米大手コワーキングスペースWeWork、仮想通貨決済に対応

WeWorkも参入コワーキングスペースを提供する米大手企業WeWork(ウィーワーク)が、オフィススペースの貸出で暗号資産(仮想通貨)による決済導入を発表した。米NY州に本拠を構えるWeWorkは、スタートアップなどに共同の作業空間を提供する大手企業だ。20ヵ国以上に500ヵ所超の物理的な拠点を持っており、50万人の会員にオフィス空間などのサービスを提供する。

20日の発表によると、決済に対応するのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、米ドルペッグ型でサークル社発行のステーブルコイン「US…
引用元: CoinPost

コメントしてビットコインもらえる、新キャンペーン情報を公開【CoinPost・アナウンス】

CoinPostコメント欄、新報酬キャンペーン仮想通貨メディアCoinPostがLinksと提携して、メディア上のコメントにトークンインセンティブを組み込んだ施策について、新たなキャンペーンを開催します。導入から2週間で、一記事あたりのコメント数が約40件と大変ご好評をいただいております。オープン記念として開催したキャンペーン内容を更に2週間据え置き、4月23日より新たに1日1名に777サトシが当たる「ラッキーSatoshiキャンペーン」を開催いたします。仮想通貨の情報のインプットとアウトプットを行い、ポ…
引用元: CoinPost

PayPal傘下アプリVenmo、ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨4銘柄の売買に対応

Venmoも開始米大手送金・決済企業PayPal傘下の大手送金アプリVenmoが、暗号資産(仮想通貨)売買への対応開始を発表した。Venmo残高やリンクされた銀行口座、デビットカードを使用して、最低1ドルから購入可能になる。Venmoは、ネットフリックスやペプシとも提携する米国の個人間送金アプリ最大手。20年1月の第4四半期決算発表にて、Venmoの決済ボリュームは「年間11兆円」に達する規模だと判明している。Yahoo.Financeの報道によると、Venmoは本日より、ビットコイン(BTC)、イーサリ…
引用元: CoinPost

米ナスダック、コインベース株(COIN)のオプション取引提供へ

COINのオプション取引米大手証券取引所Nasdaq(ナスダック)が、株式上場した暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースのオプション取引を提供開始する予定であることがわかった。4月15日に上場したコインベースの株式は「COIN」というティッカーシンボルで、ナスダック市場で取引されている。オプション取引の開始予定日は米時間4月20日を予定する。コインベースは、米国初の仮想通貨取引所上場事例として関心を集めた。コインベース役員の売り分COINは上場初値が381ドルで、一時428.9ドルまで高騰したが、後に反落…
引用元: CoinPost

米ニューヨーク会計監査役候補、一部年金基金の仮想通貨運用を政策に掲げる

仮想通貨、ブロックチェーンを活用する政策案米ニューヨーク市の会計監査役に立候補しているReshmaPatel氏が、暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンを活用する政策を掲げた。市の年金基金の一部を仮想通貨で運用することや、ブロックチェーンへの投資、ブロックチェーンによる市の調達システムの改善などを挙げた。「年金基金の一部を仮想通貨に投資」Patel氏は、会計監査役として選出された場合、5つあるニューヨーク市の退職基金について、それぞれ全資産の1〜3%を「ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など一…
引用元: CoinPost

イーサリアム相場分析 : 最高値更新後に強い利確売り発生、今後の押し目ポイント探る | ビットバンク マーケット情報

4月19日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれを否定しています。イーサリアムは昨日4.7%下落した陰線を記録しました。売り圧力が強く4日連続の陰線を記録しました。終値は23.3万円でした。オシレーターはプラス域で推移している一方、全て下落しておりモメンタムは低下傾向です。CCIはマイナス域突入間近です。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDは昨日デスクロスが発生しています。ADX(29)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。イーサリアムは27万円の最高値を記録した後、利益確定売りに押され下落しています。短期のテクニカルは弱気に傾いていますが、チャートストラクチャーは崩れておらず安値を切り下げる形にはなっていません。売りが一巡すると高値を再び試す展開が予想されます。今後の押し目ポイントが気になるところです。前回押し目となった21.5万円付近は反発する可能性があり、注目の価格になっています。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは週明けも弱い値動き、続落に注意か | ビットバンク マーケット情報

4月19日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日も続落し6日連続の陰線を記録しました。終値は602.2万円で下落率は2.4%でした。週明けも弱い値動きが続いています。オシレーターは下落しておりモメンタムが低下しています。CCIは169まで下落しています。Fisherは遅行線下回り下落中で、本日からマイナス域に突入しています。MACDもプラス域を維持している一方、遅行線を下回り下落中です。MACD(22)は低下しておりトレンドが弱い状態を示唆しています。ビットコインは週末の急落からの反発が予想されましたが、昨日も冴えない動きでした。まだ売り圧力が強いようです。本日も安値で取引されており、弱い値動きが見られます。オシレーターは徐々に弱気に傾いており、注意を促しています。FisherやMACDがこのまま下落すると今週中にも全てのオシレーターがマイナス域入りするでしょう。長期ではまだ強気のチャートストラクチャーを維持しているものの、短期では続落の可能性が高まっており警戒が必要そうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

英中銀、デジタル通貨のタスクフォースを設立

英国政府、CBDCのタスクフォース設立へ英国の中央銀行に相当するイングランド銀行と英大蔵省がCBDC(中銀デジタル通貨)の可能性を模索する共同タスクフォースの設立を発表した。英国におけるCBDCを導入した場合に想定されるメリットやリスクの策定などに取り組む。共同発表の中で英国におけるCBDCについて、「イングランド銀行が発行するデジタル・マネー」と形容。既存の紙幣(現金)や銀行預金に代わるものではなく、「共存するもの」と説明した。また、タスクフォースの設立は、英国政府およびイングランド銀行がCBDCを発行…
引用元: CoinPost

著名アナリストWilly Woo、ビットコインの急落要因を独自考察

ビットコイン急落の背景暗号資産(仮想通貨)のオンチェーンアナリストのWillyWoo氏が、先週末に大幅下落したビットコイン(BTC)の下落要因を考察した。BTCは14日に過去最高値の700万円台に到達するもその後反落。18日にかけて大幅安となった。
出典:CoinMarketCap
WillyWoo氏はこの背景として、中国のBTCマイナーの採掘速度(ハッシュレート)急落や、バイナンス上の大量入金などが影響した可能性があると見ている。関連:ビットコイン暴落の背景、個別銘柄ではQTUMが最高値更新採掘速度の急…
引用元: CoinPost

SBI証券、国内初の一般投資家向けSTO実施へ|保有額に応じてXRP(リップル)付与

国内初の一般投資家向けSTOSBIホールディングス傘下の株式会社SBI証券は19日、国内初となる一般投資家向けのセキュリティトークンオファリング(STO)を4月20日より実施することを発表した。公募のSTOに参加する投資家には、特典として本デジタル社債の保有額に応じた暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)が付与される。STOは、発行体が従来の株式や社債ではなく、ブロックチェーン等の電子的手段を用いて有価証券に該当する「セキュリティトークン」を発行する資金調達手段のこと。昨年5月に施行された金融商品取引法及…
引用元: CoinPost

大手デリバリティブ取引所Bybit、3月の仮想通貨市場を分析=レポート

Bybitが3月の市場を分析世界最大級の暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所Bybitは、3月の暗号資産市場を振り返るレポートを発表した。歴史的にビットコイン(BTC)のパフォーマンスが低調になる3月だが、今年は4月に向け強気の相場で終えた。主なニュースとしては、以下が挙げられる。
テスラとPaypalによる暗号資産決済への参入VISAによるステーブルコインUSDCの利用大手投資銀行の暗号資産市場への参入予測政府系ファンドがビットコインを購入した可能性
DeFi(分散型金融)も引き続き総ロック価値(TV…
引用元: CoinPost

正しいビジネスの始め方とは?まずはパクろう

イケハヤです。

今回は「正しいビジネスの始め方とは?」という話をしていきます。

タイトルに結論を書いていますが……ビジネスを始めるときは「パクること」が大切です。言い換えると「リサーチが必要」ということ。

徹底的にリサーチした上で、パクれるところはパクりましょう。

そもそもリサーチすることはビジネスの基本なんですが、リサーチをサボっている人は多いです。

特にネットビジネスは手軽に始められる分、リサーチを怠っている人が多いイメージですねw

それでは残念ながら稼げません。

ビジネスを始めるときはリサーチから

まずは、分かりやすくYouTubeに例を絞って話を進めていきます。

YouTubeで失敗する理由の多くは、リサーチしていないことです。市場調査もせずに動画を撮っても、そりゃ成功するわけありませんよ。

今YouTubeを頑張っている人に質問ですが、同じジャンルの人気YouTuberの動画は全て見ましたか? 研究しましたか? 人気の理由を分析しましたか?

この答えがNOなら稼げるわけないです。厳しい言い方をしますが、それはビジネスをなめすぎですよ。

これ……なぜか実業に置き換えるとまた違うんですよね。

たとえば、ラーメン屋を開業するときに、近隣のラーメン屋を調査しない人はいないと思います。

ラーメン屋を開業した後に「近所に同じ豚骨ラーメン屋があった!」なんて人は、さすがにいません。

リサーチしていないとは、こういうことなんですよ。

実業だとあり得ないことが、ネットビジネスだと結構起こっているんです。

ビジネスを始めるときに重要なリサーチとは?

YouTubeも立派なビジネスですからね。

稼ぎ方は色々ありますが、広告収入をメインに置くならテレビと同じですよね。

「視聴者が集まるコンテンツ」を作って、広告収入をもらう。そういうビジネスをしているなら、リサーチがマストということは分かるはず。

リサーチする理由はパクるため

リサーチする理由は色々あります。最も大きな理由はパクるためです。

「パクる」という表現だとちょっと言い方が悪いですかねw

「マネる」と置き換えてもいいです。

たとえばYouTubeを始めるときに、まったくニーズがない企画を立てて動画を撮っても、誰にも見られません。

そうではなく、人気チャンネルの動画をパクった(マネた)方が数字は伸びます。

一昔前に流行ったメントスコーラとかそうですよね。

恐らく、誰かがメントスにコーラを入れた動画をアップしたらバズったのでしょう。

その動画を見て、内容をパクった人が次々と同じ動画を出しました。

そして「メントスにコーラを入れると面白い!」ことが広まっていき、知名度のない人の動画でも見られるようになったのでしょう。

もちろん、その後に視聴者が定着するかは、その人のコンテンツ力次第です。

しかし自分の動画を見てくれるキッカケにはなったはず。

オリジナルティはいらない

YouTube以外の例を挙げましょう。

たとえば、少し前にタピオカがブームになりましたよね。今もまだ続いているんですかね?

まぁそれは置いといて……「タピオカ屋が流行っているときにタピオカ屋をやるのは嫌だ」という人がいるんですよ。

ぼくからしたら謎のプライドですw

あげくの果てには「タピオカ屋じゃなくてナタデココ屋が流行る!」とか言い出します……。

でも多分ナタデココ屋なんて流行らないですよね。

先ほどのYouTubeの例もそうですが、変にオリジナリティを出そうとする人は成功しません。

そもそも、何の成果も出したことがない人にオリジナリティなんてないです。

ムダなことはせずに、まずは徹底的にリサーチしてパクるべきなのです。

ビジネスを始めるときは「模倣」から

「パクる」「マネる」と近い意味ですが、まずは先駆者たちを模倣しましょう。

飲食店でもYouTubeでも、物販でもKindle本の出版とかでも同じです。まずは自分の理想とする人や店などを探し、徹底的にリサーチします。

もちろん、単に全てを模倣するのではありませんよ。

なぜ流行っているのか? 何がこんなにウケているのか? どの要素を取り入れるべきか?

ただ模倣するのではなく、まずは深く思考しなければいけません。ただ模倣(パクった)するだけだと、オリジナルを超えられませんからね。

しつこいですが、それ以上に「オリジナリティを出すこと」もNGですよ。それは単なる自己満です。

「わたしはこうしたいんだ!」というロマンを追いかけているだけなので……ビジネスパーソンとしては失格です。

ぜひ皆さんはロマンを追いかけずに、きちんと結果を追いかけてください。

そのための第一歩が「パクること」です。

まずは模倣してそれからオリジナリティ

今回は正しいビジネスの始め方について解説しました。

しつこいですが、ネットビジネスであろうと徹底的にリサーチしましょう。そして分析・研究して、パクれるところはパクるのです。

こんな話に興味がある人は、ぼくの無料メルマガに登録してもらえると、ビジネスの学びを深められます。

このブログのような話を、2日1通のペースで送付しています。良かったらぜひ。

また最近のぼくは「仮想通貨投資家」なので、仮想通貨に興味がある人はDeFiメール講座をどうぞ。

こちらも無料ですが、ちょっとレベルが高いかも……w

The post 正しいビジネスの始め方とは?まずはパクろう first appeared on イケハヤ大学【ブログ版】.

引用元: まだ仮想通貨持ってないの?

リップル相場分析 : 急騰の反動から大きな利確売りが発生、価格は移動平均線上位を維持 | ビットバンク マーケット情報

4月18日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日のリップルは8.1%下落した陰線を記録しました。終値は154.8円でした。下落が続いているリップルですが価格は移動平均線の上位を維持しています。オシレーターは下落傾向にあり、短期のモメンタムは低下しています。CCIは46で推移しています。Fisherは遅行線を下回り下落中です。MACDも下落傾向が続いていますが、遅行線の上位を維持しています。ADX(56)は下落しており強気トレンドの弱体化を示唆しています。リップルは現在5日連続の陰線を記録しており、急騰の反動で利益確定売りが出ています。一方で価格は移動平均線の上位を維持しており、底堅く推移しています。昨日は長い下ひげが出現しており、買い戻しの兆候が見られました。本日も始値からやや高い位置で取引されています。短期のテクニックは若干弱気を示唆していますが、長期ではまだまだ強気を示唆しており、今週は反発に期待したいところです。売りが一巡すれば再び高値を試しにいくことが予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

サッカー界のレジェンド「ペレ」のNFT販売へ

NFT売上の9割を慈善団体へサッカー界のレジェンド選手であるペレ(EdsonArantesdoNascimento)氏の非代替性トークン(NFT)が発売されることが分かった。
–1,282goals –1,363games –Thehighestvaluedsoccertradingcard.Thefirstauthentic#aNFTTheGOAT@peleMay2,exclusivelyonhttps://t.co/WW1lmvXLUKpic.twitter.com/kAsAKdZXqr—Ethern…
引用元: CoinPost

近年稀に見るハッシュレートの急落 弱材料複数のBTCはこの先どうなる? | ビットバンク マーケット情報

先週(12日〜18日)のビットコイン(BTC)対円相場の週足終値は、激しい値動きの中、前週比416,998円(6.33%)安の6,173,000円と3週ぶりに反落し、2週間ぶりの安値まで押した。先週の暗号資産(仮想通貨)市場は、14日のコインベース上場を目掛け全面高の様相を呈し、ビットコインは同日に7,055,120円の史上最高値を付けた。一方、その後はコインベース上場で事実売りが入りビットコイン相場は失速。16日には新疆ウイグル自治区における停電が中華系マイナーのハッシュレート急落に寄与している可能性が浮上し、ビットコイン相場は下げ足を速め、650万円付近まで押した。このほか、先週は週後半にかけて、①米マサチューセッツ州の金融当局がロビンフッドのブローカー・ディーラーライセンス剥奪の思惑、②サブレディット「r/Wallstreetbets」での仮想通貨関連議論の禁止、③米財務省が仮想通貨軽油の資金洗浄(マネーロンダリング)を巡って複数金融機関を告発するという旨のネット上のリーク情報が相場の重石となり、週末のビットコイン相場は対ドルで節目の60,000ドル(≒652万円)や2月高値の58,367ドル(≒635万円)を割り込み、一時580万円まで一気に売り込まれた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 週末の薄商い時に急落、今回も移動平均線割れは買いか? | ビットバンク マーケット情報

4月18日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日ビットコインは5.8%下落した陰線を記録しました。終値は617.3万円でした。5日連続の陰線を記録され売りが強い状況が続いています。オシレーターは全て下落しており、モメンタムは低下しています。CCIは142まで下落しました。Fisherは下落中ですがプラス域を維持しています。MACDは週末にデスクロスが発生しました。ビットコインは昨日、強く売られ価格は短期の移動平均線を大きく下回りました。先週は、最高値を更新した後、陰線が続く売り手が有利な相場に突入していました。しかし昨日は長い下ひげが発生し、価格も長期移動平均線の53EMAにサポートされ、売りは一巡したものと考えられます。短期のテクニカルはやや弱気を示唆していますが、今週の始めは週末の急落の反発が予想されます。ここ数ヶ月のビットコイン相場では、短期移動平均線より下位は高値を目指す反転ポイントになる傾向があります。今回もどこまで値戻しできるか要注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン続落 1兆円規模の大量清算発生

ビットコイン続落18日の仮想通貨(暗号資産)市場では、ビットコイン(BTC)が大幅続落。一時51,250ドル(560万円)まで暴落した。14日に最高値706万円を記録後に反落、週末にかけて大幅続落した。
TradingViewのBTC/USDチャート
ドージコインの暴騰をきっかけに出遅れ感のあったアルト銘柄が連鎖的にパンプされるなど、足元の過熱感を警戒する見方も強まっていた。データサイトbybtのデータによると、ロスカットの連鎖を引き起こし、24時間で清算されたロングポジションは86億ドル(9350億円)…
引用元: CoinPost

CoinPost週次データレポート|グレースケールのAUMが500億ドル規模を上回る

4月第3週の市場動向4月第3週の暗号資産(仮想通貨)市場は、米コインベースのナスダック上場を前にご祝儀相場の様相を呈し、ビットコイン(BTC)は14日に過去最高値を更新、イーサリアム(ETH)も過去最高値を更新した。関連:仮想通貨取引所コインベース「COIN」、ナスダック上場関連:仮想通貨イーサリアム、大型アップグレード「ベルリン」実装完了しかし、その後イベントの出尽くし売りとアルトコイン高騰の反動で、18日には一時51,000ドル台まで暴落するなど大きく乱高下している。時価総額TOP20の騰落率上位4月…
引用元: CoinPost

「最高値更新したビットコイン市場、目先は懸念点も」bitbank寄稿の仮想通貨週次市況

今週の相場の動きはビットコイン(BTC)市場は14日、705.5万円と過去最高値を約1ヶ月ぶりに更新した。また同日に米大手取引所コインベースはナスダックに上場している。

目次
各市場の騰落率bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧4/16(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。
CoinPostで作成
月初来騰落率
CoinPostで作成
年初来騰落率
CoinPostで作成
(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)(仮想通貨の価…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース|取引所コインベースが株式上場、イーサリアムは大型アップデートを完了

今週のニュース一週間(4月11日~17日)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。今週は、イーサリアム(ETH)の大型アップデート「ベルリン」が完了したことで注目を集めた。また、米大手取引所のコインベースがナスダックへ上場している。仮想通貨市場では、BNBやXRP、DOGEなど、一部アルトコインの著しい高騰が目立った。このほか、トルコの中央銀行が暗号資産(仮想通貨)による決済を全面禁止する方針を発表した。また、XRP(リップル)の有価証券問題をめぐる裁判で新たな進展が見られた。

目次
今週のニュースラ…
引用元: CoinPost

米コインベースのナスダック上場を解説|CoinPostのYouTube配信

コインベースがナスダック上場CoinPost代表各務と暗号資産(仮想通貨)取引所TAOTAOのクリプトアナリスト仮想NISHI氏、仮想通貨・ブロックチェーンメディア「あたらしい経済」編集長設楽氏は4月15日、CoinPostYouTube番組に出演。米最大手仮想通貨取引所コインベースが米時間14日、大手証券取引所ナスダックに直接上場したことについて解説した。ビットコイン市場との相関性
出典:CoinPostLive
コインベースの上場は、米国の仮想通貨取引所では初の事例となったほか、業界としては、ユニコー…
引用元: CoinPost

断る勇気をもたないと稼げない

イケハヤです。

今回は「断る勇気をもとう」という話をしていきます。

辛口ですみませんが……貧乏な人には、貧乏になってしまう理由があるんですよ。

そのひとつが「断る勇気がない」こと。これは間違いないです。

その根源的な理由として、貧乏な人は仕事を選べないという点があります。今回はその辺りを深掘りしていきますね。

断る勇気をもつコツは「時間」の重要性を知ること

すごく嫌な言い方になりますが、ぼくは結構お金持ちですw

もちろん、ぼくよりお金持ちの人はたくさんいますが、一般的にはお金持ちの部類に入るでしょう。

で、ぼくの周りは経営者が多いので、知人・友人にもお金持ちは多いです。

そういう人たちの仕事ぶりを観察していると、皆さん仕事を断っているんですよね。言い換えると、仕事を選んでいるわけです。

当たり前ですが、頼まれた仕事を全て受けることはあり得ません。

たくさんの依頼が来るので、全部受けているとキリがないですから……。

外注で自分の時間を作る

ぼくの場合は、基本的に外注で色んな仕事をまわしています。

たとえば、InstagramとかPinterestは完全に外注です。

InstagramのIDとパスワードを忘れてしまい、本人であるぼくがログインできない……なんてこともありますw

あとTwitterとかメルマガも一部外注していますね。

とはいえ……ちょっと分かりにくいんですが、全てのコンテンツはぼくが作っています。

というのも、外注している人達に依頼していることは、あくまで編集作業だけだからです。

つまり、ぼくが過去にYouTubeやVoicyなどで発信した内容を、文章やイラストにまとめてもらっているということ。

なので、皆さんが見てくれているぼくの Instagram やTwitterの投稿は、すべてぼくの考えや意見です。

他の人が編集している投稿もありますが、その点はご安心くださいw

これって誰も損しませんよね? ぼくが過去に発信した内容をまとめているだけなので、ぼくの情報を受信したい皆さんにも不利益はありません。

むしろ、 Instagram とかは分かりやすくイラストに起こしてくれているので、ぼくがまとめるより分かりやすいかもw

稼いでいる人は皆やっている

実は、世の中のビジネス書はこんな感じで作られているんですよ。堀江さんの本とかまさにそうですよね。

堀江さんの本は、堀江さんが過去に発信した内容をまとめている本が多いです。これは正しい選択だと思います。

先ほど挙げたぼくの例と同じく、別に堀江さんが時間をかけて本を書く必要はありませんよね。

読者が知りたいのは「堀江さんが書く本」ではありません。あくまで「堀江さんが発信する内容」です。

ここはすごく重要なところ。

堀江さんの例もぼくの例も、重要なことは「自分ができる価値提供は何か?」を考えることです。

InstagramやTwitter、Pinterestをコツコツ更新することが、ぼくが皆さんにできる価値提供ではありません。

それはほかの人に任せてOK

もちろん、外注することでクオリティが落ちると微妙ですが、先ほど言ったようにクオリティは落ちていません。

むしろ Instagram なんかは、クオリティが上がっていると思いますw

自分ができる価値提供は何か?

外注すると当然時間が余ります。ぼくはその時間を「自分ができる価値提供」に充てるというわけです。

昔で言うと、ブログやYouTubeでの発信がぼくのできる価値提供でした。

今は「仮想通貨ラボ」ですね。ひたすら情報収集して、ラボの会員の方へ情報提供する。それが、今のぼくにできる最大限の価値提供です。

なので、大して知らない人の依頼なんて受けている暇はないんです。

断る勇気なんてもたずに、自動的に断ります。というか、返信すらしないこともあります。

さすがにメールが大量に届くので、一件一件チェックできませんからね……。

これができるのも、時間の大切さを知っているからです。自分以外ができることは、ひたすら外注していく……。

そして、自分にしか価値提供できない部分に力を注ぐ。この流れを作れるかどうかで、稼げるか否かは変わります。

貧乏な人は断る勇気がないので自分の人生を奪われる

一方、貧乏な人々はどうでしょうか? 多分このような働き方はできないと思います。

たとえば給料が低い会社員の場合、残念ながら仕事は選べません。上司から言われた仕事をやる必要がありますし、会社絡みの色んな誘いを断れないでしょう。

フリーランスでも、稼げていないフリーランスは仕事を受けざるを得ないですよね。

それでたまに悪い人がいて、だまされてしまうケースも当然あります。

断る勇気を持てない人は多い

こんな感じで、貧乏な人は依頼されたら断れないんですよ。それは仕事だけではなく、飲みの誘いや結婚式とかもそうです。

たとえば、大して仲良くない知人の結婚式などに「会社の同僚だから断りにくい……」みたいな理由で行っていませんか?

そういうムダなことはしない方がいいです。

だいぶ前の話ですが、ぼくは幼稚園時代の友人から結婚式に招待されました。でも心の中で「ごめんなさい」と言いながら、行きませんでしたよw

人によっては「友人はもっと大事にしなよ!」と思うかもしれませんね。

でもそれは、個々人の選択の問題です。ぼくの価値感では「行かなくていい」という判断になりました。

時間の価値を知る

そういう誘いに乗る人を「全員貧乏!」とまでは言いません。でも、自分の時間を失っているという感覚が、希薄な人は多いでしょう。

たとえば高知から関東まで行くとしたら、丸一日つぶれますよね。

その一日あれば何ができるかを考えると、やっぱり「行かない」という選択になるんですよ。

貧乏な人はここが分かっていません。あなたがムダな飲み会に行っている時間を勉強に充てるだけで、未来は大きく変わりますよ。

断る勇気を持てば稼げる

多くの人は、結婚式にせよ、飲み会にせよ、断ることができません。

断ることができないから忙しくなって、新しいことができずに貧乏になっていきます。

どんどん予定が詰まってくると過労になり、心を病んでしまうこともあるでしょう。

くだらない飲み会に自分の人生を奪われていいんですか? 大して仲良くない知人の結婚式に人生を奪われていいんですか?

多分それが、貧乏から脱出できない原因ですよ。

まずは会社の飲み会を断ることからはじめましょうよ。今のご時世だとリモート飲みですかね? それでも同じです。

たとえば3時間リモート飲みをしているなら、その時間で本を一冊読めます。その積み重ねだけが人生を変えるのです。

断る勇気を持つために本質を知ろう

今回は「断る勇気をもたないと稼げない」という話をしました。

断ると気まずい……とか言っている場合ではなく、自分の人生を他人に奪われないようにしましょう。

このブログのような話をもっと聞きたいと思ってくれた方は、ぼくの無料メルマガに登録してみてください。

今回のような話が2日1回届きます。1500字くらいのボリュームなので、サクッと学べますよ~!

あと、このブログでもちょっと話に出た「仮想通貨」に関しても無料メルマガやっています。ちょっとニッチなDeFiについてのメルマガですが、こちらも興味があればぜひ。

The post 断る勇気をもたないと稼げない first appeared on イケハヤ大学【ブログ版】.

引用元: まだ仮想通貨持ってないの?

大坂なおみ選手と姉、NFT作品を限定販売

大坂なおみがNFT発行プロテニス選手大坂なおみ氏とその姉の大坂まり氏が17日、暗号資産(仮想通貨)Flowのブロックチェーン上にNFT(非代替性トークン)を発行したことがわかった。発行したNFTはオンラインショッピングサービス「Basic.Space」上で限定販売されている。
Aslovers,creators,andcuratorsofart,Mari&IareveryexcitedtoentertheworldofartthroughNFTs.Wewantedtodosomethingdiff…
引用元: CoinPost

スウェーデン中銀、デジタル通貨を5年以内に発行する可能性=ブルームバーグ

「5年以内にe-クローナを保有する可能性」スウェーデン中央銀行(リクスバンク)のStefanIngves総裁が、デジタル通貨「e-krona(e-クローナ)」の発行時期について具体的な見通しを明かした。総裁によると、スウェーデンは5年以内に中央銀行デジタル通貨(CBDC)を保有できる可能性がある。ブルームバーグが報道した。同国は2020年2月に、e-クローナの実証実験開始を発表、2021年2月までの期間を予定していた。しかし最近の発表によると、現在のパイロットプロジェクトは2022年まで完了しないとしてお…
引用元: CoinPost

米ダラス連銀総裁はビットコインをどう見るか──業界カンファレンスに登壇

ビットコインは価値の保存手段米ダラス連邦準備銀行のRobertKaplan総裁は、「ビットコイン(BTC)が現在、価値の保存手段になっていることは明らかだ」と、4月16日に開催されたビットコイン・カンフェレンスで発言した。Kaplan氏は暗号資産(仮想通貨)ビットコインや、それを取り巻くブロックチェーンを始めとする技術は、まさにイノベーションを起こしていると指摘する一方で、ビットコインは価格変動が大きいことから、価値の交換手段としては普及するに至っていないと述べた。米ハーバード大学ビジネススクールの教授を…
引用元: CoinPost

「環境に優しい」テゾス基盤のNFTプラットフォーム、募金イベントを開催

テゾス、エコなNFTプラットフォームブロックチェーンのテゾス(Tezos)は、NFTアートの分野においてクリーンなNFT(#CleanNFT)を広める試みとして、環境問題を気にするアーティストや活動家にアピール。NFTが環境に悪く、多くの二酸化炭素を排出しているという指摘は最近となって広く拡散されており、オーストラリアの建築家、クリス・プレヒト氏のようにNFTへの参加を取りやめるアーティストも出ている状況だ。テゾスを基盤とするNFTプラットフォームの一つ、HicetNuncは、環境問題を意識するアーティス…
引用元: CoinPost

ミック・ジャガー氏のNFTが500万円で落札、売上でコロナ禍のライブハウス支援へ

新曲からNFTを制作ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガー氏はデイヴ・グロール氏との新曲に関連するNFT(非代替性トークン)を5万ドル(約540万円)で販売したことがわかった。その目的は、コロナ禍で窮地に追い込まれたライブハウスを支援することにあるという。新曲「EazySleazy」はフー・ファイターズのグロール氏とのコラボで発表され、新型コロナの感染が収束しない中、制作された作品。ジャガー氏はツイッター上で以下のように新曲についてコメントしている。今必要である楽観主義と共に、ロックダウンから抜け出…
引用元: CoinPost

仮想通貨DOGE、1日で3倍に 時価総額ランキングXRPに続く5位

DOGE急騰仮想通貨Dogeコインが16日、24時間騰落率で一時3倍を記録した。DOGEの24時間出来高は前日比で380%増加。時価総額が4兆円相当増加した。ビットコイン市場も売り優先のほか、マーケットは過熱感が強く、反落も警戒される。DOGEは米テスラ社のイーロン・マスクCEOも関連ツイートを続けたほか、米著名投資家MarkCuban氏などの著名人が取り上げたことで、米国市場などを中心に2021年に入り人気が集まった。米国の社会現象になった「ゲームストップ」の株価急騰やRedditの投資フォーラム「wa…
引用元: CoinPost

チリーズ(Chiliz)、楽天ヨーロッパと提携

チリーズ(Chiliz)プロスポーツのファントークンを提供するチリーズ(Chiliz)が楽天ヨーロッパとの事業提携の締結を発表した。イギリス、スペイン、ドイツの居住者は楽天ポイントとスポーツ団体のファントークンの交換が可能になる。対象となるファントークンは、楽天がメイングローバルパートナーを務めるFCバルセロナ($BAR)のほか、パリ・サンジェルマン($PSG)、ユベントス($JUV)、アトレティコ・マドリード($ATM)、ASローマ($ASR)、ガラタサライ($GAL)、ACミラン($ACM)となる。マ…
引用元: CoinPost

エイベックス・テクノロジーズ、デジタルコンテンツの「NFT」事業参入を発表

国内大手企業のNFT参入エイベックスのグループ企業であるエイベックス・テクノロジーズ株式会社(以下、ATS)は16日、NFT(非代替性トークン)関連サービス「Atrust(エー・トラスト)」の提供を開始し、IP(知的財産)ホルダーの権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的に、NFT事業に本格参入すると発表した。NFTの課題解決を目指す同社は、今年3月に人気デジタルアーティストBeepleのNFTアートが約75億円で落札された事例を挙げつつ、世界中でNFT市場が急拡大していることに言及。一方で、権利元の許…
引用元: CoinPost