クロスチェーンのDeFiプロトコルThorchain、再びハッキング被害

相次ぐ被害DeFi(分散型金融)のクロスチェーンプロトコル、Thorchainは、先週に続いて再びハッキングの被害に会った模様だ。新たな被害額は日本円にして8億8,000万円ほどだという。
THORChainhassufferedasophisticatedattackontheETHRouter,around$8m.Thehackerdeliberatelylimitedtheirimpact,seeminglyawhitehat.ETHwillbehalteduntilitcanbepeer-revi…
引用元: CoinPost

仮想通貨トレーダーに最適な取引価格を提供するOpenOcean、Hecoに対応

Hecoに対応主要DEX(分散型取引所)およびCEX(中央集権型取引所)の流動性を一ヶ所に集約させ、ユーザーにとって最良のレートを低スリッページかつ低い手数料で提供するOpenOceanが、フォビ(Huobi)の独自ブロックチェーン「HuobiEcoChain(Heco)」に対応したことを発表した。OpenOceanは世界で初めてDeFiとCeFiの両領域をカバーするアグリゲーターとして、Hecoを7つめのパブリックチェーンとしてサービスに追加した。DEXやCEXの対応取引所としては、34取引所に対応した…
引用元: CoinPost

大手掲示板RedditがL2「Arbitrum」採用へ イーサリアムのコミュニティ経済圏構築で

Reddit、ポイントシステムにArbitrumを採用大手掲示板のRedditはイーサリアムをベースとしたコミュニティポイントシステムを構築するにあたって、L2ソリューション『Arbitrum』を採用することを発表した。コミュニティポイントシステムとは、Redditユーザーが質の高いコメントをしたり、その他コミュニティに貢献した際にERC20トークンが付与されるシステムのことだ。コミュニティポイントは、「r/CryptoCurrency」と「r/FortNiteBR」という2つのコミュニティで実験されてお…
引用元: CoinPost

「DeFiの先へ進もう」ヴィタリック氏、イーサリアムのさらなる可能性を語る

「DeFiのみに安住しない」暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの考案者・共同創業者のヴィタリック・ブテリン氏は、イーサリアム・コミュニティ・カンフェレンス(EthCC、フランス・パリで開催)の基調講演で、分散型金融(DeFi)以外の分野における開発に積極的に取り組むべきだとの考えを明らかにした。イーサリアムのビジョンは、常に、金融を遥かに超えたところで、分散化、信頼性の最小化、そしてメカニズム設計の実験を行うことだとブテリン氏は聴衆に訴えた。確かに「中央集権的な技術が最も苦手とする」金融分野において、イーサ…
引用元: CoinPost

ウクライナのデジタル変革省、仮想通貨採用のロードマップを掲載

今後3年間のロードマップウクライナのデジタル変革省は暗号資産(仮想通貨)についての現状分析や将来方針をまとめた報告書を発表。その中で、今後3年間のロードマップも掲載した。報告書は、2021年3月から6月にかけて、ウクライナ政府が、仮想通貨取引所やマイニング事業者など民間の関係者と共に行った議論や調査に基づくものである。ウクライナは仮想通貨に先進的なことで知られており、2020年にブロックチェーン分析会社Chainalysisが発表した「日常的に仮想通貨が使われている国」を表す「仮想通貨採用度インデックス」…
引用元: CoinPost

即実践できる、相場に左右されない積立投資|ドルコスト平均法とは

目次
ドルコスト平均法とはドルコスト平均法、2つのメリットドルコスト平均法の活用法ドルコスト平均法における注意点ドルコスト平均法におすすめの国内取引所と証券口座ドルコスト平均法で安心かつ簡単に積立投資

本記事を読まれている方の多くは、「いざ投資を始めようと思っても、どのタイミングで購入すれば良いか分からない」という疑問を抱えているのではないでしょうか。どの金融資産でも、正確な環境認識を行うにはある程度の投資経験が必要不可欠です。しかし、投資未経験の方でもすぐに実践でき、リスク回避をしつつリターンを見込…
引用元: CoinPost

国内取引所で仮想通貨の資産運用、注目度急上昇のステーキングサービスを比較

本記事では、暗号資産(仮想通貨)を利用した資産運用方法であるステーキングの概要や仕組み、イーサリアム2.0のステーキングのやり方、コインチェックやbitFlyer、GMOコインといった国内仮想通貨取引所が提供しているステーキングサービスなどについて解説します。記事を読まれた方がステーキングについて理解を深めたうえで、安心してステーキングサービスを利用できるようになることを目指します。
目次

ステーキングとは
PoSとは
ステーキングで利益が生まれる構図
リスク(LSK)テゾス(XTZ)

イーサリアム2…
引用元: CoinPost

仮想通貨取引所の「つみたて投資」を徹底比較 成功させるポイントは?

はじめての仮想通貨投資なら、少額で簡単にスタートできる積立投資がおすすめです。積立投資なら、価格変動の激しい仮想通貨でもリスクを抑えられるので、初心者でも安心して仮想通貨の投資を行えます。本記事では、仮想通貨での積立投資を行う方法やおすすめの取引所を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。
目次
積立投資とは積立投資の最低限抑えておきたいルール仮想通貨を積み立てる3つの方法積立投資ができる国内取引所まとめ

積立投資とは積立投資とは、毎月一定額の投資信託を購入する投資方法です。積立預金との違いは、現金では…
引用元: CoinPost

ソフトバンクGによる仮想通貨・ブロックチェーン関連企業への出資事例まとめ

仮想通貨関連企業への投資が加速通信事業大手ソフトバンクグループが暗号資産(仮想通貨)関連企業への出資を加速させている。2021年になり、同グループが仮想通貨・ブロックチェーン関連企業への投資を相次いで発表し、「方針転換」とも受け取れるような動きを見せている。背景には、2020年後半より、米国をはじめとした大企業や機関投資家による仮想通貨保有・関連サービスのローンチ事例が急増したことがあると考えられる。中には数百億円規模の出資事例も見られ、国内有数の大企業による動向は市場の関心度も高い。そこで本記事では、同…
引用元: CoinPost

Paxos、米ドル建てステーブルコインの準備金内訳を明かす

PAXとBUSDの準備資産米の暗号資産(仮想通貨)関連サービス企業Paxosが、自社ステーブルコインの準備金内訳を明らかにして、テザー(USDT)など他の組織が発行するステーブルコインと比較してみせた。金融当局に規制を受けた、より信頼性の高いものであると強調した形だ。Paxosが発行するステーブルコイン、PaxosStandard(PAX)とBinanceUSD(BUSD)の準備資産は、96%が現金または現金同等物であるという。双方ともに、米ドルと紐付けられたトークンである。なおBUSDは、仮想通貨取引所…
引用元: CoinPost

仮想通貨の現役マイナーに個人マイニングの実態を聞いてみた

動画コンテンツ紹介暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットがスポンサーとして提供するマイニングに関するYouTube番組を全5回に渡ってお送りします。第4回は「仮想通貨の現役マイナーにマイニングの実態を聞いてみた」についての動画をお送りします。「個人でマイニングを行っていてどのくらい収益があるのか?」「マイニングの魅力」「マイナー界隈で警戒されていること」など個人マイニングに関するみなさんが抱いているような疑問点をCoinPost代表各務貴仁が個人でマイニングを行っている全力マイニング部部長のペリッパーさ…
引用元: CoinPost

暗号資産取引所AscendEX、DeFiのセキュリティソリューション提供するHAPIを上場

セキュリティ問題の解決を目指すHAPIDeFiのセキュリティ向上を目指すプロトコル、HAPI(HAPI)は7月15日に、暗号資産(仮想通貨)取引所AscendEXへ上場した。HAPIトークンは米ドルステーブルコインのUSDTとの取引ペアで取引可能となっている。HAPIProtocolはDeFiにおいてサイバーセキュリティのソリューションを提供するプロトコルでDonaMaraという名で活動するデベロッパーによってローンチされた。プロトコルは自律分散型組織(DAO)を指向しており、HAPIのDAOは、サービス…
引用元: CoinPost

IOSTブロックチェーン基盤のNFTマーケットプレイス「Revival」ローンチ

IOST基盤のNFTマーケット暗号資産(仮想通貨)IOST基盤のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Revival」が20日、正式にローンチされた。Revivalは、IOST上に構築された最初のマルチチェーンNFTマーケットプレイスでDeFi(分散型金融)の技術をNFTの取引に適用したプロダクトだ。ブロックチェーン技術によりアート作品をトークン化し、「スマートコントラクトアドレスを持つユニークで検証可能」なアート作品を作ることができるという。関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解…
引用元: CoinPost

フィデリティ・デジタルアセット調査「機関投資家の71%が、将来的なデジタル資産投資を計画」

7割がデジタル資産に投資へフィデリティ・デジタルアセットが新たに行った調査で、調査に協力した機関投資家の内、71%が将来的にデジタルアセットへの投資を計画していることが分かった。また、将来的なデジタルアセットへの投資に関心があるとした回答者の90%は、5年以内となる2026年までに自社あるいは顧客のポートフォリオでデジタルアセットに投資するとしている。フィデリティ・デジタルアセットは、機関投資家向けに暗号資産(仮想通貨)のカストディサービスなどを提供している。フィデリティ・インベストメンツは顧客資産が7兆…
引用元: CoinPost

【2021年7月】仮想通貨取引所のキャンペーン・特典情報まとめ

主要取引所のキャンペーン「仮想通貨のキャンペーンってなにがあるの?」「最新版のキャンペーン情報が知りたい」「取引所ごとのキャンペーンをまとめて比較したい」というお悩みをお持ちではありませんか?本記事では、取引所ごとの最新のキャンペーンをご紹介。キャンペーンごとに分けてピックアップしているため、あなたにぴったりの仮想通貨取引所が見つかります。キャンペーンごとの特徴も掲載しているため、最後まで記事を読み、お得に仮想通貨の取引所を開設しましょう。おすすめの仮想通貨取引所のキャンペーン3選

楽天ウォレット|新規…
引用元: CoinPost

節目3万ドルを割ったビットコイン 「最後の砦」を守れるか? | ビットバンク マーケット情報

20日のビットコイン(BTC)対円相場は104,347円(3.09%)安の3,175,655円と二日続落。19日に続き相場は押し、週明けからはすでに6.27%下落している。対ドルでは、1月1日ぶりに心理的節目の3万ドルを終値で割り込んだ。東京時間のこの日の相場は、338万円から324万円周辺まで一段安。米ニュージャージー州司法長官室がBlockFiに対して付利口座提供の停止命令を通達したことが売りを誘った。その後は米株の反発を受けて下げ止まるも、欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会(EC)が、金融活動作業部会(FATF)のトラベル・ルールに則り暗号資産(仮想通貨)関連業者に対して匿名の個人ウォレットへの送金を禁止する提案を提出したこともあり、相場は3万ドル(≒330万円)絡みで上値を抑えられている。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

日本発の仮想通貨プロジェクト創業者に聞く「日本への想い」

動画コンテンツ紹介日本の暗号資産(仮想通貨)市場は海外と比べて遅れているや日本は暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン領域の事業を行うのに適していないと主張する声も少なくない。現に、日本を離れて事業に取り組む事業者も多くいるという状況だ。そのような状況の中「グローバルで勝って日本に戻す」と、StakeTechnologiesCEO渡辺創太氏は主張をする。日本が好きだと主張する同氏が、どのような想いで日本を離れて海外を拠点に事業に取り組むのか?今回のCONNECTVでは、グローバルでパブリックブロックチェーン…
引用元: CoinPost

ビットコイン市場に「2つのシナリオ」 仮想通貨企業Glassnode分析

Glassnode、2つのシナリオ想定暗号資産(仮想通貨)分析サイトGlassnodeは19日、オンチェーン活動が静まり、先行きが不透明なビットコイン(BTC)の今後の展開をデータから予測するレポートを発表した。BTC保有者の貯蓄傾向やブロックチェーン上のデータを基に、強気シナリオと弱気シナリオを想定している。2021年7月第2週は仮想通貨特有のボラティリティもないレンジ相場を形成、34,000ドルから31,000ドルの幅を行き来する格好に。取引活動も年初のような勢いはなくなる一方で、HODL(長期保有)…
引用元: CoinPost

【歌舞伎プロジェクト】デジタル・コラボ・スタジオ制作デジタルアート第一弾ニコニコ生放送に潜入取材!【NFT】

みなさんこんにちは! コインオタク編集長の伊藤健次です。 先日、コインオタクでも告知をしましたニコニコ生放送「KAGAYA×Keiko×坂井滋和 最先端技術でデジタルアート制作|デジタル・コラボ・スタジオ制作発表生放送! […]

The post 【歌舞伎プロジェクト】デジタル・コラボ・スタジオ制作デジタルアート第一弾ニコニコ生放送に潜入取材!【NFT】 first appeared on COIN OTAKU(コインオタク).

引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

トレーサビリティーを使ってカーボンアカウンティングしよう|SBI R3 Japan寄稿

~ブロックチェーンで世界を変えるための第21歩~カーボンニュートラルな世界の実現に向けて、多くのスタートアップが取り組みを始めています。この地球規模の課題には複数の側面があり、単一の技術では全て解決できません。さて、今回はカーボンアカウンティングと呼ばれる分野に注目して、ブロックチェーンという技術で何か貢献できるのかを考えていきます。カーボンアカウンティングとは?“アカウンティング”と言えば、財務会計(フィナンシャルアカウンティング)や管理会計(マネジメントアカウンティング)が馴染み深いかもしれません。カ…
引用元: CoinPost

ロシア業界団体がビットコインマイニング企業を誘致へ 中国企業とも協力

ビットコインマイニング企業を誘致ロシアの暗号資産(仮想通貨)業界団体「クリプト経済・AI・ブロックチェーン協会(RACIB)」が、ビットコイン(BTC)マイニング企業をロシアに誘致するためのプロジェクトを発表した。中国政府の取り締まり強化により、中国から海外へ移転するマイニング企業を呼び込むことも狙いの一つとしている。クリプト経済・AI・ブロックチェーン協会(RACIB)ロシアの仮想通貨業界団体。ロシアの国家当局との対話において、業界の共通の利益を代表している。活動内容としては、関連する法的枠組みへの取り…
引用元: CoinPost

米ニュージャージー州司法長官室、仮想通貨レンディング大手BlockFiに一部サービス停止命令へ=報道

BlockFi、証券法違反の指摘米ニュージャージー州の司法長官が、暗号資産(仮想通貨)レンディング(貸借)サービスプラットフォームBlockFiに対して、付利口座提供に対する停止命令の発表を控えていることがわかった。大手メディアForbesが報じた。Forbesによれば、ニュージャージー州の司法長官室の証券局は、同州に拠点をおくBlockFiに対して、有利子口座(BlockFiInterestAccount)の提供停止を義務付ける停止命令(CeaseandDesistOrder)案がある。発表前のプレスリ…
引用元: CoinPost

イーサリアムで注目 「PoW:マイニング」と「PoS:ステーキング」を比較

動画コンテンツ紹介暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットがスポンサーとして提供するマイニングに関するYouTube番組を全5回に渡ってお送りします。第3回は「イーサリアムで注目 『PoW:マイニング』と『PoS:ステーキング』を比較」についての動画をお送りします。「ステーキングに参加する際の障壁や投資効率は?」「マイニングとステーキングとの違い」「PoSの課題とは?」などマイニングとは違った運用法としてのステーキングに関するみなさんが抱いているような疑問点を暗号資産(仮想通貨)に関心の高いモデル/タレン…
引用元: CoinPost

ビットコイン、価格動かず関心低下 閑散市場を専門家はどう読む?

7月の仮想通貨動向7月第2週の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)は35,000ドルを超え切れずレンジ相場が続く。機関投資家向け取引サービスQCPCapitalは先週発表された6月期の消費者物価指数(CPI)が5.4%と高い数値を記録したことで売却が起きたと分析。現物市場・先物市場もともに取引量・OIが減少していることから、ボラティリティーも落ち着いているとした。
出典:CoinMarketCap
時価総額2位のイーサリアム(ETH)は、大型アップグレード「ロンドン」の実施日時が8月4日前後(…
引用元: CoinPost

LINE Blockchainとは|独自トークンLINK(LN)の付与やユースケースについて解説

LINEBlockchainとはLINEBlockchainは、世界最大級のコミュニケーションアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社の先導するブロックチェーンです。LINEトークンエコノミーとの連携により、LINEの経済圏を拡大することを目指しています。ホワイトペーパーにおいて、LINEBlockchainは、現在の暗号資産の多くが初期の投資家へのリターンを大きくすることにより規模の拡大を後押ししていることへの懸念を表明しています。投機的な需要が実用性を上回ることになり、エコシステムの成長をそのよう…
引用元: CoinPost

Cream FinanceのIron Bank、NFTアート担保にPleasrDAOへ350万ドルを貸付

NFTを担保に貸し付けを実施CreamFinanceプロトコルのIronBankは、350万ドル(3億8,000万円)のローン(貸し付け)をPleasrDAOに対して実施したことを発表した。担保として高価値のNFTを利用しているという。
Inpartnershipwith@PleasrDAO,we’repleasedtoannouncethefirstDAO-to-DAOloanusingtheIronBank.A$3.5mloanhasbeenprovidedandisbackedbyabasketof…
引用元: CoinPost

「ビットコインマイニングは、州の電力網にとっても恩恵に」米テキサス州で議論

「マイニング企業と電力網の双方に利益」中国で、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)マイニングの取り締まりが強化される中、米テキサス州が新たなマイニングの中心地として浮上している。そうした中、マイニング産業は同州の電力網にとっても恩恵をもたらし得ると議論されている。仮想通貨メディアTheBlockが報道した。テキサス州は仮想通貨に先進的な地域の一つだ。6月には、仮想通貨を商法の中に位置づける法案が成立。これはビジネス法が仮想通貨に適用されることを保証し、関連事業を後押しするものだ。また、ブロックチェー…
引用元: CoinPost

リップル相場分析 : 先週は約8%下落し2週連続の陰線を記録、高値を切り下げる相場続く | ビットバンク マーケット情報

7月18日のリップルの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは0.7%上昇した陽線を記録しました。底値付近で推移しており弱い値動きがみられます。終値は64円でした。オシレーターは全てマイナスで推移し弱気トレンドを示唆しています。CCIは-120で推移しています。昨日、Fisherではゴールデンクロスが発生しています。MACDはマイナス域で緩やかに上昇しています。ADX(30)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。週末のリップルはほぼ横ばい推移となりあまり値動きがない相場でした。週足では7.9%下落し2週連続の陰線を記録しました。売られる傾向が続いています。テクニカルでは弱気トレンドを示唆するインジケーターが多く売りポジションが推奨されています。一方、短期オシレーターは売られすぎ水準まで下落しており反発するか注目です。長期的には徐々に高値を切り下げる弱気相場が続いており、強い反発があれば売られる可能性が高いでしょう。今週も底値を探る展開が予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTC週足は24週ぶりに350万円割れ 今夜は米ステーブルコイン議論に注目 | ビットバンク マーケット情報

先週(12日〜18日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、前週比287,243円(7.33%)安の3,494,757円と2週続落し、週足としては1月最終週(24週間)ぶりに終値で350万円を割り込んだ。バイナンスの株式トークン取り扱い終了や米株の下落を受けて、16日金曜日のビットコインは先月21日ぶりに節目350万円を終値で割り込んだが、12日から5日続落となった反動からか、週末の相場はやや売り飽きの様相で底堅く推移し、目星い材料に欠ける中、340万円台を維持。この間、ビットコインの採掘難易度(ディフィカルティ)は-4.81%と4サイクル連続で下方調整したものの、ハッシュレートの戻りは鈍く、引き続き100 Ehash/s周辺で揉み合っている。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 週末は底堅く値動きも最安値350万円付近で推移、底割れに警戒 | ビットバンク マーケット情報

7月18日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、全てのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のビットコインは0.7%上昇した陽線を記録しました。移動平均線の下位で推移が続いており弱い値動きです。終値は349.4万円でした。オシレーターは全て下落し弱気トレンドを示唆しています。CCIは-120で推移しています。Fisherでは売りシグナルが継続しています。MACDも遅行線を下回り下落中です。ADX(27)は上昇しており弱気トレンドの発生を示唆しています。週末のビットコインは2日連続の陽線を記録しましたが、間近の最安値圏を脱出できずにいます。昨日も一時365万円まで上昇する場面がありましたが、高値を維持することができず上昇幅を縮小させました。まだ上値を追うまでの強さはありません。ここ2ヶ月間ほどレンジで推移しており目立った動きがないビットコインですが、価格調整が進みボラティリティは減少しています。そろそろ次のトレンドが発生してもおかしくない時期に入っています。テクニカルでは弱気を示唆するインジケーターが多く、売りポジションが推奨されています。引き続き底割れに警戒が必要な1週間となるでしょう。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース