ビットコインは売り一服の様相、200週線の走る2.24万ドルに注目|bitbankアナリスト寄稿

今週(17日〜24日)の仮想通貨相場国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。

目次
ビットコイン・オンチェーンデータbitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータBTC取引数BTC取引数(月次)アクティブアドレス数アクティブアドレス数(月次)BTCマイニングプールの送金先取引所・その他サービスbitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)17日〜24日レポート:先週のビットコイン(BTC)対円相場はほぼ横ばいで2万ドル(≒2…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース|ソラナラボ発表のWeb3スマホに注目集まる、仮想通貨事業者に相次ぐ出金要請など

今週のニュース一週間(6/18〜6/24)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。今週は、ソラナ(SOL)ブロックチェーンを開発するソラナラボが発表した、Web3特化型スマートフォン「Saga」に関するニュースが最も多く読まれた。暗号資産(仮想通貨)市場については、四半期ぶりのビットコイン(BTC)の「メジャーSQ」を前に、暗号資産取引所SBIVCトレードのクリプトアナリストの仮想NISHI氏が、マーケットをとりまく内部・外部環境の動きを解説した記事が高い関心を集めている。このほか、仮想通貨事業者に相次…
引用元: CoinPost

スニーカーNFTを巡る訴訟における法的論点とは

NFTに対して大企業が提訴現在評価額380億ドルと言われるStockXは、スニーカーとストリートウェアの大手オンラインマーケットプレイスですが、最近他の数十の小売業者と同様に、NFT市場に参入しました。そして今年初めに、StockXは実在するスニーカーのデジタルアバターコレクション「VaultNFT」を発表しました。その後間もなく、ナイキも2021年後半に買収したRTFKTStudiosを動員して、NFT市場に踏み込みました。そこでナイキはStockXに対し、多数の知的財産(IP)侵害があると主張して訴訟…
引用元: CoinPost

バイナンス、ブラジルで新たな入出金パートナーと提携

バイナンス、LatamGatewayと提携へ最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは24日、ブラジルにおけるユーザー入出金について、新たに地元の決済プロバイダーLatamGatewayと新たに提携すると発表した。複数メディアが報道した。経緯として、バイナンスはこれまで決済企業Capitualと提携して、ブラジル中央銀行開発の即時決済システム「ピックス(Pix)」を入出金に用いていたが、今後はパートナー企業をLatamGatewayに切り替える格好だバイナンスは、コインポストの提携メディアTheBloc…
引用元: CoinPost

英高級自動車ベントレー、NFTドロップを9月に実施へ

ポリゴンを採用高級自動車メーカーのベントレーモーターズ(ベントレー)は22日、NFT(非代替性トークン))領域への参入を発表。9月に「サステイナブル」なNFTのドロップを実施することを明かした。同社は、1919年に創業された英国のメーカー。創業から100年を超える老舗メーカーで、先日には新型モデル「コンチネンタルGTマリナーW12」を発表している。今回のNFTドロップでは、208個のNFTが展開される予定で、ベントレーデザインが制作したユニークなアートワークを採用。関連:ランボルギーニ、初のNFTコレクシ…
引用元: CoinPost

FRB、米議会にCBDCについての勧告を行う計画

CBDCについての推奨事項を提示予定米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長は23日、中央銀行デジタル通貨(CBDC)は「非常に重要な金融技術イノベーションだ」と述べ、FRBは今後ある時点で、CBDCの導入方法について議会に推奨事項を提示するだろうと述べた。パウエル氏は、米下院金融委員会で行ったスピーチの中で、この発言を行った。CBDCは「国として探求しなければならないこと」で、「党派的なものであってはならない」とも話している。パウエル氏によると、FRBは今後数年間で、政策面と技術面の両方…
引用元: CoinPost

アクシーインフィニティの「Roninブリッジ」再開へ

ハッキング被害の全量補償NFT(非代替性トークン)ゲーム「AxieInfinity(アクシーインフィニティ)」の開発スタジオSkyMavisは、Roninブリッジを6月28日に再起動すること、また不正流出していた暗号資産(仮想通貨)の全量をユーザーに補償する旨を発表した。22年3月、Axie用のサイドチェーン「RoninNetwork」とイーサリアムをつなぐRoninブリッジのバリデータの秘密鍵が悪用されて、17万3,600ETH(当時720億円)と2,550万USDC(31億円)が盗まれた。事件以来停止…
引用元: CoinPost

複数のデジタルIDを簡単管理できるウォレット「myDid」リリース

「myDid」とはスイスに本拠を置く「myDid(旧:XSLLabs)」は、分散型IDを中心に新しいテクノロジーを採用したい専門家向けのソリューションを開発しており、検証可能かつ分散型のデジタルIDソリューションを提供します。IDはパブリックブロックチェーン上のスマートコントラクトにリンクされているため、分散型IDまたは自己主権型アイデンティティと呼ばれます。「個人情報の制御を取り戻すアプリケーション」とされており、個人情報がローカル保存されるのが特徴。ユーザーは安全に互換性のあるサービスとの連携を(自分…
引用元: CoinPost

韓国ブロックチェーンKlaytn、NFT電子市場「OpenSea」と提携

NFTエコシステム開発などを実施へ韓国インターネット大手カカオのブロックチェーンプロジェクトKlaytnは23日、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「OpenSea」とのパートナーシップを提携したことを発表した。Klaytnは、イーサリアム(ETH)基盤のパブリック・ブロックチェーンで、カカオのブロックチェーン子会社GroundXが開発を担当。簡単にDApps(分散型アプリ)開発可能にすることをゴールとしており、メインネットでは、毎秒4000件のトランザクションを実現。プライベートブロックチェー…
引用元: CoinPost

人気DeFiサービスでフィッシング詐欺、ユーザーは再確認する姿勢を

ConvexFinanceにフロントエンド攻撃DeFi(分散型金融)イールドオプトマイザーConvexFinanceは24日、フロントエンドの改ざんによるフィッシング詐欺の手口を検出したことを公表した。5つのユーザーアドレスがウェブサイト上で偽のコントラクトに署名したが、不正流出などの被害は報告されていない。
Investigationisstillongoing,butaquickupdateforthecommunity:–DNSforhttps://t.co/5rSUjMgY4uwashijacke…
引用元: CoinPost

米CFTCの規制権限拡大の機運高まる──仮想通貨関連の公聴会

「デジタル資産規制の未来」米国下院農業委員会の分科会(商品取引所、エネルギー、信用取引)は23日、デジタル資産の規制について公聴会を開催し、規制の現状と将来の規制の枠組みについて議論した。同委員会は商品先物取引委員会(CFTC)を管轄している。分科会のSeanPatrickMaloney委員長は、冒頭陳述でCFTCが仮想通貨市場の規制当局および執行機関として果たしてきた役割に言及する中、その権限が限られているため、「市場の監督と規制にギャップがあることを懸念している」と述べた。規制の必要性は明白だが、「ど…
引用元: CoinPost

L1チェーンのHarmonyがハッキング被害を公表、約135億円の不正流出

HorizonBridgeから不正流出ブロックチェーン間の資産移動に利用される「ブリッジ」サービスの一つで23日、総額135億円(1億ドル)相当の暗号資産(仮想通貨)が不正流出したことが明らかになった。
1/TheHarmonyteamhasidentifiedatheftoccurringthismorningontheHorizonbridgeamountingtoapprox.$100MM.Wehavebegunworkingwithnationalauthoritiesandforensicspe…
引用元: CoinPost

四半期ぶりのビットコイン「メジャーSQ」24日に迫る、相場転換点となり得るか?|仮想NISHI氏寄稿

ビットコインマーケットレポート(6月23日~29日)執筆時点において、ビットコインは2万ドルを挟んだ動きとなっている。ビットコイン保有企業世界1位のMicroStrategy社CEOであるMichaelSaylor氏が発言した、マージンコール(追加証拠金の要請)となる価格の2.1万ドル付近が意識されていると考えられる。ビットコインは5月から下落基調にあるが、直近1週間は、明日6月24日が「ビットコインのメジャーSQ」といわれる、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)や多くの民間取引所の先物取引の清算日(S…
引用元: CoinPost

「ルパン三世」シリーズのNFT発売へ、1BLOCKの3DNFTプロジェクトとコラボ

ルパン三世がNFTをリリースアニメ「ルパン三世」PART6の公式ツイッターアカウントは23日、NFT(非代替性トークン)アイテムを販売することを発表した。トムスエンターテインメントが運営する情報サイト「ルパン三世NETWORK」によると、ルパン三世のNFTは日本初の3DCGを軸にしたデジタルファッションレーベル「1BLOCK」とのコラボレーションより実現。以下2つのラインナップがリリースされる。『LUPINTHEⅢRD』×「MetaSamurai」
Ground-breaking!MetaSamuraix…
引用元: CoinPost

イーサリアムL2「アービトラム」、NFTスタンプラリー「オデッセイ」を開始

アービトラム・オデッセイイーサリアム(ETH)のレイヤー2ネットワークArbitrum(アービトラム)で、8週間のキャンペーン企画「TheArbitrumOdyssey(オデッセイ)」が6月22日にスタートした。指定されたdApps(分散型アプリ)を利用することで、特典として最大17種類のNFT(非代替性トークン)を取得できる。アービトラムは、イーサリアムのトランザクションを非常に高速かつ安価にするために設計されたレイヤー2(L2)ネットワーク。アービトラムはまだ機能やバリデーターが限定されたベータ版では…
引用元: CoinPost

仮想通貨は買い一巡後に反落、景気後退見越した下落トレンド長期化懸念など根強く

仮想通貨市況23日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)が前日比1.6%安の274万円(20,300ドル)、イーサリアム(ETH)が2.9%安の14.6万円(1,080ドル)と下落した。
BTC/USD日足
2万ドルラインを底割れるなど売りが過熱していた反動もあり、ショートカバーを伴う反発がみられたが21日夜までに上昇を一服。日本時間22日夜に米上院委員会におけるFRB(米連邦準備制度)パウエル議長証言を控えていたこともあり、買い一巡後は利益確定売りが優勢となった。市民生活に深刻な影響を及…
引用元: CoinPost

金融大手Citi、仮想通貨企業METACOと提携

デジタル資産の管理プラットフォームを開発世界有数のグローバル銀行であるCitiは22日、スイスの暗号資産(仮想通貨)カストディ企業MEACO社と提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディプラットフォームの開発と試験運用を行うと発表した。
Citiispartneringwith@metaco_satodevelopinstitutionaldigitalassetcustodycapabilities.Readmorehere:https://t.co/egtx6OSkFhpic.twitter.c…
引用元: CoinPost

SBIの新VCTRADE 、取引所サービスのプレオープン提供開始

新VCTRADEの取引所サービス東証1部上場企業SBIホールディングス傘下の暗号資産(仮想通貨)取引所SBIVCトレードは22日、新VCTRADEの現物取引において「取引所サービス」のプレオープンを開始した。板取引形式で7銘柄が取引可能となる予定だ。新VCTRADEの取引所サービス(現物取引)の取り扱い銘柄は以下の通り。
ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)
XRP(リップル)ライトコイン(LTC)ビットコインキャッシュ(BCH)チェーンリンク(LINK)ポルカドット(DOT)
取引所サービスは、…
引用元: CoinPost

真の分散型システムに不可欠なPLUGINのオラクル・ソリューションとは?

分散型システムに移行する社会現代社会では、銀行を筆頭にあらゆる分野で中央管理者が制御するプラットフォームが利用されています。大企業が提供するサービスに安心感を感じるユーザーもいるかもしれませんが、実際には多くの利用者のデータや資産がリスクに晒されています。資金や機密データ、プライバシー情報の管理方法について第三者機関に対する信用(トラスト)に基づいており、特定の組織に権限を委ねているため、時々これらのセキュリティリスクが個人情報流出事件や人為的な誤操作などで顕在化することがあります。ブロックチェーン技術は…
引用元: CoinPost

機関投資家向けのDeFi融資、Babelの出金停止により約13億円の資金拘束

MapleFinanceの流動性機関投資家向けに無担保ローンを提供するDeFi(分散型金融)融資プラットフォームMapleFinanceは21日、BabelFinanceの出金停止により約13億円(1,000万ドル)の貸出資金が拘束されていることを公表した。プロトコルの設計上、担保資金が債務を一定割合上回っている場合にのみ貸し手はMapleのプールから資金を引き出すことができる。プール内の資金が不十分になることで貸し手の出金対応に応じられない場合があるとして、Mapleは以下のように述べている。22年6月…
引用元: CoinPost

Binance US、約70億円の資金調達を計画中か=報道

約70億円の資金調達を計画大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスの米国法人「BinanceUS」が、最大約70億円(5,000万ドル)の資金調達を計画していると、CoinPost提携メディアTheBlockなど複数の海外メディアが報じている。バイナンスUSは22年4月、シードラウンドで約270億円(2億ドル)を調達。出資には、RREVentures、FoundationCapital、OriginalCapital、VanEck、CircleVentures、Gaingels、GoldHouseなどが参…
引用元: CoinPost

ブロックチェーン分析企業Elliptic、仮想通貨関連の金融犯罪リスク防止のための手引きを公開

金融犯罪を防止するためにブロックチェーン分析企業のElliptic社は、暗号資産(仮想通貨)分野における違法行為や金融犯罪の類型の理解を促進するための包括的な報告書を発表した。報告書では、分散型金融(DeFi)やNFT(非代替性トークン)、ステーブルコインなど技術革新による新しい商品やサービスの普及と並行して、伝統的な金融サービス企業の参入が拡大していることに言及。仮想通貨の普及拡大の基盤が形成される中、「発展に伴う避けられないリスク」として、マネーロンダリングや詐欺、制裁回避など、仮想通貨の犯罪利用を挙…
引用元: CoinPost

The Sandboxが「キャプテン翼」と提携、Mintoと共同でLANDプロデュースへ

キャプテン翼がサンドボックス登場株式会社Mintoは21日、「TheSandbox」及び株式会社TSUBASAと協業し、ブロックチェーンベースのメタバース(仮想空間)『TheSandbox』上での『キャプテン翼Land』のプロデュースを行なうことを発表した。TheSandboxは、世界中のアパレル・IP(キャラクター等の知的財産)ブランドと提携しているが、日本発の漫画作品IPブランドとしては、TheSandboxにおいて『キャプテン翼』との提携が初の取り組みとなる。『キャプテン翼』は、1981年に「週刊少…
引用元: CoinPost

ソラナ・ウォレットを革新するアプリのトークン化規格「xNFT」とは?

xNFTBackpackの公開スマホアプリを操作するのと同様に、ウォレット上でdApps(分散型アプリ)を利用できる新しいコンセプト「xNFT」と、OS(オペレーションシステム)となる「xNFTBackpack」が暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)のエコシステムで公開された。現状、OpenSea(NFTマーケットプレイス)やAave(レンディング大手)等のdAppsは、ウェブサイトのように使用されている。ブックマークやGoogle検索からアクセスし、MetaMask(メタマスク)などの仮想通貨ウォレット…
引用元: CoinPost

英、自己管理型ウォレットの送金でデータ収集を行わない方針

マネロン規制に関する提案を修正英財務省は20日、暗号資産(仮想通貨)の非ホスト型ウォレットに関する、送受信者の識別情報収集について、一律ではなく、リスクベースのアプローチをとるよう変更すると発表した。財務省は昨年7月、金融活動作業部会(FATF)のトラベル・ルールに準拠する形で、「資金洗浄とテロ資金調達及び資金移動規制の改正」に関する協議文書を発表。全ての個人のウォレットへの送金について、個人識別情報の収集を義務付けるよう以下のような提案が盛り込まれ、物議を醸し出していた。仮想通貨企業は、仮想通貨送金の発…
引用元: CoinPost

2万ドル水準で揉み合うビットコイン、DeFiの預入総額はピーク時の3分の1水準に

仮想通貨市況21日の暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比+2.7%の275万円(20,407ドル)と続伸した。
BTC/USD日足
目下慎重論が根強いのは、世界各国の物価高を伴うインフレ指数が好転し、FRB(米連邦準備制度)による金融引き締め断行の姿勢が緩和されない限り、金融相場の大局は変わらないとする見解が背景にあるためだ。アナリストのBenjaminCowen氏は、米国のインフレ率、及び株式市場とビットコインとの相関関係に注目する一人。1970年代の相場を参照しても、歴史的に米主要株指数…
引用元: CoinPost

仮想通貨事業者に出金要請相次ぐ、清算問題がユーザーのパニック誘う

流動性問題が各所に飛び火ビットコイン(BTC)が2万ドルを取り戻し、暗号資産(仮想通貨)市場のボラティリティも一旦縮小傾向にある中、ThreeArrowsCapitalの債務問題が融資企業にもたらした流動性危機に対する市場の警戒感は依然として高いようだ。ケイマン諸島に拠点を置く仮想通貨取引所Hoo.comは19日、顧客資産の出金対応が24~72時間遅れることを報告。「最近の市場変動により業界の一部の大手機関が清算され、流動性が枯渇。これがユーザーのパニックを招き、大量の出金要請を誘発する別の問題が生じてい…
引用元: CoinPost

引き続きダウンサイドに警戒、22〜23日のパウエル議長発言も注目|bitbankアナリスト寄稿

今週(11日〜17日)の仮想通貨相場国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。

目次
ビットコイン・オンチェーンデータbitbank寄稿

ビットコイン・オンチェーンデータBTC取引数BTC取引数(月次)アクティブアドレス数アクティブアドレス数(月次)BTCマイニングプールの送金先取引所・その他サービスbitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)6月11日(土)〜17日(金)週次レポート:先週のビットコイン(BTC)対円相場は上値の…
引用元: CoinPost

分散型融資プロトコルSolendで大口ポジションの清算懸念、SOL市場への影響は?

Solendの大口ポジションのリスクソラナ(SOL)ネットワークの分散型融資プロトコルSolend上で、あるクジラ(大口投資家)の保有するロングポジションの清算リスクが危惧されている。19日にはリスク緩和を図りたいDAO(分散型金融)による緊急提案「SLND1」がスピード可決され、論争の的となった。プロトコルがユーザーポジションを調節するという中央集権的な内容と、提案が可決されるまでのプロセスの不公平性が問題視された。20日には「SLND2」が提出されており、SLND1の取り消しと大口ポジションの対策のや…
引用元: CoinPost

国際決済銀行(BIS)、仮想通貨の市場情報プラットフォームを立ち上げへ

仮想通貨の情報プラットフォーム国際決済銀行(BIS)のイノベーション・ハブ部門は17日、ユーロシステム・センターで実施される予定の新プロジェクト発表した。計画には、暗号資産(仮想通貨)関連のものも含まれる。同センターは、フランス銀行とドイツ連邦銀行の2つの拠点から構成されるセンターだ。ユーロ圏の全19の中央銀行および欧州中央銀行が協力する形の組織となる。発表された仮想通貨関連のプロジェクトは、市場情報プラットフォームを開設するというもの。オープンソースで構築し、市場資本、経済活動、金融の安定性に対するリス…
引用元: CoinPost