米国議会、国防権限法で仮想通貨関連条項を不採用

仮想通貨関連条項は除外米国議会は6日、2024会計年度(2023年10月~2024年9月)国防予算の枠組みを決める国防権限法(NDAA)を発表した。この法案には暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに関する条項は一切含まれていなかった。背景として、カーステン・ギリブランド上院議員(民主党)、ロバート・マーシャル上院議員(共和党)、シンシア・ルミス上院議員(共和党)、エリザベス・ウォーレン上院議員(民主党)は超党派でNDAA修正案を提出していた。内容としては、規制当局に仮想通貨活動に従事する金融機関に対する…
引用元: CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。