三井物産、ビットコインマイニング企業の第三者割当増資を引き受け

仮想通貨マイニングソリューションを提供三井物産株式会社は25日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)マイニングやフレアガス軽減などの事業を行うCrusoeEnergySystems(クルーソー)の第三者割当増資を引き受けたことを発表した。子会社である三井物産デジタルコモディティーズは今年2月、金(ゴールド)を裏付け資産とする仮想通貨ジパングコイン(ZPG)を発行している。クルーソーは、天然資源の採掘に伴って焼却処分される余剰ガス(フレアガス)を発電に活用し、AIやディープラーニング、仮想通貨マイニン…
引用元: CoinPost

イーサリアム創設者ブテリン提唱の「Soulboundトークン(SBT)」に高い関心

Soulboundトークン(SBT)イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏が、暗号資産(仮想通貨)の次のテーマとして提唱する「Soulboundトークン(SBT)」について、投資家の間で関心が高まっている。
Soulboundhttps://t.co/dHA2ki4AdB—vitalik.eth(@VitalikButerin)January26,2022
5月11日に公開された同氏の論文によると、SBTは「譲渡不可能なNFT(非代替性トークン)」のこと。一度受信したら、デジタルウォレ…
引用元: CoinPost

大手取引所FTXのCEO、米大統領選で120億円以上を献金する意向

米大統領選に最大1,000億円寄付か大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのサム・バンクマン・フリードCEOは24日、米国の次期大統領選挙にて最低でも約130億円(1億ドル)以上を献金する意向を明らかにした。バンクマン・フリード氏は、フォーブス誌の米国の長者番付にもランクインする億万長者でもある。米著名校のMIT(マサチューセッツ工科大学)卒業後、JaneStreetなどを経て2019年に仮想通貨デリバティブ取引所FTXを設立。保有資産の多くがFTX社の株式や独自トークンのFTTであるため、直近数年間で複数…
引用元: CoinPost

web3の視点から考察する、イーロンマスクTwitter買収

動画コンテンツ紹介イーロン・マスクによるTwitterの買収提案を、Web3・クリプト的な視点でどう捉えるかについて、HashHubCEO平野淳也氏に考察していただいた。暗号資産/ブロックチェーンのリサーチサービス「HashHubResearch」とCONNECTVのコラボ企画として、今後もさまざまなリサーチレポートを解説、深堀していく。動画の視聴はこちら#CONNECTVとは仮想通貨(暗号資産)メディア「CoinPost」と、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュース…
引用元: CoinPost

中央アフリカ共和国、仮想通貨国策を発表 国を挙げてビットコイン導入を目指す

ビットコインを法定通貨として採用中央アフリカ共和国(CAR)のフォースタン・アーシャンジュ・トゥアデラ大統領は24日、ツイッターで暗号資産(仮想通貨)ハブの構築計画を紹介し、ビットコイン支持の立場を改めて強調した。
FollowingtheunanimouslyadoptionbytheNationalAssemblyofthe#BTClegaltenderstatus,wearepleasedtoshowcasethefirstconcreteinitiative!Itgoesbeyondpolitic…
引用元: CoinPost

テラ(LUNA)のセルフバーン運動、Do Kwon共同創設者は否定的

テラ(LUNA)のセルフバーン運動先週末から、暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)のボラティリティ(価格変動性)が再び高まっている。新たにTerraチェーン2を立ち上げる「フォーク案」に反対する有志を中心に、自らトークンをバーンする運動が巻き起こったことが影響しているようだ。Twitterでハッシュタグ「#burnluna」が作成されるなど、コミュニティでバーンを求める声が高まったことを受けて、Terraブロックチェーンの共同創設者であるDoKwon氏は、21日にテラ(LUNA)のバーンアドレスを公開。こ…
引用元: CoinPost

国内発ビンテージNFTの記録を残す、「Rare Japanese NFTs」がリニューアル

国内「ビンテージNFT」情報サイト2017年以前に発行された「ビンテージNFT(非代替性トークン)」の情報収集を行い、ブロックチェーン領域の歴史的価値の保存を目的としたWebサイト「RareJapaneseNFTs」がリニューアルされた。「ビンテージNFT」とは、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のブロックチェーン上で発行され、「Counterparty」と呼ばれるプロトコルが使用された作品のこと。特に、”仮想通貨元年”と呼ばれた2017年以前の作品は、コレクターの支持を広げている。ファッション業…
引用元: CoinPost

バイナンス中東、6月にもローンチか=報道

バイナンス中東暗号資産(仮想通貨)業界最大手の取引所バイナンスは、ドバイとバーレーンでの取引サービスについて早ければ6月の立ち上げを計画していることがわかった。SouthChinaMorningPostが報じた。バイナンス・ドバイのRichardTeng中東・北アフリカ地域(MENA)責任者によると、同社は現在、中東での支店の立ち上げに伴い、コンプライアンスの獲得に向けて取り組んでいるところだ。現地銀行と連携し、ドバイとバーレーンでカントリーマネージャーとコンプライアンス担当者を募集している。また、バイナ…
引用元: CoinPost

米国版FTX、株取引サービス拡大に向け「証券スタートアップ」の買収準備か

株取引サービス拡大に向けた動きかグローバル大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTX傘下の米国向け取引所FTX.USは現在、少なくとも3つの株取引関連スタートアップの買収を打診しているようだ。米CNBCが情報筋の話として報道した。FTX.USが買収交渉を行なっているとされているのは、Webull、ApexClearing、Public.comの3社。この3社はいずれも、米国証券業界最大の自主規制機関である金融業規制機構(FINRA)に加盟しており、証券仲介業務を行うこと可能。ApexClearingは、清算・保管…
引用元: CoinPost

コインチェック、メタバースゲームThe Sandboxの仮想通貨「SAND」を国内初上場

SAND国内初上場コインチェックは24日、メタバース(仮想空間)ゲーム「TheSandbox(ザ・サンドボックス)」の独自トークンである「SAND」の上場予定を発表した。SANDの上場は国内初。SANDの取扱い開始予定日時は、2022年5月24日の午後。SANDは、年率5.0%の「Coincheck貸暗号資産(レンディング)サービス」や「Coincheckつみたてサービス」にも対応する。ザ・サンドボックスは、立方体を組み合わせてつくる3DCGのボクセルアート系ゲームであり、世界的に人気を博す「マインクラフ…
引用元: CoinPost

メタバース関連企業SynamonがAstar Networkと提携、NFT領域で協業へ

NFT領域を中心に協業メタバース(仮想現実)関連企業の株式会社Synamonは23日、⽇本発パブリックブロックチェーンのAstarNetwork(ASTR)との提携を発表した。Synamonは、スマートフォンなどからアクセスできる、NFT(非代替性トークン)対応のメタバース総合プラットフォームを開発している企業。同社とAstarNetworkは今後、NFT領域を中心に協業を行っていく予定だ。発表によれば、提携の背景には、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)のガス代(手数料)高騰が存在するという。同社…
引用元: CoinPost

エルサルバドル、44ヶ国の金融当局関係者がビットコイン決済を体験

ビットコインに触れるエルサルバドルの「ビットコインビーチ」で19日、44カ国の中央銀行および金融当局の関係者がビットコイン・ウォレットを使用し、実際の支払いを体験したことが話題になっている。
Centralbankersandfinancialregulatorsfrom44countriesvisited@Bitcoinbeachtodaytolearnaboutfinancialinclusionandbankingtheunbanked.#Bitcoinisgoodforinclusion!pic….
引用元: CoinPost

高級時計タグ・ホイヤー、米顧客対象にビットコインなど12種類の仮想通貨決済対応へ

オンラインストアでの仮想通貨決済スイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーは19日、米国の顧客を対象に、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)などが使用できる、仮想通貨決済の提供を開始した。同社は1860年に設立。様々な高級時計モデルを展開する傍ら、スポーツ領域にも積極的に参画しており、プロテニス選手の錦織圭選手や、大坂なおみ選手などがアンバサダーを務めていることで知られる。仮想通貨での決済は、タグ・ホイヤーのオンラインストアでのみ使用可能で、限度額は1度の支払いにつき約130万円(1万ドル)。決済対応…
引用元: CoinPost

史上初のビットコイン8週連続陰線、「仮想通貨の冬」への悲観予想相次ぐ

仮想通貨市況週明け23日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比+1.76%の383万円(30,050ドル)で推移する。
BTC/USD日足
反発したものの、上値の重さも垣間見える。センチメントの大幅悪化は、主に米国株のNYダウが8週連続下落したことに起因するもので、この連続下落は1932年に発生した「世界大恐慌」以来90年ぶりの水準になるという。過去相場から憶測するワーストシナリオ海外の著名アナリストRager(@Rager)氏は、ビットコインについて、「下落トレンドの終焉(相場の底入れ)に…
引用元: CoinPost

仮想通貨取引所のインサイダー取引疑惑、業界大手は軒並み否定

WSJ、インサイダー取引を指摘デジタル資産や金融部門で従業員コンプライアンスサービスを提供する企業Argusは21日、複数の暗号資産(仮想通貨)取引所でインサイダー取引があった可能性を発表した。ウォールストリートジャーナルもこれを報道した一方で、業界大手の仮想通貨取引所はこれを否定した。
1/10@WSJ(@BenFoldy@ceostroff)reportsonsystemicinsidertradingofmajorcryptoexchangelistingsusingArgusdata.Checki…
引用元: CoinPost

クリプトBAR第12夜 DAOの普及は確定した未来 株式会社CauchyE代表 CEO 木村優氏来店【CONNECTV】

動画コンテンツ紹介今夜のクリプトBARには、ホワイトッハッカーでもある、株式会社CauchyE代表CEO木村優氏が来店。クリプトBAR第11夜開店。動画の目次今回の動画は、以下のような構成となっている。
2017年を振り返って2018年から4年間の取り組みどんなプロダクトを作ってきたかUnUniFiとはホワイトハッキングについてハッキングを減らすためにDAOの価値観の差
DeFiのメリットとは今後のクリプト業界の展望
動画の視聴はこちら#CONNECTVとは仮想通貨(暗号資産)メディア「CoinPost」…
引用元: CoinPost

「ビットコイン・ピザ・デー」12周年、史上初の仮想通貨決済を振り返る

仮想通貨が商品と交換された日5月22日、世界の暗号資産(仮想通貨)愛好家らが祝う記念日がある。ビットコイン(BTC)を利用した取引が行われた日を祝う「ビットコイン・ピザ・デー(BitcoinPizzaDay)」だ。今年で12周年を迎える。暗号資産(仮想通貨)業界にとって、2010年5月22日は特別な日だ。プログラマーのラースロー・ハネツ(LaszloHanyecz)氏が、まだ無価値に等しかったビットコインを初めて決済利用した日である。ハネツ氏は今から12年前、保有していた10,000BTC(1BTC=時価…
引用元: CoinPost

ビットコインハッシュレートに頭打ち感、需給悪化の指摘も|bitbankアナリスト寄稿

今週(14日〜20日)の仮想通貨相場国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。

目次
ビットコイン・オンチェーンデータbitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータBTC取引数BTC取引数(月次)アクティブアドレス数アクティブアドレス数(月次)BTCマイニングプールの送金先取引所・その他サービスbitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)14日〜20日日レポート:今週のビットコイン(BTC)対円相場は概ね300万円台後半で横…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース|イーサリアムのアップグレードのテストに注目集まる、BNBチェーンがLUNAエコシステムを誘致など

今週のニュース一週間(5/14〜5/20)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。今週は、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の大型アップグレードに関する記事が最も多く読まれた。仮想通貨市場については、ビットコイン(BTC)が再び28,000ドル台まで下落したことと、ステーブルコインの勢力図について書いたレポートが高い関心を集めている。このほか、今週もテラ(LUNA)やステーブルコイン「テラUSD(UST)」に関するニュースの注目度が高かった。

目次
今週のニュースランキング相場ニュースランキン…
引用元: CoinPost

【実演あり】DEXの使用方法とappoveの管理について Uniswap操作しながら解説する

動画コンテンツ紹介今回のCONNECTVでは、KyberNetworkJapanManager堀次泰介(hory)氏をお招きして、Uniswapを操作しながら、DEXの使用方法ついて分かりやすく解説する。動画の目次今回の動画は、以下のような構成となっている。
分散型取引所についてDEXの仕組みUniswapでの実践編approve管理についてapproveの取り消し(Revoke)方法
動画の視聴はこちら#CONNECTVとは仮想通貨(暗号資産)メディア「CoinPost」と、幻冬舎「あたらしい経済」の2…
引用元: CoinPost

新イーサリアムへのアップグレード、背景や改善点を解説

イーサリアムの大幅アップグレード2015年のローンチ以降ブロックチェーン技術の最先端を走ってきたイーサリアム・ブロックチェーンは、22年現在、イーサリアム史上最大のアップグレードの真っ只中にあります。イーサリアムは、ビットコインに次ぐ第二の規模を誇るブロックチェーンとして多くのアプリケーションやユーザーを抱えていますが、その一方で、その人気により、ネットワークの混雑や環境問題など多くの課題も露呈してきました。イーサリアムの開発を手掛けるイーサリアム財団は、このような課題に対処するために、かねてから大規模な…
引用元: CoinPost

オントロジー、分散型ID(DID)製品群をアップグレード

「ONTID」がアップグレード分散型IDとデータに特化したオープンソースプラットフォームを開発するオントロジー(Ontology)は19日、独自の分散型ID(DID)ソリューションである「ONTID」の製品群にアップグレードを施したと発表した。
Withthelatestupgradeto#ONTID,weseeahostofnew&improvedfeaturesWithoptionsfor#KYC,websitelogin&peer-to-peercommunication,wepre…
引用元: CoinPost

LUNAの復興プラン、投票期間中の修正に非難の声も

テラ復興プランの変更暗号資産(仮想通貨)テラ(LUNA)の開発を主導するTerraformLabs社は20日、Terraブロックチェーンのリバイバル(復興)プラン2の内容を一部修正した。コミュニティによる投票期間中に提案内容が修正された格好となり、疑念の声も挙がっている。TerraUSD(UST)ステーブルコインの崩壊後の5月17日、TerraformLabsのCEOであるDoKwon氏は、Terraチェーンの「リバイバルプラン(復興)プラン2」を提案。その内容は、新たにTerraチェーンを作成し、エコシ…
引用元: CoinPost

BitMEXのヘイズ元CEO、6ヵ月の自宅軟禁に

BitMEXの元CEOに判決下るニューヨークの連邦裁判所は20日、暗号資産(仮想通貨)取引所BitMEXのArthurHayes元CEOに対して、6ヶ月の自宅軟禁を含む、2年間の執行猶予という判決を言い渡した。Hayes元CEOは20年10月、マネーロンダリング対策(AML)や本人確認(KYC)などに関する規則を破り、未登録のプラットフォームを運営していたとして、米CFTCと司法省によって起訴。2月には、銀行秘密法(BSA)違反を巡る訴訟で有罪を認め、罰金として約11億円(1,000万ドル)を支払うことが…
引用元: CoinPost

米リップル社、炭素市場(カーボンマーケット)に1億ドルの投資を発表

129億円を投資米リップル社は19日、炭素市場へ1億ドル(約129億円)を投資する方針を発表した。炭素除去に取り組む企業や気候変動対策に取り組むフィンテック企業などへの出資が行われる。地球温暖化対策が加速するなか、今回の投資は同社の掲げる、2030年(あるいはもっと早い段階)までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする「カーボンニュートラル」を実現計画の達成に向けての動きだ。発表によると「付加的で長期的かつ、自然や科学に基づいた炭素クレジットのポートフォリオ」の構築が行われるという。関連:リップル社1…
引用元: CoinPost

「運動で仮想通貨を獲得してみたい人は8割以上」フィットネス情報サイトFitRated調査

フィットネス×仮想通貨に高い関心フィットネス関連の情報を取り扱うWebサイトFitRatedは、1,000人以上の米国人を対象に行った調査結果を発表した。この調査は、対象が仮想通貨やメタバース(仮想現実)を「フィットネス目線」でどのように捉えているかを調べるのが目的。調査対象となった1,001人は、全く異なるバックグラウンドや体型(運動能力)、投資経験を有している。関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説メタバースとはインターネット上に構築された、多人数参加型の3次…
引用元: CoinPost

米コインベース、上場予定銘柄にザ・サンドボックス(SAND)追加

SAND上場へ米国の大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは20日、新たにNFT(非代替性トークン)プロジェクト「TheSandbox」のSANDトークンの上場を予定していることを発表した。
Assetsaddedtotheroadmaptoday:TheSandbox(SAND)—CoinbaseAssets(@CoinbaseAssets)May20,2022
コインベースは4月上旬に新規上場する可能性のある候補リストを公開したばかり。上場プロセスに関する透明性の向上が目的だ。リストは上場検討が進…
引用元: CoinPost

ビットコインと米株市場の30日相関、コロナショック時上回り過去最高の0.9に

仮想通貨市況19日の米ニューヨーク株式市場は続落。ダウ平均株価は前日比236.94ドル(0.75%)安となり、年初来安値を更新した。一方東京株式市場では、ダウ先物の上昇もあり前日比309.52円(1.17%)高と反発。ビットコイン価格は前日比3.82%高の388万円(30,250ドル)と上昇し、3万ドル台を回復した。
BTC/USD日足
ここ数週間は、インフレの高止まりとFRB(米連邦準備制度)の金引き締め加速懸念が株価、及び暗号資産(仮想通貨)を押し下げてきたが、短期的には売られすぎ水準にあることから、…
引用元: CoinPost

「Rakuten NFT」、Ado担当イメージディレクターのNFTなどを販売へ

26日にリリース予定楽天グループ株式会社が運営するNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「RakutenNFT」は、オリジナルNFT作品を集めた「RakutenNFTArtGallery」を26日にリリースすると発表した。「RakutenNFT」では、スポーツや、音楽・アニメなど様々な分野のNFTを、ユーザーが購入したり、個人間で売買したりすることができる。IP(知的財産)ホルダーはワンストップでNFTの発行、および販売サイトの構築を行えるのも特徴だ。
5月26日(木)17:00、「RakutenN…
引用元: CoinPost

コインチェックNFT、ジェネラティブNFTアート「Art Blocks」取扱い開始

ArtBlocks取扱開始コインチェック株式会社の提供するNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「CoincheckNFT(β版)」は19日、ジェネラティブアートNFT「ArtBlocks」の取り扱い開始を発表した。ジェネラティブアートとは、アルゴリズムや数学的手法などから生まれる偶然性を取り入れ作られるアート作品のNFT。特にCryptoPunksやBoredApeYachtClub(BAYC)のコレクションは世界的人気を博し、高額取引されることも珍しくない。「ArtBlocks」は、ジェネレ-テ…
引用元: CoinPost