bitFlyer、国内外の無登録業者の投資案件に係る仮想通貨の入出金を制限へ

bitFlyer、国内外の無登録業者の投資案件に係る仮想通貨の入出金を制限へ仮想通貨(暗号資産)取引所を運営するbitFlyerは30日、顧客資産に関わる重要なお知らせとして、仮想通貨の入出金に係る対応方針を顧客向けのメールで明示した。メールでは、セキュリティの観点から仮想通貨の入出金元のアドレスの確認を行なっていることを報告。国内外で無登録業者として警告を受けている投資案件に係るものや、リスクが高いと判断したアドレスに係る入出金を例に、保留あるいは取消対応を行うとした。セキュリティの観点から、暗号資産(…
引用元: CoinPost

KuCoinハッキングで仮想通貨160億円相当を保護、「セーフガードプログラム」開始へ

KuCoinハッキング事件の詳しい被害状況は大手暗号資産(仮想通貨)取引所KuCoinで、9月26日に発生したハッキング被害。これまでに培った経験により、多くの仮想通貨プロジェクトが迅速に対応・連携して被害額を最小限に留めた。KuCoinが発表している情報によれば、ハッキングの影響を受け何らかの対応が取られた仮想通貨の合計価値は、概算158億~170億円ほどに上る。一方で、KuCoinのJohnnyLyuCEOが30日に行った最新の放送によれば、計1億4000万ドル(約147億円)の価値がある10種類の暗…
引用元: CoinPost

「BCゲームやソーシャルカラオケ等」LINE Blockchainを基盤とした外部企業サービス発表

LINEBlockchain基盤の開発進むゲーム開発等を手掛けるアクセルマークとオルトプラスは、LINEBlockchain上でスポーツを題材とするゲームの開発を発表した。アクセルマークは人気ブロックチェーンカードゲームのコントラクトサーヴァントを開発した企業として知られる。両社の100%子会社であるOneSportsが新たなゲームの企画・開発を行う。プロスポーツ選手をカードかしたゲームは、ユーザー保有の「デジタル資産」としてNFT化可能なブロックチェーンゲームの中でも近年人気の分野だ。すでにヨーロッパの…
引用元: CoinPost

米国下院でブロックチェーンとデジタルトークンの関連法案可決

二つの法案が同時採択米国の下院で、ブロックチェーンとデジタルトークンに関する法案がそれぞれ承認された。ダレン・ソト議員が提出した「ブロックチェーン・イノベーション法」と「デジタル・タクソノミー法」で、消費者安全技術法に組み込まれる形で可決。これらの法案は消費者保護に焦点を当てたもので、トークン詐欺から国民を守ることと、ブロックチェーンを活用して詐欺を阻止することを目的としている。ブロックチェーン・イノベーション法ブロックチェーン・イノベーション法は、連邦取引委員会(FTC)と協議して、商務省(DOC)に、…
引用元: CoinPost

ジブラルタル証券取引所、カナダ3iQビットコイン投資信託が上場

3iQビットコインファンドカナダのファンド管理会社3iQCorpの運用する暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資信託が、欧州ジブラルタル証券取引所に上場したことがわかった。今年4月は、初めてトロント証券取引所に上場している。同ビットコイン投資信託は、途中解約の出来ない「クローズドエンド型」の金融商品で、その利益は、米ドル建てのビットコイン価格変動に基づく。上場取引型金融商品(ETP)と同様の仕組みで提供されている。 価格のベンチマークは、ビットコインETFの申請を経験したVanEck社の子会社であるドイツの…
引用元: CoinPost

モナコイン相場分析 :長期の下落トレンドが継続も 、トレンドは弱体傾向 | ビットバンク マーケット情報

9月29日のモナコインの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。モナコインは約1ヶ月間14EMAを下回って推移しており強い下落トレンドが続いています。123円から反発し14EMAを試しましたが現在再び売られています。長期の下落トレンドが続いているモナコインですが、MACDは上昇に転じており下落トレンドが弱くなっていることを示唆しています。高止まりしていたADX(30)も徐々に下落しています。価格は3月に記録した安値圏に近づいており、売り圧力が弱くなっているようです。120円より下は強いサポートが予想されるため、注目の価格帯となります。120円を下回った場合は強い反発に期待したいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

ビットコイン相場分析 : 底堅い値動きが継続、価格は長期移動平均線を上回る | ビットバンク マーケット情報

9月29日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、オシレーターのCCIとFisherがプラス域で推移し、これをコンファームしています。昨日ビットコインは小幅に上昇し53EMAの上位に浮上しました。終値は114.6万円でした。今週は価格の大きな変動はみられていませんが、底堅い値動きが続いています。オシレーターは上向きに推移しており、モーメンタムも良好です。ADX(15)は引き続き下落しておりトレンドが弱い状態であることを示唆しています。一方、価格はレンジ上限の115万円付近で推移しており強気の値動きがみられます。今後9月19日の高値(116.9万円)を超えてくると上昇トレンドが発生する可能性があります。ビットコイン価格は長期移動平均線を超えチャートは強気に傾いており、引き続き底堅い値動きが予想されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

大口送金に揺れたBTC相場 本日は東京時間からボラ上昇に注意 | ビットバンク マーケット情報

29日のビットコイン(BTC)対円相場は15,898円(1.41%)高の1,146,514円と、前日の下げ幅を奪回。週明けの金相場の反発を追い風に、28日のBTC相場はおよそ1週間ぶりに一時115万円台に到達したが、29日朝方に海外取引所OKExへ5,000BTC(≒57.5億相当)の送金が確認されると上げ幅を一気に掻き消し、日次では下落していた。29日もドル安と金相場の上昇でBTCには好環境となったものの、アジアからNY時間序盤にかけては大口の利食い売りが警戒される格好で底堅くも上値も重い展開が続いた。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉
引用元: ビットコインニュース

BATとは|プライバシーを守るブラウザ「Brave」の特徴やBATの用途など

次世代型ブラウザBraveで利用できるBATとはBAT(BasicAttentionToken/ベーシックアテンショントークン)とは、現在のデジタル広告業界の課題を解決するために開発されたトークンです。BATは、プライバシーに焦点を当てたブラウザ、Braveのネイティブトークンであり、Braveの新たな広告モデルにより、デジタル広告業界が大きく変容する可能性があると多くの注目を集めています。国内の仮想通貨取引所でも、BATを取り扱う取引所が増えてきています。1.BATの基本概要1-1BATの特徴BATは、…
引用元: CoinPost

2020年のイーサリアム採掘手数料総額、初めてビットコインを上回る

イーサリアムの手数料総額がBTC追い抜く今年イーサリアムのマイナーに支払われてきた取引手数料の総額が、ビットコインマイナーへの手数料総額を初めて上回ったことが判明した。背景には、DeFiやイールドファーミングの隆盛があると考えられる。一方で、イーサリアム(ETH)平均取引手数料の高騰は落ち着き始めているとの見方もある。Coinmetricsのチャートによると、9月27日時点でイーサリアムの手数料総額は、3.5億ドル(約370億円)を超えており、ビットコイン手数料総額(約1.5億ドル)の2倍以上を記録した。…
引用元: CoinPost

デリバティブ取引所Opium、DeFi向け仮想通貨WBTCのCDS商品もローンチ

USDTに次ぐwBTCのCDSデリバティブ取引所Opiumが、WrappedBitcoin(WBTC)に係る信用リスクを予期して売買可能な金融派生商品、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を開始したことがわかった。DeFi(分散型金融)関連のリスクヘッジ商品となる。クレジット・デフォルト・スワップとは、「企業の債務不履行リスクを対象にした金融派生商品。対象となる企業が破綻し金融債権や社債などの支払いができなくなった場合、CDSの買い手が、金利や元本に相当する支払いを受け取ることができる仕組み」(参照…
引用元: CoinPost

KuCoin事件のハッカー、ビットコインアドレスでメッセージ発信

ハッカーからのメッセージ9月26日に発生した大手暗号資産(仮想通貨)取引所KuCoinのハッキングについて、ハッカーがVanityAddress*1を使ってメッセージを発信したことが分かった。KuCoinが公開している疑わしいアドレスから、仮想通貨メディアU.Todayが取引をたどり、関与するVanityAddressからメッセージを読み取った。その内容は以下だ。 大規模なハッキングだ。秘密鍵を所有していないなら、自分の仮想通貨とは言えない。
出典:Blockchair
*1VanityAddressは、…
引用元: CoinPost

イーサリアム相場分析 : 安値から強く反発、オシレーターは上昇に転じる | ビットバンク マーケット情報

9月28日のイーサリアムの日足終値は移動平均線を下回り弱気トレンドを示唆し、すべてのオシレーターがマイナス域で推移しておりこれをコンファームしています。イーサリアムのチャートは弱気を示唆していますが、9月24日から強く買われ間近安値(3.38万円)から11%ほど上昇しています。先週の後半から強く反発しており、ある程度の買いが戻ってきているようです。昨日は53EMAの回復に失敗しました一方、オシレーターは上昇中でモーメンタムは回復しています。MACDも本日からゴールデンクロスしています。長期では弱気トレンドが継続していますが、ADX(17)は低水準にあり下方向への推進力も落ちてきているようです。53EMAを超えてくるとチャートは強気に傾くため、強い買いシグナルを待ちたいところです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

仮想通貨1500万ドルが流出か、YFI関連最新プロジェクトの脆弱性で

テスト中のプロジェクトから流出構築中のブロックチェーンプロジェクト「eminence.finance」のコードの脆弱性が利用され、計1500万ドルに相当するステーブルコインDAIが流出したことがわかった。(29日10:00〜10:30に発生)
Ohmy…8mmDAIsentbacktotheyearndeployer!?what’shappening@AndreCronjeTechhttps://t.co/zLmpkmRFib—BlueKirby.eth//YFI(@bluekirbyfi)Septemb…
引用元: CoinPost

ビットコイン相場分析 : 明け方に売られ上昇を阻まれる、価格調整相場が続く | ビットバンク マーケット情報

9月28日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、CCIとFisherがプラス域で推移し、これをコンファームしています。MACDはマイナス域で推移していますが上昇傾向にあります。昨日は一時53EMAを超えて推移していましたが、明け方に売られ最終的には53EMAを下回り終値を迎えました。オシレーターも上昇しており強気ムードが出てきていただけに残念な下落となりました。ビットコインはレンジでの推移が続いており、大きなトレンドはまだ発生していないようです。ADX(16)も下落が継続しており価格調整相場であることを示唆しています。一方でADXは4月以来の低水準となっており次のトレンドの発生はそう遠くないと予想されます。このまま110万円より上位で値固めするようであれば、今後上昇トレンドが発生する可能性が高いでしょう。短期では価格が14EMAの上位で推移し強気を維持しているため、底堅い値動きが期待されます。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

【事前登録受付中】国産NMNサプリ高すぎる…ので、最安値に挑戦します。

イケハヤです。

新規事業として「国内製造NMNサプリ」の開発・販売を始めます!

NMNについては、長くなるので説明はしません。各自ググってください。

売れに売れている書籍「LIFE SPAN」で紹介され、今かなり注目を集めています。

NMNの可能性は、ぼくもこの本で知りました。読んでない方はぜひ。めっちゃ面白いです!

 

国産NMNサプリは富裕層向け。

で、このNMNサプリなんですが……

国内製造品がめちゃくちゃ高い!!

ぜひ調べてみてください。

目ン玉飛び出るくらい高いですw 1瓶で5万とか10万とかします……。

実際に市販されているNMNサプリの「100mgあたりの単価」を計算すると……

A社 1,701円

B社 1,416円

C社 1,296円

という具合で、国産NMNサプリは「1カプセル1,000円以上」が当たり前でした。

1ヶ月飲み続けると、3〜5万円、ないしはそれ以上かかる……という富裕層向けの成分です。

でもですね、海外生産の輸入品はだいぶ安くて、100mgあたり100〜150円とかそんなもんなんです。

なんでしょうね、この差は……。

なので、こだわらなければ輸入品もいいんですが……先日もプロテインバーで虫が混入する問題がありましたし、せっかくなら国産品がいいんですよね。

というわけで!

「国内製造品のNMNサプリの最安値」に挑戦してみようと思います。

 

いくらくらいになるの?

サプリを作るといってもぼくが製造するのではなく、専門のOEM業者に製造を委託します。

超たまたま、旧い友人がサプリメントのOEM事業に関わっているとのことで、彼の会社に任せることにしました。1973年創業、静岡の歴史ある会社です。

 

2週間前から動き出して、見積もりが一通り出揃いました。

気になる方もいるかと思うので書いておくと、初期ロットの製造費用は、ざっくり1,000万です

これは純粋な生産コストなので、倉庫・発送費用とかも考えると、1,200〜1,300万くらいは掛かるかもですね。

ここから逆算して見えてきた単価は……「定価12,800円(送料・税込)」。

この値段で売れば大失敗することはない……はず!!

 

内容量としては、125mg入りのカプセルが60粒入ってます。

1パックに7,500mgのNMNが詰まってるわけですね。

これを100mgあたりの単価にすると、「171円」となります!

比較すると……

A社 1,701円

B社 1,416円

C社 1,296円

弊社 171円!!

ということで、圧倒的に価格優位性がありますね。

 

なんで安くできるの?

安さの理由は3つくらいありまして、まずは広告費を掛けていない点ですね。

サプリ販売って一般に、広告をかなり使います。

でもですね、ぼくはインフルエンサーなのですよ……。

広告なんぞ打たずとも、手売りで相当な量をさばけてしまうのです!

少なくとも初期ロットについては、広告費はほんとうに「ゼロ」です。

そのぶんだけ、うちのサプリは安くすることができるわけです。チートプレイですね。

 

原価面で大きいのは「原料の見直し」ですね。

というのも、NMNってどうも、ここ最近かなり安くなってきているみたいなんです。実際、海外産のサプリはめちゃくちゃ安いですからね。

新規開発にあたって、OEM業者の方がリサーチして、高品質なサプリ原料を見つけてきてくれました。

アンチたちが「安すぎて怪しい!本物のNMNじゃないだろう!」と騒ぐかもしれないので、ちゃんと資料も用意中です。抜かりなし。

原料価格は長い目で見るとまだ下がっていくと思われるので、継続的に見直しをしていきたいと思います。来年の今頃はさらに安く提供できているといいですね。

 

最後に挙げられるのは、ビジネスモデルの観点

ご存知のとおり、ぼくはそもそもメディア事業で稼いでいます。

YouTubeを中心に、今期は年商5,000万くらいで着地できそうです。安定性は高くありませんが、経費率が非常に低いので、まぁなんとでもなります。

なので、サプリメントそのもので稼ぐ必要って、そんなにないんですよ。

もちろん事業なので収益は重視しますが、みなさんからぼったくるつもりは毛頭ありません。そんなことしたらアンチに叩かれますしw

サプリ自体は競争力を高める意味でも、価格を徹底的に落とします。そのほうが「頑張らなくても売れる」んで。

最悪、サプリ事業は赤字でもいいとすら思ってたりします。

うちの本業はメディアなので、頭がいい人はわかると思いますが、まぁいろいろ稼ぎ方はあるわけです。

 

早期割引販売のご案内。

というわけで、「今話題のNMNサプリ、試してみたい」という方は、こちらから事前登録をどうぞ。

販売開始したら、割引クーポン付きでご案内します!

事前登録はこちらから

スケジュール感まだ見えませんが、11月中には販売開始できる……かな?

なるはやで売りますので、しばしお待ちください〜。

 

インフルエンサーが商品開発、熱いね。

勘がいい方は気づいたと思いますが、ぼくらのようなインフルエンサーが独自商品を開発し、D2C的に販売するのは、めちゃくちゃ可能性があります。

特に、広告費を掛けずに、クチコミパワーだけで相当量を販売できるのはめっちゃ強いです。完全にチートプレイ。

今回はサプリなので徹底的に価格を落としてますが、商品ジャンルによっては、ブランド力を載せて高価格にするのもいいでしょうね。

ぼくらの場合「失敗してもそれすらもネタにできる」というのも、チート感が強いです。

もちろん、「1,000万掛けてサプリ作って大赤字……」という話にならないようがんばりますw

サプリがなかなか面白いんで、引き続き独自商品の開発は手広くやっていこうと思います。ぼちぼちスキンケアしたいので、化粧水とかやりたいですね〜。ヒゲ脱毛サロンとかも経営したい。

なかなか進んでないイノシシラーメンのスープも……そのうちできるはず!

インフルエンサービジネスの「第二章」をお楽しみください。

引用元: まだ仮想通貨持ってないの?

ファイルコインのメインネットローンチスケジュールが公開

Arrayファイルコインのメインネットローンチ日が、10月15日予定であると公式に発表されました。 開始後問題が起きなければ、そのまま10月19日から23日の期間でファイルコインメインネットリフトオフ(ファイルコインのスタートをお […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)

中国最大のイーサリアム採掘プールのガス代予測ツール「GasNow」が反響を呼ぶ

より正確なガス代予測中国最大のイーサリアムマイニングプールであるSparkpoolが、今年8月に公開したガス代予測ツール「GasNow」が中国で大きな話題となっている。SparkpoolはDeFi(分散型金融)が盛り上がり始めた今年6月頃、取引のトランザクションにかかるガス代(ネットワーク手数料)の見積もりと、実際に使用されたガス代の間に大きなギャップがあることに気づいた。ガス代がネックとなっているDeFiの営みにおいて、これは大きな問題となる。そこで8月12日、より精度の高いガス代予測ツールの開発を始め…
引用元: CoinPost

ビットコインの1万ドル超え、過去最長に 17年仮想通貨バブルの記録更新

仮想通貨市場のビットコイン価格で、日足の終値を基準として1万ドル(105.3万円)を超えた日数が、過去最長の63日に達したことがわかった。仮想通貨バブルとされる2017年12月1日から62日間続いた記録を更新した。17年当時と比較して最高値の更新はなく、ボラティリティ(価格変動性)は低いものの、1万ドルをサポートライン(下値支持線)にした底堅い値動きが続いている。仮想通貨取引・ブロックチェーンのデータ分析を行う「CoinMetrics」のデータによれば、180日間ボラティリティの推移は、直近で40%強減少…
引用元: CoinPost

Bitfinex、仮想通貨取引所で株価指数を対象とするデリバティブ取引提供へ

仮想通貨(暗号資産)取引所のBitfinexは28日、株価指数に関連したエクイティ・スワップ取引の提供を開始すると発表した。ヨーロッパの株式の株価指数「STOXXEurope50」とドイツ株価指数「Germany30」の株式指数を対象とした永久スワップ取引で、レバレッジ最大100倍のUSDT建で提供される予定だ。これまで、CMEのような業界外のデリバティブ取引所を通じたビットコインデリバティブ取引の提供が進んできた仮想通貨市場で、Bitfinexは業界外の株式指数を仮想通貨市場に取り入れる新たな施策を行う…
引用元: CoinPost

DeFiを代表するプロダクト|Uniswap、Kyber Network、MakerDAOを解説

DeFi(分散型金融)エコシステムは、多種多様なプロジェクトによって構成されている。従来の金融サービスに似た形のものもあれば、DeFiに独特なセクターも存在する。この記事では、DeFiエコシステムにとって要となる「流動性」と「価値の安定性」を提供する、主要なプロダクトを紹介する。流動性を提供する分散型取引所流動性とは、トークンの価値が急に変化したり、取引するのに非常に時間がかかったりといった不自由を感じることなく、シームレスにトークン売買ができるかどうかを示すときに使われる用語だ。DeFi分野に流動性を提…
引用元: CoinPost

オントロジーDeFiプロダクト、バイナンスプラットフォームにてローンチ

バイナンス、LaunchpoolでWingをローンチオントロジーの新しいDeFi(分散型金融)プラットフォームWingが、仮想通貨取引所バイナンスが運営するイールドファーミングプラットフォーム、Launchpoolでローンチされた。これによりユーザーは、LaunchpoolでWINGトークンのイールドファーミングを行うことができる。WINGイールドファーミングの仕組みユーザーは、バイナンスコイン(BNB)、バイナンスステーブルコイン(BUSD)またはオントロジー(ONT)をそれぞれのプールにステークするこ…
引用元: CoinPost

ビットコイン相場分析 : 週末は底堅い値動き、間近高値の116万円を目指すか | ビットバンク マーケット情報

9月27日のビットコインの日足終値は移動平均線を上回り強気トレンドを示唆し、CCIがプラス域で推移しこれをコンファームしています。FisherとMACDはマイナス域で推移しています。週末のビットコインは底堅い値動きとなり、小幅ながら2日連続の陽線を記録しました。価格は9月19日の高値(116万円)を目指しているようです。底堅い値動きが続いていることからオシレーターは上昇に転じており、モーメンタムは改善しています。FisherとMACDは遅行線を上回り上昇中です。一方、トレンドを示唆するADX(17)は下落中で強いトレンドがない相場状態であることを示しています。9月19日の高値を超えてくるとチャートはかなり強気に傾きます。今週の注目ポイントは116万円を超えるか否かになりそうです。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸
引用元: ビットコインニュース

盗まれた仮想通貨、ハッカーが一部売却へ

ハッキング事件から1日、最新状況はKucoinのハッキング事件から1日、各仮想通貨(暗号資産)事業者が協力して、流出資金を取り戻す動きを続けている。一方で、出来高が増加した分散型取引所を利用して、一部の資産を売却する動きも確認されており、業界を網を掻い潜ろうとするハッカーの動きも見られている。オンライン上で資金が集権的に管理できないケースがあるパブリックブロックチェーン上の仮想通貨は、ハッキング攻撃を伴う不正流出後の犯人の特定や資金の凍結措置に苦戦してきたが、グローバル規模の協力体制が進んだことで、被害を…
引用元: CoinPost

ネムグループ、「Symbol(シンボル)」のテストネットをリリース

ネムグループは26日、新ブロックチェーン「Symbol(シンボル)」ローンチに向けたテストネット「Hippopotamus(カバ):v0.10.0」のリリースを発表した。Symbolブロックチェーンのローンチを控える年末に向けて約3ヶ月間、テスト環境で運用が行われる。テストネット運用時に発見されたバグの報告フォームは日本語バージョンでも公開されている。テストネットは、v0.10.0でリリースされるが、運用時に発見されたバグ等の修正が行われた上で、メインネットのV1.0が正式にリリースされる予定だ。

引用元: CoinPost

「来週は経済の重要指標発表が目白押し」bitbankビットコイン週間市況と各金融市場の騰落率

今週の相場の動きは株や貴金属を含めた各相場の週間・月間・年初来騰落率、仮想通貨取引所bitbankアナリストによる週間ビットコイン(BTC)市場レポートを合わせてお届けする。
目次      各市場の騰落率bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧9/25(金)終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。25日のBTC(ビットコイン)価格は、約10,690ドルとなった。今週のニューヨーク株式市場は、NYダウが低迷する中、それにつられる形で仮想通貨(暗号資産)市場は全面安となっている。ゴールド(金)相場の急落…
引用元: CoinPost

EUが仮想通貨規制案を発表、VISAのデジタル決済取り組みに注目集まる|今週の仮想通貨重要ニュース

今週のニュース今週は、クレカ大手のVISAのデジタル決済分野の事業拡大や、世界初とみられる仮想通貨ETFの実現に関する記事に注目が集まった。24日には、欧州委員会が仮想通貨規制案を正式に発表した。また、ナスダックに上場するMicroStrategyが多額のビットコインを購入していることについて、CEOはその理由などを語った。

目次
今週のニュースランキング相場ニュース|今週の市場の動きは仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング1位:クレカ最大手VISA、仮想通貨(デジタル決済…
引用元: CoinPost

「Liskのフォージング報酬半減、Filecoinメインネット起動準備へ」次週注目ファンダとTAOTAOアナリスト解説

来週の注目ファンダ来週の注目ファンダとビットコイン(BTC)のハッシュレート推移、難易度調整予想、クリプト指標について解説します。Lisk(LSK)減少期に伴いフォージング報酬は2LSKから1LSKへ2020年09月28日(頃)2020年09月28日頃、13,451,520ブロック到達時点で2LSKから1LSKへフォージング報酬の減少が行われます。これはLiskブロックチェーン最後の報酬減期となります。Liskは世界で最も一般的に使用されているプログラミング言語“JavaScript”を開発言語とする、M…
引用元: CoinPost

中国メディア、暗号資産を絶賛 その理由は

Array仮想通貨は今年最も高パフォーマンスの資産であるといった内容が、中国主要メディアによって報道されたことが分かった。 中国官報が異例の報道 仮想通貨は今年最もパフォーマンスに優れた資産 COIN POST 中国政府の話はよく […]
引用元: COIN OTAKU(コインオタク)