ふるさと納税でNFT採用が進行、JPYCは記念SBTで地域振興を図る

徳島県海陽町が記念SBTを配布日本各地の自治体が、ふるさと納税の返礼品としてNFT(非代替性トークン)を導入し始めている。この新しいアプローチでは、Web3技術を活用してより広範なユーザーベースに訴求し、NFTの特性を利用して革新的な特典が設計されている。この動きは、地方自治体がデジタル技術を駆使して地域の魅力をアピールし、新しい支援者層を惹きつけるための斬新な取り組みとして注目を集めている。JPYC株式会社は徳島県海陽町で、JPYC商品券を活用した納税者に対し「2023年JPYCふるさと納税記念SBT(…
引用元: CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。