値を目指す展開に | ビットバンク マーケット情報

3月3日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは4%上昇し間近1週間の終値ベース高値を更新しました。終値は540万円を回復しました。移動平均線を上離れする強い値動きが見られました。オシレーターでは改善が見られ強気のモメンタムを示しています。昨日CCIはプラス域を回復し強気シグナルが追加されています。Fisherはマイナス域で推移するも上昇傾向にあります。MACDは遅行線を下回っていますが下げ止まりを見せ、横ばい推移に移行しています。ADX(23)は下落傾向にあり相場のトレンドが弱い状態にあることを示唆しています。ビットコインは昨日の上昇によりチャートがかなり強気に傾きました。オシレーターでも改善が見られ、買いポジションが推奨されています。今週後半は高値を目指す展開になっています。押し目があれば買いでエントリーしたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

モナコイン相場分析 : 短期では強く反発し200円を回復、戻り売りが出やすい状況 | ビットバンク マーケット情報

3月2日のモナコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のモナコインは3%下落し200円を割り込みました。終値は197円でした。高値を切り下げる弱い値動きが続いています。オシレーターは短期でやや反転していますが、大きなマイナスで推移しています。CCIは-100付近で推移し、Fisherも-2を下回り推移しています。一方、Fisherでは昨日ゴールデンクロスが発生しています。MACDは今週マイナス域に突入しています。ADX(35)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。モナコインは強く売られる相場が続いていますが、短期では180円付近から反発を見せています。テクニカルはまだまだ弱く、売りポジションが推奨されています。本日は10%ほど上昇する場面が見られますが、14EMAがレジスタンスとなり上値を抑えられてます。戻り売りが出やすいチャートになっており、上値追いでの買いポジションには注意が必要そうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 小幅に下落も移動平均線上位を維持、価格調整続く | ビットバンク マーケット情報

3月2日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、小幅に下落しましたが移動平均線の上位を維持しました。下落率は2.3%で終値は519万円でした。オシレーターは短期ではマイナス域に沈んでいます。CCIとFisherは緩やかに上昇していますが、マイナス域で推移しています。昨日Fisherではゴールデンクロスが発生しています。MACDはプラス域を維持も遅行線を下回り下落しています。ADX(24)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。ビットコインは今週月曜日大きく買われましたが、テクニカル的には強い上昇トレンドは示されていません。短期のオシレーターがマイナス域で推移しているため、もう一段の価格上昇が必要です。ADXも下落傾向が続いており、相場の活力が薄れていることを示唆しています。価格の調整相場が続く可能性もありしっかりと方向感が出るまで、大きなリスクは取りずらい相場です。値動き自体は弱くないため、今後のテクニカルの改善に期待したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコインは5万ドルにレジスタン 週後半からの米経済指標に注目 | ビットバンク マーケット情報

2日のビットコイン(BTC)対円相場は125,617円(2.36%)安の5,191,998円と反落するも、節目の500万円は維持した。東京市場のこの日の相場は、対ドルで心理的節目の50,000ドル(≒534万円)乗せを試す展開で始まるも、買いを誘う手掛かりも乏しく、利益確定の売りに押されジリ安に転じた。欧州時間に入ると、ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)が一段高となりBTCも連れ高で再び50,000ドル水準を目指すも、ギャリー・ゲンスラー米証券取引委員会(SEC)委員長が上院での指名承認公聴会で、暗号資産(仮想通貨)市場の不正と操作を排除するのは難題だと発言すると相場は反落し、一時は503万円付近まで値を安くした。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン価格 3月の見通し:市場サイクル、FOMC、米長期金利に注目 | ビットバンク マーケット情報

2月の暗号資産(仮想通貨)市場は、テスラのビットコイン購入やバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)の年内カストディ参入など、強材料が次から次へと湧き出てビットコインの時価総額は一時1兆円に到達するなど、かなりの盛り上がりを見せました。一方、総楽観で過熱感が台頭し、出来高が低調な中で50,000ドル台(≒534万円)に乗せた相場は、58,000ドル付近から大幅に下落し、米10年債利回りの急上昇を受けたリスクオフのドル高株安も相場の向かい風となり、月末にかけては一変して上値の重い展開となりました。これにより、2月のビットコイン対円の月足は、安値から高値が約277万円幅と大きなローソクとなった一方、高値から終値の値幅もその約半分の133万円と長い上ヒゲを付ける形となりました(第1図)。
カテゴリ: 調査レポート | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

イーサリアム相場分析 : 大きな反発を見せるもチャートはまだ弱気か、もう一段上昇を確認したいところ | ビットバンク マーケット情報

3月1日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日イーサリアムは11%上昇し強く買われました。一方、価格は移動平均線の回復には失敗しています。オシレーターは短期では反発していますが、まだマイナス域で推移しており弱気示唆です。CCIは上昇していますが-100付近で推移しています。Fisherは昨日ゴールデンクロスが発生し売りシグナルが解消されました。MACDは今週マイナスに突入しています。ADX(30)は下落しており強気トレンドが弱体化していることを示しています。イーサリアムは昨日強く買われましたが、オシレーターはマイナスに沈んでおりテクニカル的には買いシグナルが出ていません。まずは移動平均線の上位回復を確認したいところです。本日も14EMAが推移する17万円付近で上値が抑えられる動きが見られており、このラインは重要です。18万円まで上昇すると強気トレンドの回帰が期待されます。現在は価格が移動平均線の上下どちらに抜けるか様子見といった状況です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース