ビットコイン相場分析 : 大きな調整が入り価格は一時500万円を割り込む、今後の反発に期待 | ビットバンク マーケット情報

2月23日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれを否定しています。昨日ビットコインは9%下落し2日連続の陰線を記録しました。2日間合計では約15%の下落率です。価格は移動平均線を下回り弱いプライスアクションが見られました。オシレーターはプラス域で推移している一方、全て下落しています。CCIはマイナス域突入間近まで下落しています。Fisherでは一昨日にデスクロスが発生し買いシグナルが解消されていました。MACDでは本日、デスクロスが発生しています。ADX(37)は下落しており上昇トレンドの弱体化を示唆しています。ビットコインは今週始めから強く売られる状況が続いていおり、先週までの強かった相場から変化しています。価格は移動平均線を下回り、オシレーターは下落し短期チャートは弱気に傾き出しています。今週はすでに高値から最大で20%ほど調整しており大きな下落の反発が期待されます。長期的なチャートはまだ強気であるため、調整が終了するともう一度高値を試す展開が予想されます。押し目ポイントを見極め上昇幅を取っていきたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

パウエル議長のハト派証言に一安心 BTCは底入れしたか? | ビットバンク マーケット情報

23日のビットコイン(BTC)対円相場は525,244円(9.20%)安の5,185,969円と大幅安。22日から二日間で89万円吐き出し、対ドルでは心理的節目の50,000ドル維持に失敗した。この日の相場は東京から欧州市場にかけて安値を広げる展開。前日の乱高下を受けた動揺や、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を控え、相場は55,000ドル(≒580万円)水準から強い戻り売りに押され、欧州市場中盤には45,000ドル(473.5万円)にタッチした。その後は、節目での押し目買いに加え、パウエル議長の証言がハト派的な内容だったことも支えとなり、NY市場からの相場は下げ止まり引け後まで安値圏で揉み合いに終始。今朝方にはスクエアの追加BTC購入の報を受けて小堅く推移している。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

DeFiプロジェクトが停止、SECの調査召喚状を受け

DeFi Money Market DAOが、米証券取引委員会(SEC)の調査召喚状を受けてサービスを終了したことが分かった。 米国での今後の影響は SEC調査の影響でDeFiプロジェクトが閉鎖 COIN POST 暗号 […]

The post DeFiプロジェクトが停止、SECの調査召喚状を受け first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

NY司法当局、テザー社に20億円の罰金

NY州司法当局が、テザー社と暗号資産取引所ビットフィネックスに対して、顧客へ虚偽の説明を行っているとして1850万ドル(約19億5千万円)の罰金を求めていることが分かった。 虚偽説明で NY州、仮想通貨発行テザー社に罰金 […]

The post NY司法当局、テザー社に20億円の罰金 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

速報 テザー裁判、和解へ

テザー裁判、和解へ係争中となっていた8.5億ドルの不正融資疑惑を巡る裁判について、テザー社、Bitfinexが米ニューヨーク司法当局(NYAG)との和解に至ったことがわかった。ニューヨーク州司法長官が、巨額の損失を隠ぺいした疑いで、香港に拠点を置く仮想通貨交換所Bitfinex(ビットフィネックス)と、関連会社でステーブルコインUSDTを取り扱うTether(テザー)社を訴追したのは2019年4月。ビットコイン市場の不安要素にもなり得ていた裁判が、今回の和解を経て、終了することになる。2社は不正行為を行っ…
引用元: CoinPost

仮想通貨ネムの新チェーンSymbol、ローンチ日と権利確定日時を発表

仮想通貨市場の最新動向暗号資産(仮想通貨)ネム(XEM)の新ブロックチェーンSymbolについて、ローンチ日とスナップショット(権利確定日)の日程が確定した。NEMグループの最終ストレステストに合格し、日本時間23日20時(23rdFebat11:00UTC)に重大発表を行うとしていた。
Greatnews!SymboltestingisnowcompleteandwearehappytoconfirmSnapshotandmainnetlaunchdate.#NEM#Symbolplatform#mai…
引用元: CoinPost

Bitrue、Flare Finance(DFLR)のエアドロップ対応を発表

DFLRのエアドロップ対応暗号資産(仮想通貨)取引所Bitrueは23日、FlareFinanceのネイティブトークンDFLRのエアドロップに対応する方針を発表した。FlareFinanceは、FlareNetworkでDefi機能の提供を目指すプラットフォーム。Flare公式とは関係性を保たない独立した匿名の内部メンバーから構成される。投資家の注目ポイントとしては、XRP保有者向けに実施されたSparkトークン(FLR)から続く、一連のエアドロップだ。Flareトークンのローンチやトークン配布時期は、2…
引用元: CoinPost

【本日20時に重大発表】仮想通貨ネム(XEM)が高騰、新ブロックチェーンSymbol最新情報

仮想通貨ネム(NEM)の新チェーンSymbolが、NGLのストレステストは合格したことを発表し、ネム(NEM)の価格が70円台まで高騰した。 本日20時に重大発表へ 仮想通貨ネムの新チェーンSymbolテスト合格、XEM […]

The post 【本日20時に重大発表】仮想通貨ネム(XEM)が高騰、新ブロックチェーンSymbol最新情報 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

ビットコイン急落、約2日で100万円幅

ビットコイン急落23日の仮想通貨市場で、ビットコイン(BTC)が急落。アルト市場も連れ安する形で全面安の様相を呈している。BTC市場は一時対米ドルで5万ドルを割り、前日比15%安(日本円建で500万円に達する:23日17時)。アルト市場も2位イーサリアム(ETH)が20%安、3位バイナンスコイン(BNB)が25%安と続き、市場全体的に10%安を超える銘柄が目立った。米企業による新規参入・資金流入の動きが継続している状況などを鑑みても、ビットコイン市場の買い戻し意欲は旺盛な状況との見方はあるが、17年バブル…
引用元: CoinPost

【確定申告特集5】仮想通貨の税金・確定申告に関するよくある疑問まとめ|Aerial Partners寄稿

仮想通貨の税金・確定申告に関するよくある疑問まとめ導入仮想通貨税務に関する情報はまだまだ少ないため、分からないことが多いて不安に感じている方も少なくないかと思います。今回は、仮想通貨の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社AerialPartnersに日々寄せられるお問い合わせの中から、仮想通貨投資家が抱える税金・確定申告に関する疑問を紹介・解説していきます。確定申告が必要になるのは、取引所などから出金して銀行に振り込まれた日本円が20万円以上ということですか?「取引所から出金して銀行に振り込まれ…
引用元: CoinPost

コインチェック(Coincheck)の評判や口コミは?メリットやデメリットを隠さず解説

「コインチェック(Coincheck)は、昔ハッキンングがあったけど大丈夫なのかな?」「コインチェック(Coincheck)って、評判や口コミはどうなんだろう?」と疑問に思って調べている方もいると思います。 はっきり言う […]

The post コインチェック(Coincheck)の評判や口コミは?メリットやデメリットを隠さず解説 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

GMOインターネット、タイで仮想通貨取引所立ち上げを発表

GMOインターネット株式会社は22日、同グループがタイで仮想通貨取引所の事業を開始したことを発表した。GMOインターネット株式会社の連結会社で、タイの現地法人GMO-Z.comCryptonomicsを通じて事業を展開。タイ証券取引委員会(TheSecuritiesandExchangeCommission)とタイ財務省(MinistryofFinance)から認可を得て、取引サービスを提供する。GMOインターネットは、事業展開を行うタイについて、仮想通貨およびデジタルトークンが暗号資産として法律で定義さ…
引用元: CoinPost

リップル社顧問、米SECの訴訟を真っ向から否定

リップル社顧問「訴訟は完全に間違っている」米SEC(証券取引委員会)と米リップル社の訴訟について、リップル社の顧問であるMaryJoWhite氏は、Forbesのインタビューで、SECの提訴は「完全に間違っている」と指摘した。米時間22日、裁判審理前会議で今後の日程調整などが行われる予定だが、SECの長官を歴任したWhite氏は、SECの見解は通らないと主張している。White氏はオバマ政権下で2013年から2016年までSECの長官を務めた。また過去には史上初めて、ニューヨーク州南部地区の検事を歴任した…
引用元: CoinPost

コインチェック、IOSTのエアドロップに参加しない

Coincheckが、取扱い暗号資産「IOST」が行うエアドロップには参加しない方針であることを発表した。 コインチェック IOST保有者へのトークンエアドロップは対応しない方針 COIN POST 最近絶好調の銘柄の一 […]

The post コインチェック、IOSTのエアドロップに参加しない first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

韓国、来年より24万円以上の仮想通貨益へ20%の課税

韓国経済財務省が、暗号通貨取引で生まれた250万ウォン(2,260ドル、24万円)以上の利益に対して、来年から20%の税金を課すことを発表した。 利益約24万円以下は無課税 韓国が2022年からビットコインを含む仮想通貨 […]

The post 韓国、来年より24万円以上の仮想通貨益へ20%の課税 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

コインチェック、IOST保有者へのトークンエアドロップは対応しない方針

IOSTのエアドロップは非対応国内大手取引所を運営するコインチェック社は22日、取り扱いのある暗号資産(仮想通貨)「IOST」において、エアドロップには参加しない方針であることを発表した。InternetofServiceFoundationLtd.及びDonnieFinanceより、2021年2月25日17時頃時点のIOST保有者に対して、トークンをエアドロップすることが発表されており、これを受けたアナウンスとなる。コインチェックはこの件に対し、以下のように明かしている。本エアドロップでは、2021年2…
引用元: CoinPost

カナダ初承認のビットコインETF、2日間で4億ドルの出来高に

カナダのビットコインETF、滑り出し好調カナダで初めて承認されたビットコインETF「PurposeBitcoinETF(BTCC)」が好調だ。現地時間で2月18日にトロント証券取引所(TSX)に上場したばかりだが、わずか2日間で4億ドルを超える取引が報告された。
STUNNING:TheCanadaBitcoinETF$BTCCalreadyhascollected$421minassetsfirsttwodays(crushingourestimate).Proportionallyspeakingit…
引用元: CoinPost

Crypto.com、大規模バーンとメインネットのローンチ日を発表 仮想通貨CRO価格は60%高を記録

700億CROトークンがバーンへ、メインネット日程も決定暗号資産(仮想通貨)決済サービスなどを提供するCrypto.comが累計700億CRO(MAXSUPPLY:1000億)の大規模なトークンバーンを実施することを発表した。3月25日のメインネットを目前に、仮想通貨史上「最大規模」のバーン(焼却)を行う計画が明らかとなった。
It’sofficial:#MainnetLaunchingon25March2021ashttps://t.co/FaauJaS19ZChainFulldecentralizat…
引用元: CoinPost

リップル相場分析 : 価格は移動平均線上位でレンジ推移、60円超えまで様子見相場か | ビットバンク マーケット情報

2月21日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは昨日、5.8%上昇し終値は57.5円でした。週末の2日間合計では3%ほど下落しました。価格は移動平均線線付近でレンジ推移しています。CCIとMACDはプラス域で推移している一方、下降気味です。Fisherはマイナス域に突入しました。ADX(50)は高値で推移し強気トレンドの発生を示唆しています。リップルの価格推移は強気を維持している一方、レンジでの推移が続いている影響からモメンタムは低下傾向にあります。ややトレンドの方向感が薄くなりつつあります。オシレーターは強気と弱気が混じり、次の動きがあるまで様子見相場になりそうです。レンジを抜けるまでは、ボラティリティの低下も予想されます。60円を再び超えてくるような動きがあれば強気トレンドへの回帰が期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

湧き出る好材料で600万円乗せ ビットコインの好調相場どこまで続くか | ビットバンク マーケット情報

先週(15日〜21日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比964,985円(18.87%)高の6,080,000円と、2週連続で最高値を更新し終値で節目600万円台に乗せた。先週の上昇を受け、ビットコインの時価総額は110兆円に乗せ、テスラやテンセントの時価総額を上回り、金(ゴールド)の約1/10の水準となった。先週も、モルガン・スタンレーとブラックロックのBTC投資検討や、マイクロストラテジーのBTC購入を目的とした転換社債の発行、更にはロビンフッドの現物暗号資産(仮想通貨)提供開始など、前週に続き湧くように好材料が出た。相場は過熱感を帯びながらもこうした材料に反応し、17日には対ドルで50,000ドル(≒527万円)乗せに成功。週末21日には58,000ドル(≒611万円)にまで上昇した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 高値圏でも買い需要は衰えず、終値は600万円超え | ビットバンク マーケット情報

2月21日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは続伸し終値を600万円台に乗せました。上昇幅は2.2%でした。3日連続の陽線が記録され、高値圏でも強いプライスアクションが続いています。オシレーターはプラス域で推移しており強気トレンド示唆が続いています。CCIは100を超え、Fisherも遅行線を上回り買いシグナルが継続しています。長期オシレーターのMACDも上昇しており、良いモーメンタムに変化はありません。ADX(42)は上昇しており強気トレンドの発生を示唆しています。ビットコインは500万円を超えても継続的に買われており、強い買い需要が見られます。先週の週足では18%上昇しました。多少の下落は全て押し目となる相場状態が続いています。オシレーターも上昇しておりテクニカル的にも買いポジションが推奨されています。現状、チャートには弱さが見られず今週も高値の更新が期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

テクニカルスナイパーコラム「デイトレードに特化、長期投資として株を軸にフロー収入を資産化」

こんにちは、テクニカルスナイパー(@forgoodtrade)です。私はコインオタク編集長の伊藤健次さんに次ぐ立場としてオンラインサロン「COINOTAKU共和国」の専属講師を務めています。 そのご縁からコインオタク公式 […]

The post テクニカルスナイパーコラム「デイトレードに特化、長期投資として株を軸にフロー収入を資産化」 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

コインチェックの手数料はいくらくらい?取引所ごとの比較と手数料が安くなる方法を紹介

「コインチェックってどんな取引所なんだろう。」、「コインチェックの手数料っていくらなのかな。」なんて考えて、調べる人いると思います。 コインチェックは、国内でも非常に人気がある暗号通貨の取引所の一つです。しかし、人気だか […]

The post コインチェックの手数料はいくらくらい?取引所ごとの比較と手数料が安くなる方法を紹介 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

SEC調査の影響でDeFiプロジェクトが閉鎖、米国での今後の影響は

DeFiプロジェクト閉鎖の経緯明らかにDeFi(分散型金融)で短期金融市場のプラットフォームを目指していたDMM(DeFiMoneyMarket)DAOが、今月6日に突如として閉鎖を発表した。閉鎖理由として、規制当局による問い合わせを挙げている。DMMプロトコルは、中小企業(SME)向けの低金利・短期金融プラットフォーム。仮想通貨界隈の著名投資家TimDraperなどが出資を行っていたプロジェクトで、中小企業には難しいとされる短期的な資金調達の場を提供するマーケットを提供していた。公式サイトによると、mT…
引用元: CoinPost

【確定申告特集3】仮想通貨の損益計算 移動平均法・総平均方について解説|Aerial Partners寄稿

仮想通貨の損益計算 移動平均法・総平均方について解説ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の課税の対象となる利益はいつ発生するのか?という点について、AerialPartnersの税理士が解説します。導入仮想通貨の損益計算・確定申告について調べる中で、移動平均法・総平均法について聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?しかし、両者の特徴や違いについて理解している方は少ないかと思います。今回は、移動平均法・総平均法について、「売買のみを行っている」シンプルなケースを想定して解説していきます。移動平均法・…
引用元: CoinPost

先週の高騰アルトと次週の注目ポイント・データから見るビットコイン市場は?|CoinPost週次レポート

ビットコイン5万ドルの大台を突破テスラのビットコイン購入報道で始まり、BNYメロン、など仮想通貨関連のビッグニュースが相次いだ波乱の1週間からバレンタインデーなどを挟み迎えた、2月第3週の仮想通貨市場。16日にはビットコイン(BTC)は節目と見られていた5万ドルのラインを突破。その後も騰勢を強め、20日には55000ドル(約580万円)のラインを超え、再び過去最高値を更新した。
出典:CoinMarketCap
一方時価総額2位のイーサリアムも好調を続け、20日には米ドル建価格が2,000ドル(約21万円…
引用元: CoinPost

「湧く好材料でビットコイン580万突破、テクニカルで不穏な動き」bitbank寄稿の仮想通貨週次市況と各金融市場の騰落率

今週の相場の動きは今週もビットコイン(BTC)価格は高騰止まらず、約580万円を突破。時価総額も1兆ドルを超えた。MicroStrategyの発表や、カナダで二つ目となるビットコインETFの開始など、多くの好材料が仮想通貨市場を賑わせた。

目次
各市場の騰落率bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧2/19(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。
CoinPostで作成
月初来騰落率
CoinPostで作成
年初来騰落率
CoinPostで作成
(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用い…
引用元: CoinPost

ビットコイン時価総額1兆ドル越え、リップル社裁判最新状況|週刊仮想通貨ニュース

今週のニュース今週は、ビットコインが最高値を更新し、マイルストーンの一つとなる時価総額における1兆ドルを達成した。また、リップル社対SECの裁判に関する続報にも注目が集まった。仮想通貨市場では、イーサリアムが20万円の大台に到達したほか、取引所トークンのBNBが急騰し、仮想通貨全体の時価総額でも3位に浮上した。このほか、ビットコインの保有で知られる米マイクロストラテジー社が新たな資金調達を発表。XRP保有者へのエアドロップを予定するFlare社がトークンのローンチ時期に言及した。

目次
今週のニュースラ…
引用元: CoinPost

【確定申告特集2】課税の対象となる利益はいつ発生する?損益発生のタイミングについて|Aerial Partners寄稿

課税の対象となる利益はいつ発生する?損益発生のタイミングについてビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の課税の対象となる利益はいつ発生するのか?という点について、AerialPartnersの税理士が解説します。導入仮想通貨には税金がかかり、一定以上の利益が出た場合には確定申告が必要になることはよく知られていますが、様々な取引の種類がある仮想通貨投資において、タイミングで利益が発生するのかをしっかりと理解している人は少ないかと思います。気づかないうちに多額の利益が出ていて、実は確定申告が必要だったといった事…
引用元: CoinPost

日銀 、2021年春にデジタル通貨(CBDC)の実証実験へ=NHK

CBDCの実証実験へ日銀が主導して開発を進めるCBDC(中央銀行デジタル通貨)について、この春から実証実験が開始されることが分かった。(NHK等報道)2020年7月に実証実験を行う方針を表明してから、日銀決済機構局長の神山一成氏は「実証実験は2021年度の早期に開始できるように取り組む」としてきたが、この春に開始される予定が明らかになった。尚、日銀は現時点でCBDCを発行する予定はないとする立場を変えていない。実証実験の第一段階日銀は今回の実証実験を第一段階として位置付けており、民間企業と連携していくとし…
引用元: CoinPost