カテゴリー別アーカイブ: 仮想通貨全般

米ヴァンエック、罰金2億円超支払いへ ETF宣伝にインフルエンサー起用を開示せず

ETF「BUZZ」でヴァンエックに罰金米証券取引委員会(SEC)は16日、資産運用企業VanEck(ヴァンエック)が新たなETFの立ち上げにあたって、インフルエンサーの役割を明らかにしなかったため、罰金約2.6億円(175万ドル)を支払うことに同意したと発表した。これは、「ヴァンエック・ソーシャル・センチメントETF(ティッカーシンボルBUZZ)」に関わるものだ。BUZZは、SNSやニュース、ブログなどオンラインソースから収集したコンテンツに基づき、最も肯定的な投資家心理と強気な認識を示す米大型株75銘柄…
引用元: CoinPost

ビットコイン半減期後のセキュリティ展望、真のリスクは51%攻撃ではなくなる

ビットコインのセキュリティ展望暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の仕組みには、創成期から組み込まれたプロトコルにより、新しいコインがブロックごとに発行される仕組みがあり、これは「半減期」と呼ばれるイベントを通じて4年ごとにその発行率が低下する。この発行スケジュールは、ブロック生産に対するインセンティブ、言わば報酬として機能し、2100万BTCという上限に達するまで減少し続けるよう設計されている。そして、その時が来たら、ビットコインのセキュリティは、これまでの補助金からユーザー手数料へと移行すること…
引用元: CoinPost

世界の債務問題 「国の借金」とは|債務比率の変動要因や各国の状況を解説

世界において多くの国や企業、国民の借金(債務)は増加傾向にあることをご存じでしょうか。特に、新型コロナウイルス感染拡大にともなう企業や国民の経済支援や、ロシア・ウクライナ間の紛争、イスラエル・ハマスの対立など複数の戦争に関連する支出も大きく影響し、世界的にも急激に増加を続けています。本記事では、政府債務と民間債務の基礎知識や動向、国の借金が問題になるときについて詳しく解説していますので、債務問題に関する基本的な概念や影響を学べます。
目次
世界における政府・民間債務は急増している債務比率の変動要因国の借金…
引用元: CoinPost

米コインベース、ビットコイン相場は数か月支えられると予測 現物ETFからの資金流入で

現物ETFに5,000億円近く流入米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは16日、週刊レポートでビットコイン(BTC)現物ETFによる相場への影響を取り上げた。ジェネシスによるGBTC売却の影響も論じた。コインベースは、米国で提供開始されたビットコインETFには、開始から最初の1か月間で総額33億ドル(約4,960億円)という著しい額が流入したと指摘している。ETF承認前の機関投資家を対象とした調査では、期待される流入額中央値は約10億ドル(約1,500億円)だったが、これを大きく上回った格好だ。コ…
引用元: CoinPost

【独占取材】台湾IT大臣オードリー・タンが語る、政府が行うWeb3の取り組み|WebX STUDIO

台湾デジタル担当大臣オードリー・タン氏が、CoinPostYouTube番組「WebXSTUDIO」に出演。メタバース(仮想空間)や 譲渡不可能なSBT(ソウルバウンドトークン)、台湾政府のweb3政策について語った。動画の目次今回の動画は、以下のような構成となっている。
メタバースが台湾の地方創生やインバウンド需要に与える影響 1:20〜 譲渡不可能なSBT(ソウルバウンドトークン)の応用方法6:40〜台湾政府のweb3政策は 10:00〜
動画の視聴はこちらWebXSTUDIOとは幻冬舎「あたらしい経…
引用元: CoinPost

JPモルガン「米当局はテザー(USDT)にも影響力を行使可能」

OFACによる制裁措置米金融大手JPモルガンのアナリストは15日、米当局は財務省の外国資産管理局(OFAC)を通じて、ステーブルコイン、テザー(USDT)の発行企業に対し、一定の統制力を行使することが可能だとの考えを明らかにした。同行のNikolaosPanigirtzoglou氏は、米企業ではないテザー社に対しても、OFACの制裁措置などを通じて、「テザーのオフショア利用をある程度コントロールできる」と述べた。イーサリアムネットワーク上のプライバシー強化プラットフォームであるTornadoCashと、テ…
引用元: CoinPost

バイナンスラボ、分散型ステーブルコイン・AIクリエイションなど育成へ 

We3育成プログラムで3チーム選出大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのVC部門バイナンスラボは15日、インキュベーションプログラムのシーズン6に選出された、最初の3つのプロジェクトを発表した。
We’reexcitedtoannouncethefirstbatchofS6Incubationprojectsthatwe’vemadeaninvestmentin!@ethena_labs@nfprompt@shogunfiFindoutmoreabouttheprojects,listedalphab…
引用元: CoinPost

円建て過去最高値更新のビットコイン、直近の売り圧力直面リスクは?

マクロ経済と金融市場15日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比348ドル(0.91%)高、ナスダック指数は47ポイント(0.3%)高で取引を終えた。東京株式市場は、前場の日経平均株価は前日比316円(0.83%)高となった。上げ幅は一時700円を超え、史上最高値である3万8957円の34年ぶりの更新が迫っている。米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、決算発表を受けコインベースが前日比3.25%高の165ドルまで上昇。時間外取引で12%高騰している。仮想通貨取引を巡る収益が前四半期比83%増の5.2…
引用元: CoinPost

中国政府、仮想通貨のマネロンに対処して法改正へ

 マネーロンダリング防止法を改正へ中国は、暗号資産(仮想通貨)に関連するリスクに対処するためマネーロンダリング防止(AML)法の改正を計画している。サウスチャイナ・モーニング・ポストが15日に報じた。中国の李強首相が議長を務める国務院会議が、2007年より発効している現行のAML法の改正草案を議論しており、今後、国家議会による審査のために提出する予定だ。修正案の全文は公開されていないものの、改正議論に参加している北京大学法科大学院教授のWangXin氏は、新たなタイプのマネーロンダリングと闘うことが改正の主…
引用元: CoinPost

金融大手シティ、プライベート・エクイティ・ファンドのトークン化を検証 概念実証に成功

スマートコントラクトが効率改善に貢献米金融大手のCiti(シティ)は14日、米投資管理会社WellingtonManagementと米資産運用会社WisdomTreeの協力の下、プライベート・エクイティ・ファンド(以下PEファンドと表記)のトークン化に関する概念実証(PoC)に成功したと発表した。この概念実証にはレイヤー1ブロックチェーン、アバランチ(Avalanche)のサブネット「Spruce」が使用されたが、そのスマートコントラクト機能により、従来の資産ではまだ利用できない新たな機能と運用効率がもた…
引用元: CoinPost

日本でビットコインを普及させるには──東京でコミュニティ運営を行う「Tokyo Citadel」のメンバーが語る

第16回BeyondThePrice1月25日に公開された16回目の「BeyondThePrice」には、東京で英語を使って暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)に関する活動を行う「TokyoCitadel」のAndy氏とDash氏が参加した。「citadel」という英単語には「拠点」や「伝道所」といった意味がある。TokyoCitadelは東京を拠点にビットコインに関するイベントを開催したり、ポッドキャストの配信を行ったり、Telegram(テレグラム)でコミュニティ運営を行ったりしている。Toky…
引用元: CoinPost

メルカリ、フリマアプリの買い物でビットコイン決済機能提供へ

メルカリ、ビットコイン決済開始メルカリユーザーは、2月15日から、アプリ内で保有するビットコイン(BTC)を商品支払いに利用できるようになることがわかった。この新機能により、30億を超えるメルカリの商品群をビットコインで手軽に購入することが可能となる。このサービスは、株式会社メルカリの子会社である株式会社メルコインが提供する。メルコインは、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン技術の開発・企画を担っている。
出典:株式会社メルカリ
ビットコイン支払いオプションは、メルカリの購入画面でポイントと同じように扱…
引用元: CoinPost

米ロビンフッド、仮想通貨取引サービスが収益増加に貢献 予想外の業績で株価が前日比13%上昇

仮想通貨取引の収益増暗号資産(仮想通貨)や株式などの投資サービスを提供する米Robinhood(ロビンフッド)は13日、2023年の4Q(10月から12月)と年間の決算を発表した。4Qは取引による収益が前年比で8%増加し、2億ドル(約300億円)だったと報告。そして、この増加を主導したのは仮想通貨取引だったと説明した。4Qの仮想通貨取引による収益は前年比で10%増加し、4,300万ドル(約64億円)だった。23年全体の純収益は、前年比37%増の18.7億ドル(約2,800億円)。同社のVladTenevC…
引用元: CoinPost

ジェネシスがビットコインETF約2,000億円相当売却へ 段階的清算予定

 段階的な売却を予定米国の破産裁判所は14日、破綻した暗号資産(仮想通貨)融資企業ジェネシスがグレースケールのGBTC約3500万株(1,950億円以上に相当)を売却することを承認した。ブルームバーグが報じた。売り圧も懸念されるところだが、ジェネシスによると、この売却プロセスは、ブローカーの助けを借りて時間をかけて実施される予定だ。裁判所への2月2日付けの提出文書によると、ジェネシスは、グレースケール・イーサリアム・トラスト(ETHE)1,100万株以上(300億円以上に相当)を売却することも計画している。…
引用元: CoinPost

リップル社、米仮想通貨カストディ企業を買収 ライセンス拡大へ

スタンダード・カストディを取得へ米リップル社は13日、暗号資産(仮想通貨)カストディ企業StandardCustodyandTrustCompany(以下、スタンダード・カストディ)を買収すると発表した。この動きは、リップル社による法規制の順守への取り組みを強調するもので、既存のサービスを強化し、新しい補完的なサービスを模索することも可能になるとしている。スタンダード・カストディは、機関グレードの保管およびエスクロープラットフォームを提供している。ブロックチェーンソリューションを提供するPolySignの…
引用元: CoinPost

暗号資産ロックアップ解除の最新トレンドと市場影響 Token Unlocks

ロックアップ解除イベントを分析TokenUnlocks社は、2月初旬に年次レポートを公表した。このレポートでは、同社が追跡する約100種類の暗号資産(仮想通貨)に関して、600件に及ぶトークンのロックアップ解除イベントに焦点を当て、それらが価格にどのような影響を与えたかを分析している。このリサーチでは、トークンアロケーション(配分)を「コミュニティ&その他」「創業者/チーム」「プライベート投資家」「パブリックセール投資家」「リザーブ」の5つのカテゴリーに分けた。以下の表は、各カテゴリー内でのトークン配分の…
引用元: CoinPost

フランクリン・テンプルトン 米国での9番目のイーサリアムETF申請

9件目のイーサリアムETF申請米大手資産運用企業フランクリン・テンプルトンが12日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)に基づく現物ETF(上場投資信託)の発売に向けて、米国証券取引委員会(SEC)へS-1登録届出書を提出した。このファンドは、イーサリアムの価格動向を直接反映することを目指し、デジタル資産の保管にはコインベース・カストディを選定している。株式はCboeBZXExchangeでの取引を目指している。アークインベストやグレースケール、ブラックロックなどの資産運用会社がイーサリアムETFの…
引用元: CoinPost

ビットコイン大量保有のマイクロストラテジー会長、米CNBCで展望や事業方針語る

セイラー氏がビットコイン市場を予測米マイクロストラテジーのマイケル・セイラー会長は、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)が5万ドルを突破したことを受けて米CNBCに出演。ETF(上場投資信託)など今後の市場について展望を語った。
#Bitcoinistheworld’smostpopularinvestmentasset.Itisnovel,digital,global,unique,anduncorrelatedtotraditionalriskassets.Thatmakesitanatural…
引用元: CoinPost

CPI発表を受けビットコイン乱高下、韓国市場で関心高まるOASが前週比32.7%高に

マクロ経済と金融市場13日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比524ドル(1.3%)安、ナスダック指数は286ポイント(1.8%)安で取引を終えた。米消費者物価指数(CPI)結果が市場予想を上回ったことで、FRB(米連邦準備制度)の早期利下げ期待が後退したことが背景にある。金利先物市場の動向を示すCMEFedWatchToolによると、3月の利下げ確率は8.5%とかなり低く、5月の利下げの確率も40%を下回っている。米国株指数安の反落に伴い、米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、前日の全面高とは打…
引用元: CoinPost

Astar Network、ステーキングにボーナス報酬を採用 dApp Staking v3導入で

プロダクト間の公平な競争を促進AstarNetworkは13日中にも、暗号資産(仮想通貨)アスター(ASTR)のユーティリティに影響する「dAppStakingv3」を導入する計画だ。このアップデートは、トークン保有者による積極的なエコシステムへの関与を促し、dAppの開発及び利用を奨励することで、ネットワークを拡大することを目指している。v3では、プロトコルに対する報酬割り当てやユーザーにおけるステーキングプロセスに重要な変更が加えられる。新たな報酬システムでは、アクティブな参加を通じてボーナス報酬を獲…
引用元: CoinPost

ポケモンカードなどトレカ特化のRWA販売サービスPACKS、「Astar zkEVM」採用へ

AstarzkEVMを採用ポケモンカードなどのトレーディングカードに特化した現実資産(RWA)販売サービスを開発するPACKSは10日、日本発のブロックチェーン「アスターネットワーク(ASTR)」のソリューションを採用することを発表した。今月リリースが予定される「AstarzkEVMPoweredbyPolygon」のブロックチェーンを基盤にPACKSはサービスを展開する。トランザクションを速く行えることや手数料を安価にできることからAstarzkEVMを採用すると説明した。
#PACKSは#Astarz…
引用元: CoinPost

日本企業も注目のAstar zkEVM、開設キャンペーンやトークン設計の今後

AstarzkEVMのメインネットローンチへAstarNetwork(アスターネットワーク)は、イーサリアム(ETH)のレイヤー2として位置づけられる「AstarzkEVM」のメインネットのローンチを2024年2月下旬に予定しています。AstarzkEVMはPolygon(ポリゴン)Labsと提携して開発された、イーサリアムのスケーラビリティを強化するように設計されたレイヤー2ソリューションです。また、暗号資産(仮想通貨)アスター(ASTR)の買い戻しとバーン(焼却)により供給増加率を抑制する新しいメカニ…
引用元: CoinPost

ゲンスラーSEC委員長「セキュリティ問題は真剣に受け止める」 X乗っ取り事件を受け

X乗っ取り事件を受け返答米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は先週、下院共和党議員に宛てて書簡を提出。公式Xアカウントで、相場に影響を及ぼす偽の重要情報が投稿された件を受け、「サイバーセキュリティ対策の懸念について、真剣に受け止めている」などと述べた。背景としては、日本時間10日にSECのアカウントが乗っ取られ、まだその事実はなかった段階で、ビットコイン(BTC)現物ETFが承認されたという虚偽の情報を投稿したことがある。このことをめぐり先月、パトリック・マクヘンリー議員ら四名の共和党議…
引用元: CoinPost

ビットコイン高騰で50000ドル突破、強気トレンド鮮明に

マクロ経済と金融市場前週末12日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比125.6ドル(0.33%)高、ナスダック指数は48ポイント(0.3%)安で取引を終えた。ビットコイン高騰に伴い、米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、ビットコインを大量保有するマイクロストラテジーが前日比9.8%高、マイニング関連のマラソンデジタルが12.4%高となった。
CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)
関連:新NISAのつみたて投資に、「三井住友カードプラチナプリファード」が人気急上昇している理由仮想通貨市況暗号資…
引用元: CoinPost

ポイント・プログラムが仮想通貨資金調達と利用促進に有効=アーサー・ヘイズ氏

ICOとイールドファーミングの利点が融合暗号資産(仮想通貨)取引所BitMEXの創業者で元CEOのアーサー・ヘイズ氏は9日、仮想通貨プロジェクトの資金調達とユーザー・エンゲージメントに効果的な新しい手段として、ポイント・プログラムを推奨するブログを投稿した。

“PointsGuard”isanessayonthenewpseudo-ICOcryptofundraisingandengagementmethod.Ifyoudon’tunderstandwhatpointsareandwhytheygoin…
引用元: CoinPost

今年の大統領選に影響か「カリフォルニア州有権者の27%が仮想通貨保有」米コインベース報告

「カリフォルニアで仮想通貨政策が重要」米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは9日、カリフォルニアの成人の27%が仮想通貨を保有しており、2024年米国大統領選挙で重要な役割を果たすとの見方を示した。コインベースは、次のように世論調査の結果を参照している。MorningConsultのデータによると、カリフォルニア州の成人820万人(カリフォルニア人の27%)が仮想通貨を所有している。さらに、Tolunaによる新しい世論調査によると、カリフォルニアの仮想通貨所有者は、その40%が18歳から34歳の間…
引用元: CoinPost

売圧警戒 イーサリアム共同創設者、16億円のETHを取引所に送金 

ウィルケ氏、ETHを大量送金暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の共同創設者ジェフリー・ウィルケ氏は10日、4,300ETH(時価16億円相当)を仮想通貨取引所クラーケンに送金したことが確認された。
JeffreyWilcke,theCo-founderof#Ethereum,deposited4,300$ETH($10.7M)to#Kraken7hoursago.https://t.co/STceT5cQmTpic.twitter.com/ROG0evjirh—Lookonchain(@looko…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|アーサー・ヘイズ氏やARK Investの相場分析に高い関心

今週のニュースこの一週間(2/3〜2/9)に最も注目の集まった暗号資産(仮想通貨)ニュースのまとめをお届けする。今週は仮想通貨取引所BitMEXのアーサー・ヘイズ元CEOやARKInvestによる相場分析や、アップルの複合現実ヘッドセット「VisionPro」が対応するメタバースアプリに関する記事が最も関心を集めた。

目次
今週の注目ニュース金融相場アジア特集

今週の注目ニュースアップル「VisionPro(ビジョンプロ)」に初のWeb3メタバース登場予定 仮想通貨VRが高騰(2/3)ブロックチェー…
引用元: CoinPost

ETF承認後の下げ幅解消のビットコイン、13日のCPIには警戒感も|bitbankアナリスト寄稿

今週2/3(土)〜2/9(金)の仮想通貨相場国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。

目次
ビットコイン・オンチェーンデータbitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータBTC取引数BTC取引数(月次)アクティブアドレス数アクティブアドレス数(月次)BTCマイニングプールの送金先取引所・その他サービスbitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)2/3(土)〜2/9(金)の週次レポート:今週のビットコイン(BTC)対円は週央…
引用元: CoinPost

2024年11月のアメリカ大統領選挙、争点の一つに仮想通貨関連政策

暗号資産界のロビー活動や支援も活発に2024年11月に行われるアメリカ大統領選挙では、「経済」や「移民問題」といった主要な議題に加えて、暗号資産(仮想通貨)や中央銀行デジタル通貨(CBDC)に対する政策も一つの争点になっている。MorningConsultの調査によると、若い有権者の中で、web3などの新興技術や暗号資産に関心を持つ人々が増えており、これらのテーマが政治的な議論の中心になり始めている。2024年現在、暗号資産を保有する有権者の数は数百万人に上るとされ、前回の選挙で僅差で決定した激戦州に居住…
引用元: CoinPost