ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出、SEC一斉承認の期待高まる

ビットコインETFの一斉承認に向けた期待米国の資産運用大手ブラックロックとビットワイズが、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の現物ETFの申請書(S-1フォーム)の修正版を、米国証券取引委員会(SEC)に提出したことが4日に判明した。延期されているビットコイン現物ETFの上場申請について、SECが一斉承認に向けた準備を進めているのではないかとの憶測が拡がっている。一部のアナリストは、SECが複数の申請に対して同時期の判断期限を設定していることに注目し、協調された動きであると見ている。ブルームバーグ…
引用元: CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。