クロスチェーンと取引マイニングを導入した次世代DEX取引所、FSDEX

DEX取引所をご存じでしょうか? 「Decentralized Exchanges」の略称で分散型取引所という意味です。最近では分散型取引所ではないことを明確にするために集権型取引所の場合は「Centralized Ex…

投稿 クロスチェーンと取引マイニングを導入した次世代DEX取引所、FSDEXCOIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

年金を無視して払ってない人は完全にバカ。


「年金払えないのでずっとスルーしてるんですが、督促状が届いて焦ってます……」

という感じの若者、けっこういるっぽいんですよね……。

これ「バカ」と断言しちゃってますが、ほんと〜〜に、単なる無知なんです。


まず、年金は手続きをすれば「免除」ができます!

動画でも語ってますが、免除してもらっている人は350万人以上います

ごくごく一般的な手続きなので、条件を満たしているなら免除が拒否されることもないでしょう。


んでもって、しっかり免除しておけば、年金がもらえます!

えぇ、間違いじゃないです。

全額免除でも、実は年金ってもらえるんですよ。

もらえる金額は通常の半額ですが、掛け金はゼロなのでお得ですw

全額免除

平成21年4月分からの保険料の全額が免除された期間については、保険料を全額納付した場合の年金額の2分の1(平成21年3月分までは3分の1)が支給されます。

国民年金保険料の免除制度・納付猶予制度


また、免除しておけば障害年金の受給資格も得られます。

突然の事故や過労で障害を背負ったときに、お金がもらえるわけですね。


スルーしてしまっている人(未納者)は、こうした恩恵を受けることはできません。

表も貼り付けておきますね。未納者(一番下)がいかに損をするかがよくわかります。

スクリーンショット 2019 09 20 9 43 38

未納・未加入者は約200万人いるそうなので……この人たちは、申し訳ないけど「情報弱者」です。

この記事を読んでる人のなかにもいるんじゃないかな……。

というわけで!

低所得で年金が払えない場合は、年金事務所に相談しましょう。

こういう基本的なこと、なぜか学校では教えてくれないんですよね……。




引用元: まだ仮想通貨持ってないの?

米SEC長、BTCの大手取引所での取扱は「より厳しい規制必要」

米国の証券取引委員会(SEC)委員長であるJay Clayton氏が、Bitcoin(BTC)が大手取引所で取引されるためには「より厳しく規制される必要がある」旨述べた。同氏は、CNBCと機関投資家らが開催する会議の冒頭でこう発言したのち、今後、企業がIPOをより早い段階で行うようになればよいと述べた。参照元

引用元: ビットコインニュース

UAEの保険・社会予防省、ブロックチェーン医療システム導入

アラブ首長国連邦(UAE)の医療などを司る保険・社会予防省(Ministry of Health and Prevention)が、ブロックチェーンを基盤とした医療システムの導入を発表した。同システムは、公立・私立医療機関などで勤務する医療従事者が情報を保存・共有するために用いられるという。参照元

引用元: ビットコインニュース

バンク・オブ・アメリカがフィンテックのマルコ・ポーロ参加

米国大手銀行のバンク・オブ・アメリカが、分散型台帳技術(DLT)を基盤とした貿易金融プラットフォームを運用するマルコ・ポーロ・ネットワーク(Marco Polo Network)に参加したと発表した。今月初めにMastercardが同ネットワークに参加を表明している。参照元

引用元: ビットコインニュース

アメリカの大手金融機関であるWells Fargo(ウェルズファーゴ)がデジタル通貨の発行へ

アメリカの大手金融機関である「Wells Fargo(ウェルズファーゴ)」は、自社のデジタル通貨「Wells Fargo Digital Cash(ウェルズファーゴ・デジタルキャッシュ)」の開発を行なっていると発表しまし…

投稿 アメリカの大手金融機関であるWells Fargo(ウェルズファーゴ)がデジタル通貨の発行へCOIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

フィリピン:セブンイレブンから仮想通貨購入アプリへの資金チャージが可能に AbraとECPayが提携

フィリピンのセブンイレブンで仮想通貨購入APPへの入金が可能に
AbraとECPayが提携、フィリピンのセブンイレブンなどから資金チャージをすることが可能になった。同国の購入需要を拡大する糸口になると見ている。

フィリピンのセブンイレブンで仮想通貨購入APPへの入金が可能に

モバイル投資アプリを手がけるAbraは、フィリピン全土のセブンイレブンストアで仮想通貨購入サービスへの入金が可能になったことを発表した。

Abraは、キャッシュレス決済サービス「ECPay」とのパートナーシップ提携を締結。フィリピンのAbraウォレットユーザーは、ECPayの持つ6,000の加盟店において、お金をウォレットにチャージし、仮想通貨を購入する機能を利用する。

加盟店には、フィリピンで事業を展開するセブンイレブンの3,000以上の店舗も含まれている。

セブンイレブンを含む加盟店ではデジタル決済サービスCLIQQの専用端末が備え付けられており、現金をチャージし、仮想通貨の購入が可能になる。

仮想通貨は、数日でAbraウォレットにチャージされる仕組みで、最小の預入額は500ペソ(日本円にしておよそ1,000円ほど)、限度額は1日10万ペソ(約20万円)に設定されている。

フィリピンは海外への出稼ぎが盛んなことから、世界的に見ても国際送金の需要が非常に高い国となっている。そのため、フィンテック企業が相次いで進出し、低い手数料で送金が行えるようなサービスを展開している。

Abraは、銀行口座を介さないチャージ方式が追加されたことで、利用の普及を狙う格好だ。

CoinPostの関連記事

送金大国フィリピンの銀行が独自仮想通貨を発行|ブロックチェーンを活用した銀行取引は同国初
フィリピンの銀行UnionBankが、独自のステーブルコイン(PHX)を発行した。ブロックチェーンを活用した取引を実施する銀行は同国初。出稼ぎ労働者が多いフィリピンで、送金の効率化や透明性向上を狙う。
WBAボクシング世界王者パッキャオ、独自仮想通貨「Pac(パック)」発行へ
WBAボクシング世界チャンピオン、フィリピン上院議員、歌手の3つの顔を持つ、Manny Pacquiao氏が、自身初のコンサートで仮想通貨発行の発表。世紀の対戦と言われたPacquioの相手、Floyd Mayweahter Jr.がICOのプロモーションに関連して罰金刑を課された例がある。

引用元: CoinPost

イーサリアム、日間手数料がビットコイン超え 背景にテザーの大移動

イーサリアムが24時間の手数料でビットコインを超える
24時間の手数料額で、イーサリアムがビットコインを超えたことが明らかになった。ネットワークの活動量も過去最高を記録、ETHに対する需要の高まりも示している。

イーサリアムが1日の手数料合計額でビットコイン超えを達成

イーサリアム(ETH)は18日、24時間あたりの手数料総額がビットコイン(BTC)を超えた。

イーサリアムの手数料がビットコインを上回ったのは、今年2月以来7ヶ月ぶり、複合的な要因で手数料の高騰状況が確認された。

イーサリアム関連のプロジェクト開発に携わるAnthony Sassano氏も今回の動きについてコメント。イーサリアムの24時間の手数料が、計20万ドルを超えた状況に触れた。

Sassano氏は、ビットコインとイーサリアムの2通貨と、その他の仮想通貨の手数料額に大きなギャップがあることを指摘。他のアルトコインに需要が弱まっていることを示していることが理由になると説明した。

手数料も大幅高騰の背景には、イーサリアムのオンチェーン送金数と送金高の増加がある。価格が高騰したことで、再びイーサリアムの送金需要が増加、手数料の高騰に繋がった。

同タイミングでは、イーサリアムネットワークの活動量が過去最高を記録しており、活動量に比例する「GAS代」の増加は、「ネットワークの持続的な成長」を示している、とSassano氏は語った。

手数料の上昇はイーサリアム版テザーが原因か

また、データに基づく分析から、手数料の高騰背景には、テザーの動向が関係しているとの分析も見られた。

データ分析サイトのCoin Metricsは、テザー(USDT)がOmniブロックチェーンベースからイーサリアムブロックチェーンベースに移行したことが原因ではないかと分析した。

テザーはこれまでOmniプロトコルを利用して発行が行われていたが、手数料の引き下げなどを目的として、イーサリアムベースのERC20に準拠したステーブルコイン(USDT-ETH)への移行が実行されていた。

関連USDT、イーサリアムネットワーク容量の3割に

参照データからは、8月のUSDT-ETHのトランザクション量がイーサリアムネットワークの容量の3割を占めるまでに成長しており、ネットワークの不可要因になっている可能性が指摘された。

仮想通貨の送金にかかる手数料については、通貨によっては手数料が限りなく低いことを特徴にするものもあるなど、各仮想通貨によって大きな差がある。

そのため、手数料のみで性能や需要についての比較を行うことは難しい。しかし、ビットコインが仮想通貨という枠組みの中では手数料が低い通貨とは言い難いことを考慮すると、今回、イーサリアムが1日における手数料の合計額においてビットコインを上回ったことは、イーサリアムに対する需要が順調に高まっていることを示しているといえる結果となった。

参考:coinmetrics.substack.com

CoinPostの関連記事

仮想通貨、次のキラーアプリはなに? イーサリアム創業者ヴィタリック氏らが議論
仮想通貨のキラーアプリ(普及させる程の魅力を持ったアプリケーション)はなにか?イーサリアム創設者ヴィタリック・ブテリン氏らが自身の見解を述べた。
‪イーサリアム大型アップグレード「イスタンブール」のテストネット、10月始め頃に延期‬
イーサリアムの大型アップグレード「イスタンブール」について、9月4日に予定されていたテストネットの起動が10月2日頃へと延期されることが分かった。これに伴い、10月4日に予定されていたメインネット立ち上げも後ろ倒しされる可能性がある。

引用元: CoinPost

Binance、1ヶ月以内に人民元-仮想通貨間のOTC取引提供か

Binanceの共同創業者のHe Yi氏は上海で行われたイベントの中で1ヶ月以内に中国の人民元と仮想通貨間の店頭取引(OTC取引)のデスクを開設する予定であると発表した。また、同氏は今後Binanceが中国市場に対してより多くのリソースを割くつもりだと語った。参照元

引用元: ビットコインニュース

【イベント参加レポート】Katana Special Event2~伝統と、革新~

第二回目の開催「Katana Project」 ミートアップ 先日9月11日(水)神田明神ホールにて、「Katana Special Event 2」が開催されました。 Katana Project が東京タワー下スタジ…

投稿 【イベント参加レポート】Katana Special Event2~伝統と、革新~COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

国内FinTech市場は2022年に1兆円突破へ=矢野経済研究所調査レポート

国内FinTech市場は2022年に1兆円突破 矢野経済研究所の予測
矢野経済研究所は国内FinTech市場に関する調査レポートを発表し、2022年までに市場が1兆円を突破するとの予測を示した。また、注目トピックとしてブロックチェーンが取り上げられた。

国内FinTech市場は2022年に1兆円突破 矢野経済研究所が予測

矢野経済研究所が国内FinTech市場に関する調査レポートを発表した。

調査結果によると、2018年度の国内フィンテック市場はFinTech系ベンチャー企業の売上高ベースで、前年に比べ42.7%増の2,145億円に達した。

また、各領域別では融資、ブロックチェーン(プラットフォーム/クリプトカレンシー)、家計簿・資産管理アプリの分野などで今後も拡大が見込まれ、2022年までに1兆2,102億円に達すると予測している。

レポートでは、「融資」「投資・運用サービス」「ブロックチェーン(プラットフォーム/クリプトカレンシー)」「家計簿・資産管理アプリ」「金融機関向けセキュリティサービス」の5分野に分けて調査が行われている。

矢野経済研究所調べ

また、市場が拡大する見込みのある注目トピックとしてブロックチェーン事業を取り上げ、プラットフォームと仮想通貨の二領域に分けて紹介した。

具体的に、プラットフォーム領域では、これまでは実証実験の段階に留まってきた例が多いものの、徐々に地方銀行などでブロックチェーン技術の活用事例などが出てきており、今後さらなる発展が見込まれるとした。

一方、仮想通貨領域では取引所のハッキング被害などにより、業界全体が低迷していたものの、各事業者が内部の管理体制の強化など市場の健全化に向けた取り組みを優先して行なっており、今後の成長が期待できるとしている。

フィンテック市場の拡大には官民一体の姿勢が不可欠

フィンテック関連のサービスは、資産や金銭のやり取りがサービスの中核となるため、消費者保護の観点から規制が厳しくならざるを得ないといった特徴がある。

そのため、各国は規制がイノベーションを阻害することがないよう、法や制度の改正に向けて腐心している。

日本国内では、政府や金融庁が銀行法や金商法の改正といった法律面での取り組みを行ってきた他、新しい技術やサービスなど支援することを目的として、イギリスの取り組みを参考にした『規制のサンドボックス制度』などを設置することで対応を行ってきた。

特に新技術等実証制度(規制のサンドボックス制度)では、官庁との相談、監視のもと、既存の法律の枠組みから外れた状態で新たなサービスの実証実験が行えるような制度を整えてきた。

すでにブロックチェーン領域からもこの制度を利用した企業による実証実験が行われている。

関連記事:仮想通貨決済システムを開発した「Crypto Garage社」をサンドボックス制度の対象に

レポートでは他にも「融資」分野で、ソーシャルレンディングやAIスコアなどが取り上げられ、「家計簿・資産管理アプリ」分野でも地方銀行の導入などにより市場が拡大していく見込みだとしている。

レポートのサマリーでは、以上のような官民一体となる取り組みにより、2022年度の国内フィンテック市場規模は1兆2,102億円に達するとの予測で締めくくられている。

CoinPostの関連記事

改正金商法の解釈次第で「仮想通貨の板取引規制」に深刻な懸念、JCBAが緊急提言を提出

仮想通貨取引所の「板取引規制」に深刻な懸念

2020年上半期に施行予定と…

金融庁、フィンテック領域で見えた「10の発見」を公開 仮想通貨に関わる重要な見解も
金融庁が「FinTech Innovation Hub」の活動内容を公開。専門企業にヒアリングして得られた新たな発見を掲載した。仮想通貨領域の発展に係る鍵となるサービスや、ブロックチェーンが発展するために必要な規制のあり方などが掲載された。

引用元: CoinPost

Miniscriptがビットコインのスマートコントラクトを使いやすくする

今回のコラムは、ビットコインのスマートコントラクト言語Scriptをより扱いやすくしたMiniscriptという言語について書きます。

Miniscriptはここ1年ほどの間にBlockstream所属のPeter Wuille、Andrew Poelstra、Sanket Sanjalkarの3人によって開発されており、ときどき話題に上っていましたが、2019年8月19日にビットコイン開発者のメーリスにてプロジェクトの詳細が共有されました。ひと言で表現すると「ビットコインのスマートコントラクトをより安全に、読みやすく、簡単に書く方法」です。

前回の記事はこちら
前回のコラムでは、ビットコインとゴールドの相関関係について紹介しました。デジタルゴールドとしての根拠になる見解を掲載しましたので、ぜひご覧ください。

ゴールドとビットコイン(BTC)の希少性のモデル化と市場規模の計測

ビットコインのスマートコントラクト

ビットコインには「スクリプト」というスマートコントラクト機能があり、マルチシグやタイムディレイ(任意の数のブロックが経過するまで使用できない)などの機能を実現するのに使われています。実際のところ、現在利用されているスクリプトの多くは上記2つかそれを組み合わせたもので、あまり複雑なものではありません。

その理由の1つは、Scriptという言語自体が少しとっつきにくいからです。記述が人間に読みづらい形式(スタック指向)なのに加え、Script自体の特徴によって複雑なスクリプトの検証が難しく、作成者のミスによって、意図したものと異なる条件で送金されてしまう可能性が出てきます。

そのため、ミスを見逃したら責任を問われかねないサービスプロバイダーなどは、自社で安全を担保できるシンプルなスクリプトしか提供したがりません。そして、スクリプトの書き手は単純に不安です。

MINISCRIPTとは

そこで提案されているのがMiniscriptです。MiniscriptはScriptの「読みやすく、書きやすく、検証しやすい高級言語」としての位置づけです。すなわち、Scriptで実現したい機能をシンプルな記述で書くことができます。

※高級言語…人間が理解しやすいプログラミング言語

Miniscriptで書いたコントラクトがScriptにコンパイル(翻訳)されるので、Miniscriptを使うと「バグのないScript」を間接的に書くことができます。意図しない動作をするコードが書けない点も含めて画期的なのです。

また、ビットコインのブロックチェーンで実際に動くのはScriptに変わりありませんので、導入するためにビットコインがフォークをする(規格を変える)必要もありません。Miniscriptの規格が決まってしまえば、いずれウォレットやノードのソフトが対応するでしょう。

このリンク先のTranslation Tableを見ると、MiniscriptがBitcoin Scriptよりどれくらいシンプルかがよくわかります:http://bitcoin.sipa.be/miniscript/?fbclid=IwAR0V7Z_6vjnGxOZbPnD78b65Cgtp09a-qlSvBBisU55ilJveXQt3QyIYwRM

可読性・堅牢性アップで便利になる

前半に書いたとおり、現在は自社が認めたスクリプト以外は使えないサービスプロバイダーがあります。これらの企業がユーザーごとのニーズに対応したスマコンに参加できるようになるかもしれません。

例えば、BlockstreamのGreen WalletはユーザーとBlockstreamによる2-of-2マルチシグですが、万が一Blockstreamが署名しない・できない場合に、一定時間経過後ユーザーの鍵のみで使用できる、という条件があります。しかし、現在ユーザーが他の条件を加えることはできません。大量の特製スクリプトに不具合がないか検証し保証することが困難だからです。

しかし、BlockstreamのPoelstra氏によると、大事なのは「一定時間が経過するまではBlockstreamが持つ鍵が必須であること」のみなので、ユーザーがMiniscriptでスクリプトの内容を定義すれば、Blockstreamも簡単に不具合の余地がないと認めることができ、個々のニーズに対応することができるようになります。これによって、一般ユーザーがニーズに合ったスマートコントラクトを利用するハードルが一気に下がるかもしれません。

また、Miniscriptと同時にさらなる高級言語であるPolicy Languageという言語も披露されました。画期的な点は、コインが使用可能になる条件をPolicy Languageで記述すると、最も効率的なMiniscriptに必ずコンパイルされることです。条件を比較する順番などによって最終的なScriptのコード量が変わってくるので、データ容量を減らし、ブロックチェーンに取り込まれる際のコストを下げることにつながります。

最後に、Miniscriptはビットコインを用いたアプリケーション開発にも役に立ちます。オンチェーントランザクションを用いて何かする必要のあるアプリケーションにおいて、やはり複雑なスクリプトの安全性を確認する方法があることは好ましいです。

まだPeter Wuille氏も開発途上と述べているMiniscriptですが、ビットコイン関連の開発者にとって、そしてユーザーにとって、よりきめ細やかな機能を安心して実現できる技術的発展になりそうです。

加藤 規新
@btc_dakara

1994年生まれ、シカゴ大学でGISやコンピューターサイエンスを学び学士号取得。2016年末よりビットコインに関するリサーチをしており、今までにいくつかのブログやサロンで解説を担当。 ビットコインについて一番好きなところはパーミッションレスに誰でも使うことができること。 2019年4月よりトラストレス・サービス株式会社代表。

引用元: CoinPost

【9月11日放送分】伊藤健次のTwitterLIVE「暗号資産2.0」-みずほグループが発行するJコインのシステムに不正アクセスが発覚-

  毎週水曜日にある伊藤健次のTwitterLIVE「暗号資産2.0」について、動画編集を行いました。 LIVEを見逃した方は、是非ご視聴くださいませ。 本動画のお題は、直近話題に上がった仮想通貨に関するニュー…

投稿 【9月11日放送分】伊藤健次のTwitterLIVE「暗号資産2.0」-みずほグループが発行するJコインのシステムに不正アクセスが発覚-COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

『NEXTMONEY TOKYO -ブロックチェーン万博- 』|2019年9月28日に開催決定!!

NEXTMONEY TOKYO開催のお知らせ 2020年には東京でオリンピックが開催され、多くの外国人が来日し、新たなビジネスチャンスを狙っています。仮想通貨やブロックチェーンの市場においても、2020年には新たに改正資…

投稿 『NEXTMONEY TOKYO -ブロックチェーン万博- 』|2019年9月28日に開催決定!!COIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

「1ヶ月以内」バイナンス、中国人民元建て仮想通貨OTC取引サービス開始へ

バイナンス、中国で人民元建てのOTC取引サービスを「まもなく開始」
バイナンスの創設者He Yi氏は上海のブロックチェーンイベントにて、中国市場での事業拡大の一環として、人民元建てのOTC取引サービスを間も無く開始すると明かした。

           

バイナンス、人民元建てのOTC取引サービスを「一ヶ月以内に開始」

仮想通貨取引所バイナンスの共同創設者He Yi氏は上海のブロックチェーンイベントにて、以下2つの重要発表を行なった。

  1. 人民元建てのOTC取引サービスを「一ヶ月以内に開始」
  2. 本家バイナンスで、法定通貨による仮想通貨の購入決済サービスを170ヵ国に拡大する方針

の人民元建てのOTC取引サービス

Yi氏は、人民元建てのOTCサービスが今後中国市場に注力するバイナンスの事業戦略の一環であると説明した。実際、人民元建てのOTCが実現すれば、中国マネーの流入促進が期待できる動きだ。これまで、バイナンスのOTCではテザー(USDT)建てのみ提供されているため、人民元をテザーに変換する必要があった。

2017年のビットコインバブル相場では、9割の資金が中国人投資家の人民元によるものと見られた。しかし、中国政府が2017年9月より国内における仮想通貨取引、ICOなどの仮想通貨関連活動を全面的に禁止しているため、バイナンスはもちろん、いわゆる「3大取引所」も中国市場から撤退した。

取引所自体はIPアドレスの封鎖でアクセス不可能になっているが、VPNを利用する投資家は依然として取引を行なっている。しかし、銀行からの送金ができなくなったため、テザーの取引ペアで取引をしている。なお、OTC取引も同様に水面下で行われている。

今回、バイナンスの役員が上海で取引業務に関して発表すること自体に重要な意味がある。本来、中国政府はカンファレンスなどパブリックの場で仮想通貨取引に関わる宣伝活動を行うことを禁止している。

バイナンスなどの取引企業も基本、中国ではこのような発言を行なっていないかった。今回の発表に至った経緯は明確ではないが、「中国市場に注力する事業戦略」との発言から、おそらくバイナンスが中国当局と繋がりがあるのではないかと業界は推測している。

さらに先日、バイナンスは中国の仮想通貨メディア「火星財経」に出資し、中国の企業に対する初の投資になった。このような展開から、バイナンスが今後どのように中国の仮想通貨市場を活性化していくか、市場は注視する。

法定通貨による仮想通貨の購入決済サービスを170ヵ国に拡大する方針

以前より、バイナンスは複数の銘柄に対応するクレジットカードとデビットカード決済を開始したが、クレジットカードの種類によっては利用できない地域もある。

バイナンスがその他の決済サービスを導入することによって、より多くのバイナンスのユーザーは直接プラットフォーム上で主要銘柄を購入することができる。

関連米国版バイナンスの取扱銘柄、新たに「7通貨目」の上場が判明

CoinPostの注目記事

「1ヶ月以内」バイナンス、中国人民元建て仮想通貨OTC取引サービス開始へ
バイナンスの共同創設者He Yi氏は上海のブロックチェーンイベントにて、中国市場での事業拡大の一環として、人民元建てのOTC取引サービスを間も無く開始すると明かした。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/18更新】
【9/18更新】仮想通貨トレードの投資判断に役立つ、ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)などの重要ファンダ情報を一覧表にまとめ、随時更新。

引用元: CoinPost

東京都消費生活総合センター、消費者相談で仮想通貨のマルチ商法や利殖商法を報告 〜平成30年度中の都内の消費者からの相談をまとめた消費生活相談年報を公開

東京都消費生活総合センターは9月19日、平成30年度に消費者から寄せられた13万9000件の東京都内の相談情報をまとめ、「平成30年度 消費生活相談年報」を公開した。仮想通貨に関連した内容では、マルチ商法および利殖商法での相談が報告されている。
引用元: 仮想通貨Watch

ネットラーニング社、eラーニングでブロックチェーン活用の資格・修了証明バッジ発行 〜国際技術標準規格「オープンバッジ」発行資格を取得

教育・研修・学習デジタルソリューションを提供するネットラーニング社は9月18日、同社が提供するクラウドベースの学習・研修用プラットフォーム「Multiverse」が、国際技術標準規格「オープンバッジ」に認定されたことを発表した。「オープンバッジ」を規定・認定するIMS Global Learning Consortium(IMS Global)より、バッジの発行資格を取得した。
引用元: 仮想通貨Watch

PoL、分散型金融に関するオンライン学習カリキュラムを9月末以降に提供開始 〜MakerDAOと協業し共同制作。ステーブルコイン・DAO・DeFiを学べる

仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)は9月19日、MakerDAOとの協業を発表した。Maker社が開発するMakerDAOは、ステーブルコインDAIを発行・管理する分散型金融(DeFi)のプロジェクトだ。今回の協業によりtechtecは、昨今急速に勢いを増すDeFiや分散型組織(DAO)について学習できるカリキュラムを提供していくとのこと。
引用元: 仮想通貨Watch

イケハヤ、サラリーマンに戻るかもね。


起業のセーフティネットについて語りました。

起業するとサラリーマンに戻れない」みたいなイメージがありますが、別にそんなことはないと思うんですよね。

ぼくの周りでも、起業家からサラリーマンに戻っている方、複数知ってます。

イケハヤ自身も、リモート&時短(成果主義)で楽しく働ける会社があるなら、2〜3年がっつりコミットするのはありだなぁ、と前から思ってます。

ぶっちゃけ報酬面はどうでもいいです。ストックオプションか、プロジェクトのトークン(あれば)もらえると嬉しいですね。


チームでしか作れないプロダクトは確かにあるので、そこに関わりたければサラリーマンに戻るのもありですね。

YouTubeとかブログなら片手間で更新は続けられるんで、別段問題はないです。

強いていえば、熱心なアンチが所属してる会社にクレーム付けるのがリスクですかね。サラリーマンやるときは別人格で働くことにしますかねw



引用元: まだ仮想通貨持ってないの?

スマートコントラクトの社会実装がもたらす金融ビジネスの可能性=FIN/SUM 2019 〜デリバティブ取引の実証実験を行う識者らによるワークショップ

FIN/SUM 2019の4日目にあたる9月6日、「スマートコントラクトの社会実装前夜~ブロックチェーンがもたらす金融ビジネスの可能性~」と題するワークショップが開催された。
引用元: 仮想通貨Watch

蘭ING銀行の調査、仮想通貨は集権的な組織が管理と27%が回答

オランダの大手銀行INGバンクがヨーロッパ在住の人に向けて行なった、仮想通貨に関する調査の結果が発表された。約1万2千の回答のうち、27%は、仮想通貨が集権的な組織によって管理していると回答した。また、調査国のうち、仮想通貨に対して最も前向きな姿勢を示した国はトルコで、最も消極的であったのはオーストリアであった。参照元

引用元: ビットコインニュース

Keith Mali Chung氏、誤送金された7.8BTCを返金か

ナイジェリアにある仮想通貨関連企業の共同創立者であるKeith Mali Chung氏は、9月13日に見知らぬ相手から、約8万米ドルに相当する、7.8BTCが誤って送られてきており、返金する意図がある旨ツイートした。その後のツイートによれば、送り主が判明したという。参照元

引用元: ビットコインニュース

コーヒー企業ら、ブロックチェーン用いた追跡ツール立ち上げ

ITスタートアップのFarmer Connectが、世界的なコーヒーのサプライチェーンを担うコロンビアコーヒー生産者連合会や伊藤忠などの企業と提携し、コーヒーの生産から消費者に至るサプライチェーンを追跡できる企業向けプラットフォームを利用できるようにする旨発表した。同プラットフォームは、IBMのFood Trust Platformをベースに作られているという。参照元

引用元: ビットコインニュース

米国版バイナンスの取扱銘柄、新たに「7通貨目」の上場が判明

米国版バイナンス、仮想通貨BNBの上場が判明
米国で仮想通貨取引所を開始したバイナンスで、当初発表されていた6銘柄に加え新たな通貨の上場が判明した。

           

米国版バイナンス、仮想通貨BNBの上場が判明

18日より新たにオープンしたバイナンスの米国版取引所は、これまで明かされていた6銘柄にバイナンスコイン(BNB)を加えた7銘柄の上場でスタートしたことが新たな証言で明らかになった。

Binance.USで、バイナンスのネイティブ通貨バイナンスコイン(BNB)が第一段の上場銘柄としてリストしたことを、複数のユーザーがSNS上で報告した。バイナンスのCZ氏もこのスクリーンショットをリツイートする形で同意している。(ユーティリティトークン性も強調)

当初、BTC、ETH、XRP、BCH、LTC、USDTの6銘柄で取引所のローンチを行うとの発表を行なっていたバイナンスだが、BNBも加えた計7銘柄で、本日21時から開始される入金銘柄とした。

同社は、米国で初めて取引所サービスを提供するにあたり、米金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)に認可されたBAM Trading Serviceとの提携。取引所の提供地域では、NY州やテキサス州を含む米国の13の州ではサービスの提供を行わないとしており、今後規制に準拠する形で、提供範囲の州を増やす方針を示している。

関連米国版バイナンス、ローンチ時はニューヨークなど13の州で利用できず

BNBは18日20時時点で前日比9.6%高の$22.69で推移。米国版取引所のローンチ発表を受け価格が上昇に転じたのち、今回の取り扱い銘柄にリストインしたことで価格を急伸させた。

CoinPostの関連記事

『ビットコイン2万ドルの(再来)に備えよ』仮想通貨取引所BitMEXのアーサーが「QE4」を予言
世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのアーサー氏は、FRBの金融緩和政策の一環で「QE4」が来ると予言。BTC20,000ドルに備えよと強気の見立てを示した。FOMCは日本時間3時頃に予定されている。
FOMC目前にして「アルトバブル」再来期待も、リップルやイーサリアムの高騰理由を探る|仮想通貨市況
金融市場の一大イベントであるFOMCを控えた18日、ビットコイン(BTC)の方向感定まらぬなか、約4ヶ月ぶりの大幅高を見せたXRP(リップル)やETH(イーサリアム)を独自分析。米国版バイナンスの影響も仮想通貨相場を後押しした。

引用元: CoinPost

ドイツ内閣、Libra含む「Parallel Currency」禁止法案可決

ドイツ内閣は国家の通貨発行権限を守り、消費者を保護することを目的としたステーブルコインなど代替通貨になりうる通貨の発行を禁止する法案について可決した。この法案はLibraに対抗することを目的としたものだと考えられる。参照元

引用元: ビットコインニュース

『ビットコイン2万ドルの(再来)に備えよ』仮想通貨取引所BitMEXのアーサーが「QE4」を予言

「ビットコイン2万ドルの(再来)に備えよ」
世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのアーサー氏は、FRBの金融緩和政策の一環で「QE4」が来ると予言。BTC20,000ドルに備えよと強気の見立てを示した。FOMCは日本時間3時頃に予定されている。

FRBのQE4とBTC2万ドルを予言

世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所「BitMEX」のCEO アーサー・ヘイズ氏は、FRBの金融緩和政策の一環で「QE4」が来ると予言。過去最高値であるビットコイン(BTC)20,000ドルの(再来)に備えよと強気発言を行なった。

QEとは、Quantitative Easingの略で、量的緩和政策のことを指す。米トランプ大統領は、マイナス金利とともにQE4(量的緩和第4弾)を要求しているとされるが、景気刺激策の最終手段としてその実効力、および副作用には賛否両論がある。

連邦準備制度理事会(FRB)がFOMCで追加利下げの協議を継続する中、米短期金融市場では、短期金利の上昇を抑制するためニューヨーク連銀が臨時で530億ドル規模の資金供給を実施、最大750億ドルを供給すると表明するなど混乱をきたしている。

米連邦準備制度理事会のパウエル議長らは、米中貿易戦争の影響による景気減懸念に加え、GDP(国民総生産)の低迷から米国経済を緩和するため、金利引き下げを含め対応策を検討している。FOMC(連邦公開市場委員会)は日本時間3時に予定されており、仮想通貨市場関係者を含む国際金融市場からも注視されている。

先見の明に定評

英データサイト・クリプトコンペアが提供する情報メディアcryptoglobeの情報によれば、BitMEXの最高経営責任者アーサー・ヘイズ氏は、過去12か月間で1兆ドル(約110兆円)以上の取引高に到達したことを明かすなど、バイナンスのCZ氏とともに仮想通貨市場でのプレゼンスを高めている。

BitMEXのアーサー・ヘイズ氏は、2018年のベア相場でビットコイン(BTC)が80〜100万円台を推移し、2017年の名残で強気予想が大半を占めていた5月時点で、「5,000ドル(55万円)台に下落する未来」を予言。その半年後のハッシュ戦争に伴う底割れ暴落で予言を的中させたほか、2019年には総悲観の中、上半期の上昇相場予想を再び的中させている。

CoinPostの関連記事

FOMC目前にして「アルトバブル」再来期待も、リップルやイーサリアムの高騰理由を探る|仮想通貨市況
金融市場の一大イベントであるFOMCを控えた18日、ビットコイン(BTC)の方向感定まらぬなか、約4ヶ月ぶりの大幅高を見せたXRP(リップル)やETH(イーサリアム)を独自分析。米国版バイナンスの影響も仮想通貨相場を後押しした。
BitMEXの年間取引高が「1兆ドル」の大台を突破、仮想通貨ビットコイン(BTC)高騰を受け
BitMEXにおける仮想通貨の年間取引高が1兆ドルを超えたことが判明した。ビットコイン(BTC)高騰に伴い、5月の月間取引高は、4月の860億ドルを大幅に超える1650億ドル(18兆円)を記録している。

引用元: CoinPost

VanEck社がビットコインETFの申請を取り下げました

アメリカの資産運用会社であるVanEck SolidXは、米証券取引委員会(SEC)に申請していたビットコインETFを取り下げたことがわかりました。 ビットコインETFが取り下げられたのは今月13日で、VanEckは今年…

投稿 VanEck社がビットコインETFの申請を取り下げましたCOIN OTAKU(コインオタク) に最初に表示されました。

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)