ヴィタリック氏がイーサリアムの新提案、レイヤー2プロトコル間ソリューションについて

レイヤー2プロトコル間のソリューションを提案イーサリアムの共同設立者であるヴィタリック・ブテリン氏は、特定の条件下でのレイヤー2のプロトコル間におけるやり取りを可能にする、新たな提案を公開した。レイヤー2のソリューションは、現状のイーサリアム(ETH)におけるスケーラビリティ(拡張性)問題やネットワーク手数料(Gas代)の課題を解決するための開発が進められている。例えば、rollupでは計算をブロックチェーン外の「オフチェーン」で行い、結果のみをネットワークに送ることで、セキュリティを犠牲にすることなくス…
引用元: CoinPost

KNCを通してDeFiトークンの価値を考えてみる|Kyber network寄稿

KNCを通してDeFiトークンの価値を考えてみる仮想通貨について情報収集をしていると、必ず分散型金融(DecentralizedFinance、DeFi)についての話題が目に入るはずです。今回はそんなDeFiプロダクトが発行するDeFiトークンの価値を考える方法について書きます。DeFiに関するある程度の知識を前提とするので、まだDeFiの全体像がつかめていない方は、ぜひ以下の記事を参考にして学んでみてください。参考:広がるDeFi(分散型金融)エコシステム|Kybernetwork寄稿参考:DeFi(分…
引用元: CoinPost

国内大手取引所GMOコイン、エンジンコイン(ENJ)を取扱い開始へ 

国内大手仮想通貨(暗号資産)取引所GMOコインは3日、「販売所」「つみたて暗号資産」にて、エンジンコイン(ENJ)を取扱開始したことを発表した。GMOコインは、エンジンコイン(ENJ)の特徴について、以下のように解説している。エンジンコイン(ENJ)はゲーム開発者に対して、ブロックチェーンの知識がなくともゲームアイテムなどをトークン化して、自身のゲームに組み込める仕組みをSDKを通して提供しています。分かりやすく説明するならば、ゲームアイテムなどに資産性を持たせて取引することを容易にする開発者ツールのよう…
引用元: CoinPost

NFT(非代替性トークン)市場規模拡大で数億円超の取引も、課題点はコピープロジェクト乱立か

NFTの取引が急増NFT(非代替性トークン)のマーケットがかつてない活発さを見せている。分散型アプリの分析などを行うDappRaderによると、NBATopSHotやCryptoPunksといったゲームの取引高のほか、マーケットプレイスOpenSeaの取引高が急増。3プロジェクトの合計取引高は、2月に3億4200万ドル(約365億円)に達した。最も高額な取引は、デジタルアーティスト「Beeple」による作品がNigtyGateway上で取引された際の660万ドル(約7億円)だった。そのほかにも直近では、起…
引用元: CoinPost

中国の二大会議でデジタル人民元(DCEP)が議題となる可能性=報道

「全人代」「全国政協」でデジタル人民元を議論か中国の代表的な会議「全国人民代表大会(NPC)」と「中国人民政治協商会議(CPPCC)」の両方で、デジタル人民元(DCEP)が議題にのぼりそうだ。地元メディアGlobalTimesが報じた。全国人民代表大会(NPC)は3月5日、中国人民政治協商会議(CPPCC)は3月4日に開幕する予定。NPCは中国の立法機関で一院制議会だ。CPPCCは中国共産党が主導し、全国委員会と地方委員会から構成される協力組織。メンバーは各派閥や無党派、社会団体、少数民族や台湾・香港など…
引用元: CoinPost

モナコイン相場分析 : 短期では強く反発し200円を回復、戻り売りが出やすい状況 | ビットバンク マーケット情報

3月2日のモナコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のモナコインは3%下落し200円を割り込みました。終値は197円でした。高値を切り下げる弱い値動きが続いています。オシレーターは短期でやや反転していますが、大きなマイナスで推移しています。CCIは-100付近で推移し、Fisherも-2を下回り推移しています。一方、Fisherでは昨日ゴールデンクロスが発生しています。MACDは今週マイナス域に突入しています。ADX(35)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。モナコインは強く売られる相場が続いていますが、短期では180円付近から反発を見せています。テクニカルはまだまだ弱く、売りポジションが推奨されています。本日は10%ほど上昇する場面が見られますが、14EMAがレジスタンスとなり上値を抑えられてます。戻り売りが出やすいチャートになっており、上値追いでの買いポジションには注意が必要そうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 小幅に下落も移動平均線上位を維持、価格調整続く | ビットバンク マーケット情報

3月2日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日、小幅に下落しましたが移動平均線の上位を維持しました。下落率は2.3%で終値は519万円でした。オシレーターは短期ではマイナス域に沈んでいます。CCIとFisherは緩やかに上昇していますが、マイナス域で推移しています。昨日Fisherではゴールデンクロスが発生しています。MACDはプラス域を維持も遅行線を下回り下落しています。ADX(24)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。ビットコインは今週月曜日大きく買われましたが、テクニカル的には強い上昇トレンドは示されていません。短期のオシレーターがマイナス域で推移しているため、もう一段の価格上昇が必要です。ADXも下落傾向が続いており、相場の活力が薄れていることを示唆しています。価格の調整相場が続く可能性もありしっかりと方向感が出るまで、大きなリスクは取りずらい相場です。値動き自体は弱くないため、今後のテクニカルの改善に期待したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコインは5万ドルにレジスタン 週後半からの米経済指標に注目 | ビットバンク マーケット情報

2日のビットコイン(BTC)対円相場は125,617円(2.36%)安の5,191,998円と反落するも、節目の500万円は維持した。東京市場のこの日の相場は、対ドルで心理的節目の50,000ドル(≒534万円)乗せを試す展開で始まるも、買いを誘う手掛かりも乏しく、利益確定の売りに押されジリ安に転じた。欧州時間に入ると、ビットコインキャッシュ(BCC・BCH)が一段高となりBTCも連れ高で再び50,000ドル水準を目指すも、ギャリー・ゲンスラー米証券取引委員会(SEC)委員長が上院での指名承認公聴会で、暗号資産(仮想通貨)市場の不正と操作を排除するのは難題だと発言すると相場は反落し、一時は503万円付近まで値を安くした。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン価格 3月の見通し:市場サイクル、FOMC、米長期金利に注目 | ビットバンク マーケット情報

2月の暗号資産(仮想通貨)市場は、テスラのビットコイン購入やバンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)の年内カストディ参入など、強材料が次から次へと湧き出てビットコインの時価総額は一時1兆円に到達するなど、かなりの盛り上がりを見せました。一方、総楽観で過熱感が台頭し、出来高が低調な中で50,000ドル台(≒534万円)に乗せた相場は、58,000ドル付近から大幅に下落し、米10年債利回りの急上昇を受けたリスクオフのドル高株安も相場の向かい風となり、月末にかけては一変して上値の重い展開となりました。これにより、2月のビットコイン対円の月足は、安値から高値が約277万円幅と大きなローソクとなった一方、高値から終値の値幅もその約半分の133万円と長い上ヒゲを付ける形となりました(第1図)。
カテゴリ: 調査レポート | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

Messari、米大手取引所コインベース株式上場に関する分析レポートを公開

データ企業MessariがコインベースのIPOを分析暗号資産(仮想通貨)の分析に特化したデータ企業Messari社は2日、米大手仮想通貨取引所コインベースの上場申請書類の調査レポートを公開した。月間アクティブユーザー数280万人を抱えるコインベース・カストディに預け入れられた仮想通貨総額は、相場高騰や機関投資家の需要拡大などの影響により、仮想通貨の全体時価総額の内、約11%もの規模に達していることがわかった。コインベースの企業価値Messari社は、コインベースが2月末に米証券取引委員会(SEC)へ提出し…
引用元: CoinPost

Phemex、仮想通貨DOGEコインとAAVEの取引を提供開始

DOGEコインとAAVEの取引の提供シンガポールに拠点に置く大手暗号資産(仮想通貨)取引所Phemexが、DOGEコインとAAVEの取引の提供を開始する。対USDペアの証拠金取引で、最大レバレッジは20倍。PhemexCEOは「採用したアルトコインはトレーダーからの需要が高い通貨で、Phemexは、そのような仮想通貨の取引を提供することで、トレーダーに値動きから利益が得られる機会を創出することを理念としている」とコメントした。ドージコインは直近、テスラ社のイーロン・マスクCEOが度々言及するなどしたことを…
引用元: CoinPost

ラテンアメリカ、コロナ禍で仮想通貨など非接触型決済の需要増

25%が仮想通貨決済を試したいと回答決済大手VISAがラテンアメリカとカリブ海地域で、COVID—19のパンデミックが消費者の意識にもたらす影響について調査を実施。その結果、暗号資産(仮想通貨)を決済に使用したいとする回答が25%にのぼった。ソーシャルディスタンスの必要性から、消費者の間では非接触型決済に向かう傾向があるという。調査によると、2020年11月には、対象地域でVISAが提供する非接触型決済の普及率は15%を超えた。前年比130%以上の成長を記録した形だ。調査はアルゼンチン、ブラジル、チリ、コ…
引用元: CoinPost

インド準備銀行、デジタル通貨(CBDC)の利点とリスクを考察

「必要な時にCBDCを運用できる準備を」インド準備銀行が「貨幣と金融に関する報告書」を発表。長大なレポートの中で様々な金融政策を評価しており、その中で中央銀行デジタル通貨(CBDC)についても取り上げた。「金融政策の運用手続き」と題された章の中で、CBDCを必要な時に運用できるよう準備しておく必要があるとして、次のように結論付けている。CBDCが導入されれば、決済に大きな変革をもたらし、政策の伝達を迅速化することができる。このことは、現金の使用が減少していることを考えると、より重要な意味を持つ可能性がある…
引用元: CoinPost

ビットコインマイナーの月間収益が過去最高に、2017年の仮想通貨バブル期超え

ビットコインのマイナー収益ビットコイン(BTC)のマイナーが獲得した月間収益の合計が、2月に過去最高額に達したことが分かった。前回に最高額を記録したのは暗号資産(仮想通貨)バブル期の2017年12月で、その時のマイナーの月間収益は12.5億ドル(約1330億円)。その後は仮想通貨の価格低迷に伴い大きく落ち込んでいたが、21年2月は過去最高の13.6億ドル(約1450億円)まで増加した。昨年10月ごろから上昇トレンド入りしたビットコインは、同年12月にバブル期の最高値約200万円を大幅に更新、翌年2月21日…
引用元: CoinPost

イーサリアム相場分析 : 大きな反発を見せるもチャートはまだ弱気か、もう一段上昇を確認したいところ | ビットバンク マーケット情報

3月1日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日イーサリアムは11%上昇し強く買われました。一方、価格は移動平均線の回復には失敗しています。オシレーターは短期では反発していますが、まだマイナス域で推移しており弱気示唆です。CCIは上昇していますが-100付近で推移しています。Fisherは昨日ゴールデンクロスが発生し売りシグナルが解消されました。MACDは今週マイナスに突入しています。ADX(30)は下落しており強気トレンドが弱体化していることを示しています。イーサリアムは昨日強く買われましたが、オシレーターはマイナスに沈んでおりテクニカル的には買いシグナルが出ていません。まずは移動平均線の上位回復を確認したいところです。本日も14EMAが推移する17万円付近で上値が抑えられる動きが見られており、このラインは重要です。18万円まで上昇すると強気トレンドの回帰が期待されます。現在は価格が移動平均線の上下どちらに抜けるか様子見といった状況です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

マイクロストラテジー社、ビットコイン買い増し 下落時に押し目買いか

マイクロストラテジー社、BTC買い増し米ナスダック上場企業マイクロストラテジー社は1日、1500万ドル(16億円)相当の現金でビットコインを更に買い増したことを報告した。平均取得単価は45,710ドルで、ビットコインの下落時に押し目買い的に購入した可能性がある。
MicroStrategyhaspurchasedanadditional~328bitcoinsfor~$15.0millionincashatanaveragepriceof~$45,710per#bitcoin.Asof3/1/2021,w…
引用元: CoinPost

DeFiの取引ツールFurucomboに16億円のハッキング被害

DeFiの取引ツールFurucombo(フルコンボ)が、約16億円のハッキング被害にあったことを発表した。 攻撃手法は? DeFi取引ツールFurucomboに被害 COIN POST DeFiでハッキング被害が増加中。 […]

The post DeFiの取引ツールFurucomboに16億円のハッキング被害 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

内モンゴル自治区、仮想通貨採掘場の閉鎖を検討

中国の内モンゴル自治区、仮想通貨採掘の閉鎖を検討中国政府が、北部の内モンゴル自治区にある暗号資産(仮想通貨)の採掘場を閉鎖することを検討していることがわかった。25日に内モンゴル自治区の開発改革委員会がパブリックコメントを募集した提案の中に、一案として含まれていた。内モンゴル自治区の開発改革委員会が公開した規制の修正案には、中国の「五ヵ年計画」の一つである省エネ政策の実現達成の為に電力消費量の削減が組み込まれており、削減方法として政府側は「2021年4月までに自治区内の仮想通貨マイニングファームをすべて閉…
引用元: CoinPost

仮想通貨都市を目指す米マイアミ市長が語る、ビットコインの魅力

マイアミ市長が語るビットコインの魅力暗号資産(仮想通貨)の擁護派として知られる米マイアミのFrancisSuarez市長が1日、Axiosとのインタビューに応じビットコイン(BTC)に関する見解を述べた。
MiamiMayor@FrancisSuarezto@DionRabouinonhisproposaltopaymunicipalworkersandcollecttaxesinbitcoin:Theallureispreciselythatit’snotbackedbyacentralgovernme…
引用元: CoinPost

デジタル時代の戦略"新しいエコシステム"を作りに行く Part Two

デジタル時代の戦略"新しいエコシステム"を作りに行くPartTwo今回の記事は、「SBIR3Japan」が公開しているMediumから転載したものです。より様々な内容の記事に興味のある方は、是非こちらにも訪れてみてください。⇒ SBIR3Japan公式Medium
~ブロックチェーンで世界を変えるための第18歩~PartOneを読んでいない方はコチラから
個人的な意見です!
・・・あるべき業務→あるべき業界へこのようにデジタル化が次のステージに進展する現代では、ブロックチェーンを活用することで、集中型サー…
引用元: CoinPost

FIN/SUM2021にてスタートアップ投票実施 抽選でイベントチケット当たる

日経・金融庁共催のフィンテックイベント開催へ2021年3月16~18日、日本経済新聞社と金融庁により、日本最大級のフィンテックカンファレンス「FIN/SUM2021」が東京・丸の内で共催されます。同イベントは、国内外の金融・企業・政府・スタートアップなどのリーダーが、金融政策のあり方やフィンテックが秘めている可能性などについて活発に議論を行い、新たなビジネスの創造をめざして連携するためのプラットフォームとして認知されてきました。FIN/SUM2021は、昨今のコロナ禍において見直しを迫られているデジタル時…
引用元: CoinPost

リップル相場分析 : 強く売られチャートは弱気に、40円付近で下げ止まるか | ビットバンク マーケット情報

2月28日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは昨日4.8%下落しやや売られた週末になりました。終値は44円でした。価格は長期移動平均線の53EMA付近で推移しています。オシレーターは下落傾向が続いており弱いモメンタムを示しています。CCIは-100を下回り下げ止まりを見せています。Fisherは下落が継続し売りシグナルが出ています。MACDは遅行線を下回りマイナス域突入間近です。ADX(34)は下落しており強気トレンドの弱体化を示しています。リップルは先週22%下落し強く売られ、昨日は価格が53EMAを下回りました。また、一目均衡表の雲も下回り弱気なチャートを形成しています。現在価格からもう一段下がると、40円〜35円はサポートされやすい価格帯になっており、ここで下げ止まるかに注目です。モメンタムは明確に下方向に動いているため、サポートされたことを確認してから買いでエントリーしたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコインは5週ぶり反落 歴史的に「弱い月」に突入 | ビットバンク マーケット情報

先週のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比1,258,759円(20.70%)安の4,821,241円と、5週ぶりに反落。週足の下げ幅としては過去最大で、対円では2週間ぶりに500万円を割り込み、対ドルでは大台50,000ドルの維持に失敗した。一方、月足では、BTCは1,365,351万円(39.51%)高と過去最高の上げ幅を記録し、5ヶ月続伸となった。先月のBTC相場は、8日に米電気自動車(EV)メーカーのテスラから15億ドル相当のBTC購入と将来的なBTC決済導入が明らかになり、400万円周辺から一気に480万円台に乗せ、上旬から対ドルでは50,000ドル乗せが射程圏内に入る展開となった。その後も、米金融大手のBNYメロンが年内にも暗号資産(仮想通貨)カストディ参入を発表したり、モルガン・スタンレーとブラックロックがBTC投資検討を明らかにしたりと好材料が続き、中旬には初めて50,000ドルの上抜けに成功し、21日には58,367ドルの高値を付け、対円では600万円台に乗せた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 先週20%下落したことから今週は反発に期待か | ビットバンク マーケット情報

2月28日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFIsherがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは2.2%下落し4日連続の陰線を記録しました。終値は482万円でした。移動平均線の下位で推移が継続しています。オシレーターは全て下落しており、モメンタムの悪化を示唆しています。CCIは-100付近まで下落しています。Fisherはマイナス域で下落しており売りシグナルが出ています。MACDはプラス域を維持も下落が継続しています。ADX(28)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。ビットコインの日足は陰線が連続しており弱いプライスアクションが見られます。オシレーターも全て下落するなどモメンタムはした方向に動いています。弱気を示唆するシグナルが多いですが、先週は約20%を超える下落を記録しており多少の反発が予想されます。本日はすでに2%ほど上昇して取引されています。週が開けたため再びモメンタムが変わる可能性もあります。前回CCIが-100付近まで下落した際は絶好の押し目となっているため、月曜日の値動きが強いようであればショートポジションは手控えた方がいいでしょう。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン急落で全面安、仮想通貨相場に影響する複数要因を解説|CoinPost週次レポート

ビットコイン、20年3月以来の大幅下落2月第4週の暗号資産(仮想通貨)市場。週明け一時は600万円目前まで上昇していたビットコイン(BTC)は23日に100万円幅の急落を見せ、アルト市場も全面安となった。ビットコインは50万ドルラインを回復しきれていない状況だ。
出典:CoinMarketCap
時価総額2位のイーサリアム(ETH)も先週のATH(過去最高値)から反落。28日時点では15万円代を推移している。
出典:CoinMarketCap
26日には米債券(ボンド)市場で10年物債利回りに注目が集まり…
引用元: CoinPost

中国、デジタル人民元対応のATMが登場

中国人民銀行によって市民約5万人を対象にデジタル人民元(CBDC)の配布と運用試験が行われている中国にて、デジタル人民元に対応するATMが誕生したことが分かった。 CBDC実証実験で 中国・北京に「デジタル人民元」のAT […]

The post 中国、デジタル人民元対応のATMが登場 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

週刊仮想通貨ニュース|ネム新チェーンSymbolローンチ日確定、テザー社が司法当局と和解

今週のニュース今週は、ストレステストが行われていた仮想通貨ネムのSymbolについて、今後のスケジュールが確定したことを知らせる記事に注目が集まった。仮想通貨市場では、ストレステスト合格を受け価格が急騰したネム(XEM)のほか、ビットコイン(BTC)は急落している。このほか、ステーブルコインを提供するテザー社は、ニューヨーク司法当局と和解したことが速報で報じられた。

目次
今週のニュースランキング相場ニュース|今週の市場の動きは仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング1位:仮…
引用元: CoinPost

日銀が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験へ 2021年春

日本銀行が2021年春より、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験を行うことを明らかにした。 日銀 2021年春にデジタル通貨(CBDC)の実証実験へ COIN POST ビットコインの競合になりうる存在のCBDC( […]

The post 日銀が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験へ 2021年春 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)