仮想通貨詐欺集団PlusTokenの差し押さえ資産、4300億円以上に相当

仮想通貨(暗号資産)業界で最大規模のポンジスキームとして逮捕者が出た「PlusToken」について、中国当局が押収した仮想通貨の内訳が明らかになった。中国の裁判所が公表した資料によると、押収された仮想通貨は現在レート換算で42億ドル(4371億円)を超える規模で、法に従って処理され、換金された資産は国庫に帰属する。仮想通貨の内訳は以下の通りビットコイン(BTC):19万4775BTCイーサリアム(ETH):83万3083ETHライトコイン(LTC):140万LTCイオス(EOS):2760万EOSダッシュ…
引用元: CoinPost

仮想通貨取引所GMOコイン、Sparkトークンの上場申請を示唆──XRP(リップル)保有者向けの明確な方針は国内初

GMOコイン、Sparkトークンのオプトイン実施国内大手取引所GMOコインは27日、国内の暗号資産取引所で初めて、仮想通貨XRP(リップル)の保有者に付与される予定の「Sparkトークン」に関する明確な対応方針を発表した。12月12日午前9時時点で、権利確定日にあたる「スナップショット」に基づいて付与されるSparkトークンについて、顧客から預かるXRP全てに対し、オプトインを実施し、付与された仮想通貨を自社のコールドウォレットで管理する。Sparkトークンの取扱開始については、法令や自主規制団体の規則に…
引用元: CoinPost

仮想通貨高騰で関連詐欺が増加傾向、リップル社や取引所公式を装った事例も

価格高騰で詐欺も活発に10月以降の暗号資産(仮想通貨)価格高騰を背景に、仮想通貨関連の詐欺が増加傾向にある。仮想通貨のGiveaway(タダでプレゼントする)は、詐欺の典型的な手口として横行してきたといっても過言ではない。例えば「仮想通貨を配布するため、あなたアドレスを教えてほしい」といった口実で少額の仮想通貨を犯人のアドレスに送金させるが、当然配布は行われない。少額に設定されていることで、手口にひっかりやすくなっている。こういった詐欺の手口は、メールか、あるいはツイッターのリプライ欄などでから誘導するも…
引用元: CoinPost

フェイスブック主導の仮想通貨リブラ、最短で21年1月ローンチか=Financial Times報道

リブラ最短で21年1月ローンチ米フェイスブック社が主導で開発する仮想通貨ステーブルコイン「リブラ」が、早ければ2021年1月にローンチする可能性が浮上した。FinancialTimesが情報筋の話として報じた。ローンチのためには、リブラ協会はスイス連邦金融市場監督機構(スイス金融市場監督局)から決済サービスの「ライセンス」を取得する必要があるが、21年1月にも実現する可能性がある。リブラプロジェクトは19年6月に発表された。当初グローバルステーブルコインとして複数の法定通貨を裏付け資産にして発行する予定だ…
引用元: CoinPost

仮想通貨市場、本格始動に「明確な規制」が不可欠──インド投資意識調査

インドで1万人超に仮想通貨投資に対する意識調査インド最大の暗号資産(仮想通貨)取引所の1つ「CoinDCX」が仮想通貨に対する意識調査を実施、簡単に投資できる選択肢や知識の欠如、規制の不明確さが投資する上での課題となっているとする調査結果を発表した。同調査では、25〜35歳という若い年齢層を中心として11,000人以上から回答を得たもので、全体の53%が仮想通貨への投資を行っていた。
HereisMoodoftheNationsurveyreport.Thissurveyisanimportantbenc…
引用元: CoinPost

ライトコイン相場分析 : ここ3日間の下落率は20%、大きな価格調整が入る | ビットバンク マーケット情報

11月26日のライトコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆していますが、オシレーターがプラス域で推移しておりこれを否定しています。ライトコインは昨日13%ほど下落しました。3日連読の陰線を記録中です。昨日は53EMAが推移する6800円でサポートされ、終値にかけて小幅に反発しました。オシレーターは大幅に下落しCCIは本日の始値からマイナス域に突入しています。20日間ほど続いていたMACDも昨日デスクロスが発生しました。モーメンタムは明らかに低下しました。ADX(44)は高い水準を保っているものの下落しておりトレンドの弱体化を示しています。今週に入り強く売られているライトコインですが、8月に記録した高値7000円の上位は維持しています。ライトコインは価格調整相場に突入しているとみられ、今後は押し目を探る展開になりそうです。長期のテクニカルでは、価格が雲の上位で推移し53EMAも上回っているため強気トレンドが継続してます。価格調整後は再び高値を試す展開になると予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 利益確定売りの連鎖により急落も相場のアク抜きに成功か | ビットバンク マーケット情報

11月26日のビットコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気を示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しているためこれを否定しています。ビットコインは昨日久々に急落し一時10%を超える下落をみせました。一気に移動平均線を下回り終値は180万円を割り込みました。オシレーターは依然としてプラス域を保っている一方、価格同様に大きく下落しておりモーメンタムが悪化しています。FisherとMACDは遅行線を下回り買いシグナルが解消されました。MACDはプラス域に突入した10月9日から約1ヶ月間上昇していましたが、昨日ついにデスクロスが発生しました。ADX(50)は高水準に位置している一方、大きく下落しておりトレンドが弱くなったことを示しています。ビットコインは昨日、高騰の反動から大きく売られ15万円幅の下落を記録しました。利益確定の売りが連鎖したことが要因であると推測されます。大幅下落したビットコインですが、長期目線ではまだまだ上昇トレンドを維持しており、相場が落ち着けば再びジリジリ高値を目指す展開になると予想されます。ここ数週間は大きな下落もなく上昇していたため、相場のアク抜きには丁度いい調整だったと考えられます。昨日の反発ポイントになった170万円付近からは強いサポートが期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

BTCは今年2番目の下げ幅 終わりの始まりはまだ来てない? | ビットバンク マーケット情報

26日のビットコイン(BTC)対円相場は158,517円(8.14%)安の大幅安となり、終値は1,789,039円と今月17日以来の水準まで一気に沈んだ。前日NY時間の相場は2018年1月8日ぶりに200万円にタッチしたが、その後は利益確定が入り失速し始めると、昨日未明から海外主要取引所へのBTC送金が急増したことが大口の利食いを想起させたことに加え、米コインベース最高経営責任者(CEO)のブライアン・アームストロング氏がツイッターで、ムニューシン米財務長官が個人が管理する暗号資産(仮想通貨)ウォレットの個人情報を交換業者に特定させる規制を検討している可能性を指摘したことが弱材料となり、昨日の相場は東京時間から安値を広げる展開。相場は10月から調整という調整を経ずに上昇し続け、対ドルで過去最高値目前だったということでロングポジションが相応に溜まっており、こうしたポジションの巻き戻しが相場急落に拍車を掛け、BTCは一時247,556円(12.71%)値下がりした。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン反落 過去最高値更新目前で利益確定売り

ビットコイン反落26日の仮想通貨市場でビットコインが4日ぶりに反落した。一時、前日比2000ドル(10%)安の16200ドル(168.8万円)を記録した。急ピッチな高騰で年初来高値の更新が続いたビットコインだが、米ドル建の過去最高値更新を目前に、短期的な利益確定売りが優勢となった。直近の上昇相場を牽引してきたイーサリアム(ETH)やXRP(リップル)などの主要アルトコインも売られ、全面安の様相を呈している。約1ヶ月半に渡って仮想通貨の出金が停止していたOKExが出金再開を発表したタイミングと、市場下落が重…
引用元: CoinPost

英フィンテック企業開催の仮想通貨取引アルゴ開発コンテスト、名門大学の学生が競う

仮想通貨の取引アルゴリズムを考案英ロンドンのフィンテック企業APEX:E3が、暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースやFTXなどと提携して、学生向けコンテストの開催を発表した。英オックスフォード大学や英ケンブリッジ大学の数学科およびコンピュータサイエンス科の学生が、アルゴリズムによる取引を考案して競うものだ。15チームがAPEX:E3の提供するAPIを使用してアルゴリズムを構築し、CoinbaseProとFTXでスポットマーケット取引を実行する。各チームは、技術サポートや取引に関する助言を受けられる仕組み…
引用元: CoinPost

国際決済銀行、ステーブルコインに自動監視機能を埋め込む枠組み提案

ステーブルコインに関する論文発表国際決済銀行(BIS)がステーブルコインに関するワーキングペーパーを発表し、通貨の監視機能を通貨に「埋め込む」ことで自動的に規制当局へデータを提供する枠組みを提案した。30ページに及ぶワーキングペーパーはリブラの台頭によって世界各国の政府機関が対応を迫られたステーブルコインに関するもの。論文内では原則的に新たな技術は「さらなる監視の機会を提供する」と唱え、中央集権型のステーブルコインには監視機能を埋め込む(プログラム)する事で自動的に監視に必要なデータを提供することが可能と…
引用元: CoinPost

ドイツ財務大臣、民間の仮想通貨を支持せず

Arrayドイツ財務大臣のOlaf Scholz氏が、銀行システムのデジタル化を推進するが、民間が運営する仮想通貨プロジェクトに関しては支援を行わない方向であることを明らかにした。 ドイツ財務大臣 デジタル変革は必要だが民間の仮想 […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

中華系大手取引所OKEx、停止していた仮想通貨出金再開へ 顧客向けの補償プランを実施

OKEx出金再開中華系大手暗号資産(仮想通貨)OKExが、停止状態にあった仮想通貨出金機能の再開を日本時間26日17時(8:00UTC)に行う予定を発表した。
#Announcement:Pleasedtoannounce@OKExhasrestoredthefullrangeofwithdrawalservices,whichisscheduledtoreopentodayat08:00UTC.Thankseveryoneonceagainfortheirpatience,supportandtrust…
引用元: CoinPost

米国で仮想通貨ウォレットの規制強化案が浮上か=Coinbase Armstrong CEO

個人ウォレットの取締強化の可能性米国の主要仮想通貨取引所CoinBaseのBrianArmstrongCEOが米国ムニューシン財務長官がトランプ政権の任期満了前に仮想通貨(暗号資産)のKYC(顧客確認)を完了しない個人ウォレットを取り締まる新たな規制を作る可能性があると言及した。
LastweekweheardrumorsthattheU.S.TreasuryandSecretaryMnuchinwereplanningtorushoutsomenewregulationregardingself-hos…
引用元: CoinPost

リップル相場分析 : リップルは短期で乱高下、短期の売りをこなせば再び高値追いか | ビットバンク マーケット情報

11月25日のリップルの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。リップルは3日振りの陰線を記録し4%ほど下落しました。本日も10%ほどすでに下落しており、間近高値76円から20%以上下落しています。急騰の反動から価格調整が行われています。オシレーターは高値で推移し相場のモーメンタムが上向きであることを示しています。一方この2日間の下落でFisherの買いシグナルは解消されています。MACDは依然として上昇しています。ADX(53)は基準値の20を大きく上回り強いトレンドの発生を示唆しています。リップルは短期のボラティリティが上昇しており価格が乱高下しています。短期トレードはポジションサイズを通常より落とすことを推奨します。ここ2日間で下落しているリップルですが日足チャートでは価格が14EMAを大きく上回り価格調整の範囲と言えます。50円より上位での推移は強い上昇トレンドが継続しているとみることができます。週足でみると2018年9月の高値70円が現在のレジスタンスになっているようです。短期の利確売りをこなせば再び高値を試す展開になると予想されます。週足の長期目線では、リップルは一目均衡表の雲を抜け、ここ数年の高値と安値を切り下げるチャートから安値と高値を切り上げるチャートストラクチャーに変化しています。2017年以降の弱気トレンドを抜けており、長期の上昇トレンドに入っている可能性があります。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : ビットコインは200万円の大台にタッチ、終値では利益確定に押される | ビットバンク マーケット情報

11月25日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。昨日、ビットコインは一時200万円にタッチし間近高値を更新しました。しかし終値にかけて売られ最終的には194万円で日足が確定しました。現在2日連続の陽線が記録されており継続的に買われています。オシレーター系は高値圏を維持し総合的に強気のモーメンタムを維持しています。一方、今週に入り下落傾向にあることには注意が必要そうです。CCIは三角持ち合いを形成しており抜ける方向に注目です。MACDは遅行線にジリジリ近づいており、デスクロスの発生が懸念されます。ADX(53)は強いトレンドの発生を示している一方、ボラティリティは低下傾向にあることを示唆しています。ビットコインは200万円手前の高値で底堅く推移しており、185万円付近が現在サポートとして機能しています。185万円の上位での推移が続いているうちは強気トレンドが継続しているとみて問題なさそうです。200万円は大きな節目の数字であるため利益確定売りも出やすく、ブレイクにはこれまで以上の買い需要が必要になります。新規でのロングポジションを持つには明確に200万円を抜けてからが安全でしょう。安値から持ってるロングポジヨンは利益確定を視野に入れてもいい水準の価格帯です。引き続き高値圏での利確売りには警戒したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン記事、ウォール・ストリート・ジャーナルの一面に掲載

Array11月23日に発行された米大手経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の一面に、機関投資家が仮想通貨ビットコイン(BTC)を購入しているといった内容の記事が掲載された。 ビットコイン 米大手経済新聞「ウォール・ […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

バイナンス、Sparkトークン配布に対応表明

仮想通貨(暗号資産)取引所Binanceは25日、暗号資産(仮想通貨)XRP保有者に対し、ネイティブトークンSparkの付与(エアドロップ)を発表した「フレアネットワーク(FlareNetworks)」のトークン配布イベントに対応する方針を発表した。トークン配布の数量を決定する20年12月12日のスナップショット(権利確定日)の2時間前から入出金を停止し、取引所に預け入れられたXRPの比率を基準にSparkトークンを配布する。
#BinanceWillSupportthe$SPARKAirdropProg…
引用元: CoinPost

ニューヨーク連銀とカリフォルニア大の共同論文「CBDCは民間仮想通貨よりプライバシー面で有益」

CBDCは消費者の情報保護に有益カリフォルニア大学サンタバーバラ校(USCB)の経済学教授と、ニューヨーク連邦準備銀行のエコノミストが、中銀発行デジタル通貨(CBDC)についての論文を執筆。民間セクターの暗号資産(仮想通貨)よりも、プライバシーの点でユーザーに有益だと評価した。論文タイトルは「MonetizingPrivacy(プライバシーの収益化)」で、USCBのRodGarratt教授とニューヨーク連銀のMichaelLee氏により共同執筆されたもの。両者は、CBDCが、消費者に低コストでプライバシー…
引用元: CoinPost

XRP(リップル)保有者向けのトークン付与、国内対応で仮想通貨事業者12社が協力体制

仮想通貨国内の仮想通貨(暗号資産)事業者12社(オブザーバー1社)は25日、XRP(リップル)保有者への「FlareNetworksSparkトークン付与についての対応」について、共同声明を採択した。声明によれば、「Sparkトークン付与については、顧客資産保護、顧客メリット最大化を目的として、国内事業者12社(オブザーバー1社)で協調し、FlareNetworksとの協議を行なっている。」交渉に進捗があり次第、参加各社のお知らせサイトより、適宜アナウンスを行う。国内事業者12社が足並み揃えてトークン付与…
引用元: CoinPost

ローンチ7周年を迎えたPoSブロックチェーンNxt、後継プロジェクトArdorとは

Nxtが7周年コンセンサスアルゴリズムにPureProofofStake(PPoS)を初めて採用したことで有名なブロックチェーンプロジェクトのひとつ、ネクスト(Nxt)は11月24日、ローンチから7周年を迎えた。ネクストは2013年11月24日にメインネットへローンチされ、18年にアーダー(Ardor)に統合された。アーダーは複数のチェーンで構成されるブロックチェーンプラットフォームで、ペアレントチェーンを土台としたエコシステムを構築している。参考:XangleネクストではNxtAssetExchange…
引用元: CoinPost

韓国、仮想通貨税制の施行時期を2022年まで延期か

22年に延期へ韓国で暗号資産(仮想通貨)に係る所得税法の施行時期を2022年の1月まで遅らせる提案が提出された。仮想通貨取引所事業者などから、税申告のインフラを整えるための時間が不足しているとの声が上がっていることが背景に、国会の企画財政委員会が、少なくとも2022年の1月1日以降から仮想通貨所得税ルールを実施することを提案したことを現地メディアが報じた。当初の予定では、改正税法は国会の承認を得て、2021年10月1日から施行される見込みとなっていたが、2022年までの延期を検討する。韓国の税制案は、仮想…
引用元: CoinPost

【速報】仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)が19000ドルを突破!バブルはこれから?

Arrayビットコインの価格が記録を突破するほどに、市場参加者の間では「いつ暴落するのか」と言う逆張りの思考が増加します。 ここに新旧の暗号資産投資家の思考の違いがあります。 今まだ参加している新規投資家は底堅くポジションを保有し […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

イーサリアム相場分析 : イーサリアムは2018年5月以来の高値圏へ、相場は強い状態を維持 | ビットバンク マーケット情報

11月24日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。イーサリアムは先週、価格が21%上昇し、今週もすでに8%上昇しています。これまでの年初来高値5.1万円を超えると価格は一気に6.4万円まで上昇しました。先週に続き今週も強く買われています。オシレーターはすべて上昇しておりモーメンタムは良好な状態を維持しています。今後どこまで伸びるか注目です。ADX(47)は強いトレンドの発生を支持しています。ADXは上昇しておりトレンドの継続、ボラティリティの上昇を示しています。イーサリアムのテクニカルは非常に強い相場に突入していることを示唆しています。オシレーターとADXは共に良好な状態にあり、上昇トレンドの継続を示しています。短期では先週、先々週の高騰の反動から押す場面もあると予想されますが、強く押した場合は積極的に買いでのエントリーができる相場状態です。イーサリアムは2018年5月以来の高値圏で推移しており、今後どこまで高値を伸ばせるか注目です。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 190万円台を回復し強い値動きが継続も相場はやや過熱傾向か | ビットバンク マーケット情報

1月24日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがプラス域で推移しておりこれをコンファームしています。ビットコインは昨日小幅に上昇し終値を190万円台に戻しました。ドル建てでは価格が1.9万ドルに到達し年初来高値を更新しています。高値を追う強いプライスアクションが継続しています。短期でオシレーターは下降傾向にあり上昇の勢いが減退していることを示唆しています。ここ数ヶ月間はオシレーターの下落が相場の押し目となり価格の上昇に繋がっていました。今週もこの流れを引き継いでいるか注目です。Fisherは本日の始値から高値圏で再びゴールデンクロスが発生しています。ここ数日間下落してたMACDも横ばい推移に転じています。ADX(54)は強いトレンドの発生を支持しているものの今週は下落しています。ボラティリティの低下を示しています。ビットコインは200万円到達が現実味を帯びる価格でコンソリデーションしています。底堅い値動きが継続しており、積極的に売っていく相場ではありません。一方、価格は歴代最高値圏で推移しており短期では上値余地が限られていると予想されます。昨日は低位のアルトコインにも強い買いが入るなど相場に過熱感もみられました。現物を保有している場合はショートでヘッジするなどして、ある程度利益を確定させる動きが推奨されます。プライスアクションは強さを維持していますが、引き続き高値警戒感は持って相場に臨みたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース