ランボルギーニ、初のNFTコレクションとオークション販売を発表

2月1日からオークションイタリアの高級車メーカー「ランボルギーニ」は27日、同社初となるNFT(非代替性トークン)コレクション「LamborghiniNFTSpaceTimeMemory」を発表した。NFTは、「ランボルギーニ」を描いたデジタルアートと物理アート「スペースキー」がペアになる形で構成される。合計5つのペアが用意されており、販売は、ランボルギーニ公式サイトで開催されるオークションを通して行われる。最初のペアの販売は、2月1日から開始される予定。そこから15分おきに、残りのペアの競売も開始される…
引用元: CoinPost

国内ブロックチェーン企業ジャスミー、北米・アジア地域の海外法人設立へ

北米・アジア中心に展開ブロックチェーン関連企業のジャスミー株式会社は28日、2022年内に複数の海外拠点設立を目指すことを発表した。同社は、元ソニー株式会社代表取締役社長兼COOの安藤国威氏が設立した企業。IoT(モノのインターネット化)のプラットフォームを開発する組織で、IPFSによってプロセスの分散化を目的としている。ERC-20規格のトークン、ジャスミー(JMY)の発行も行っている。同トークンは海外ではバイナンスやコインベースなどの大手取引所で取り扱われており、21年10月には、国内暗号資産(仮想通…
引用元: CoinPost

ブロックチェーン基盤の「証券取引所」設立へ、米スタートアップがSECから承認得る

ブロックチェーン基盤の証券取引所ブロックチェーン基盤の証券取引所の設立を目指していたBSTXは、米証券取引委員会(SEC)からの承認されたことを明らかにした。BSTXは、セキュリティトークンの取引所や暗号資産(仮想通貨)アプリのサービス開発を行うtZEROと、ボストン・オプション取引所(BOX)の合弁会社(ジョイントベンチャー)である。2021年5月12日に証券取引所としてのSECへの提出を行い、パブリックコメントの募集や修正を経て審議が行われていた。BSTXの特徴は、個人投資家と機関投資家の両方が参加で…
引用元: CoinPost

取引所AscendEX、合成資産プラットフォームのSynthetify(SNY)を上場

AscendEX、Synthetify(SNY)を上場暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、Synthetify(SNY)を上場したと発表した。通貨ペアは米ドルステーブルコインとのペア、SNY/USDTで提供される。Synthetifyは、ソラナ(Solana)ブロックチェーン上のマルチ担保型の合成資産の取引所となっている。イーサリアム基盤のブロックチェーンプラットフォームであるSynthetix(シンセティックス)同様のサービスで、仮想通貨や株式、法定通貨、その他金融商品を一つの場所から提供す…
引用元: CoinPost

テキサス州知事候補、州政府のビットコイン保有や法定通貨化検討を主要政策に

ビットコイン保有や法定通貨化を推奨米テキサス州知事のDonHuffines立候補は21日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を州内で法定通貨として認めるなど、友好的な法整備を進めていく政策を発表した。Huffines氏は米ダラス周辺の事業家。過去にはテキサス上院議員も歴任した共和党派の立候補者である。現職のAbott知事と同じ共和党派であるものの、21年2月に発生した大寒波の影響による大停電や投票方法などの複数の対応や政策スタンスを批判。より保守的な政策を進めていく姿勢を示した。また、メキシコとの…
引用元: CoinPost

テスラ社4Q決算、ビットコイン売却は確認されず

BTC保有量に変化なし米EV(電気自動車)大手のテスラ社は26日、21年4Q(10月〜12月)の決算資料を発表した。貸借対照表において、同社が大量保有する暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)量は、前四半期から変化していないことが確認された。決算資料によれば、テスラ社の保有するビットコイン量は21年3Qと変わらず、12.6億ドル(1,400億円)と報告。3Qには、仮想通貨市場の下落を踏まえ、5,100万ドル(58億円)の減損を計上していたが、今回変更は見られなかった。米国法の定めるGAAP(一般に認め…
引用元: CoinPost

米メタ社のVRブランド「Oculus」、「Meta Quest」に名称変更

「Oculus」から「MetaQuest」へマーク・ザッカーバーグ氏をCEOとする米大手テック企業メタ(旧Facebook)社は27日、同社の提供するVRブランド「Oculus」を新しく「MetaQuest」と呼ぶことを発表した。これに伴い、「OculusQuestfromFacebook」のブランド表記は「MetaQuest」へ、「Oculusアプリ」は「MetaQuestアプリ」に変更される。
NewName.SameMission.pic.twitter.com/USJafAPEdW—MetaQue…
引用元: CoinPost

自民党が「NFT政策検討プロジェクトチーム」設置 成長戦略踏まえた税制改正も視野に

ブロックチェーンを成長戦略に自民党のデジタル社会推進本部は26日、「NFT政策検討プロジェクトチーム(PT)」の設置を発表した。ブロックチェーンやNFT(非代替性トークン)の関連事業を政府の掲げる成長戦略に含めるべく、政策提言を視野に議論を進めていく方針を明らかにした。
自民党デジタル社会推進本部に新たにNFT政策検討PTが設置されました。私が座長、事務局長に小倉まさのぶ議員、事務局次長に塩崎彰久議員、川崎ひでと議員、さらに座長代理に山下貴司元法務大臣という強力な布陣です。NFTやブロックチェーンを成長戦…
引用元: CoinPost

テックビューロ、新「COMSA」ローンチを発表

新「COMSA」ローンチへブロックチェーン技術を用いたソフトウェアやサービスを開発するテックビューロ株式会社は、NFT(非代替性トークン)やFT(代替可能トークン)を扱うマーケットプレイスである新しい「COMSA」を日本時間の2022年1月31日(月)から提供開始することを発表した。同社は、多くの個人・団体がトークンの発行をできるように、その敷居を下げることを目標としている。今回のCOMSAでは、「欲しい人の手元に欲しいアセットを届ける」ことのできるプラットフォームを目指しており、アセットのトークン化やト…
引用元: CoinPost

国際通貨基金(IMF)、仮想通貨と株式市場の関連性と波及効果に言及

拡大する仮想通貨市場国際通貨基金(IMF)は11日、暗号資産(仮想通貨)と株式市場の相関関係を分析した報告書を公開した。「仮想通貨とのつながり」(CrypticConnections)と題した報告書は、価格変動とリターンに関する日次データを用いて、米国および新興国における両市場の関連性と波及効果を分析した。数年前までは、市場規模の差と伝統金融市場との低い相関性から、仮想通貨がもたらす金融安定性リスクは限定的だと考えられていた。しかし、2017年1月に200億ドル(約2.3兆円)未満だった仮想通貨市場全体の時…
引用元: CoinPost

仮想通貨取引所GMOコイン、カルダノ(ADA)取扱い開始

GMOコイン、カルダノ(ADA)を上場国内暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは26日、エイダ(ADA)の取扱いを開始したことを発表した。販売所サービスと「つみたて暗号資産」にて取り扱われる。国内取引所でのADAの取扱いは、ビットポイントが2021年8月に初めて上場させて以来、2例目。ADAの取り扱い開始によりGMOコインの取扱い銘柄は以下の16種類となった。
ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRP(リップル)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)オーエムジー(OMG)ベーシ…
引用元: CoinPost

バイナンススマートチェーン、マルチチェーン拡大やサミット開催など2022年の展望を発表

ネットワークなどの強化を実施分散型ブロックチェーンエコシステムのバイナンススマートチェーン(BSC)は26日、「BSC2022:BuildandBuild」と題し、2022年の展望を発表した。

ネットワークやインフラストラクチャーの強化のため、クロスチェーンやマルチチェーンの展開をより拡大する計画だという。

クロスチェーンとはクロスチェーンとは、規格・仕様の異なるブロックチェーン同士を跨ぐこと、及びそれらを接続する技術を指す。仮想通貨用語集BSCは、最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの独自ブロ…
引用元: CoinPost

チーム結成から3日で販売、40分で完売した「NFT福袋」その裏側を独自インタビュー

NFT福袋プロジェクトとはNFT元年となった2021年、その年の瀬の日本で「NFT福袋」なるプロジェクトが、僅か三日間のうちに立ち上がり、そして成功裏に終えたことをご存知だろうか。個人の呼びかけから始まったこのプロジェクトは、クリエイターやプロジェクトに必要なエンジニア、広報などの役割を担う人が自然発生的に集まり、NFT福袋は1時間も経たずに完売した。プロジェクトの始まりは「NFTで面白いことをしたい、社会浸透に繋げたい」という思いだったが、拡大するにつれ、既存NFTクリエイターの盛り上げやNFTへのクリ…
引用元: CoinPost

米アメックス、仮想通貨とのポイント交換機能の検討を示唆

アメックスCEO、仮想通貨戦略について大手クレジットカード企業アメリカン・エクスプレス社のStephenSqueriCEOは25日、暗号資産(仮想通貨)に関する取り組みや見解について語った。YahooFinanceとのインタビューにてSqueriCEOは、仮想通貨とリンクしたクレジット・デビットカード発行の可能性について「しばらくはない」と言及。しかし仮想通貨関連の動向については、以下のようにコメントした。アメックスでは(米ドルに価値をペッグされた)ステーブルコインのカード利用検討は始めており、CBDC(…
引用元: CoinPost

高速ブロックチェーン「アバランチ」、アジア初のハッカソン開催へ

アバランチ・ハッカソン開催へ暗号資産(仮想通貨)投資企業のAvatarVenturesは24日、DoraHacksと共に、高速ブロックチェーン「アバランチ(AVAX)」のソフトウェア関連ハッカソンのアジア初開催を発表した。DoraHacksは、国際的なハッカソンのオーガナイザーであり、世界で最も活発なWeb3開発者コミュニティの1つ。審査員としては、Avalaunch、Colony、BenQiなどの機関が支援する。AVATAR(AvalancheAsiaStarFund)、BlizzardFund、などが…
引用元: CoinPost

HUGMA、セクシー女優との食事権やムービー作成権のNFTオークションへ

セクシー女優のNFTオークションNFT(非代替性トークン)を通じて、AVの海賊版撲滅等を目指す「HUGHUGCOINPROJECT(HUGHUG)」は25日、セクシー女優のNFTオークション開始を発表した。公式mediumで明かされた。オークションは、HUGHUGの独自NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「HUGMA」上で、1月25日21時から開始される。終了時に最も高い価格で入札した所有者がNFTを取得できる仕組み。今回対象となるのは、HUGHUGオフィシャルアンバサダーでもある、橋本ありな、波…
引用元: CoinPost

イーサリアム財団が「ETH1.0」と「ETH2.0」に新名称を命名

ETH1、ETH2の名称廃止へイーサリアム財団ブログは25日、「ETH1」と「ETH2」の名称廃止を発表した。以下は今回の変更の要約となる。
「ETH1」と「ETH2」という呼称を段階的に廃止「実行レイヤー(ExecutionLayer)」と「合意レイヤー(ConsensusLayer)」を新しい用語とする
ロードマップには変更なし
これまで「ETH1」や「ETH2」といった用語が使われてきたが、イーサリアムのコアデベロッパー(開発者)達はそれらの言葉を使うことを止め、ETH1を「実行レイヤー」、ETH2…
引用元: CoinPost

Dfinity財団、ICP初の分散型取引所「Sonic」を発表

手数料無料の分散型取引所分散型のクラウドコンピュータ・プラットフォーム「インターネットコンピュータ」を開発するDfinity財団は23日、ネットワーク初の分散型取引所(DEX)「Sonic」をローンチしたと発表した。
Sonic,thefirstDEXtolaunchontheInternetComputer,isnowlive.@sonic_ooooffersasuiteofDeFiproductsforthe#InternetComputerblockchain,operatingonagasless…
引用元: CoinPost

バイナンス、テラ系銘柄の新規上場を発表

AnchorProtocol(ANC)大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは25日、テラ系銘柄の新規上場を発表した。対象となる銘柄はAnchorProtocol(ANC)で、日本時間25日の20時より取引を開始。出金は1月26日の20時より可能になる予定だ。また、提供する通貨ペアはANC/BTC、ANC/BUSD、ANC/USDTの3つとなる。AnchorProtocolはテラブロックチェーン(LUNA)基盤のDeFi借り貸しプラットフォームで、ANCはプロトコルのユーティリティおよびガバナンストー…
引用元: CoinPost

テンセント、日本でメタバース支援事業を提供へ=日経

テンセント、日本でメタバース支援事業か中国大手テック企業テンセントは、1月中にも日本で企業向けのメタバース事業の支援サービスを開始するようだ。日本経済新聞が24日に報じた。同社がこれまでにゲーム開発などにより培ってきた、現実世界を仮想空間で再現する「デジタルツイン」や人間の姿で人間と同じような動きをする「デジタルヒューマン」などの製作技術をメタバースにも転用し、自社のクラウドサービスを利用して配信していく考えだ。関連:「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説中国ではすでに多数の実績支援事業は、テ…
引用元: CoinPost

NFT市場の月間出来高は過去最高の40億ドル超、メイヤー倍数など「売り過多」示す

1月の仮想通貨動向1月第3週の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)は、金融引き締め局面でリスクオフに傾く米株式市場に連れ安する場面が目立ち、約半年ぶりに4万ドル台を割り込んだ。
出典:Tradingview
時価総額2位のイーサリアム(ETH)も、約半年ぶりに2,500ドルを下回るなど大幅下落している。
出典:Tradingview
関連:米株指数急落でビットコイン連れ安、再び3万ドル台に時価総額TOP20の騰落率時価総額上位銘柄の週間騰落率は以下の通り。(23日時点:ステーブルコイン除く)

引用元: CoinPost

ソラナネットワークで断続的なトランザクション障害発生

続く混雑問題ここ最近、暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)メインネットベータのネットワーク遅延が、深刻な問題を引き起こしている。
1/Solanamainnetbetaisexperiencinghighlevelsofnetworkcongestion.Thisisrelatedtoissuespreviouslyidentifiedthatengineershavebeenworkingtoimproveandresolve,startingwiththe1.8release.—SolanaStatu…
引用元: CoinPost

松竹、メタバース用の撮影スタジオを設立

松竹、メタバース・スタジオ設立大手映画企業の松竹株式会社は21日、バーチャルプロダクション手法の研究開発拠点、「代官山メタバーススタジオ」の開設を発表した。「代官山メタバーススタジオ」では、グリーンバックや大型LEDディスプレイを用いて、リアルタイムに人物とバーチャル上のセットに合成する撮影が行える。スタジオの運営主体は、松竹株式会社とカディンチェ株式会社が設立した、XR関連企業のミエクル株式会社。法人と個人の両方と「共創」を行うのがキーワードだという。関連:米マイクロソフト、メタバース事業の発展へ アク…
引用元: CoinPost

Orchid(オーキッド)、マルチチェーンに対応

BSC、Avalanche、ポリゴンなど計8チェーンに対応分散型VPNサービスを提供するオーキッド(Orchid)は21日、新たに8つのEVM(イーサリアム仮想マシン)互換チェーンに対応することを発表した。
PRODUCTUPDATE!Orchidisnowmultichain!Startingtoday,Orchid’s#VPNserviceandprovidernetworknowsupportnanopaymentsoneightblockchainshttps://t.co/YxCxgwmcud—…
引用元: CoinPost

取引所AscendEX、トレーディングプラットフォームのSolanium(SLIM)を上場

AscendEX、SLIMを上場暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、Solanium(SLIM)の上場を発表した。通貨ペアは、米ドルステーブルコインのテザー(USDT)建「SLIM/USDTで提供される。Solaniumは、ソラナブロックチェーン上の資金調達・トレーディングプラットフォームとなっている。ローンチパッドやステーキング、ウォレット管理、ガバナンスなどの主要な機能を備えており、DEX(分散型取引所)も今後実装されるという。ユーザーは、ウォレットを使ってSLIMをステーキングしたり、ガ…
引用元: CoinPost

ビットコイン急落、相場の先行きを占うFOMCの展望は

今週(15日〜21日)の仮想通貨相場これまで500万円前後を推移してきたビットコインは、今週に大幅な急落を見せた。450万円台にまで値崩れしている。

目次
各市場の騰落率bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧21日の終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。
週間騰落率
月初来騰落率
月間騰落率
年初来騰落率
年間騰落率
(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格はTradingvi…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース|エルサルバドルがBTC買い増し、ツイッターがNFTアイコンに対応など

今週のニュース一週間(1/16~1/22)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。今週は、エルサルバドル政府がビットコインを急落局面で買い増しし、注目を集めた。仮想通貨市場では、ビットコインが3万ドル台に下落した。このほか、ツイッターは21日、プロフィールのアイコンをNFTにする機能を一部で提供開始した。また、メタ(旧フェイスブック)は、NFTの作成や表示、売買を可能にするサービスを計画しているなど、NFT関連のニュースが目立った。

目次
今週のニュースランキング相場ニュースランキング仮想通貨・ブロッ…
引用元: CoinPost

NFTについてセクシー女優 橋本ありなと一緒に学ぼう【CONNECTV】

動画コンテンツ紹介今回のCONNECTVは、NFTデビューをするセクシー女優橋本ありな氏がゲストとして出演。CoinPost代表各務貴仁と幻冬舎あたらしい経済編集長設楽悠介がNFTについて解説をして、NFTを詳しく知らない方も橋本氏と一緒に動画で学べる。動画の目次(一部抜粋)NFTとはロイヤリティとはそもそもブロックチェーンとはNFTの活用事例と可能性橋本ありな氏が考えるNFTの活用法動画の視聴はこちら
CONNECTV仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想…
引用元: CoinPost

個人投資家のための伝統金融参入ガイド|仮想通貨投資家が金融投資家になる方法

仮想通貨投資で資金を増やした次のステップとして、他の金融市場へ投資を検討している方も多いでしょう。価格変動要因やボラティリティの大きさが全く異なる別の金融商品に投資することで、効率的なリスクヘッジによる資産の保全や投資手法の選択肢も広がります。そこで本記事では、仮想通貨投資家が金融資産投資家になるために必要な情報を網羅して解説します。
目次
仮想通貨の個人投資家|伝統金融商品と仮想通貨の全体概要仮想通貨の個人投資家が伝統金融商品に投資するメリット仮想通貨投資家が伝統金融商品に投資する際のリスク・注意点仮想…
引用元: CoinPost

これからの時代に必要となるデータプライバシーツールとは

VPNと匿名プロキシの違いを比較サイバーセキュリティの世界には、ユーザーが自由に使えるプライバシーツールの選択肢が無数に存在します。それゆえ、ネット上でデータの安全性を確保するには、さまざまなツールを理解し、それぞれのニーズに適したものを使うことが重要となります。最も一般的かつ使い勝手が良いと評判のプライバシーツールとしては、「バーチャル・プライベート・ネットワーク(VPN)」もしくは「匿名化プロキシサーバー(アノニマイザー)」の2つが挙げられます。しかし、両者には同じタスクを実行できる一方、決定的な違い…
引用元: CoinPost