ドイツの議員、ビットコイン法定通貨化を唱える

ビットコイン法定通貨化を提案ドイツ連邦議会のジョアナ・コタール議員は、同国でビットコイン(BTC)を法定通貨として認めることを提案している。コインテレグラフなどが17日に報じた。コタール氏は、構想の一例として、税金や各種手数料をビットコインで納めることができるようにすることや、ビットコインのマイニング事業により送電網を安定させることを挙げている。関連:「ビットコインマイニングは、州の電力網にとっても恩恵に」米テキサス州で議論さらに、オープンアクセスや個人が管理できることなど、ビットコインの自由な側面を擁護…
引用元: CoinPost

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。