カテゴリー別アーカイブ: 仮想通貨全般

モデルナ、新型コロナワクチン1回40ドル以下

Array新型コロナウイルスのワクチン開発を行っている米バイオ医薬ベンチャーのモデルナが、ワクチン1回分の価格を40ドル以下に設定する予定であることを明らかにした。 米モデルナ社 コロナのワクチン投与、1回4200円以下 CNN […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

トランプ米大統領、TikTokの買収を条件付きで容認

Array3日、トランプ米大統領は、中国の動画投稿アプリ「TikTok」の米企業による買収を「米財務省にもそれなりの金額を支払う」といった条件付きで容認した。 政府への見返り必須 トランプ氏、米企業のティックトック買収容認 CNN […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

金融庁長官、暗号資産に慎重な姿勢

Array氷見野良三金融庁長官が、暗号資産に関する規制を緩和することは、必ずしも技術革新の促進に繋がらないと主張したことが分かった。 金融庁長官のインタビュー 金融庁の新長官、仮想通貨の規制緩和に慎重姿勢 COIN POST 国内 […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

北米と東アジアで仮想通貨投資動向に差異、銘柄比率や取引頻度を比較=レポート

北米と東アジアで投資家動向に差異ブロックチェーン分析企業Chainalysisが北米の仮想通貨市場についてレポートを発表。日本や中国、韓国を含む東アジア市場との違いが見られることが分かった。北米ではよりビットコイン(BTC)が好まれ、仮想通貨を購入後ホルドする比率が高いという。ビットコイン比率が高い北米
出典:Chainalysis
ビットコインは、すべての地域で最も人気のある仮想通貨であるが、北米ではすべての銘柄の出来高の72%を占めていた。この比率は、アジア地域、アフリカ、ヨーロッパなど他の地域と比べ…
引用元: CoinPost

韓国メガバンク、仮想通貨カストディ事業に参入

KBKookminBank銀の動き韓国のメガバンクKBKookminBank(国民銀行)が仮想通貨カストディサービスを提供する方針がわかった。韓国版Cointelegraphが報じた。国民銀行は25兆円に相当する資産を運用する韓国のビッグ4民間銀行だ。発表によると、ブロックチェーンファンドHashedと仮想通貨トレーディング企業CumberlandKoreaと提携し、デジタルアセットのカストディにおける戦略的技術協力に取り組むという。国民銀行の関係者によると、韓国の改正された規制が仮想通貨カストディ事業に乗…
引用元: CoinPost

「仮想通貨で州民を経済不況から保護」米ノースダコタ州議員が独自トークン構想

州独自トークン「ノースダコタ・コイン」米国ノースダコタ州のネイサン・トマン議員が、州独自の仮想通貨「ノースダコタ・コイン」の発行を構想していることが分かった。議員によると、このトークンは、新型コロナが引き起こした経済不況から州を保護するために使用される。トークンは「通貨」とは異なり、州が保有しているゴールドや製粉施設など州の資産に関連付けられた価値の保存手段にあたるものだという。ノースダコタ州がトークンを利用して米ドルを借りたり、それを納税者に供給することや納税者がトークンを購入し、株式や他の仮想通貨と同…
引用元: CoinPost

米SECの「クリプトママ」、2025年までの任期延長が決定

クリプトママがSECにステイ米証券取引委員会(SEC)のHesterPeirceコミッショナーの任期延長が決定した。Peirceは、仮想通貨・ブロックチェーンに対する支持的姿勢から、仮想通貨コミュニティの中で「クリプトママ」と呼ばれている。5日に米連邦議会上院の公聴会で、Peirceはコミッショナーとして2期目が承認され、任期が2025年6月までとなる。Peirceは2期目でも、これまで進めてきた仮想通貨セクターの推進方針を継続させると見られる。任期延長を受け、仮想通貨コミニュティは歓迎の声を上げている。…
引用元: CoinPost

ETCの51%攻撃で、イーサリアム開発者が予防法を探る

イーサリアム開発者が討論仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)で8月1日、6日に起きた2回の「51%攻撃」を受け、イーサリアム(ETH)の開発者らは金曜日にそれを予防する可能性ついて討論を行なった。イーサリアムクラシックはここ一週間で2回に渡り、ブロックチェーンの「再編成(リオーグ)」による「51%攻撃」を受けていた。1回目の攻撃では807,260ETCを不正取得されたと報告され、2回目の攻撃に関しては未だ調査されている模様だ。また、1回目の攻撃では、ハッカーが二重払いを行うために、ハッシュパワーをdag…
引用元: CoinPost

Zaif、フランク三浦制作の「Zaif時計」デザイン案を公開

新Zaif時計のデザイン案を公開株式会社フィスコが運営するZaifExchangeは7日、フランク三浦に制作を依頼していた「Zaif時計」のデザイン案を公開した。
先日アナウンスいたしましたフランク三浦様(@FrankMiura69)に制作いただくZaif時計の現在のデザイン案がこちら!完成間近です、乞うご期待ください!pic.twitter.com/z8PEkxfcmb—ZaifExchange(@zaifdotjp)August7,2020

フランク三浦は、世界的高級時計ブランド「フランク・ミュラー…
引用元: CoinPost

野村総研、ビットコインや主要アルトの「新評価基準」提供へ 仮想通貨投資商品開発をサポート

野村総研、ビットコイン等の新評価基準を開発野村総合研究所は7日、仮想通貨(暗号資産)における日本円の評価価格となる「NRI/IU暗号資産リファレンスプライス」の提供開始を発表した。国内外の金融機関や機関投資家、金融情報ベンダー、取引所向けに、個別の銘柄の値動きをリアルタイムで把握可能な参考価格の提供を行うことを目的とする。リファレンスプライスは、暗号資産デリバティブの組成や暗号資産を投資対象とする金融商品を開発・運用を行うケースで、客観的な時価評価やプライシングを算出する際の参考価格として利用することがで…
引用元: CoinPost

急成長するDeFi(分散型金融)をデータで読み解く|寄稿:CoinGecko

2020年第二四半期の仮想通貨&ブロックチェーン業界レポート先日、CoinGeckoは「2020年第二四半期の仮想通貨&ブロックチェーン業界レポート」日本語フルバージョンを公開しました。本記事では、レポート後半の重要なポイントをかいつまんで解説していきます。
目次
DeFi(分散型金融)DeFiハイライト

DeFi(分散型金融)DeFiは、現在最も業界の注目を集めている領域の一つです。上半期全体で見ると、トップ5のDeFiトークンの時価総額は133%成長しており、トップ5ステーブルコイン…
引用元: CoinPost

成功裏にローンチしたイーサリアム2.0最終テストネット、開発者が起動前後の問題点を検証

https://cdn.coinpost.jp/wp-content/uploads/2019/04/ethereum2_0418.jpg最終テストネットのローンチについて検証8月4日、2万人を超えるバリデーターが参加し、イーサリアム2.0の正式ローンチに向けた最終テストネットとなる「Medalla」が稼働した。ネットワークの立ち上げは成功したが、ローンチ最初期のバリデータの参加率が、ネットワークの健全性の指標を大幅に下回っていたことへの検証が行われている。ソーシャルニュースサイト「reddit」のイーサリ…
引用元: CoinPost

仮想通貨ヘッジファンドPantera Capital、ビットコイン目標価格10万ドルに言及

パンテラ創設者の見解米国最古の仮想通貨ヘッジファンドPanteraCapital創設者DanMoreheadが、ビットコイン目標価格10万ドル(約1050万円)について言及した。Moreheadは直近のインタビューで、ビットコインの価格予想にあたり、今年5月にPanteraCapitalが投資家へのレターで言及した「ビットコインのストックフロー比率(S2F)モデルを利用し、2021年8月までに115,212万ドル(約1220万円)に到達する」との価格予想を取り上げた。同予測は、ビットコインの半減期直前に行…
引用元: CoinPost

Bitmain、仮想通貨マイニングマシンの出荷で大幅遅延

Bitmainの納品延期大手仮想通貨マイニングメーカーBitmainが一部の注文納期の予定日程を延期することにした。ビットコインのASIC機器Antminerを担当するセールスチームが6日に発表した。発表内容によると延期は「外部干渉」が理由で、6〜7月に納品する予定のマシンは3ヶ月延期されることになる(9〜10月)。延期の影響を受けた顧客は、延期後の日程から60日以内にマシンが届いていないと全額返済が可能となる権利や、10日以上の遅延が発生した場合、11日目からの従量課金(paypershare)と同じ価…
引用元: CoinPost

「楽天ウォレットPro」仮想通貨証拠金取引サービスの大幅スプレッド縮小を実施

楽天ウォレット、スプレッド縮小キャンペーンを実施東証1部上場企業である楽天グループが運営する仮想通貨取引所「楽天ウォレット」は、証拠金取引が可能なスマートフォンアプリ「楽天ウォレットPro」で、今年6月からアルトコイン4銘柄(ETH・XRP・LTC・BCH)における証拠金取引サービスのスプレッドを縮小するサービスを開始。7月からは、ビットコイン(BTC)の証拠金取引サービスの取引アプリ、スプレッドも縮小した。スプレッドとは「通貨の買値と売値の差額」のことで、いわゆる取引で発生するコストだ。投資家同士で板を…
引用元: CoinPost

バイナンスに新たな法定通貨ペア、XRP/AUDや韓国ウォンのステーブルコインなど

バイナンスが法定通貨ペアを追加仮想通貨取引所バイナンスが、新たな法定通貨取引ペアの取扱いを発表した。USDT/BKRW(韓国ウォンのステーブルコイン)、BUSD/BKRW、IOTA/BUSD、MANA/USDTを6日19時より取引開始する。BKRWは韓国ウォンのステーブルコインだ。XRP/AUD、BNB/AUD、AUD/USDTの3つの取引ペアは7日11時より開始される。なお、BKRW/USDTとBKRW/BUSDは、流動性欠如などの理由で7日13時より廃止する。参考:バイナンス

引用元: CoinPost

LINEの仮想通貨取引所BITMAX、独自通貨「LINK(リンク)」が国内初取引開始

独自通貨「LINK(リンク)」が国内初上場最大手コミュニケーションサービスLINEの暗号資産(仮想通貨)取引サービスBITMAXは6日、LINEの暗号資産「LINK(リンク)」が上場したことを発表した。上場ニュースで高騰していたLINK(LN)価格は、セルザファクト(事実売り)により前日比20%安となっている。LINKとはLINK(リンク)は、LINEグループのLINETECHPLUSPTE.LTD.が鋳造するLINE独自の仮想通貨。LINEが独自開発したプライベートブロックチェーン「LINKChain」…
引用元: CoinPost

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)で「51%攻撃」被害

一週間で2回目の攻撃仮想通貨イーサリアムクラシックで、6日に4000ブロックを超えるブロックチェーンの「再編成(リオーグ)」が確認された。バイナンスなどETCを取り扱う仮想通貨取引所も公式から情報を伝えている。発生したブロック番号は10935622、1日に起きた「51%攻撃」に続く攻撃と見られており、取引所ではETCの入出金を継続して停止している。
Anewchainreorgof4,000+blockshasoccurredon@eth_classic$ETCatblock10935622.Ourale…
引用元: CoinPost

外国為替取引市場部分析を行う上で重要なこと3選

Array分析を行う際に検討する3つの要素 カジノゲームのサイコロの振り方やカードの出し方を正確に予想することが困難であるのと同じように為替レートを正確に予想することが不可能な外貨為替取引がギャンブルではなく、投資の1つとして分類 […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

JENCOが業界を変える時が迫る

ArrayJubilee Energy And Commodities(JENCO)はJubileeグループの新サービスであり、多くのユーザーが待ちわびていた物です。金融業界に大きな影響を与えてきたJubileeグループの中での重 […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

インドが再び仮想通貨禁止の方針か 「禁止法案制定で協議中」と現地メディアが報道

仮想通貨規制の先行き見通せずインド行政が、再び仮想通貨禁止の方向へ法律を制定する方向で動いていると、大手地元メディアMoneycontrolが報じた。報道内容によれば、インド行政は暗号通貨の取引を禁止する法律の導入を検討しており、数ヶ月以内に再開する議会に法案を提出する可能性がある。今年6月ごろにもインドのエコノミック・タイムズ(ET)が同様の内容を報じていた。ETの取材で政府高官は、財務省などの省庁間協議のため草案が共有されており、法律の制定のほうがインド準備銀行による(仮想通貨禁止の)公布より効果的で…
引用元: CoinPost

送金アプリ「Cash App」業績好調、ビットコイン取引の売上高は前年比600%超に

Square社のQ2業績好調Twitter社JackDorseyCEOが経営するSquare社の2Q業績報告書にて、傘下のビットコイン売買アプリ「CashApp」の売上高が好業績を収めたことを明かした。売上高8.75億ドルは前年比600%増、営業利益は前年比711%増となった。CashAppは、同期間のビットコイン売買で約1700万ドルの利益を上げており、Square社は「顧客からの需要増加が反映されている」としている。 
出典:TheBlock
TheBlockが集計したデータによると、CashAppの…
引用元: CoinPost

高騰続くChainlink(LINK)、上場来高値を再更新

ほぼ100%の保有アドレスが含み益仮想通貨Chainlink(LINK)が、今年7月に更新した上場来高値を再び更新。coingeckoのデータで、10ドル目前に迫る9.9ドル(1049円)を記録した。その結果、流通するほぼすべてのLINKが含み益状態となっている。データサイトのIntoTheBlockによれば、最も購入された価格帯は1.46〜2.36ドル、3.6〜4.02ドル、7.39ドル〜8.7ドルの3つの価格帯で、初期投資家だけでなく、高騰後にも大きく買われている様子が伺える。
出典:IntoTheB…
引用元: CoinPost

京都大学、仮想通貨XRPバリデータ保守の人員を募集

バリデータ運用の人員募集京都大学が、XRPのバリデータ保守やデータ管理を行う技術補佐員を募集していることが分かった。データ科学やネットワーク科学を研究テーマとして取り扱う研究室が1名を募集しており、スキルは技術に関する知識や英語読解能力を募集要項で挙げている。京都大学は2019年の11月に、日本の大学で初めて仮想通貨XRPの台帳のバリデータを立ち上げ、運用を行ってきた。今回の人員募集もそのバリデータ運用に関連するものとみられる。バリデータは、検証者(ビットコインマイナーに相当)とも呼ばれ、仮想通貨XRPの…
引用元: CoinPost

ビットコインのレバ取引で「マイナス手数料」導入=GMOコイン

暗号資産取引所のGMOコインは5日、国内で仮想通貨のレバレッジ取引にマイナス手数料を導入した。日本円建てのビットコイン取引(BTC/JPY)で適用する。マイナス手数料は、取引成立時にユーザーが手数料を支払うのではなく、約定金額に応じた金額を受け取ることができる仕組み。GMOコインでは、指値注文を出していた取引参加者Makerに対し、「約定金額の0.035%」に相当する金額の日本円を還元する。現在、マイナス手数料をキャンペーン以外でビットコインのレバレッジ取引に採用しているのは、国内の暗号資産取引所でGMO…
引用元: CoinPost

リップル社、仮想通貨XRPの買い戻しを予定

Arrayリップルが発表した2020年Q2の報告書にて、リップル社がXRPの買い戻しを行う予定であることが明らかにされた。 Q2最新報告書 リップル社、市場から仮想通貨XRPを買い戻す方針示す COIN POST XRPホルダーに […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)