LongHash Ventures、130億円規模のWeb3ファンド設立

DeFiやNFT、メタバース関連プロジェクトなど支援Web3プロジェクトを支援するVC(ベンチャーキャピタル)のLongHashVenturesは10日、Web3(分散型ウェブ)スタートアップ支援を目的とした、約130億円(1億ドル)規模のファンド「LongHashVenturesFundII」の立ち上げを発表した。
1/5Wearethrilledtoannouncethefirstcloseofour$100milWeb3venturefundII,withbackingfrom@HashKey_Ca…
引用元: CoinPost

bitbank、ビットコイン(BTC)建取引ペアの提供終了へ

BTC建ペアの提供終了暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankは15日、ビットコイン(BTC)建の取引ペアの提供終了に関する詳細を発表した。日本円(JPY)建の通貨ペア以外は全て9月15日までで取り扱い終了となる。対象の通貨ペアは以下の通り。

XRP(リップル)/ビットコイン(BTC)ライトコイン(LTC)/ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)モナコイン(MONA)ビットコインキャッシュ(BCH)ステラルーメン(XLM)クアンタム(QTUM)ベーシック・アテンション・トークン(BAT)オーエムジ…
引用元: CoinPost

ブロックチェーンゲーム企業Murasaki、約2億円を資金調達

22年末までにラウンドを完了予定ブロックチェーンゲーム開発会社のMurasakiB.V.は15日、シードラウンドで約2億円(150万ユーロ)を資金調達し、ファーストクローズしたことを発表した。Murasaki社は、オランダを拠点とするゲームスタジオ。GameFiやNFTを活用したゲームを制作しており、現在は、日本人開発者が中心となり、ブロックチェーンゲーム「Cyberstella」の開発を進めている。「クローズ」とは、同一ラウンドにおいて、複数回投資を締結(クローズ)するときに使用される言葉。「ファースト…
引用元: CoinPost

ポルカドット基盤のAcalaネットワーク、1600億円相当の「aUSD」が不正発行

プロトコルの設定に欠陥暗号資産(仮想通貨)ポルカドット上のDeFi(分散型金融)プロジェクト「Acala」ネットワークで14日、脆弱性を利用し1,600億円(12億ドル)相当のステーブルコイン「AcalaDollar(aUSD)」が不正に発行されるという事件が発生した。公式側はaUSDを発行するHonzonプロトコルの設定に問題があると発表し、送金を含む特定のネットワーク機能を一時停止。その後、問題の原因を、稼働したばかりのiBTC/aUSD流動性プールの設定ミスと特定した。
Wehaveidentifi…
引用元: CoinPost

仮想通貨テラ(LUNA)創設者、ディペッグ騒動後初のメディア出演

DoKwon氏との異例対談暗号資産(仮想通貨)メディアTrustlessMediaは14日、テラ(LUNA)の共同創設者であるDoKwon氏が取材に応じたドキュメンタリーを公開することを発表した。5月のアルゴリズム型ステーブルコインのテラUSD(UST)のディペッグ騒動以降、メディア出演を避けていたKwon氏の独占取材を行った格好だ。
EXCLUSIVE:DoKwonbreakshissilence.CoinageEpisode0:InsideCrypto’sLargestCollapsewithTerr…
引用元: CoinPost

目先では底堅い展開、継続的なインフレ沈静化サインは要確認|bitbankアナリスト寄稿

今週(6日〜12日)の仮想通貨相場国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。

目次
ビットコイン・オンチェーンデータbitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータBTC取引数BTC取引数(月次)アクティブアドレス数アクティブアドレス数(月次)BTCマイニングプールの送金先取引所・その他サービスbitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)6日〜12日レポート:今週のビットコイン(BTC)対円は小確り。12日正午時点では320万…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース|ETH「マージ」の暫定実施予定日に注目集まる、ブラックロックがBTC投資信託を提供開始など

今週のニュース一週間(8/6〜8/12)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。今週は、イーサリアム(ETH)のアップグレード「TheMerge(マージ)」の実施予定日が、より明確に設定されたニュースが最も多く読まれた。暗号資産(仮想通貨)市場については、CPI(米消費者物価指数)発表前に警戒感が漂い、ビットコイン(BTC)やイーサリアムの価格が急反落したことを伝えた10日のレポートが関心を集めている。このほか、米資産運用大手ブラックロックが米機関投資家向けに、ビットコインのプライベート投資信託の提供を…
引用元: CoinPost

フィリピン中央銀行、仮想通貨取引所の新規ライセンス申請を3年間停止

ライセンス付与のアプローチを修正フィリピン中央銀行(BSP)は12日、9月1日から3年間、新規の仮想資産(仮想通貨)サービスプロバイダー(VASP)ライセンス申請を停止すると発表した。既存のBSPの監督下にある金融機関(BSFI)にのみ、新規VASPライセンスを付与するという。BSPの金融委員会は、「金融システムの整合性と安定性を維持し、デジタル・エコシステムに対する消費者の信頼を強化する」というBSPの方針に沿って、VASPのライセンス付与の方法を修正する決議を4日に承認していた。BSPは覚書で、この「…
引用元: CoinPost

著名投資家スティーブ・コーエン氏、仮想通貨に特化した新会社計画か=報道

仮想通貨専門の資産運用会社を計画か著名投資家のスティーブ・コーエン氏は、暗号資産(仮想通貨)に特化した資産運用会社の設立を計画している模様だ。関係筋の話として、Blockworksが報じた。コーエン氏は2020年にMLB球団の「ニューヨーク・メッツ」を買収した大物投資家である。関係筋によると、新会社は仮想通貨のスポット取引を計画しており、その他にもデジタル資産のデリバティブ取引や、デジタル資産に特化した外部のファンドに出資することを視野に入れている。イールドファーミングを含むDeFi(分散型金融)プロジェ…
引用元: CoinPost

スプレッド取引のワンクリック注文、ParadigmとFTXが提供

ParadigmとFTXの提携暗号資産(仮想通貨)の流動性ネットワークを提供するParadigmは12日、FTX(グローバル)との提携により、「ワンクリックスプレッド取引」の提供を開始した。トレーダーはワンクリックでデルタニュートラルのポジションを保有し、ファンディング・レート(金利)を稼ぐことができる。ParadigmがFTX.comと提携して提供する「ワンクリックスプレッド取引」は、FTXの現物および先物商品を活用して複数の通貨と限月でデルタニュートラルを作り、キャリートレードを簡単に実行するもの。ま…
引用元: CoinPost

CryptoPunks所有者権利が強まる可能性 新IPライセンス規約で

NFT売却後もグッズなどの権利を保持できる可能性元祖NFT(非代替性トークン)コレクション「CryptoPunks」の新IPライセンス規約が8月15日に発表される。この新規約では、所有者に予告されていた商業的使用権を付与するほか、「BoredApeYachtClub(BAYC)」など、その他の人気NFTと比較して、ライセンス権などで所有者に「より強い権利」を与える可能性が浮上。
TheNFTsandIPrightsaretiedtogether.ThismeansallPunkIPrightswilltr…
引用元: CoinPost

インド当局、破産申請した仮想通貨企業Vauldの資産を凍結

マネロン捜査の関連で資産凍結インドの金融犯罪対策機関、執行局(ED)は12日、暗号資産(仮想通貨)取引・融資プラットフォームVauldが所有する約61億円(4,600万ドル)相当の法定通貨と仮想通貨を凍結したと発表した。Vauldは仮想通貨市場の債務不履行の波の影響を被った企業である。7月に顧客資産の出金・取引や預金機能を停止し、その後シンガポールで破産申請を出した。米仮想通貨レンディング企業Nexoが、Vauld買収に向けた動きをみせているところだ。Vauldは債権者に対して、合計4億200万ドルの債務…
引用元: CoinPost

取引所AscendEX、Lovely Inu(LOVELY)トークンの取り扱い開始

LOVELYトークン上場暗号資産(仮想通貨)取引所AscendEXは10日、LovelyInu(LOVELY)の上場を発表した。通貨ペアはステーブルコインのテザー(USDT)建てとなる「LOVELY/USDT」。12日現在、すでに取引は開始されている。LovelyInu(LOVELY)は、2021年6月に設立されたプロジェクトで、DeFi(分散型金融)「ミームプラットフォーム」として展開が行われている。ミームトークンとは、インターネット上のミーム(流行したスラング)にインスパイアされた仮想通貨のこと。ワン…
引用元: CoinPost

Ginco社が仮想通貨ウォレット関連特許を取得、金融機関での利用を想定

外部接続なしでの仮想通貨送金を実現Web3(分散型ウェブ)ディベロップメントカンパニーのGincoは12日、暗号資産(仮想通貨)ウォレットに関する特許を取得したことを発表した。Ginco社は、仮想通貨やブロックチェーン活用に取り組む事業者向けサービスを開発しており、業務用の仮想通貨ウォレット分野で大きな実績を有している。今回、同社が取得した特許は、仮想通貨を取り扱う金融機関が、安全かつ高い費用対効果で業務態勢を構築することを可能にするもの。特許の申請自体は19年10月に行われていた。関連:Ginco、みず…
引用元: CoinPost

ソラナ基盤ウォレット「Slope」が不正流出に関する見解を公表

「決定的な証拠はない」暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)基盤のウォレット「Slope」は11日、先週に発生したソラナ関連ウォレットからのユーザー資産の流出問題についての声明を発表。セキュリティ上の欠陥があったことを認めた上で、ハッキング被害の直接要因と結びつける「決定的な証拠」はないとする見解を公表した。ソラナからの資産流出は3日に起こり、被害額は推定5.3億円(400万ドル)に及んだ。「Slope」や「TrustWallet」など複数のホットウォレットプロバイダー上に存在する、約9,000のアドレスが…
引用元: CoinPost

「バリデーター分散化が向上」ソラナ財団の8月報告

ソラナバリデーターの健全性高速L1ブロックチェーンのソラナ(SOL)をサポートするソラナ財団は11日、「バリデーター・ヘルス・レポート」を公開。バリデーターネットワークが高度に分散され、拡大し続けているとして、ソラナ・ブロックチェーンの健全性を強調した。バリデーターとは、ブロックチェーンに記録されるデータの妥当性を検証するノードのことで、対価として仮想通貨の報酬を得る。各バリデーターは独立して稼働するが、ネットワークデータのコピーを共有・更新する。そのため、多くのバリデーターが地理的に分散していると、仮に…
引用元: CoinPost

FTXサムCEOの嘆き「仮想通貨業界の窮地を共に救える企業がない」

仮想通貨業界の「救世主」大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのSamBankman-FriedCEO(通称サム)は10日、仮想通貨メディア「Decrypt」のポッドキャストに出演。FTX以外に、窮地に陥った仮想通貨企業の救済を申し出る企業がないと嘆いた。番組のホストから「仮想通貨業界を支えるアトラス」に喩えられたサム氏は、自ら望んでそうなっているわけではなく、他の人が代わりに引き受けてくれたら嬉しいとコメント。しかし、誰もそうしようとはしないから自分がやるしかなかっただと述べた。サム氏は業界の他企業にも救…
引用元: CoinPost

カナダ規制当局、セルシウスの捜査で米政府と連携か=報道

カナダ当局もSECと連携へ暗号資産(仮想通貨)プラットフォーム・セルシウスの破綻について、カナダの規制当局が米当局と連携を進めていることがわかった。関係筋の話として地元紙が報じた。関係者によれば、カナダ東部のケベック州で最大規模を誇る大手年金基金(ペンション・ファンド)であるCaissededépôtetplacementduQuébecが2021年10月にセルシウスに1.5億ドル(200億円)を出資していたことが捜査の要因。6月からケベック州のAMF(金融市場庁)やトロント証券取引所を管轄するオンタリオ…
引用元: CoinPost

米上院議員、通貨監督庁の仮想通貨ガイダンス撤回を要請

銀行の仮想通貨活動を懸念暗号資産(仮想通貨)に懐疑的な姿勢で知られる米上院議員は10日、MichaelHsu通貨監督庁(OCC)長官代理に宛て、仮想通貨に関する一連の解釈文書の撤回を求める書簡を送った。書簡を送ったのは民主党のElizabethWarren議員、RichardDurbin議員、SheldonWhitehouse議員と無所属のBernieSanders議員の4人。議員らは「最近の仮想通貨市場の混乱を踏まえると、仮想通貨に関するOCCの措置が銀行システムを不必要なリスクに晒した可能性がある」と…
引用元: CoinPost

米SECとCFTC、ヘッジファンドの仮想通貨保有について報告要件を検討

仮想通貨含む新たな資産報告ルール米国の証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)は10日、大規模ヘッジファンド向けの新たな報告ルールを検討していると発表した。ファンドの資産構成についての要件を含んでおり、暗号資産(仮想通貨)のエクスポージャーについても報告を必要とする内容だ。エクスポージャーとは
投資家や機関の保有する金融資産のうち、価格変動リスクやカウンターパーティリスク等に直接さらされている金額や残高、比率のこと。
仮想通貨用語集
今回の案では、純資産が約670億円(5億ドル)以上のヘッ…
引用元: CoinPost

速報 イーサリアム最後のテストネットで「マージ」完了

最後のテストネットのマージを完了暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のテストネット「Goerli」は日本時間11日、大型アップグレード「マージ(TheMerge)」の実装を完了した。6月9日には別のテストネット「Ropsten」で、7月7日には「Sepolia」で同様のプロセスを完了していた。Goerliでの実装をクリアしたことで、9月19日に仮予定されたメインネットでのマージ実装が現実味を帯びてきた格好だ。
Andtherewego!GoerlihasmergedShoutouttoallclie…
引用元: CoinPost

SBI出資企業、米国でビットコインのデリバティブ取引提供へ

米国でのライセンス承認は初SBIホールディングスは9日、子会社のClearMarkets社が米CFTCから暗号資産(仮想通貨)デリバティブ提供の承認を受けたことを発表した。米ドット・フランク法の施行後に導入されたスワップ執行施設(SEF)としての仮想通貨デリバティブの承認事例は今回が初だ。CFTC(商品先物取引委員会)から承認を受けたのは米国における現物決済を前提とする米ドル建のビットコイン(BTC)取引ペアの取り扱いを開始する予定。今後提供する商品を拡大していく見込みだ。なお、提供地域は米国のみとなる。…
引用元: CoinPost

イーサリアム大型アップデート専門家はどう見る コインポストニュース解説

動画コンテンツ紹介今回のCONNECTVでは、CoinPost代表各務貴仁と編集部渋谷詠太が現状のマーケットや注目視されている事例やニュースを解説する。動画の視聴はこちら#CONNECTVとは仮想通貨(暗号資産)メディア「CoinPost」と、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者でも楽しめるコンテンツをお届けするYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。記事だけでは伝えきれない情報や解説を動画で配信。国内大手の仮想通貨・ブロックチェーンメディアだから…
引用元: CoinPost

岸田内閣改造「デジタル相」に河野太郎氏が就任、Web3政策推進に期待の声

河野デジタル大臣誕生へ岸田文雄首相は10日、内閣改造の顔ぶれを発表。「デジタル相」に河野太郎氏を起用した。
国務大臣に任命されました。pic.twitter.com/jkpGlDu16g—河野太郎(@konotarogomame)August10,2022
デジタル大臣は、21年9月に発足した「デジタル庁」を所轄する日本の国務大臣の一つ。「デジタル庁」設立の背景としては、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴い、国内行政機関における感染情報の共有や補助金申請などコロナ対策のデジタル化の遅れが致命的だとし…
引用元: CoinPost

イーサリアム、チェーン分岐後の世界線とは|Banklessが考察

イーサリアムPoWフォークのアプリケーションイーサリアム(ETH)の大型アップグレード「マージ」時にチェーン分岐を伴うハードフォークが発生する場合、フォークされたブロックチェーン上で何が起きるのか?という疑問について、暗号資産(仮想通貨)メディアBanklessが展望をまとめた。22年9月19日に仮予定されているマージ後に、イーサリアムのPoW(プルーフオブワーク)は終了するため、これまでETHを採掘してきた約6,600億円(50億ドル)規模の採掘マシン、及びマイナー(採掘業者)が代替案を探すことになる。…
引用元: CoinPost

コインチェック、「ザ・サンドボックス」の仮想土地を販売へ

846個のLANDを販売国内暗号資産(仮想通貨)取引所のコインチェックは10日、同社がメタバース「ザ・サンドボックス(SAND)」上で保有している仮想土地(LAND)を、15日午後12時から販売することを発表した。ザ・サンドボックスはメタバース内で立方体を組み合わせて作るボクセルアート系のNFT(非代替性トークン)ゲーム。仮想土地を所有してゲームや施設を構築・提供したり、NFT化したゲームアイテムを電子市場で販売したりして楽しむことができる。今回コインチェックが販売する保有LANDは合計846個で、販売は…
引用元: CoinPost

オントロジーによるマルチチェーン対応の分散型IDウォレット「ONTOウォレット」を解説

Web3への玄関口となるウォレットオントロジーが開発・提供する暗号資産(仮想通貨)ウォレット「ONTOウォレット」は、ビットコイン、イーサリアム、バイナンススマートチェーンやソラナなど、30を超える主要なパブリック・ブロックチェーンをサポートするマルチチェーン(異なる複数のチェーン)対応型ウォレットです。
出典:Ontology
オントロジーは仮想通貨ウォレットユーザーの幅広いニーズに対応できるONTOウォレットを通じて、ユーザーに高いプライバシーやセキュリティ、エアドロップ機能などシームレスなWeb3領…
引用元: CoinPost

イーサリアム共同創設者ブテリン氏、NFTのプライバシー機能を高めるステルスアドレス実装を提案

匿名でNFTを所有可能にイーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は8日、NFT(非代替性トークン)のプライバシー機能を高めるステルスアドレスの実装について、より簡易なアプローチを提案した。
Idea:stealthaddressesforERC721s.Alow-techapproachtoaddasignificantamountofprivacytotheNFTecosystem.Soyouwouldbeabletoeg.sendanNFTtovitalik.ethwithoutanyonee…
引用元: CoinPost

イーサリアム高値更新で一時1800ドル台回復、金融市場ではCPI発表前に買い手控えも

仮想通貨市況8日の米株式市場では、ダウが前営業日比29ドル高と小幅続伸となった。7月の米雇用統計が市場予想を大幅に上回ったことで景気悪化懸念は後退したが、米経済が堅調なことを受け、FRB(米連邦準備制度)による利上げ圧力が強まるとの見方もある。10日発表のCPI(米消費者物価指数)を控える中、FOMC直前のような買い手控えに繋がりやすく、上値の重い展開が予想される。次回CPI発表は、特段注目度が高い。前代未聞の利上げペースを断行したFRBのインフレ抑制効果が試されており、株式をはじめ、暗号資産(仮想通貨)…
引用元: CoinPost

Web3ゲームDragomaが出口詐欺、被害総額は4億円超

Web3ゲームプロジェクトの出口詐欺ポリゴン(MATIC)ベースのWeb3ゲーム「Dragoma」について、関連する暗号資産(仮想通貨)DMAが8日に99%下落した。プロジェクトが独自に発行したトークンや、投資家から集めた資産を売却する「ラグプル(出口詐欺)」と見られ、ブロックチェーン分析企業PeckShieldによると被害総額は4.7億円(350万ドル)と推定されている。
#PeckShieldAlert#rugpullDragoma$DMAonpolygonrugged.$DMAhasdropped-…
引用元: CoinPost