新NISA特集|つみたて投資のメリットや非課税投資枠拡大の魅力、初心者向けの銘柄選びを解説

新NISA特集NISA(少額投資非課税制度)は、2014年1月に導入された、個人投資家向けの税制優遇制度です。この制度を利用することで、投資から得た利益が非課税となります。更に、2024年1月からスタートする新NISAでは、年間の非課税投資枠が現行制度よりも拡大されます。投資初心者から経験豊富な投資家に至るまで、より多くの人々が資産運用を始めやすくなります。この記事では、新NISAの基本ルール、つみたてNISAによる長期投資の利点、そして最適な投資口座の選び方について、詳細に解説します。
第1章:NISA…
引用元: CoinPost

今週のビットコイン650万円まで高騰も、値幅調整リスクには要警戒|bitbankアナリスト寄稿

今週12/1(土)〜12/7(金)の仮想通貨相場国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。

目次
ビットコイン・オンチェーンデータbitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータBTC取引数BTC取引数(月次)アクティブアドレス数アクティブアドレス数(月次)BTCマイニングプールの送金先取引所・その他サービスbitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)12/1(土)〜12/7(金)の週次レポート:今週のビットコイン(BTC)対…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|24年ビットコイン125,000ドル到達予測や米ETFの動向に高い関心

今週のニュースこの一週間(12/2〜12/8)に最も注目の集まった暗号資産(仮想通貨)ニュースのまとめをお届けする。今週は、MatrixportResearchのビットコイン(BTC)価格予想、米国におけるビットコイン現物ETF(上場投資信託)の動向、ビットコインの時価総額の上昇が最も関心を集めた。

目次
今週の注目ニュース金融相場アジア特集

今週の注目ニュース2024年ビットコイン125,000ドル到達予測、半減期を踏まえたMatrixport分析(12/2)MatrixportResearchは…
引用元: CoinPost

株式投資の「つみたてNISA」、今すぐ始めた方が良い理由

NISA(少額投資非課税制度)は家計の安定的な資産形成を支援するために、2014年にスタートした制度です。株式投資などから得られる利益に対する約20%の税金が免除され、多くの個人投資家にとって重要な資産形成の手段となっています。現行のつみたてNISAは2018年1月に始まりました。このプランでは、投資家がNISA口座を通じて毎月一定額を積み立て、選択した投資商品を自動的に購入。年間の投資上限が設定されており、長期にわたる積立は複利効果により資産を増やします。2024年には、新しいNISA制度が導入され、現…
引用元: CoinPost

年間投資枠3倍に、新NISAの「5大メリット」を解説

近年、多くの世代が低金利の銀行預金から脱却し、投資信託や株式投資などを通じて資産運用を目指しています。そんな中、2014年にスタートしたNISA(少額投資非課税制度)は、初心者にも手軽に取り組める魅力的な選択肢として注目されてきました。2024年から始まる新NISAでは、より進化した制度内容が投資家に大きなメリットをもたらします。この記事では、新NISAの「5大メリット」と、現行NISAとの主な違いを分かりやすく解説し、投資の可能性を広げる新しい選択肢としての魅力を探ります。さらに、新NISAを最大限活用…
引用元: CoinPost

2024年仮想通貨市場予測、アルトコインへのシフトや企業のトークン保有増加=VanEck

2024年の仮想通貨市場15の予測米国の資産管理大手VanEck社は7日、2024年の暗号資産(仮想通貨)市場に関する予測レポートを発表した。業界が新たな発展段階に入ることが示唆されている。レポートでは、ビットコイン(BTC)の半減期直後に小規模なトークンへの資金の流れが顕著になると予測されている。また、企業による暗号資産の保有が新たな局面を迎え、ワイヤレス・ホットスポットの分散型ネットワークが全米での有料会員数を増やすなど、Web3と既存ビジネスの統合が加速すると見られている。VanEckの15の予測は…
引用元: CoinPost

フリービットの格安スマホ、TONE Coin報酬と株主専用NFTでWeb3事業拡大

TONECoinの導入計画格安スマホを提供するフリービット株式会社は8日、トーンモバイルブランドを通じた新たなポイントシステム「TONECoin」の導入計画を発表した。このシステムは、スマートフォン上で動作するEthereum互換のレイヤ1ブロックチェーン「TONEChain」の運用に貢献するユーザーに対して、報酬として「TONECoin」を付与する。2024年2月1日から開始予定だ。ユーザーは、スマートフォンを充電中に専用アプリをバックグラウンドで動かすことで、余剰リソース(電源、CPUなど)を提供し、…
引用元: CoinPost

米国議会、国防権限法で仮想通貨関連条項を不採用

仮想通貨関連条項は除外米国議会は6日、2024会計年度(2023年10月~2024年9月)国防予算の枠組みを決める国防権限法(NDAA)を発表した。この法案には暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンに関する条項は一切含まれていなかった。背景として、カーステン・ギリブランド上院議員(民主党)、ロバート・マーシャル上院議員(共和党)、シンシア・ルミス上院議員(共和党)、エリザベス・ウォーレン上院議員(民主党)は超党派でNDAA修正案を提出していた。内容としては、規制当局に仮想通貨活動に従事する金融機関に対する…
引用元: CoinPost

VanEck、ビットコイン現物ETF承認時の資金流入額を予測 金ETFの事例や経済環境を加味

景気後退期に起こるETF承認米資産管理大手VanEck社は7日、暗号資産市場の2024年の予測レポートを発表した。レポートでは、米国経済やビットコイン市場の動向について詳細に分析し、今後新たに承認され得る「ビットコイン現物ETF」への資金流入ペースを予測している。VanEck社は2024年第1四半期に、米SEC(証券取引委員会)の上場承認が予想されるビットコイン現物ETFに対して、24億ドル以上の資金が流入する可能性があると見込んでいる。この予測の根拠として、米国経済が同年前半にもリセッション(景気後退)…
引用元: CoinPost

来年11月までにビットコインの過去最高値到達を予想、半減期や米大統領選が上昇要因に|VanEckレポート

半減期・市場サイクルに基づく見方米資産管理大手のVanEck社は7日、暗号資産(仮想通貨)市場の2024年の予測レポートを発表した。2024年の下半期までには、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)が大きな変動を経て、過去最高値(1BTC=69,000ドル)へと上昇する可能性が高いとの見方が示されている。この上昇に影響を与える要因の一つは、4年周期で訪れるビットコインの半減期が2024年4月頃に予定されていることだ。VanEckは、第4回目の半減期が問題なく完了すると見ており、その後の数日から数週間で…
引用元: CoinPost

米大手ベンチャーキャピタルa16z、「2024年に期待する9つの仮想通貨トレンド」を発表

2024年のトレンド予想米大手VCアンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)は6日、暗号資産(仮想通貨)領域で来年期待するトレンドのリストを発表。分散化、人工知能(AI)、顧客体験の向上などの9項目に言及した。
Justafewthingswe’reexcitedforincrypto(2024):→Enteringaneweraofdecentralization→ResettingtheUXofthefuture→Theriseofthemodulartechstack→AI+blockchainscom…
引用元: CoinPost

米下院エネルギー委員会、ブロックチェーン促進法案を可決

「米国ブロックチェーン導入法」が上院通過米国の下院エネルギー・商業委員会は5日、ブロックチェーン技術や分散型台帳技術(DLT)を促進する法案を賛成46対反対0で可決した。今後は下院での審議が行われる予定だ。この超党派法案「DeployingAmericanBlockchainsAct(米国ブロックチェーン導入法)」はリサ・ブラント・ロチェスター下院議員(民主党)ととラリー・ブクション下院議員(共和党)の主導で起草された。法案は、「ブロックチェーン技術やその他の分散型台帳技術の展開、使用、応用、競争力、など…
引用元: CoinPost

ビットコイン上昇一服、主要アルトはイーサリアム前日比5.6%高、ソラナ(SOL)12.1%高に

マクロ経済と金融市場7日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比36,117ドル(0.17%)高、ナスダック指数は193ポイント(1.3%)高で取引を終えた。東京株式市場では、前場の日経平均株価は前日比円(0.%)安となった。関連:米国株AI銘柄上昇 日銀総裁発言で円高進む|7日金融短観関連:日米株式市場、主な仮想通貨銘柄10選仮想通貨市況暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン価格は前日比1.26%安の1BTC=43,430ドルに。
BTC/USD週足
ビットコインが上昇を一服した一方、イーサリアム…
引用元: CoinPost

ビットコインの特徴や優位性とは──「Beyond The Price」の未公開内容や過去配信まとめ

第11回BeyondThePriceCoinPostGlobalが2日に公開した11回目の「GMRadio:BeyondThePrice」は、1回目から10回目までの配信をまとめている。また他にも、11月に東京などで開催されたイベント「Nostrasia」で行ったインタビューの未公開分を追加した。CP_GlobalのXをフォローNostrasiaは、分散型SNSを開発するための基盤となるプロトコル「Nostr」のイベント。このイベントはツイッター(現X)を創設したJackDorsey氏と、米中央情報局(C…
引用元: CoinPost

「ビットコインETF承認は機関投資家を後押しする決定打となる」米ARKのウッドCEO

仮想通貨投資へのお墨付き米ヘッジファンドARKInvestのキャシー・ウッドCEOは、米証券取引委員会(SEC)によるビットコイン現物ETF(上場投資信託)の承認は、暗号資産(仮想通貨)投資を検討している機関投資家に対し、「確定的なお墨付き」を与える可能性があるとの考えを明らかにした。関連:JPモルガンのダイモンCEO「私が米政府にいれば仮想通貨を禁止する」ウッド氏は、ビットコイン現物ETFは、仮想通貨取引所を利用して現物を所有するよりも、「ビットコインにアクセスする、はるかに簡単な方法となる」と指摘。ま…
引用元: CoinPost

仏大手銀行がイーサリアムでステーブルコイン「EURCV」を初発行、 Bitstampに上場

Bitstampに上場フランスの大手銀行であるソシエテ・ジェネラルの子会社、SG-FORGEは、イーサリアム・ブロックチェーン上で発行されるユーロ連動型ステーブルコイン「EURCoinVertible(EURCV)」をローンチした。ユーロ・ステーブルコインは既に存在するが、フランスの銀行が支援するステーブルコインがパブリック(公開型)チェーンで発行されるのはこれが初めて。ステーブルコイン市場において重要な進展である。EURCVはERC20トークン規格で流通し、ユーロと同等の価値を保持することを目指す低ボラ…
引用元: CoinPost

サザビーズ、ビットコイン版NFT「Ordinals」のオークション初開催

BitcoinShroomsのオークション開催老舗オークションハウスのサザビーズは12月6日から13日まで、ビットコイン(BTC)版NFT(非代替性トークン)プロジェクト「オーディナル(Ordinals)」について、初めてオークションを開催すると発表した。アーティストのShroomtoshi氏がデザインした「BitcoinShrooms(ビットコインシュルームズ)」の作品をオークションに出す格好だ。オーディナルとは、ビットコインブロックチェーン上に永続的なデジタル資産を作成するプロトコルだ。ビットコインの…
引用元: CoinPost

ビットコインの時価総額がテスラやバークシャー上回る9位まで浮上、金(ゴールド)市場の1/16に迫る

バークシャー・ハサウェイを上回る暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の市場規模(時価総額)が8500億ドル(125億円)を超え、上場企業や貴金属、ETFを含む取引資産と比較して世界で9番目の水準に達した。企業の時価総額との単純比較はできないが、これは米著名投資家ウォーレン・バフェットが率いるバークシャー・ハサウェイ、メタ(旧フェイスブック)、テスラを上回るもので、エヌビディアに次ぐ規模だ。
時価総額別トップ資産、上場企業、貴金属、仮想通貨、ETFを含む資産 出典:CompaniesMarketCap…
引用元: CoinPost

米コインベース関連団体、大統領候補による仮想通貨討論会を開催

ニューハンプシャー州で開催暗号資産(仮想通貨)の権利擁護団体「StandwithCryptoAlliance」は2日、米大統領候補による仮想通貨をテーマとした公開討論会を開催すると発表した。
Weareexcitedtoannouncethefirst-everCryptoPresidentialForum!JoinusinNewHampshiretoheardirectlyfromcandidatesabouttheirpositionsoncryptopolicyandawiderangeofothe…
引用元: CoinPost

オプション市場で5万ドルが意識されるビットコイン相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI

*本レポートは、暗号資産取引所SBIVCトレードのクリプトアナリストである仮想NISHI(@Nishi8maru)氏が、CoinPostに寄稿した記事です。ビットコインマーケットレポート(12月6日~12月12日)ビットコインは12月1日以降、価格上昇が加速している。その要因として、①12月1日にFRB議長の発言により米金利が低下したこと、米金利低下により②CME、オプションともに資金が大量に流入したこと、③ヒズボラ・ハマスの資金凍結報道によりUSDTが売られ、クリプト市場内での安全資産であるビットコイン…
引用元: CoinPost

ふるさと納税でNFT採用が進行、JPYCは記念SBTで地域振興を図る

徳島県海陽町が記念SBTを配布日本各地の自治体が、ふるさと納税の返礼品としてNFT(非代替性トークン)を導入し始めている。この新しいアプローチでは、Web3技術を活用してより広範なユーザーベースに訴求し、NFTの特性を利用して革新的な特典が設計されている。この動きは、地方自治体がデジタル技術を駆使して地域の魅力をアピールし、新しい支援者層を惹きつけるための斬新な取り組みとして注目を集めている。JPYC株式会社は徳島県海陽町で、JPYC商品券を活用した納税者に対し「2023年JPYCふるさと納税記念SBT(…
引用元: CoinPost

ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心

マクロ経済と金融市場5日の米NY株式市場では、ダウ平均株価は前日比79.8ドル(0.22%)安、ナスダック指数は44.4ポイント(0.31%)高で取引を終えた。関連:ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸|6日金融短観ビットコイン(BTC)高騰に伴い、日本や米国株式市場で暗号資産(仮想通貨)関連銘柄が物色されている。カナダに本拠を置くフルサービス投資銀行CanaccordGenuityのレポートによれば、前月比19%高のBTCを前月比23%高のマイクロストラテジー株価がアウトパフォームしており…
引用元: CoinPost

米ナスダック上場のビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注

過去最大規模400億円相当の発注ナスダック上場の米暗号資産(仮想通貨)マイニング企業「RiotPlatforms」(RIOT)は4日、MicroBTから66,560台の最新ビットコイン(BTC)マイニングマシンを購入した。これまで最大規模の注文となる。約428億円(2億9,050万ドル)で発注したこれらのマシンにより、ハッシュレートが18EH/s(エクサハッシュ/毎秒)追加されるとしている。さらに、固定価格で最大75EH/s分のマイニングマシンを追加購入するオプションも確保した。Riotは以前、3万3,2…
引用元: CoinPost

「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO

動画コンテンツ紹介新たにリブランディングした「WebXSTUDIO(旧:CONNECTV)」。「WebXSTUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あたらしい経済編集長の設楽悠介が、主に事業者向けのNFT(非代替性トークン)活用方法について解説した。動画の目次今回の動画は、以下のような構成となっている。
NFT市場は拡大していくのか(1:03~)NFTで実現できること(7:30~)無料配布NFTの意義と活用法(14:53~)
動画の視聴はこちら#CONNECTVとは仮想通貨(暗号資産)メデ…
引用元: CoinPost

ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出、SEC一斉承認の期待高まる

ビットコインETFの一斉承認に向けた期待米国の資産運用大手ブラックロックとビットワイズが、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の現物ETFの申請書(S-1フォーム)の修正版を、米国証券取引委員会(SEC)に提出したことが4日に判明した。延期されているビットコイン現物ETFの上場申請について、SECが一斉承認に向けた準備を進めているのではないかとの憶測が拡がっている。一部のアナリストは、SECが複数の申請に対して同時期の判断期限を設定していることに注目し、協調された動きであると見ている。ブルームバーグ…
引用元: CoinPost

イーサリアムベースのDigiFT、デジタル証券(RWA)市場展開に向けシンガポールでライセンス取得

デジタル証券をイーサリアム上で発行・流通イーサリアム上でリアルワールドアセット(RWA)トークンの取引プラットフォームを展開するDigiFTは5日、シンガポール金融管理局(MAS)から資本市場サービス(CMS)ライセンスを取得し、市場運営者(RMO)としての許可を得たことを発表した。これにより、デジタル証券(セキュリティトークン:ST)の一次市場(発行・配布)と、二次市場(流通や取引)の両方を正式に提供できるようになった。DigiFTはシンガポールで有価証券や共同投資スキームの受益証券などの金融商品をオン…
引用元: CoinPost

「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す

SECの弁護士に説明を求める米連邦地方裁判所ユタ地区のロバート・シェルビー判事は11月30日、暗号資産(仮想通貨)企業の資産凍結について、「誤解を招く」証拠を提示して裁判所を説得した可能性があるとして、米証券取引委員会(SEC)に対し、その理由を説明するよう命じた。今年7月に提起されたこの訴訟でSECは、DigitalLicensingInc.(通称DEBTBox)が「ノードライセンス」と称する未登録証券を販売し、数千人の投資家から4,900万ドル(約72億円)超を詐取したと主張。同社に対し、暫定的差し止…
引用元: CoinPost

ブラジル最大手銀行イタウ、ビットコインなど仮想通貨取引サービス開始

まずBTCとETHの取引提供ブラジル最大手銀行イタウ・ウニバンコは4日、同社の投資プラットフォームで暗号資産(仮想通貨)取引サービスを開始した。ロイター通信が報じた。同銀行のデジタル資産責任者グト・アントゥネス氏は、まず最も人気のある仮想通貨であるビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の取引を可能にすると述べた。また、将来的には他の仮想通貨も追加していきたいとしている。上場する銘柄の拡大については、ブラジル国内の仮想通貨規制がどのように整備されていくかにも依存すると続けた。イタウはユーザー資産を保…
引用元: CoinPost

グレースケール、「GBTC」のビットコインETF転換についてブログで説明

ニューヨーク証券取引所への上場に備える米大手暗号資産(仮想通貨)投資企業グレースケール・インベストメンツは1日、「GBTCがETFとしてNYSEArcaに上場するとどうなるか」と題したブログを公開した。「ビットコイン現物ETFの上場承認は時間の問題である」として、現在運用する投資ファンド「GBTC」をビットコインETFへと転換し、米ニューヨーク証券取引所Arcaへ上場させることに注力していると強調した。ブログは、同社のクレイグ・サルム最高法務責任者(CLO)とエドワード・マクギー最高財務責任者が、よくある…
引用元: CoinPost

オーストラリア退職金ファンド(年金基金)、仮想通貨の保有額増加で900億円規模に

4年間で仮想通貨保有額5倍にオーストラリア税務局は11月26日、退職金積み立て型の自己管理型スーパーファンド(SMSF)の資産運用に関する統計を発表した。2019年からの4年間で、暗号資産(仮想通貨)への資産運用配分が約5倍に増加したことがわかった。2023年9月末までの四半期で計970億円(約9億9,200万豪ドル)相当の仮想通貨を保有していた。自己管理型スーパーファンド(SMSF)
オーストラリアの被用者に加入が義務付けられる私的年金の種類の一つ。加入者4名以下の個人向け小規模ファンドで、加入者が運用…
引用元: CoinPost