仮想通貨保有者は金融リテラシーが低い傾向に カナダ中銀レポート

Arrayカナダ中央銀行のレポートにて、仮想通貨を保有する人は金融リテラシーが低い傾向があることが指摘された。 カナダ中銀 金融リテラシーの低い層ほど高い仮想通貨保有率 COIN POST 定点観測をしていくとこのような調査レポー […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

米司法省、650万ドルの現金と仮想通貨を押収 麻薬捜査で

Array米司法省が、闇サイト上にて行われる麻薬取引の取締りで、約500kgの麻薬や現金と仮想通貨650万ドル(6億8,000万円相当)を押収したことが分かった。 約7億円の現金と仮想通貨を押収 米司法省、大規模な麻薬捜査で結果報 […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

中国公安部高官、仮想通貨が違法カジノの資金移動に利用と指摘

資金の追跡難しく中国の公安部の高官が、毎年少なくとも一兆元(約15兆5000億円)が中国からギャンブルによって流出しており、その過程で暗号資産(仮想通貨)が使われていると指摘した。SouthChinaMorningPostが報じている。中国本土では、ギャンブルとカジノは違法となっている。北京で行われたイベントで、中国公安部の高官LiaoJinrongが語ったところでは、違法なギャンブルを経営するギャングは仮想通貨を利用し、資金の管理等を行っているため、資金の追跡が困難になっているという。流出の詳細について…
引用元: CoinPost

仮想通貨リサーチ企業、5つのNFTトークンを1700万円で購入

盛り上がるNFT市場暗号資産(仮想通貨)リサーチ・コンサル企業のDelphiDigitalが、5つのイーサリアムブロックチェーンのNFT(非代替性トークン)を購入していたことが分かった。そのNFTはブロックチェーンゲーム「AxieInfinity」上で購入されたもので、総額は16万ドル(1,700万円)ほどに上る。
Lookslike@Delphi_Digitalisinvestingdirectlyinto@AxieInfinityassetsviathistriplemysticreptile.104…
引用元: CoinPost

米国で仮想通貨やCBDCについて意識調査、未だ現金に依存

9割近くが仮想通貨の存在を認識暗号資産(仮想通貨)マイニング企業GenesisMiningが昨年に引き続き、金融について人々の意識調査を実施、仮想通貨やデジタル・ドル(CBDC)についての設問も含まれていた。調査は、2020年7月28日に400人のアメリカ人を対象として行われたもの。「ビットコイン(BTC)や仮想通貨について聞いたことがあるか」という質問には、回答者の87.3%が「はい」と回答した。9割近くの人々に認識されていることになる。
出典:GenesisMining
また、「ビットコインと仮想通貨…
引用元: CoinPost

仮想通貨ファンドPantera Capital、DeFi銘柄の好調で高パフォーマンスを記録

DeFi銘柄がけん引暗号資産(仮想通貨)ファンドを運営する大手PanteraCapitalは年初来のパフォーマンスが好調となっている。投資家への文書によると、特にICOファンドでは+323%のリターンを示した。
出典:Pantera
長期ICOファンドは+270%、デジタルアセットファンドは+168%、ビットコインファンドも+61%となっており、好調なパフォーマンスを支えたのが仮想通貨市場全体の上昇および中小規模銘柄の優れたパフォーマンスだという。特にICOファンドで投資するDeFi(分散型金融)関連の銘…
引用元: CoinPost

仮想通貨取引所KuCoin、ハッキング被害か

KuCoinのセキュリティ事件グローバル暗号資産(仮想通貨)取引所KuCoinは26日、日本時間26日04:05:37(UTC+8)に確認された多額の出金でハッキング疑惑が浮上していた点について、公式声明を発表した。声明によると、内部のセキュリティ監査報告を確認した結果、ビットコイン(BTC)、ERC20トークンおよび、その他の仮想通貨銘柄がKuCoinのホットウォレットから出金されていた。明確にはハッキングという表現を避けたが、「セキュリティインシデント(セキュリティ事故)」として報告している。現在、大…
引用元: CoinPost

ミッション駆動型の暗号プロジェクト Anatha.ioがUniswapでの流動性キャンペーンの開始を発表

ArrayAnatha.ioは、ハワイを代表する暗号経済学者Edward DeLeon Hickman氏が率いるブロックチェーンのスタートアップである。 本日、コミュニティの流動性アクセスイベントの開始を発し、マルチシグ(mult […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

ロシア連邦通信局、大手仮想通貨取引所バイナンスを「ブラックリスト」に=Roskomnadzor報道

ロシアがバイナンスを通信規制最大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスが、ロシア連邦通信局Roskomnadzorから「ブラックリスト」入りした通知を受けとったことがわかった。ロシアの仮想通貨ニュースメディア「Forklog」が報じた。ロシアでは、通信・情報技術・マスコミ監督庁(Roskomnadzor)が作成したブラックリストに基づいて、いくつかのウェブサイトが国内からアクセス制限がかかっている。バイナンスのディレクターGlebKostarevは、以下のように述べた。バイナンスはロシア市場での評判を重視…
引用元: CoinPost

米SECクリプトママ、ETF非承認の姿勢に物申す

ETF非承認の姿勢を改めて批判米国証券取引委員会(SEC)において、暗号資産(仮想通貨)支持を表明しているコミッショナーが、「成熟するデジタル資産エコシステム」と題されたオンラインイベントで、SECの姿勢を改めて批判したことが判明した。イベントでは、SECがビットコインETF(上場投資信託)の申請を却下し続けていることが話題となり、「クリプトママ」とも呼ばれるHesterPeirceコミッショナーが、改めてこうした方向性に異議を示した。同コミッショナーは、先月に米連邦議会上院の公聴会で2期目が承認、202…
引用元: CoinPost

中国官報が異例の報道「仮想通貨は今年最もパフォーマンスに優れた資産」

中国の異例な報道中国の主要公式メディア(新聞紙・ネット新聞・テレビ番組)が、暗号資産(仮想通貨)市場の強気相場について報じていたことが確認された。仮想通貨の取引を全面禁止する国としては異例となるメディア露出だ。中国事情通のDoveyWanが当内容をSNSに掲載し、「中国メディアが、なんの目的でこのような組織的な取組みを取ったのか不明だ」とコメントした。
HmmthisisaninterestingpropagandavibefromCCP’sofficialmediaoutletsas“参考消息”,Xin…
引用元: CoinPost

ビットコインキャッシュ相場分析 : 長くサポートされていたライン割れ、年初来安値付近まで下落の可能性 | ビットバンク マーケット情報

9月24日のビットコインキャッシュの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインキャッシュは昨日、小幅に反発し3.9%ほど上昇しました。一方、価格は安値圏での推移が続いており非常に弱気なチャートが形成されています。今週、価格は間近安値だった2.3万円を割り込み一時2.15万円まで下落しました。長くサポートされていた2.3万円を割ってしまったため、現在はこのラインがレジスタンスに変わっています。今後も上値の重い展開が予想されます。現在のところ買い戻しが入る様子はみられておらず下落トレンドが継続してます。このまま下落トレンドが継続すると、年初来安値手前の2.0万円のラインまで下落する可能性が高そうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

「仮想通貨税制改正で資産ではなく通貨に分類すべき」イスラエル議員が新法案提出

新たな法案を提出暗号資産(仮想通貨)に対する税制見直しを求める法案が、イスラエル・ベイタイヌ党の議員から提出されたことが分かった。同提案によれば、「資産」として分類される仮想通貨に対して、実態に即していないと指摘。ビットコイン(BTC)など一定の条件を満たしている銘柄は「通貨」とするように求めている。資産として現在はキャピタルゲインに対し25%課税されているが、通貨とみなされれば、その対象から外れる。今回の法案を提出したのは、イスラエル議会の4名。仮想通貨が通貨とみなされるには、主に以下の条件を満たす必要…
引用元: CoinPost

仮想通貨ユーザー、世界で1億人突破=ケンブリッジ大学調査

世界で1億人突破イギリス名門のケンブリッジ大学に属するオルタナティブ金融センターは最新研究レポートで、ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を保有しているユーザーが世界で1億人を突破していることを報告した。研究レポートでは、2020年第3四半期(7〜9月期)の時点で仮想通貨取引所で開かれた口座の総数を調査、該当数を1億9100万とした。1人で複数の口座を持つ場合を除外したユニーク利用者は、1億100万人と試算されている。調査では、取引所以外のウォレットを持つユーザー数を含めていないため、実際の仮想通貨ユー…
引用元: CoinPost

ビットコイン相場分析 : 安値から大きく反発も上値は重い展開が予想される | ビットバンク マーケット情報

9月24日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。FisherとMACDはマイナス域で推移しています。昨日は間近安値の107.5万円から大きく反発し短期移動平均線の上位を回復しました。価格は113万円台をに乗せてきました。オシレーターは弱気と強気が混じっており相場に方向感がない状態であることを示唆しています。昨日はADX(20)も減少しています。昨日は安値から強く反発した一方、現在価格の上位には長期移動平均線と雲があり上値の重しになると予想されます。上昇トレンド入りするには間近高値の117万円を超えていく必要があります。短期的にはレンジで推移しているビットコインですが、長期の移動平均線を下回っているため長期では弱気トレンドが濃厚です。長期トレンドをフォローするなら、間近高値のレジスタンスを背に売りで入るのはありだと考えられます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

WBTC発行数増はLINKの支援材料 反発後のBTCの上値は限定的か | ビットバンク マーケット情報

24日のビットコイン(BTC)対円相場は52,385円(4.85%)高の1,132,286円と、前日の下げ幅を上回り反発。週足では一時、6.31%安水準まで下落した相場だったが、昨日の反転上昇で1.05%安水準まで戻した。株安・ドル高を背景に前日のBTC相場は安値を広げ、9月9日ぶりに107万円水準まで沈んでいたが、この日はチェーンクリンク(LINK)が市場の反発を牽引する形で大幅上昇。LINKの上昇要因としては、イーサリアム上で発行されるBTCの価値にペッグされたラップドビットコイン(WBTC)トークンの発行ペースが加速していることが指摘される。WBTCは分散型取引所(DEX)に流動性を齎す有用なトークンとなっており、WBTCの発行数増加はDEX利用需要が伸びていることを示唆すると共に、チェーンリンクはこうしたDeFiアプリケーションにプライスフィードとして利用されることから、LINK相場にとって支援材料となったと指摘される。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコインアドレスの大半が含み益、実現時価総額では仮想通貨バブルを上回る

ビットコインの最新データ暗号資産(仮想通貨)ビットコインのアカウント情報にて、含み益のあるアドレスが約76%(計2400万アドレス)を占めることがわかった。IntoTheBlockの最新データが示した。
出典:IntoTheBlock
仮想通貨のアドレスとは、銀行でいえば「口座番号」のようなもの。含み益のあるアドレスの内、最も多かったのは、1,040〜5,285ドルと8,450〜9,560ドル帯で購入されたビットコインのアドレスで、今年5月の半減期直前に集計されたデータ「全体の85%が含み益」よりも割合は…
引用元: CoinPost

コロンビア政府、仮想通貨取引にサンドボックス制度を導入──規制整備と技術革新の両立へ

サンドボックス制度を導入南米のコロンビアで、企業が暗号資産(仮想通貨)の取引を試験的に行えるプログラムが政府に認可されたことが分かった。参加を希望する企業は、規制のサンドボックス制度を利用して実際に法定通貨と仮想通貨の取引を行うことができる。サンドボックス制度は、新しい技術やビジネスモデルを用いた事業活動の促進を目的としており、企業は対象技術の実証において既存の規制の適用を受けなくて済む。コロンビアはプログラムを通して、規制整備と技術革新の両立を目指す。コロンビアは早くから仮想通貨とブロックチェーンに対す…
引用元: CoinPost

「BTC、XRP、XTZなど5銘柄」米著名投資家Tim Draperが保有する仮想通貨を明かす

大物投資家が保有銘柄を明かすビットコイン強気派でも知られる大物投資家TimDraperが、自身の保有する暗号資産(仮想通貨)銘柄について初めて言及した。Draperはビットコインの初期投資家でもある。流動性プロバイダーLinqtoとの投資家カンファレンスで、具体的な保有銘柄の名前を明かした。私は、ビットコイン、XRP、ビットコインキャッシュ(BCH)、テゾス(XTZ)、Aragon(ANT)を持っている。仮想通貨の将来を信じているのだ。他の投資家も仮想通貨の投資に参加することを望んでいる。
Thanks@…
引用元: CoinPost

XRPの積立投資サービス、Crypto.comアプリで開始

XRPの積立投資暗号資産(仮想通貨)の決済サービスを提供するCrypto.comが、XRP(リップル)の積立投資サービスを開始した。Crypto.comのアプリで23日から利用できるようになり、利用者は毎週、2週間に1回、もしくは毎月の3つのタイミングでの積立投資方法を選べる。最低50ドル(約5000円)から始められるという。なお、Crypto.comのネイティブトークンCRO(Crypto.com-chain)のステーキング数に応じ、毎月積立投資できる金額の上限が定められるという。CROを保有しない場合…
引用元: CoinPost

新経済連盟、内閣官房IT総合戦略室とブロックチェーン官民推進会合を発足

ブロックチェーン官民推進会合一般社団法人の新経済連盟が17日に、内閣官房IT総合戦略室とともに初となるブロックチェーン官民推進会合を開催したことがわかった。ポストコロナにおけるブロックチェーン活用や行政分野における実装を推進することが目的だ。主催は新経連と内閣官房IT総合戦略室で、JBA(日本ブロックチェーン協会)、BCCC(ブロックチェーン推進協会)、情報処理推進機構、および研究開発戦略センターがこれに協力する。今回開催された第一回会合のテーマは、「官民推進会合の設置根拠と狙い」、および「地方自治体にお…
引用元: CoinPost

イーサリアム相場分析 :間近安値を更新、移動平均線のデスクロスは4月以来 | ビットバンク マーケット情報

9月23日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しており、これをコンファームしています。イーサリアムは昨日の下落で間近安値を更新し3.38万円を記録しました。高値と安値を切り下げる弱気のチャートストラクチャーが形成されています。オシレーターもすべて下降中で売りシグナルを発しています。ADX(16)は20を下回っていますが上昇中で弱気トレンドが発生していることを示唆しています。さらに昨日は14EMAが53EMAをデスクロスしています。ETH/USDのチャートでは14EMAが53EMAを下回ったのは4月以来です。相場は弱気トレンド入りが示唆されており、長期の下落ターゲットは2.50万円付近になりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 再び売られビットコインは110万円を割り込む、安値を更新するか | ビットバンク マーケット情報

9月23日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しており、これをコンファームしています。昨日の日足は2.5%ほど下落し110万円を割り込みました。終値は107.9万円を記録しました。相場は明確に弱気トレンド入りしており、今後の注目点は9月前半に記録した105万円の安値を更新するか否かになります。このまま安値圏での推移が続けば安値を更新する確率は上がります。オシレーターはすべてマイナス域で下降しておりモーメンタムは強く下落方向に動いています。昨日はMACDのデスクロスが確認されています。テクニカル的には弱気一色の相場になっており売りが推奨されています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

EU、2024年までに仮想通貨規制設ける

Array欧州連合(EU)が、2024年までに仮想通貨に関する新たな規制を設ける方針であることが分かった。 2024年を目途 EUがキャッシュレス推進で包括的な仮想通貨規制へ COIN POST 連合国の弱いところが露呈しておりま […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

日本の暗号資産交換業者にCoinBestが登録 今月2社目──ビットコイン・イーサリアムに対応

CoinBest株式会社は23日、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録が完了したことを発表した。暗号資産交換業者の新規登録は、クラーケングループのPaywardAsiaに続き今月で2社目。令和2年の登録では他にも、オーケーコイン・ジャパンが3月30日、コイネージが7月7日に登録を完了している。CoinBestは、数年前から交換業者登録を目指してきた企業で、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の第二種会員(資金決済法第63条の3に規定する仮想通貨交換業者登録の申請中の事業者、…
引用元: CoinPost

コインチェック参入のNFT市場が活性化、RARIなど関連銘柄高騰も

NFT市場が活性化国内大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインチェックが参入を表明したNFT(非代替性トークン)市場が、にわかに活気づき始めている。関連銘柄のRarible(RARI)価格は23日、前日比+62%(前月比+378.8%)の6.33ドルに上昇した。仮想通貨トークンのエアドロップはいわゆる無料配布にあたり、キャンペーンの一環として、トークンの認知や流動性向上施策の意味合いを持つ。Rarible(RARI)は今年7月、主にブロックチェーンゲームのアイテム(デジタル資産)などが売買されるNFTマーケッ…
引用元: CoinPost