ビットコイン下落 6週間ぶりの安値を更新

ビットコイン下落26日の仮想通貨(暗号資産)市場でビットコインが下落。アルト市場もビットコインの下落幅を超える銘柄が目立つ展開で、全面安の様相を呈している。
出典:Coin360
ビットコイン相場は、数時間で数十万円規模の下落を記録した。6万ドルのレジスタンスライン(上値抵抗線)をブレイクできず、米ドル建てで一時5万5千ドル(約627万円)と6週間ぶりの安値を更新している。南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異ウイルスが検出され、感染が急増しているとの報道が嫌気され、東証株価指数(TOPIX)の全33…
引用元: CoinPost

人気マンガ「魔法使いの嫁」NFTフィギュア、パレットチェーンで発行

「魔法使いの嫁」3DフィギュアのNFT発行へNFT事業を運営する株式会社Hashpaletteは26日、株式会社Link-U・株式会社マッグガーデン・MAGHUBPTE.LTD.と連携し、人気マンガ「魔法使いの嫁」3DフィギュアのNFTをパレット(PLT)チェーン上で発行することを発表した。関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説「MugenARt」で販売
プレスリリースNFT特化ブロックチェーン「Palette(パレット)」上で人気マンガ作品「魔法使いの嫁」の3DフィギュアNFTを海外向…
引用元: CoinPost

英法律委員会、スマートコントラクトの法的取扱いを説明

柔軟なコモン・ローの体系英国における法体系の一つであるイングランドとウェールズ(以下、E&Wと表記)の法律委員会(TheLawCommission)は25日、同地域における現行法は、スマートコントラクトへの適用に十分対応できると発表した。「法典編纂委員会」とも訳される法律委員会は、法の改革を推進する目的で、1965年に設立された法定独立機関。時代遅れとなった不必要な法律や変則の廃止、類似した規則の削減などにより、法律の成文化を促進する。また法律の公正性、シンプルさ、現代の様式に見合っているか、また費用対効…
引用元: CoinPost

bitbank、Chainlink(LINK)上場へ

bitbankにも上場国内仮想通貨取引所bitbankは26日、チェーンリンク(LINK)の取り扱いを12月3日より開始することを発表した。現物取引として取引所(板取引)にて提供され、LINK/JPY、LINK/BTCのペアが利用できる。関連:どこよりも充実した板取引、bitbankの特徴とおすすめポイントSBIVCトレード、ビットポイントなどに追随チェーンリンクが上場することにより、bitbankでの取り扱い銘柄は12種類となる。チェーンリンクは今年9月にSBIVCトレードにて、国内取引所としては初めて…
引用元: CoinPost

「メタバースとWeb3.0の将来性」米グレースケールがレポート

メタバースは1兆ドルの機会をもたらす可能性米最大手暗号資産(仮想通貨)投資企業グレースケールは24日、メタバースとWeb3.0についてのレポートを発表。その可能性や活用事例を説明した。グレースケールは、メタバースを「相互に接続された体験型の3D仮想世界で、空間的な制約を超えて人々とリアルタイムで交流し、デジタルと物理の世界にまたがる、ユーザー所有のインターネット経済を形成することができるもの」だと定義している。「メタバースのビジネスチャンスは様々な分野に広がっている」とも続けた。メタバースは、ゲーム、広告…
引用元: CoinPost

自民党・政策懇談会にJCBA廣末会長らが出席、「仮想通貨の税制要望書」を説明

政府に税制改正要望へ24日、自由民主党『予算・税制等に関する政策懇談会』【金融・証券関係】が開催され、令和4年(2022年)の税制・一般政策の要望聴取と意見交換が行われた。日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)の廣末会長、幸専務理事が出席し、政府に提出された税制改正要望書および添付資料について説明を行なった。昨年も同様の動きがあった。
公式資料
背景として、以下の3点を訴えている。
税務申告促進の必要性制度内の整合性海外の暗号資産税制との比較
1.税務申告促進の必要性暗号資産課税において、利用者による適正な…
引用元: CoinPost

Visa、仮想通貨関連事業の強化へ 新たな求人で拡充見込む

仮想通貨事業に本腰か米決済大手Visaは23日、暗号資産(仮想通貨)関係で新たな求人情報を10件以上公開した。ディレクター、アナリスト、UXデザイナーなど職種は多岐に渡っている。
Visapublished+10cryptojobsinthelast24hpic.twitter.com/LPWZGUGgay—Blockworks(@Blockworks_)November23,2021
Visaは、これまでにも仮想通貨部門のチームを順次強化しており、7月にはビットコイン(BTC)などの仮想通貨、ステーブル…
引用元: CoinPost

沈静化したビットコイン市場にクジラの影、メタバース・セクターの高騰止まらず

仮想通貨市況25日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比+1.8%の万円(57,784ドル)と反発した。
BTC/USD日足
様子見基調が強まりつつある中、売り買い拮抗して方向感を欠いている印象は否めない。6万ドルのレジスタンスライン(上値抵抗線)が鬼門であるが、これをブレイクして上昇するようであれば、酔い醒しのように冷え込んだモメンタムを取り戻す可能性はある。一方、このまま安値を更新した場合は、少なくとも1BTC=52,000〜53,000ドルまでのダウンサイドリスクは覚悟する必要がある…
引用元: CoinPost

GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ

モナコイン上場ニュース国内暗号資産取引所GMOコインは25日、「取引所(現物取引)」と「貸暗号資産」にて、モナコイン(MONA)を取扱開始する予定を発表した。新規取扱の日程に関しては、預入が12月1日定期メンテナンス後、取引所(現物取引)での取引は12月1日21:00になるという。モナコイン(MONA)とはモナコインは日本の掲示板「2ちゃんねる」で有名なアスキーアート「モナー」をモチーフにして、2013年12月に誕生した国産仮想通貨。日本文化に根ざしたコミックマーケットや、動画配信と組み合わせたリアルタイ…
引用元: CoinPost

米仮想通貨投資企業Arca、35億円規模の新規NFTファンドをローンチ

すでに13億円調達米暗号資産(仮想通貨)投資企業Arcaは25日、新規NFTファンドをローンチし、すでに13億円を調達したことがわかった。SECに提出された書類によると、新規ファンド「ArcaNFTFund」は、NFT(非代替性トークン)分野に特化したもので、35億円の調達額を目指しすでに68の投資家から計13億円を調達している。私募は11月15日から始まったという。また、CoinDeskの入手したコメントによると、新ファンドはArcaの既存投資家に限定されたものだ。関連:大企業の関心集める「NFT」の魅…
引用元: CoinPost

COINJINJA、BSC出来高1位のNFTマーケット「tofuNFT」日本版を運営開始 

tofuNFT国内版がリリース仮想通貨アプリ・コイン相場を運営する株式会社COINJINJAは、マルチチェーン対応のNFTMarket『tofuNFT』の運営を開始することを発表した。合わせて、マイクリプトヒーローズ(MyCryptoHeroes)やマイサガ(MyCryptoSaga)など、doublejump.tokyoの運営するNFT/ブロックチェーンゲーム事業支援サービス「NFTPLUS(旧MCH+)」の参画ゲームタイトルと提携する。第一弾として、イーサリアムのサイドチェーン系の性質を持つPolyg…
引用元: CoinPost

凸版印刷、KDDI、ドコモ、ディーカレットらで「NFT分科会」発足、パレットチェーン使った実証実験検討へ

パレットチェーン使った実験へ凸版印刷、KDDI、NTTドコモ、HashPort、ディーカレットは、11月24日(水)に「デジタル通貨フォーラムNFT分科会」を設立したことを発表した。デジタル通貨フォーラムNFT分科会は、NFT(非代替性トークン)領域におけるデジタル通貨の利用について検討と実証実験を行い、今後成長が期待されるNFT領域におけるデジタル通貨決済の普及に向けた課題の特定と解決策の提案を行うことを目的とする。今回、その第一フェーズとして、NFTマーケットプレイスでの決済を想定した実証実験の検討に…
引用元: CoinPost

ふるさと納税でコロナ禍の事業者支援プロジェクト発足、47変化するNFTたぬき「チョイタ」配布へ

ふるさと納税サイトがNFT発行ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」は24日、新型コロナウイルスで被害を受けた地域の事業者や生産者を支援するプロジェクトの開始を発表した。「PowerofChoiceproject~私たちの選択が、地域事業者の力になる。~」と名付けられた同プロジェクトでは、賛同寄付者を対象に、ふるさとチョイスのオリジナルキャラクターNFT(非代替性トークン)アートが配布される。プロジェクトの実施期間は11月24日~12月31日。関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説ま…
引用元: CoinPost

オントロジー、モビリティ用ブロックチェーン開発のbloXmoveと提携

モビリティサービスの利便性向上へ分散型IDとデータに特化した、オープンソースプラットフォームを開発するOntology(オントロジー)は23日、ブロックチェーンを使ったエンタープライズ向けモビリティプラットフォームを提供する「bloXmove」との提携を発表。bloXmoveは、あらゆる公共交通機関や移動サービスのログインを、一つのアプリに統合するサービスの提供を目指すプラットフォームだ。またbloXmoveは、オントロジーのブロックチェーン技術を活用することで、他のパブリックブロックチェーンとの相互運用…
引用元: CoinPost

仮想通貨取引所ビットポイント、Chainlink(LINK)上場へ

チェーンリンク(LINK)上場へ暗号資産(仮想通貨)取引所ビットポイントは、チェーンリンク(LINK)を30日より取り扱い開始することを発表した。チェーンリンクは現物取引で提供され、販売所にて取り扱われるという。国内ではSBIVCトレードが初めて取り扱い開始し、その後bitFlyerが今年12月に上場させる予定を発表していた。関連:ビットポイントとは|主な特徴と注目ポイントを解説ビットポイントの取り扱い通貨数が拡大チェーンリンクの取り扱い開始日時は11月30日11:30を予定。ビットポイントは販売所サービ…
引用元: CoinPost

仮想通貨相場は下落もイーサリアムは4週連続の資金流入=CoinShares週刊レポート

CoinSharesの最新レポート英暗号資産(仮想通貨)投資企業CoinSharesは23日、デジタルアセット関連の金融商品に関する週間レポート(56号)を公開。仮想通貨市場は全体的に調整局面に入りつつある中、11月19日までの1週間にかけて、約180億円(約1.5億ドル)の資金流入を記録した。ビットコイン価格は12%下落する調整があったにもかかわらず、投資家のポジティブなセンチメントにさほど影響しなかったと見られる。銘柄別では、ビットコインが130億円(約1.1億ドル)と最多の資金流入を記録。複数の銘柄…
引用元: CoinPost

米FRBパウエル議長再任へ CBDC推進派のブレイナード理事が副議長に

FRB議長2期目に指名されるホワイトハウスは22日、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長に、現職のジェローム・パウエル氏を指名する方針を発表した。トランプ前政権が任命し、2018年2月に議長に就任したパウエル氏の任期は2022年2月まで。バイデン大統領の再任指名を上院が承認すれば、さらに4年間、米国の金融の舵取りがパウエル議長に委ねられる。インフレ懸念が高まる米国で、パンデミック下の非常に困難な時期における同氏の経済管理の手腕とリーダーシップが評価されたようだ。副議長にはFRB理事の一人であるラエル・…
引用元: CoinPost

NFT音楽プラットフォーム「Royal」、シリーズAで63億円調達

数々の著名ミュージシャンが資金提供米著名ミュージシャン3LAU(ブラウ)氏の立ち上げたNFTプラットフォーム「Royal」は22日、5,500万ドル(約63億円)の資金調達ラウンドを完了したことを報告した。
We’reincrediblyexcitedtowelcomeagroupofinnovativeartists,including@TheChainsmokers@Nas@stefflondon@Logic301@KygoMusic@JoynerLucas&@disclosuretothe@…
引用元: CoinPost

米NFL人気選手、年俸をビットコインで受け取りへ

NFL選手のビットコイン給与米NFLチームのロサンゼルス・ラムズのオデル・ベッカム・ジュニア選手は23日、年俸を暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)で受け取ると発表した。併せて、ファンに100万ドル(1.1億円)相当のビットコインを配布することも明らかにした。OBJの愛称で知られるOdellBeckhamJr選手はNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)の人気ワイドレシーバー(WR)。米決済・送金アプリのCashAppと連携して、給与をビットコインとして受け取ることを発表した。
It’saNEWE…
引用元: CoinPost

米Citiグループ、機関投資家向けのデジタル資産戦略へ本腰か

機関投資家向けデジタル資産チーム創設へ米金融大手Citiグループは12月1日より、機関投資家担当部門(ICG)にデジタル資産責任者を任命し、デジタル資産チームを立ち上げる計画だ。また、デジタル資産取り扱い能力を強化するため、同部門に、最大100人を追加で配属する意向だという。Blockworksなどが報じた。ICGの事業開発責任者であるEmilyTurner氏が同僚に送ったメモには、PuneetSinghvi氏が同部門のデジタル資産責任者になる旨が書かれていた。Singhvi氏は、これまでグローバル市場部…
引用元: CoinPost

ビットコイン下落後の投資家感情は?イーサリアムのバーン量は100万ETH目前に

11月の仮想通貨動向11月第3週の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)は続落で一時56,000ドル台を下回った。
出典:CoinMarketCap
時価総額2位のイーサリアム(ETH)は週末にかけてガス代の高騰が影響し、一時トランザクションの低下が目立っている。バーン数は97万ETHにまで増加しており、バーン総量は100万ETHまで目前に迫り、マーケットにおける需給のポイントとしても注目を集める。
出典:CoinMarketCap
仮想通貨分析企業Glassnodeによれば、9月以降からイーサ…
引用元: CoinPost

仮想通貨にひそむ投資リスクの「落とし穴」とは|事例から対処法を詳しく解説

暗号資産(仮想通貨)を始める前や初心者の段階で、必ず知っておくべきなのが仮想通貨の投資リスクです。値動きがある以上は損失を出すリスクをゼロにする方法はありません。しかし、危険の種類や所在を把握しておけば適切な予防策を講じられ、ダメージを回避・軽減できます。仮想通貨には従来の金融商品にはない独特のリスクも多く存在するため、株式・FXで十分な投資経験がある方でも今一度学び直しておいて損はありません。そこで本記事では、仮想通貨を取引する際に必ず知っておくべきリスクの種類と具体的な対処法につき、網羅して解説します…
引用元: CoinPost

改正金融商品取引法とは|bitFlyer(ビットフライヤー)の事例から考察する改正の背景と市場への影響

国内最大のビットコイン出来高を誇る暗号資産(仮想通貨)取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」が、21年10月14日に第一種金融商品取引業者として登録完了したことを発表。bitFlyerの証拠金サービス「Lightning」が停止に追い込まれる事態は回避され、胸を撫で下ろした投資家も多いでしょう。このように、規制が整いきっていない仮想通貨市場では、法規制の強化によってサービスが停止に追い込まれたり、値動きに大きな影響を与える可能性があります。今後さらに規制が強化された場合に適切な対処をするためには、…
引用元: CoinPost

プライバシー性の高い分散型アプリケーション「Snapps」とは

ゼロ知識証明でブロックチェーンの課題解消へ日々発展を続けるブロックチェーン分野において、依然として課題だと考えられている点が、スケーラビリティの限界、およびプライバシーの欠如だ。前者に関しては、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)ブームの舞台となったイーサリアム・ネットワークにて顕著に見られており、イーサリアム2.0やロールアップ技術の開発など、様々な対策が進められている。一方で後者のプライバシーについては、概してパブリックチェーンが機能するには、全てのトランザクションやアドレスが公開されて…
引用元: CoinPost

アーリーワークスが博報堂DYと提携 エウレカセブンの映画公開記念NFT販売へ

エウレカセブンがNFTにブロックチェーン開発などを行うアーリーワークスは22日、博報堂DYミュージック&ピクチャーズと協業し、NFT(非代替性トークン)の保有で拡がるエンタテインメント体験及びサービスの提供を目指すプロジェクトをスタートしたことを発表した。第一弾プロジェクトとして、映画『EUREKA/交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション』公開を記念し、「エウレカセブン」初のデジタルグッズ販売を開始する。今回、人気アニメのエウレカシリーズの各キービジュアルをNFT化し、数量限定・期間限定で販売する。中…
引用元: CoinPost

リップル(XRP)徹底解説、XRPレジャーを深堀り【CONNECTV・動画解説】

動画コンテンツ紹介今回のCONNECTVでは、リップル社所属吉川絵美氏を講師としてお招きして、「XRPレジャーの基本概要」「XRPレジャーをより深く知るためのリソース」など、リップル(XRP)をまだ詳しく知らないという方にも分かりやすく動画で解説する。動画の目次XRPレジャーとはXRPレジャーのユースケースXRPレジャーをより深く知るためのリソース動画の視聴はこちら
CONNECTV仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュー…
引用元: CoinPost

DEX(分散型取引所)への上場基準とは|KyberDMM寄稿

「上場」概念のないDEXある暗号資産(仮想通貨)やトークンが、bitFlyerやBinanceなどの取引所で売買可能になることを「あの仮想通貨がbitFlyer(またはBinance)に上場した」と言います。日本では特に上場に関して厳しい基準と審査が設けられており、日本の取引所に上場することは簡単ではありません。しかしKyberDMMやUniswapなどのDEX(分散型取引所)では、審査なしにどんな暗号通貨やトークンでも売買可能になることが通例です(したがって本来、DEXには「上場」という概念はありません…
引用元: CoinPost

週明けから二段安を演じたビットコイン相場、下値目途を探る

11/13(土)〜11/19(金)の仮想通貨相場13日に731万円を付けていたビットコイン(BTC)価格は、19日に一時636万円まで大幅下落。高値圏での調整局面となっている。bitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)11/13(土)〜11/19(金)レポート:今週のビットコイン(BTC)対円相場は上値の重い展開を繰り広げ、19日正午時点で、約5週間ぶりの安値となる640万円周辺で推移している。シカゴマーケンタイル取引所(CME)のBTC先物取引開始と同時に、週明けから750万円台に乗せたBTC相場…
引用元: CoinPost

ビットコイン大型アップグレード実装、財務省が仮想通貨を資本取引規制対象に|週刊仮想通貨ニュース

今週のニュース一週間(11/14~11/20)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。今週は、財務省が仮想通貨を外為法の資本取引規制対象とする方針を示し、記事が注目を集めた。仮想通貨市場では、ビットコインが下落し一時55000ドル台にまで落ち込んだ。このほか、ビットコインは大型アップグレード「Taproot」を実装した。また、米メジャーリーグ「エンゼルス」で活躍する大谷翔平選手が取引所FTXのアンバサダーに就任した。

目次
今週のニュースランキング相場ニュースランキング仮想通貨・ブロックチェーン業界ニ…
引用元: CoinPost

VPNの利用で遅延が生じるのはなぜか|Orchid(オーキッド)寄稿

安全性とのトレードオフVPNは、ブラウジングデータ、財務履歴、プライベートなコミュニケーションといった機密情報が第三者に漏洩するのを防ぐための、優れたソリューションです。VPNを利用するメリットはたくさんあります。VPNは、安全なオンライン環境を維持するためにも不可欠であり、ユーザーは無防備にインターネットを閲覧する場合よりも、検閲などを気にせず、自由にウェブ探索をする機会を得ることができます。また、政府やインターネットプロバイダによって特定のウェブサイトがブロックされているような地域においては、VPNは…
引用元: CoinPost