カテゴリー別アーカイブ: 仮想通貨全般

コインマーケットキャップ、新たな仮想通貨ランキングを公開

Array仮想通貨情報サイトのコインマーケットキャップは、従来の「報告された取引高」に加えて「流動性」と「取引所のユーザーベース(ウェブトラフィックで計測)」を含めた仮想通貨取引ペアランキングを発表した。 大手CoinMarket […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

ビットコイン6月5日の「難易度調整」に注目

Arrayビットコインを採掘するマイニングの難易度調整が6月5日に行われる予定であり、大幅に下方修正される可能性がある。 ビットコイン 9日後の「難易度調整」がターニングポイントに COINPOST ビットコインのマイニングにおけ […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

【5月27日放送分】伊藤健次のTwitterLIVE「暗号資産2.0」-アルトコインが0ドルに? 投資家Steve Burnsが見解を述べる-

Array毎週水曜日にある伊藤健次のTwitterLIVE「暗号資産2.0」について、動画編集を行いました。 LIVEを見逃した方は、是非ご視聴くださいませ。 本動画のお題は、直近話題に上がった仮想通貨に関するニュース解説&ユーザ […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

テクニカルスナイパーコラム「意外と知られていない金利の基本/豪ドルの強み/全値戻しと順張り」

Arrayこんにちは、テクニカルスナイパー( @forgoodtrade )です。私はコインオタク編集長の伊藤健次さんに次ぐ立場としてオンラインサロン「COINOTAKU共和国」の専属講師を務めています。 そのご縁からコインオタク […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

プロが解説:ビットコインのオプション建玉から仮想通貨マーケットを読む

オプションの建玉情報からマーケットを読む仮想通貨市場でも伝統的なアセットクラスと同様の商品ラインナップが揃いつつあります。その中でも「オプション取引」というものが早い段階で個人投資家でも利用できるようになりました。しかし、オプション取引に対して馴染みのないユーザーも多いことでしょう。しかしオプション取引を利用しなくてもオプション取引を行なっている投資家のフローというものは、ダイレクトにスポット市場(直物取引・現物取引)に影響を与えるものです。そのため、仮想通貨取引を行う上では、オプション取引のプレイヤーが…
引用元: CoinPost

コロナ後の経済再開期待で金融市場は上昇基調、日経が上昇率トップ・ビットコインも前週比プラスに|各市場の動きと仮想通貨相場ニュース

今週の金融市場の動き今週の各経済指数、仮想通貨等の動きを見ていく。コロナ終息との期待感からか、金融市場は全面的に上昇傾向になった。ビットコインも下落したが、週の後半にかけ持ち直し、100万円を再び突破した。最新のマイニング機器であるビットメイン社のS19も出荷が開始されており、一時は年初来最低値を更新したビットコインのハッシュレートにも注目が集まっている。重要なニュースをまとめた記事は以下から閲覧できる。関連:ビットコインなど、今週の重要ニュースまとめ

目次
各市場の騰落率5/25(月)|仮想通貨下落、…
引用元: CoinPost

ビットコインで確定拠出年金プラン、イーサリアム2.0ローンチパッド公開、リップル新サービス=1週間仮想通貨注目ニュース

今週の動きは今週の仮想通貨関連のニュースをまとめて追っていく。インドでは仮想通貨取引所が新たな資金調達を実施、水曜には仮想通貨の銀行口座禁止令をインド中銀が公式否定したことでインドで仮想通貨に追い風が吹いている韓国では、所得税法改正案で仮想通貨が課税対象になる見込みのほか、中国でも全人代で仮想通貨を相続財産に含める草案が審議された。また、各市場の騰落率や相場のニュースをまとめた記事は以下から閲覧できる。関連:ビットコインなど、各市場の騰落率や相場ニュース

目次
5/25(月)|XRPのオプション、Coi…
引用元: CoinPost

香港ドル、資本流出の危惧で投機家が注目

Array香港ドルの大幅下落を予想しデリバティブ商品を用いた投資が行われており、22日の香港ドルの取引高は約4000億円を記録した。 2カ月ぶり安値から反発続く 香港ドルは7.75ドル前半 Reuters 中国と香港の関係が悪化す […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

トルコ共和国の新規暗号資産取引所「Koindex」を徹底解説!

ArrayKoindexという取引所はご存知でしょうか? トルコの公式ライセンスを保有する暗号資産取引所の一つですが、最近日本でも話題にする方が多いので、コインオタクでも調査をしました。 Koindexのサービス内容や登録の方法な […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

VeChain、医薬品大手バイエル中国法人とブロックチェーンを共同開発

バイエル中国法人、VeChainを医薬品管理に採用ドイツ大手製薬会社バイエルの中国法人がVeChainと提携、医薬品のトレーサビリティを実現するブロックチェーン「Csecure」を共同開発することが分かった。
BayerG4AChinachoseVeChaintoco-developedCsecure,atraceabilitysolutionforthemanagementofclinicaltrialdrugs.ThissolidifiesVeChain’spositioninthedigitalhe…
引用元: CoinPost

ビットコインコア開発の進捗状況が公開、BitMEX支援の開発者

ビットコインコア:最新ビットコインコアの開発を行うMichaelFordは、BitMEXのゲストライターとして、ビットコインコア開発の進捗状況について投稿を行った。BitMEXを所有するHDRGlobalTradingLimited(HDR)は、ビットコインコアの開発を行うMichaelFordに対して、追加の資金支援を行うのを以前に発表。ビットコインコアの開発者は多く存在するが、その中でFordは2019年6月からシステム保守の担当者として指名されていた。HDRは2019年の7月に、Michaelに対し…
引用元: CoinPost

AVA Labs、バリデータに200万トークンを分配予定 公式ローンチ前の最終テストネットで

テストネットへのバリデータ参加でAVAトークン獲得「金融のインターネット構築」を掲げるブロックチェーンプラットフォーム「AVA」が、今年の夏に予定されたメインネットの立ち上げを前に、インセンティブとして合計200万枚のAVAトークンを分配する最終テストネットを開始する。公式ブログによると、より現実的な条件下でネットワークをテストする「Denali」テストネットで、ノードを立ち上げ、ネットワークのアップグレードに参加し、さらにネットワーク上でノードを維持することで、参加者は一台のノードあたり最大2000AV…
引用元: CoinPost

米ディスカバリーチャンネル、仮想通貨ドラゴンチェーンを扱うドキュメンタリー番組放送へ

ディスカバリーで仮想通貨のドキュメンタリー番組公開アメリカの人気ケーブル・衛星テレビ局、ディスカバリーチャンネルが7月に仮想通貨ドラゴンチェーン(Dragonchain/DRGN)に関するドキュメンタリーを放送することが分かった。このドキュメンタリー「オープンソースマネー」は、制作費用を完全に仮想通貨により資金調達している。ドラゴンチェーン財団は2017年に設立、ディズニー関係で開発したブロックチェーンとして話題になった。現在はすでにディズニーから離れ、独自組織としてプロジェクトを進めている。DRGNはイ…
引用元: CoinPost

攻殻機動隊 SAC_2045、デジタルアートの共同保有プロジェクトが始動 誰でもアートのオーナーに

攻殻機動隊SAC_2045デジタルアート人気SFアニメ「攻殻機動隊SAC_2045」のアートワーク共同保有プロジェクトが新たに発表された。ブロックチェーンを用いた仕組みにより、デジタルアートの保有者はオリジナルIDを付与され、自分が保有者であることを証明することも可能だ。SAC_2045は配信サービスのネットフリックスが独占配信するSFアニメシリーズ攻殻機動隊の最新作で、本プロジェクトはアニメや漫画作品などのデジタルアートワークの販売などを手掛けてきたAniqueがコラボして進められている。共同パートナー…
引用元: CoinPost

ハードウェアウォレットは優れた仮想通貨保管方法

Arrayスウェーデンの仮想通貨を所有している人を対象に行った調査によると、ハッキング対策の点から約47%の人々が「ハードウェアウォレット」がホットストレージと比べて強固でより安全であると考えていることが分かった 仮想通貨の保管方 […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

中国、暗号資産を相続財産対象とする草案が提出される

Array現在中国にて議論されている相続法改正草案の内容に、「仮想通貨などのデジタル資産を相続財産の対象にする」といった内容が含まれていることが明らかとなった。 中国の相続法 仮想通貨も対象か COIN POST 金融商品において […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

【第3回】ビルゲイツがコロナウィルスとワクチン両方を作り出した?【ワクチン陰謀論】

Array「ビルゲイツがコロナウィルスとワクチン両方を作り出した?【ワクチン陰謀論】」の第3回目、ついに最終回の配信です。 今回は第1回と第2回の記事を踏まえた上で「今後、我々がどのように生きてゆけば良いのか」についてお話していき […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

バイナンス、仮想通貨ではなくブロックチェーンで中国へ参入

Array暗号資産取引所バイナンスは「仮想通貨」ではなく「ブロックチェーン」の分野で中国へ参入し、中国ドメイン「.cn」を獲得したことが分かった。 バイナンス 中国ドメイン「.cn」を登録 NEXT MONEY 暗号資産取引所のビ […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

Bakkt、カストディサービスを拡大し70以上の顧客確保

Array大手取引所グループのインターコンチネンタルエクスチェンジにとり運営されており、ビットコイン先物を提供しているバックト(Bakkt)は、機関投資家を対象としたカストディ業務を拡大し顧客を70以上まで伸ばしていることが明らか […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

【第2回】ビルゲイツがコロナウィルスとワクチン両方を作り出した?【ワクチン陰謀論】

Array「ビルゲイツがコロナウィルスとワクチン両方を作り出した?【ワクチン陰謀論】」の第2回目の配信です。 今回は「ワクチンビジネスの陰謀論」についてお話ししていきます。 前回の記事を踏まえたうえでお話いたしますので、チェックし […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

開発者が語る「ライトニングネットワークの現在と未来」=ビットコイナー反省会レポート

開発者が語るライトニングネットワークビットコイン、仮想通貨(暗号資産)、ブロックチェーンに関する情報を配信する総合動画チャンネル「ビットコイナー反省会」は22日、「ビットコインとか勉強会」と共に、ライトニングネットワークの勉強会「LN開発3倍祭り」を開催。本イベントにパネリストとして招かれた3名のライトニングネットワークの開発者が、開発の現状や技術動向について語った。モデレーターは、本イベントをメインで担当するビットコイナー反省会の東晃慈氏。以下が開発者のメンバーだ。
宮本丈氏(ビットバンク株式会社ソフト…
引用元: CoinPost

韓国の「所得税法改正案」仮想通貨取引、マイニング、ICOが課税対象に

韓国で新たな仮想通貨税法か韓国ニュースメディアEdailyの報道によると、韓国政府の企画財政部は、7月に現行の所得税法を改正し、ビットコインなどの仮想通貨マイニングやICO(トークン販売による資金調達)を課税対象とする方針を掲げた。財務省に相当する企画財政部は、仮想通貨取引・仮想通貨マイニング・ICOから得た利益を新たな譲渡所得課税、もしくはその他の所得税の対象として追加する可能性がある。韓国政府は2017年9月よりICOを禁じているが、今回の改正対象となったことを受け、合法化にする見込みがあるとされる。…
引用元: CoinPost

米国で「ビットコイン確定拠出年金プラン」が初登場、コロナ危機で注目される理由

確定拠出年金の運用にビットコインが追加仮想通貨での給与支払いサービスを提供するBitwage社(米、サンフランシスコ)が、米国の確定拠出年金制度の一つ401(k)プランでビットコイン取引ができる新たな商品を企業向けに発売すると発表した。この商品がコロナ禍の影響で厳しい財政状況に置かれた企業に対する一助ともなると主張している。Bitwage社の事業2013年に設立されたBitwage社は、仮想通貨(ビットコイン及びイーサリアム)による給与の口座振り込みサービスを提供している。フリーランスや自営業者、また企業…
引用元: CoinPost