カテゴリー別アーカイブ: 仮想通貨全般

英カッパー、ネムのSYMBOLでカストディ業務を提供へ

英国のデジタル資産インフラプロバイダーCooper.co(カッパー)が、ローンチを控えるSymbolチェーンのカストディ(保管・管理)業務を担うことがわかった。暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)に関連した新ブロックチェーンSymbolは、2月23日にローンチ日とスナップショット(権利確定日)の日程が確定したばかり。21年3月15日(月)頃にローンチを控えている。Cooper.coは期間投資家や取引所向けに、デジタル資産のカストディ業務やトレーディングシステムを提供してきた企業で、150以上のデジタル資産の…
引用元: CoinPost

仮想通貨取引所FTX、「東京オリンピック」開催可否の予測市場を提供へ

FTXのオリンピック予測市場新型コロナウイルス世界的な感染拡大の影響で、1年間の延期を余儀なくされた「東京オリンピック」について、仮想通貨取引所FTXが、今夏に開催できるかどうかを予想する予測市場を提供することがわかった。
WilltheOlympicshappenin2021?Wehaveamarketforthat!https://t.co/d3wlqa9D3Fpic.twitter.com/yp7r5faKjR—FTX–BuiltByTraders,ForTraders(@FTX_Official)…
引用元: CoinPost

米FRB、デジタルドル導入の前提条件を多方面から分析

デジタル通貨導入の前提条件を提示米連邦準備制度理事会(FRB)が「中央銀行デジタル通貨の前提条件」と題する文書を発表し、デジタルドルを発行する際に必要とされる条件を各方面から説明した。23日、FRBのJeromePowell議長はデジタル通貨(CBDC)についての取り組みは、「優先順位が高い」と表明。ただし、そのもたらし得る恩恵と課題の両方について、数年単位で慎重に検討を行うことが必要だとしている。この議長の発言に続いて発表された今回の文書では、検討を行うべき点がより具体的に様々な角度から列挙されるものと…
引用元: CoinPost

仮想通貨Bancor(BNT)の有価証券関連訴訟、米連邦裁判所で却下

Bancorの訴訟が却下DeFi(分散型金融)プロトコルBancor(バンコール)に対する未登録有価証券販売の訴訟がニューヨークの連邦裁判所で却下されたことがわかった。Bancorは2017年6月に暗号資産(仮想通貨)BNTのICO販売で計1.53億ドル(約160億円)を調達。現在オンチェーン流動性を提供するDeFiプラットフォームを提供している。2020年4月に起こされたこの訴訟の背景は、2019年にシンガポール取引所COSSで約212.5ドル(約22,000円)分のBNTを購入したイニシャル原告人Wi…
引用元: CoinPost

Crypto.comアプリのユーザー数、1,000万人を突破

1,000万人のマイルストーン到達仮想通貨関連企業Crypto.comが開発する仮想通貨アプリのユーザー数が、1,000万人を突破。同アプリのユーザー数は、20年10月に500万人を超えたばかりであり、そこからわずか4ヶ月で、ユーザー数が2倍になっている。Crypto.comは、2025年までに1億ユーザー到達を目指すと、20年に公言している。このペースでユーザー数が増加し続ければ、目標よりも2年早い23年に、1億人のマイルストーンに届く計算だ。ユーザー数1,000万人達成に関して、Crypto.comの…
引用元: CoinPost

楽天ウォレットの手数料はいくら?楽天ウォレットで掛かる手数料を詳しく紹介

「楽天ウォレットの手数料ってどのくらいなんだろう?」と思って、調べている方いると思います。 楽天ウォレットは、日本国内有数の企業「楽天」が管理・運営する仮想通貨販売所のスマホアプリです。 楽天銀行の口座を開設していれば、 […]

The post 楽天ウォレットの手数料はいくら?楽天ウォレットで掛かる手数料を詳しく紹介 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

コインチェックの登録方法は? 使い方は?

▶ コインチェックの手数料について詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック! ▶ コインチェックの評判や口コミ、メリットとデメリットを知りたい方はこちらからから ▶ ビットフライヤーの概要や登録方法、使い方などを知りたい […]

The post コインチェックの登録方法は? 使い方は? first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

マイクロストラテジー社、1000億円相当のビットコイン追加購入

米ナスダック上場企業MicroStrategy社が24日、10.26億ドル(1087億円)のビットコインの追加購入を発表した。今回の資金は、転換社債の発行で資金調達したもので、目論見書通りにビットコインを追加購入に充てた格好だ。転換社債は、一定の条件で株式に転換できる権利の付与された社債のこと。私募とは公募と異なり、適格投資家や機関投資家などを相手方とする場合を指す。MicroStrategyが私募で販売するのは、シニア転換社債」で2027年2月に満期を迎える。MicroStrategy社が転換社債を発表…
引用元: CoinPost

Crypto.com、仮想通貨デリバティブ取引の提供を開始──ビットコインの無期限契約をローンチ

ビットコインの無期限契約をローンチ取引や決済など様々な暗号資産(仮想通貨)サービスを行うCrypto.comが、デリバティブ取引の提供を開始した。最初にローンチしたのはビットコイン(BTC)の無期限契約。米ドルとのペア(BTC/USD)で取引され、レバレッジは最大50倍まで利用できる。証拠金と決済には米ドルに裏付けされたステーブルコイン「USDC」を利用する仕組みだ。
https://t.co/vCNztABJoGLaunchesDerivativesExchange:New,highlyscalable…
引用元: CoinPost

楽天ウォレット、仮想通貨を電子マネーにチャージ可能に

仮想通貨をチャージ可能に楽天グループの楽天ペイメント株式会社と楽天ウォレット株式会社は、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を楽天キャッシュにチャージし買い物が行えるようになったことを発表した。新サービスでは、楽天ウォレットのアプリから仮想通貨を楽天キャッシュにチャージすることが可能になる。チャージ手数料も無料となっている。楽天ウォレットによるとサービス概要は以下の通り。また、楽天キャッシュから暗号資産へのチャージは行えない。「楽天ウォレット」の現物取引専用スマートフォンアプリを通じて、保有している暗号…
引用元: CoinPost

2021年のデータ規制:漸進か、それとも躍進か|オントロジー(Ontology)寄稿

オントロジーが考えるデータ規制のこれから私たちは、次世代の経済がどのように機能するかを決定づけるデータ規制に関して、最も活発な時代を生きています。銀行、製薬および労使関係など、ほとんどの業界には、数世紀にもわたる規制の先例が存在しています。環境規制や通信規制にも、少なくとも数十年分の先例があります。大手テクノロジー企業が直面している規制に関する懸念の一つ、反トラスト法(独占禁止法)でさえ、20世紀の幕開けを節目として制定されたという見解に基づいて施行されているようです。データ規制の変遷データ規制が一から策…
引用元: CoinPost

ビットコインの「クジラ」が2月以降減少した理由=Glassnodeレポート

ビットコインのクジラ、減少傾向に暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の大口保有者であるクジラの数が、今月に入り減少傾向にあったことが分かった。オンチェーンの分析を行うグラスノードが22日のレポートで明らかにした。ビットコインのクジラとは、グラスノードでは1,000BTC以上を保有するウォレットのことを指す。レポートによると、1,000BTC~10,000BTCを保有するウォレットの数は2020年3月より増加傾向にあり、グラスノードはクジラの産卵期と呼んでいる。しかし、過去2週間ほどでクジラのウォレッ…
引用元: CoinPost

DeFiプロジェクトが停止、SECの調査召喚状を受け

DeFi Money Market DAOが、米証券取引委員会(SEC)の調査召喚状を受けてサービスを終了したことが分かった。 米国での今後の影響は SEC調査の影響でDeFiプロジェクトが閉鎖 COIN POST 暗号 […]

The post DeFiプロジェクトが停止、SECの調査召喚状を受け first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

NY司法当局、テザー社に20億円の罰金

NY州司法当局が、テザー社と暗号資産取引所ビットフィネックスに対して、顧客へ虚偽の説明を行っているとして1850万ドル(約19億5千万円)の罰金を求めていることが分かった。 虚偽説明で NY州、仮想通貨発行テザー社に罰金 […]

The post NY司法当局、テザー社に20億円の罰金 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

速報 テザー裁判、和解へ

テザー裁判、和解へ係争中となっていた8.5億ドルの不正融資疑惑を巡る裁判について、テザー社、Bitfinexが米ニューヨーク司法当局(NYAG)との和解に至ったことがわかった。ニューヨーク州司法長官が、巨額の損失を隠ぺいした疑いで、香港に拠点を置く仮想通貨交換所Bitfinex(ビットフィネックス)と、関連会社でステーブルコインUSDTを取り扱うTether(テザー)社を訴追したのは2019年4月。ビットコイン市場の不安要素にもなり得ていた裁判が、今回の和解を経て、終了することになる。2社は不正行為を行っ…
引用元: CoinPost

仮想通貨ネムの新チェーンSymbol、ローンチ日と権利確定日時を発表

仮想通貨市場の最新動向暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)の新ブロックチェーンSymbolについて、ローンチ日とスナップショット(権利確定日)の日程が確定した。NEMグループの最終ストレステストに合格し、日本時間23日20時(23rdFebat11:00UTC)に重大発表を行うとしていた。
Greatnews!SymboltestingisnowcompleteandwearehappytoconfirmSnapshotandmainnetlaunchdate.#NEM#Symbolplatform#mai…
引用元: CoinPost

Bitrue、Flare Finance(DFLR)のエアドロップ対応を発表

DFLRのエアドロップ対応暗号資産(仮想通貨)取引所Bitrueは23日、FlareFinanceのネイティブトークンDFLRのエアドロップに対応する方針を発表した。FlareFinanceは、FlareNetworkでDefi機能の提供を目指すプラットフォーム。Flare公式とは関係性を保たない独立した匿名の内部メンバーから構成される。投資家の注目ポイントとしては、XRP保有者向けに実施されたSparkトークン(FLR)から続く、一連のエアドロップだ。Flareトークンのローンチやトークン配布時期は、2…
引用元: CoinPost

【本日20時に重大発表】仮想通貨ネム(XEM)が高騰、新ブロックチェーンSymbol最新情報

仮想通貨ネム(NEM)の新チェーンSymbolが、NGLのストレステストは合格したことを発表し、ネム(NEM)の価格が70円台まで高騰した。 本日20時に重大発表へ 仮想通貨ネムの新チェーンSymbolテスト合格、XEM […]

The post 【本日20時に重大発表】仮想通貨ネム(XEM)が高騰、新ブロックチェーンSymbol最新情報 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

ビットコイン急落、約2日で100万円幅

ビットコイン急落23日の仮想通貨市場で、ビットコイン(BTC)が急落。アルト市場も連れ安する形で全面安の様相を呈している。BTC市場は一時対米ドルで5万ドルを割り、前日比15%安(日本円建で500万円に達する:23日17時)。アルト市場も2位イーサリアム(ETH)が20%安、3位バイナンスコイン(BNB)が25%安と続き、市場全体的に10%安を超える銘柄が目立った。米企業による新規参入・資金流入の動きが継続している状況などを鑑みても、ビットコイン市場の買い戻し意欲は旺盛な状況との見方はあるが、17年バブル…
引用元: CoinPost

【確定申告特集5】仮想通貨の税金・確定申告に関するよくある疑問まとめ|Aerial Partners寄稿

仮想通貨の税金・確定申告に関するよくある疑問まとめ導入仮想通貨税務に関する情報はまだまだ少ないため、分からないことが多いて不安に感じている方も少なくないかと思います。今回は、仮想通貨の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社AerialPartnersに日々寄せられるお問い合わせの中から、仮想通貨投資家が抱える税金・確定申告に関する疑問を紹介・解説していきます。確定申告が必要になるのは、取引所などから出金して銀行に振り込まれた日本円が20万円以上ということですか?「取引所から出金して銀行に振り込まれ…
引用元: CoinPost

コインチェック(Coincheck)の評判や口コミは?メリットやデメリットを隠さず解説

「コインチェック(Coincheck)は、昔ハッキンングがあったけど大丈夫なのかな?」「コインチェック(Coincheck)って、評判や口コミはどうなんだろう?」と疑問に思って調べている方もいると思います。 はっきり言う […]

The post コインチェック(Coincheck)の評判や口コミは?メリットやデメリットを隠さず解説 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

GMOインターネット、タイで仮想通貨取引所立ち上げを発表

GMOインターネット株式会社は22日、同グループがタイで仮想通貨取引所の事業を開始したことを発表した。GMOインターネット株式会社の連結会社で、タイの現地法人GMO-Z.comCryptonomicsを通じて事業を展開。タイ証券取引委員会(TheSecuritiesandExchangeCommission)とタイ財務省(MinistryofFinance)から認可を得て、取引サービスを提供する。GMOインターネットは、事業展開を行うタイについて、仮想通貨およびデジタルトークンが暗号資産として法律で定義さ…
引用元: CoinPost

リップル社顧問、米SECの訴訟を真っ向から否定

リップル社顧問「訴訟は完全に間違っている」米SEC(証券取引委員会)と米リップル社の訴訟について、リップル社の顧問であるMaryJoWhite氏は、Forbesのインタビューで、SECの提訴は「完全に間違っている」と指摘した。米時間22日、裁判審理前会議で今後の日程調整などが行われる予定だが、SECの長官を歴任したWhite氏は、SECの見解は通らないと主張している。White氏はオバマ政権下で2013年から2016年までSECの長官を務めた。また過去には史上初めて、ニューヨーク州南部地区の検事を歴任した…
引用元: CoinPost

コインチェック、IOSTのエアドロップに参加しない

Coincheckが、取扱い暗号資産「IOST」が行うエアドロップには参加しない方針であることを発表した。 コインチェック IOST保有者へのトークンエアドロップは対応しない方針 COIN POST 最近絶好調の銘柄の一 […]

The post コインチェック、IOSTのエアドロップに参加しない first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

韓国、来年より24万円以上の仮想通貨益へ20%の課税

韓国経済財務省が、暗号通貨取引で生まれた250万ウォン(2,260ドル、24万円)以上の利益に対して、来年から20%の税金を課すことを発表した。 利益約24万円以下は無課税 韓国が2022年からビットコインを含む仮想通貨 […]

The post 韓国、来年より24万円以上の仮想通貨益へ20%の課税 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

コインチェック、IOST保有者へのトークンエアドロップは対応しない方針

IOSTのエアドロップは非対応国内大手取引所を運営するコインチェック社は22日、取り扱いのある暗号資産(仮想通貨)「IOST」において、エアドロップには参加しない方針であることを発表した。InternetofServiceFoundationLtd.及びDonnieFinanceより、2021年2月25日17時頃時点のIOST保有者に対して、トークンをエアドロップすることが発表されており、これを受けたアナウンスとなる。コインチェックはこの件に対し、以下のように明かしている。本エアドロップでは、2021年2…
引用元: CoinPost

カナダ初承認のビットコインETF、2日間で4億ドルの出来高に

カナダのビットコインETF、滑り出し好調カナダで初めて承認されたビットコインETF「PurposeBitcoinETF(BTCC)」が好調だ。現地時間で2月18日にトロント証券取引所(TSX)に上場したばかりだが、わずか2日間で4億ドルを超える取引が報告された。
STUNNING:TheCanadaBitcoinETF$BTCCalreadyhascollected$421minassetsfirsttwodays(crushingourestimate).Proportionallyspeakingit…
引用元: CoinPost

Crypto.com、大規模バーンとメインネットのローンチ日を発表 仮想通貨CRO価格は60%高を記録

700億CROトークンがバーンへ、メインネット日程も決定暗号資産(仮想通貨)決済サービスなどを提供するCrypto.comが累計700億CRO(MAXSUPPLY:1000億)の大規模なトークンバーンを実施することを発表した。3月25日のメインネットを目前に、仮想通貨史上「最大規模」のバーン(焼却)を行う計画が明らかとなった。
It’sofficial:#MainnetLaunchingon25March2021ashttps://t.co/FaauJaS19ZChainFulldecentralizat…
引用元: CoinPost

テクニカルスナイパーコラム「デイトレードに特化、長期投資として株を軸にフロー収入を資産化」

こんにちは、テクニカルスナイパー(@forgoodtrade)です。私はコインオタク編集長の伊藤健次さんに次ぐ立場としてオンラインサロン「COINOTAKU共和国」の専属講師を務めています。 そのご縁からコインオタク公式 […]

The post テクニカルスナイパーコラム「デイトレードに特化、長期投資として株を軸にフロー収入を資産化」 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

コインチェックの手数料はいくらくらい?取引所ごとの比較と手数料が安くなる方法を紹介

「コインチェックってどんな取引所なんだろう。」、「コインチェックの手数料っていくらなのかな。」なんて考えて、調べる人いると思います。 コインチェックは、国内でも非常に人気がある暗号通貨の取引所の一つです。しかし、人気だか […]

The post コインチェックの手数料はいくらくらい?取引所ごとの比較と手数料が安くなる方法を紹介 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)