関心高まる「NFT」の未来像、乗り越えるべきハードルとは|TBCC2020

NFTについて議論「TokyoBlockchainContentsConference2020」が開催され、国内外で関心高まるNFT(ノンファンジブルトークン)をメインテーマにさまざまな議論が交わされた。基調講演に続く、「国内のブロックチェーンパブリッシャーが考える今、未来のブロックチェーンゲーム」セッションでは、ブロックチェーンゲームの開発側や、取引所の関係者からも登壇があった。セッションでは、コインチェックの天羽 健介氏、SEVENTAGE代表の丸山 将旭氏、doublejump.tokyoの満足 亮…
引用元: CoinPost

ブルームバーグがビットコイン過熱感を指摘、投資戦略部門は強気スタンス

ビットコイン、RSIで過熱の兆候米大手経済誌ブルームバーグが、「ビットコイン価格が過熱気味になっている」と指摘した。ビットコインは21日、年初来高値を更新し13,000ドルを突破した。急騰のきっかけの一つが、米決済大手PayPalで仮想通貨決済が利用可能になるという報道だ。こういった市場の動きを受けて、インジケーターのRSI(相対力指数)が80を超えるなど、市場での過熱感を示している。
出典:TradingView
関連:巨額投資のMicroStrategyCEO「ビットコインの未来はここにある」1300…
引用元: CoinPost

様々なアルトコインをイーサリアム上でトークン化 米Tokensoftらが新サービス

ZcashがDeFiを利用可能に暗号資産(仮想通貨)のZcashがイーサリアムネットワーク上のサービスで利用可能になる。デジタル資産の発行等を手掛けるTokensoftとカストディサービスAnchorageが提携。イーサリアムネットワーク上で、他のブロックチェーン上の暗号資産を利用可能にするサービスの提供を開始した。サービス第一弾となるのがWrappedZcash(WZEC)で、プライバシーを重視するZcash(ZEC)を表すトークンをイーサリアム上に発行することが可能になる。WZECによって「ユーザーは…
引用元: CoinPost

新体制のBitMEX、仮想通貨バイナンスコイン(BNB)・DOT・YFI先物提供へ

BitMEXの新契約暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所大手BitMEXは、アルトコイン3銘柄の先物契約(QuantoFutures)の取扱い予定を発表した。新規扱いとなるのは、バイナンスコイン(BNB)、ポルカドット(DOT)、ヤーンファイナンス(YFI)の3つだ。取引は、日本時間10月30日の13時より開始する。いずれもテザー(USDT)建てで取引され、最大レバレッジはBNBが33倍、DOTとYFIは25倍に設定される。
出典:BitMEX
YFIは先月上場したLINK先物契約に続くDeFi(分散型…
引用元: CoinPost

リップル相場分析 : オシレーターが好転、高値更新を目指すか | ビットバンク マーケット情報

10月22日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとMACDがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは今週後半から買われるようになり昨日長期移動平均線の53EMAを上回りました。2日連続の陽線が記録されていまうす。この上昇によりオシレーターは改善しMACDはプラス域に突入し買いシグナルがでました。Fisherもゴールデンクロスし上昇中です。ADX(12)は低水準ながら上昇中でトレンドの発生を予感させます。現在価格は前回高値の27.5円付近で推移しています。このラインを抜けるともう1段の上昇する可能性があるため、高値更新に期待です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 価格は続伸し6日連続の陽線、価格調整の予兆も | ビットバンク マーケット情報

10月22日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日小幅ながら上昇し続伸しました。6日連続の陽線が記録され継続的に買われていることがわかります。オシレーターは上昇中で強気相場を示唆しています。ADX(35)も上昇中でトレンドの発生を支持しています。CCIやFisherは大きくプラス域に振れており、上昇余地はあまりないと考えられ、今後の価格調整を予兆しています。強く押す場合は買っていきたいところです。
BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成
昨日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から1.4%上昇した135.9万円でした。価格は14EMA(123.8万円)を上回り強気示唆です。53EMA(117.7万円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(126.1万円)が先行スパン2(121.6万円)を上回り強気示唆です。
Trending Signal
・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移
・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移 Centered Oscillator Signal
強気バイアス・シグナル : CCI(241)はプラス域で推移しており強気示唆です。
強気バイアス・シグナル : Fisher(2.9)はプラス域で推移しており強気示唆です。Trigger(2.5)を上回り買いシグナルが点灯しています。
強気バイアス・シグナル : MACD(41699)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(24972)を上回り買いシグナルが発生しています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

循環買いでアルトコインも上伸 ペイパルが与えた二つのインパクトとは? | ビットバンク マーケット情報

22日のビットコイン(BTC)対円相場は19,979円(1.49%)高の1,359,270円と6日続伸し、昨年7月ぶりに終値で130万円台後半を奪回した。対ドルでは、心理的節目の13,000ドルの回復目前となっている。
前日NY時間のペイパル暗号資産(仮想通貨)支払いサービス開始の発表で急伸した相場は、この日の東京時間に利益確定の売りに見舞われ、前日高値の1,383,999円から4%押すも、XRP、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCC)、ライトコイン(LTC)を筆頭にアルトコインに買いが循環したことも支えとなり、132万円台で下げ止まり底堅く推移

カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

DeFi相場高騰の火付け役、イールドファーミングでは何が起こったのか|特徴と熱狂の理由を解説

DeFiブームの火付け役、イールドファーミング2020年夏、仮想通貨業界で特に注目を集めたコンセプトが、イールドファーミング(YieldFarming)だ。イールドファーミングの流行をきっかけに、DeFi(分散型金融)領域に足を踏み入れた人も多い。実際、イールドファーミングが話題になり始めた7月頃から、TVL(TotalValueLocked)、およびDeFiユーザー数が、指数関数的に増加している。1.イールドファーミング概要1-1イールドファーミングとはイールドファーミングとは、DeFi分野の様々なプロ…
引用元: CoinPost

本田圭佑、ファン向けのデジタル通貨「KSK HONDA」発行へ

「KSKHONDAコイン」サッカー元日本代表の本田圭佑氏は21日、独自のファン向けデジタル通貨「KSKHONDA」コインの発行を発表した。プラットフォームとして、「Rally.io」というコンテンツクリエーター向けのデジタル通貨発行システムを使用するという。本田氏がYoutubeで発表した内容によると、「KSKHONDAコイン」の保有ユーザーは、無料ボイスチャットアプリの「本田圭佑プライベートチャンネル」に参加でき、本人の活動がアップデートされるほか、チャット機能も設けられ、本田氏やユーザー同士におけるコ…
引用元: CoinPost

10年以上移動していないビットコイン、全供給量の10%水準へ=Glassnode

10年以上移動していないビットコイン現在供給されているビットコイン(BTC)の内、10年以上移動していないBTCの割合が10%に迫ってきた。ブロックチェーン分析企業Glassnodeのデータによると、先月21日時点の割合が9.38%となっており、移動していない期間を「1年以上」に広げると、その割合は63.22%に上る。
出典:Glassnode
上記のグラフで、10年以上動いていないBTCの割合は1番上の紫色の帯。2019年1月から増え始め、先月10%付近に達した。数量は約180万BTCに相当する。これに…
引用元: CoinPost

世界No.1記録の国産BCGマイクリ、ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ

マイクリコインが誕生doublejump.tokyo株式会社の運営する「MyCryptoHeroes」(マイクリプトヒーローズ/マイクリ)は、ガバナンストークン「MCHCoin」を発行することを発表した。マイクリは、ゲームにかけた時間もお金も情熱も、あなたの資産となる世界。歴史上のヒーローたちを集め、育て、編成し、多彩なアイテムを組み合わせたチーム編成による戦略性が醍醐味の一つ。マイクリは、2018年11月30日の正式サービス開始初日より、イーサリアムベースのブロックチェーンゲームとして取引高・取引量・D…
引用元: CoinPost

ビットコインキャッシュ相場分析 : ビットコインキャッシュは買いシグナルが点灯、雲抜けに期待 | ビットバンク マーケット情報

10月21日のビットコインキャッシュの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインキャッシュは昨日強く買われ移動平均線の上位で終値を迎えました。これにより買いシグナルが点灯しました。価格は雲の中で推移しており、現在は雲の上限に向かって推移しています。Fisherが本日から遅行線を上回るなどオシレーターは上昇しておりモーメンタムは良好です。ADX(18)は上昇中で強気トレンドの発生を支持しています。ADXはいまだ20以下であることを考慮すると上昇余地を残していると考えられます。雲の上限を抜けると買いが加速する可能性があるため、雲抜けに期待したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

中国・微博や日本Twitter、「ビットコイン」が各国でSNSトレンド入り

中国の検索ランキング上位にPayPalの参入発表が材料視され、暗号資産(仮想通貨)ビットコインが高騰、年初来最高値の12500ドルを大幅更新した。PayPalのニュースはテレビの経済番組など国際的にも大きく報じられ、日本国内でTwitterトレンド入りしたほか、中国でも「ビットコイン高騰(比特币大涨)」というキーワードが、大手SNSサイト微博(Weibo)で9位まで急上昇した。
Twitterトレンド
中国版Twitterと呼ばれる微博は、中国本土のみならず中華圏全体で大規模なユーザーベースを持ち、202…
引用元: CoinPost

ビットコイン相場分析 : ビットコインは年初来高値を更新し130万円台へ突入 | ビットバンク マーケット情報

10月21日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日強く買われ6%ほど上昇しました。この上昇により年初来高値を更新し130万円台に到達しました。すべてのインジケータが強気を示唆しており、テクニカル的には売る理由がないといった相場に突入しています。昨日は価格が急騰したこともあり多少の調整が入ることも予想されますが、強く押す場合は買いエントリーのチャンスになるでしょう。ビットコインは年初来高値を更新したこともあり非常に良好な相場環境と言えます。今後の注目ポイントはどこまで高値を伸ばせるかでしょう。
BTC/JPY、日足 出所:Bitbank.ccより作成
昨日のビットコイン(BTC)の日足終値は、前日から6.5%上昇した133.9万円でした。価格は14EMA(121.9万円)を上回り強気示唆です。53EMA(117.0万円)は上昇中で長期トレンドも強気です。一目均衡表の雲は先行スパン1(126.1万円)が先行スパン2(121.6万円)を上回り強気示唆です。
Trending Signal
・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移
・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:Fisher Transformがプラス域で推移
・強気バイアス・シグナル:MACDがプラス域で推移 Centered Oscillator Signal
強気バイアス・シグナル : CCI(225)はプラス域で推移しており強気示唆です。
強気バイアス・シグナル : Fisher(2.5)はプラス域で推移しており強気示唆です。Trigger(2.2)を上回り買いシグナルが点灯しています。
強気バイアス・シグナル : MACD(33610)はプラス域で推移しており強気示唆です。Signal(20790)を上回り買いシグナルが発生しています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

PayPal参入でビットコインが年初来最高値更新

Array米大手決済会社のPayPalが仮想通貨市場に参入する旨を発表したことを受け、仮想通貨ビットコインの価格が急騰した。一時米ドル建で13,000ドルに到達し、年初来最高値を更新した。 ビットコイン急伸 年初来高値更新で「過去 […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

PayPal、仮想通貨売買に対応へ ビットコインなど4銘柄

PayPal仮想通貨売買開始米決済大手のPayPalがアプリ内で暗号資産(仮想通貨)の売買を開始する予定だ。Paypal公式が発表した。仮想通貨の売買機能に限らず、来年上旬よりPayPalに対応する2600万以上のショップ(全世界)で仮想通貨を利用し支払うことも可能にする。仮想通貨の利用普及に大きな一歩となる。具体的に取り扱う銘柄はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4銘柄。また、店舗側は仮想通貨でなく、PayPalを介して換金された法定通貨を受け付ける仕組み。顧客は、Pay…
引用元: CoinPost

Messari、NFTの取引高急増を報告「NBA選手のデジタル資産やバーチャル猫」

NFTがQ3で急伸暗号資産(仮想通貨)リサーチ企業であるMessariは、NFT(ノンファンジブルトークン/非代替性資産)に関するレポートを公開、第3四半期にかけてのNFT取引高急増を報告した。レポートによると、イーサリアムにおける累計のNFT取引高は1億2000万ドルを突破した。競合のプラットフォームを加えれば、取引高はさらに1000〜2000万ドル大きくなるとメサーリは推定している。NFTの取引額平均も上昇しており、四半期で平均161ドルに達した。これは、2017年にブームとなったバーチャル猫を取引す…
引用元: CoinPost

平井大臣「デジタル敗戦を踏まえた日本ならではのデジタル社会実現を」AI/SUMで抱負

AIイベントで講演平井卓也デジタル改革・IT担当大臣は、日経新聞のカンファレンス「AI/SUMTRAN/SUM」に登壇し、新設が予定される「デジタル庁」のミッションについて抱負を語った。平井大臣は「デジタル庁のミッションとは」と題されたセッションの中で、COVID-19(新型コロナ)は歴史の大きな転換点となった。日本にとって、今回は「デジタル敗戦だった」と表現した。過去に投資してきた既存のインフラやIT政策が、コロナ禍において国民の期待に応えることが出来なかった。デジタル敗戦について思うこととして平井大臣…
引用元: CoinPost

ビットコイン採掘能力に上昇余地、Bitmainが最新マシンの出荷再開へ

Bitmainが業務正常化へ暗号資産(仮想通貨)採掘マシン最大手のBitmainは、納品を延期していた最新マシンの出荷再開をはじめた。中国ブロックチェーンメディア吴说区块链が報じた。すでに大口マイナーの一部は、最新マシンで採掘しはじめているという。納品が遅延していたのは、新型マシンS19やT19のモデルで、Bitmainの経営トップであるMicreeZhan氏とJihanWu氏の内紛が影響を及ぼした可能性がある。の情報では、10月以内にそれらのマシンは全部クライアントに届ける予定だ。すでに一部の大手マイナ…
引用元: CoinPost

アジア進出強化のオントロジー、Chainalysisと提携へ

チェイナリシスと提携へデジタルID分野に取り組むブロックチェーンプロジェクト、オントロジーは、ブロックチェーン分析企業のチェイナリシス(Chainalysis)との提携を発表した。チェイナリシスの持つコンプライアンスや分析に関するソリューションを活用し、信頼を高めると同時に、マネーロンダリングのような違法な活動に対し、より高度なトランザクションの監視、追跡を行い、対処するとしている。チェイナリシスは、政府系機関や民間企業に対し、ブロックチェーンのデータや分析といったサービスをグローバルに提供してきた。サー…
引用元: CoinPost

ビットコイン、一時的に12,000ドル到達

Array21日、仮想通貨ビットコイン(BTC)の価格が急騰し、一時、12,000ドルに達した。 高値更新に12000ドルの壁 ビットコイン独歩高 COIN POST ビットコインの価格が大きく上昇をし12,000ドルを突破したこ […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

ビットコイン相場分析 :強いビットコインの帰還、年初来高値更新を狙う動き | ビットバンク マーケット情報

10月20日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは4日連続の陽線を記録し続伸しています。1.6%上昇し価格は125万円を回復しました。今週、ビットコインは122万円のレンジ上限を抜けると買いが加速し8、9月に記録した高値圏へ戻ってきました。オシレーターは上昇し続けており買いシグナルが継続しています。ADX(28)も上昇しており強気トレンドの発生を支持しています。ボラティリティも若干ながら上昇傾向にありトレンド発生中の値動きがみられます。ビットコインは非常に強い相場に突入しており、引き続き高値を追う展開が予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTCは9月暴落前水準を奪回 アルト安を目尻に独歩高 | ビットバンク マーケット情報

20日のビットコイン(BTC)対円相場は、19,934円(1.61%)高の1,257,508円と4日続伸。イーサリアム(ETH:2.33%安)やビットコインキャッシュ(BCC:3.52%安)といった通常は相関関係の強い主要アルトコインが弱含む中、この日のBTCは独歩高となり、相場は先週からのレンジ上放れに成功し(第2図)、9月初旬にETH反動安とBCC分裂危機の顕在化で暴落する前の水準を奪回した。一方、XRP、ETH、BCC、LTCの対円は、足元、9月の下落から半値戻し水準も回復できていない。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース