31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿

今週5/18(土)〜5/24(金)の仮想通貨相場国内大手取引所bitbankのアナリスト長谷川氏が今週のビットコインチャートを図解し、今後の展望を読み解く。目次ビットコイン・オンチェーンデータbitbank寄稿ビットコイン・オンチェーンデータBTC取引数BTC取引数(月次)アクティブアドレス数アクティブアドレス数(月次)BTCマイニングプールの送金先取引所・その他サービスbitbankアナリスト分析(寄稿:長谷川友哉)5/18(土)〜5/24(金)の仮想通貨相場週次レポート:今週のビットコイン(BTC)対円…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース(+アジア特集)|イーサリアムの米SECによる現物ETF上場承認やSCBによる価格予想に高い関心

今週のニュースこの一週間(5/18〜5/24)に最も注目の集まった暗号資産(仮想通貨)ニュースのまとめをお届けする。今週は、米証券取引委員会(SEC)によるイーサリアム現物ETFの上場承認、英金融大手スタンダードチャータード銀行(SCB)によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリ「STEPNGO」の発表に関するニュースが最も関心を集めた。目次今週の注目ニュース金融相場アジア特集今週の注目ニュース「イーサリアムは24年末までに8000ドル到達の可能性」SCB、現物ETF承認の前提で(5/22)SCB…
引用元: CoinPost

参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ

写真撮影を通じた新体験を今週、参加型社会貢献ゲーム「PicTrée(ピクトレ)~ぼくとわたしの電柱合戦~」と、SnaptoEarn「SNPIT」、写真共有SNS「ピクティア」とのコラボ企画が発表された。「ピクトレ」は、ディープコイン(DEP)の発行体であり、GameFiプラットフォーム事業を展開するDigitalEntertainmentAssetPte.Ltd.(DEA)が、GreenwayGridGlobalと共同開発中のプロダクトである。このゲームは、プレイヤーがチームに分かれ、電柱やマンホールなどの…
引用元: CoinPost

ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結

再生可能エネルギープロジェクトで協力米ナスダック上場ビットコイン(BTC)マイニング企業マラソン・デジタルは25日、東アフリカに位置するケニア共和国のエネルギー・石油省と協定を締結したと発表した。
Gradually,thensuddenly.Historywasmadetoday.#MARApic.twitter.com/OIRFuHVmKZ—MARA(@MarathonDH)May24,2024
同国で、再生可能エネルギープロジェクトや技術インフラの発展、ケニア全土の経済成長の促進を目的とした枠組みを構…
引用元: CoinPost

イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に

ペクトラ、2025年第1四半期を目標にイーサリアム(ETH)の次期アップグレード「Pectra(ペクトラ)」の計画が明らかになった。5月23日のオンライン会議によると、Ethereumコア開発者は2025年第1四半期末を目標としている。Pectraは、実行レイヤーのPrague(プラハ)アップグレードとコンセンサスレイヤーのElectra(エレクトラ)アップグレードで構成される。今回のアップグレードでは、EOF、PeerDAS、EIP-7702などが採用される見込みだ。以下に主要な要素を説明する。EVMOb…
引用元: CoinPost

米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘

対SEC裁判で仮抗告の最終書面米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは24日、米証券取引委員会(SEC)との裁判で、仮抗告を求める最終書面を地方裁判所に提出した。その中で、先日下院でFIT21法案が可決したことを引き合いにだして、次のように指摘している。米国下院は、包括的なデジタル資産法案を超党派で承認した。この法案はSECが主張しているような広範な管轄権を否定している。FIT21は「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の略称である。これは仮想通貨市場における規制の不確実性を解消し、イ…
引用元: CoinPost

JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想

11月大統領選前より開始かJPモルガンのアナリストによると、イーサリアム現物ETFの取引は11月よりもかなり前から開始される見込みだ。暗号資産(仮想通貨)イーサリアムについては、24日に19b-4という取引所側の書類は承認されたが、取引を開始する前にS-1登録届出書を発効させる必要があり、現時点では正式な取引開始時期はまだ判明していない。SECがこれからS-1の承認プロセスに入る予定だ。関連:イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄JPモルガンのアナリストKennethWorthin…
引用元: CoinPost

火曜日以降の下落の流れ止まらず、取引所への利確送金も確認される

今週のビットコインは5月20日の1034万円から取引が始まりました。相場は月曜日から強く買われる動きとなり、先週から強かった流れが継続しました。対円では1100万円にタッチし過去最高値を更新しました。一方、高値圏からは利確売りに押される相場となりました。火曜日、水曜日、木曜日は全てマイナスとなり、一時1050万円近辺まで下落しました。現在も移動平均線(24EMA)を下回っており、底値を探る動きがみられます。週末の相場にやや懸念が残るチャートとなっています。
引用元: ビットコインニュース

深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画

CoinPostとKEKKAIの共同企画先日、XやYoutube上で活動するGrypto氏が、マルウェアによる被害から巨額の損失を被ってしまった事例が話題となりました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリを開発するKEKKAIとの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。※掲載はGrypto氏了承済
資金全部抜かれました完全にやられました「インタビューをする」という名目で色々やり取りし最後に「vorion」というミーティングアプリをダウンロードしてしまい10個以上のウ…
引用元: CoinPost

Kudasai子会社Omakase、野村ホールディングスから資金調達 Web3インフラ構築強化へ

Web3インフラ構築の需要に備え国内最大級の暗号資産コミュニティ「KudasaiJP」を運営する株式会社Kudasai関連の技術部門子会社である株式会社Omakaseは24日、野村ホールディングス株式会社を引受先とした第三者割当増資により資金調達を実施したと発表した。この出資は、国内外のブロックチェーンプロジェクトからのエンジニアリングサービスへの需要の高まりに対応するための体制構築を目的としており、人材確保やシステム構築を主な用途とする。Omakaseは、日本国内外でのプレゼンスと競争力を高め、今後も発展…
引用元: CoinPost

トヨタ車のサブスク「KINTO」 NFTを用いた安全運転証明の実証実験を開始へ

「安全運転」の証明をNFTに車のサブスクリプション(フルサービスのカーリース)を展開する株式会社KINTOは、安全運転の評価結果に基づいた独自のNFT証明書を発行する。モビリティ業界で初めての試みとなる、実証実験を2024年6月から開始する。将来的に、「安全運転ドライバー」としての証明をブロックチェーン上に記録することで、各種モビリティサービスをリーズナブルに利用できるスキームを構築する狙いがある。基盤となるのは、トヨタ自動車株式会社のコネクティッドサービス「T-Connect」で稼働中の評価システムだ。実…
引用元: CoinPost

現物イーサETF承認も取引開始はまだ先 本日は米経済指標に注目

23日のビットコイン(BTC)対円は1090万円周辺での揉み合いで取引を始めると欧州時間には小高く推移し70,000ドル水準にタッチした(≒1099万円)。一方、米時間に入ると、米新規失業保険申請件数の下振れやS&Pグローバルの5月米総合購買担当者景気指数(PMI)の上振れを受けて、相場は1070万円近辺まで一段安を演じた。その後も米株の軟化が重石となり、BTC円は1050万円周辺まで押すも、今朝方には米証券取引委員会(SEC)が申請されているすべての現物イーサETFを承認し、イーサ(ETH)が反発、BTCもつれて1070万円近辺まで戻した。しかし、ETHの反発は一時的なものとなり、BTCの戻りも限定的だった。
引用元: ビットコインニュース

仮想通貨コミュニティのトレンドから見る韓国市場=レポート

存在感を増す韓国市場韓国のWeb3戦略コンサル企業「DeSpread」は22日、同国の暗号資産(仮想通貨)市場の特性をまとめたレポートを発表。仮想通貨に対するコミュニティの強い関心に支えられ、世界市場で存在感を増していることが明らかになった。レポートは、メッセージアプリTeregramのチャンネルやGoogleトレンド、X、カカオトークなどのさまざまな・プラットフォームからのデータを調査し、2023年の韓国の仮想通貨コミュニティ独自の特徴と、主要な傾向について細かく分析した。はじめのトピックは2023年に、…
引用元: CoinPost

イーサリアムETFが米国初承認、PMIインフレ懸念で仮想通貨相場は乱高下

マクロ経済と金融市場23日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比605.7ドル(1.5%)安、ナスダック指数は65.5ポイント(0.39%)安で取引を終えた。米PMI(購買担当者指数)の速報値が市場予想を上回り22年4月以来の高水準を記録したことでインフレ懸念が再燃。これに伴い、FRB(米連邦準備制度)の利下げ期待が後退した。好決算の発表および、当面のAI(人工知能)需要継続を示唆した半導体関連銘柄エヌビディアの株価が前日比9.3%高となり、1000ドルの大台に乗った一方、PMIを受けた株価指数急落に伴い…
引用元: CoinPost

「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ

日本市場進出Web3系NFTトレーディングカードゲーム「Parallel(パラレル)」やAIシミュレーションゲーム「コロニー」を開発するカナダ拠点のParallelStudiosは23日、日本進出の戦略として、楽天ブックスと提携し、フィジカルなカードや漫画、グッズなどを流通し始めたと発表した。発表によると、楽天ブックスで、本などを購入すると、パラレルカードパックかマンガのどちらかがもらえる機会があるという。
𝗪𝗲𝗮𝗿𝗲𝗲𝘅𝗰𝗶𝘁𝗲𝗱𝘁𝗼𝗮𝗻𝗻𝗼𝘂𝗻𝗰𝗲𝗼𝘂𝗿𝗱𝗶𝘀𝘁𝗿𝗶𝗯𝘂𝘁𝗶𝗼𝗻𝗽𝗮𝗿𝘁𝗻𝗲𝗿𝘀𝗵𝗶𝗽𝘄𝗶…
引用元: CoinPost

イーサETF承認で市場はどう動くか? SECの決定に注目

22日のビットコイン(BTC)対円相場は続落するも、下げ幅は限定的だった。東京時間のこの日のBTC相場は70,000ドル水準(≒1097万円)周辺で揉み合いに終始。米時間に入ると、米仮想通貨規制の明確化を図るFIT21法案に対してホワイトハウスが反対する声明が出したが、懸念されていた拒否権行使に言及されていなかったことを好感し、相場は一時1100万円を回復した。ただ、この日は4月FOMC議事要旨や引け後のエヌビディアの決算を控え、寄付きの米株式市場は上値を重くし、BTCは反落。FOMC議事要旨では、利上げ再開の可能性やインフレ鈍化に想定以上に時間がかかることへの懸念が示されたが、BTC相場への影響は軽微だった。その後の相場も小甘い展開が続いたが、今朝方に米下院がFIT21を可決すると1085万円近辺で下げ止まっている。
引用元: ビットコインニュース

イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論

ソラナ現物ETFの可能性は暗号資産(仮想通貨)投資企業BKCMのブライアン・ケリー創設者兼CEOは、もしイーサリアム(ETH)の現物ETFが承認された場合、次にソラナ(SOL)の現物ETFが続くだろうと意見した。CNBCが報じた。
NEW:@CNBCGUESTPREDICTSTHATSPOT$SOLETFISPROBABLYNEXTpic.twitter.com/jUtWXkilGT—DEGENNEWS(@DegenerateNews)May22,2024
ケリー氏は、正確な時期は分からないものの、イーサリ…
引用元: CoinPost

香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定

虹彩データ収集の即時停止命令香港の個人データプライバシー委員会(PCPD)は22日、暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「Worldcoin(ワールドコイン)」が香港の個人データ条例に違反していると認定した。スキャン装置「オーブ」を使用した人々の虹彩データや顔の画像収集などは不必要・過剰であり条例違反であるとして、これらの活動の即時停止を命じている。ワールドコインは、サム・アルトマン氏らが共同創設した仮想通貨プロジェクトで、全世界の人々にベーシックインカムを配布することを目指すものだ。虹彩データにより人間である…
引用元: CoinPost

ブロックチェーンで円滑な企業連携を──NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ

ブロックチェーンを活用国内通信大手NTTドコモのWeb3子会社であるNTTDigitalは22日、ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクト「web3Jam(ウェブスリージャム)」の立ち上げを発表した。22日時点で14社がこのプロジェクトに賛同。これから賛同企業とともに、ブロックチェーン技術を活用して、社会テーマにおける共創の方法を検討・実施する。
出典:発表
14社の賛同企業は上記画像の通りで、これからも募集は継続。プロジェクトの運営とサポートは、NTTDigitalと博報堂キースリーが…
引用元: CoinPost

SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過

仮想通貨法案に反対表明米バイデン政権は22日、米国の包括的な暗号資産(仮想通貨)法案「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法(FIT21)」に反対する声明を発表した。政権としては、既存の権限をベースに仮想通貨やデジタル資産の包括的なルールを作りたいと説明。そうすることで、デジタル資産や決済システムの責任ある開発を推進して、世界の金融領域における米国のリーダーの地位を強化したいと述べた。関連:米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指すFIT21は22日午後に米下院が…
引用元: CoinPost

米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す

包括的な仮想通貨法案が採決へ米国連邦議会下院は現地時間22日の午後、暗号資産(仮想通貨)業界にとって大きな節目との指摘のある「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の最終討論と採決を行う予定だ。
FIT21は超党派の支持を得ており、米国で初めて仮想通貨の規制明確化を図る包括的法案が、ようやく承認されることが期待されている。同法案の主な目的は、デジタル資産に関する明確なルールを提供し、投資家と消費者を保護することだ。SEC(米証券取引委員会)とCFTC(米商品先物取引委員会)が共同…
引用元: CoinPost

BTCは反落も7万ドルを維持 FOMC議事要旨は無難通過か?

21日のビットコイン(BTC)対円相場は、前日の相場急伸から一転して71,000ドル水準となる1110万円周辺で揉み合う展開で取引を始めた。欧州時間に入るとこの日もイーサ(ETH)が確りとなったが、BTCは高値警戒感から上値を重くしていると、米時間序盤からは売りが加速。昨日の米株式市場は底堅い展開となったが、BTC円は下げ足を速め1100万円や70,000ドル水準となる1093万円を割り込んだ。一方、米市場引け後のBTCには買い戻しが入り小幅に反発し、終値では70,000ドル水準を回復、前日の上げ幅の大半を維持した。他方、ドル建てBTC相場は、前日に中期下降チャネルの上限をブレイクしていたが、昨日の反落でチャネル内に押し返されている。
引用元: ビットコインニュース

ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に

マクロ経済と金融市場21日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比66.2ドル(0.17%)高、ナスダック指数は37.7ポイント(0.22%)高で取引を終えた。米国株の暗号資産(仮想通貨)関連銘柄では、マイクロストラテジーが4.15%安と反落した。
CoinPostアプリ(ヒートマップ機能)
東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前日比227円安の3万8719円となった。日米株価指数を牽引するAI(人工知能)関連銘柄の米エヌビディアの決算発表を控え、半導体関連に売りが出るなどポジション調整の動きも見受け…
引用元: CoinPost

ビットコイン、日本円建てで過去最高値を更新

日本円建てで最高値を更新暗号資産(仮想通貨)ビットコインは21日、初めて日本円価格が1,100万円を超えた。過去七日間では約14%上昇しており、記事執筆時現在は1,095万円前後で推移しているところだ。一方、米ドル相当額では、依然として3月14日の73,738ドルがビットコインの過去最高値である。21日には米ドル建てビットコイン価格は約71,400ドルまで上昇し最高値に迫った。
出典:BTC/JPY(bitFlyer)
日本円は年初来、対米ドルで10%下落しているところだ。21日には米証券取引委員会(SEC…
引用元: CoinPost

米大統領選の思惑か計画通りか──SECのイーサリアム現物ETF審査を分析

イーサリアム現物ETF審査米証券取引委員会(SEC)は、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFを巡り、審査の方針を180度転換させた可能性があるとの見方が上がっている。情報筋からの話がベースになっていることもあり正確なことは不明確だが、今年の大統領選に向けて、イーサリアムの現物ETFの審査に政治的な思惑が絡んでいる可能性があるという。一方で、今回の動きはSECの予定通りだという指摘も上がった。SECとは「SecuritiesandExchangeCommission」の略。株や債券など証券の取引を監督…
引用元: CoinPost

分散型取引所大手ユニスワップ、SECに反論 裁判に臨む構え

証券性めぐるSECの主張に反論暗号資産(仮想通貨)分散型取引所大手Uniswap(ユニスワップ)は21日、米証券取引委員会(SEC)が同社に対して発行したウェルズ通知に対する反論を公開した。ウェルズ通知とは、SECが企業や個人に法的措置を講じる予定であることを正式に伝える文書である。SECは、ユニスワップが未登録で証券取引所および証券ブローカーディーラーとして運営しており、UNIトークンが投資契約を表すと主張している形だ。関連:仮想通貨DEX大手Uniswap、SECから訴訟の警告ユニスワップは、こうしたS…
引用元: CoinPost