NFLのレジェンド、記念球返還したファンにビットコイン贈呈

記念球を捕球したファンにビットコインNFLを代表するQBのトム・ブレイディ選手は25日、記念球を捕球したファンに暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を贈呈したことを明らかにした。ブレイディ選手は、日曜日の試合で通算600回目のタッチダウンパスを記録していた。ビットコイン贈呈の経緯スーパーボウルを7度制覇しているレジェンドでクォーターバックのブレイディ選手率いるタンパベイ・バッカニアーズは、この日38対3でシカゴ・ベアーズに快勝。ブレイディ選手は、通算TDパス数を602まで伸ばした。NFL(プロアメリ…
引用元: CoinPost

NFT取引の注意点と活用事例 主なマーケットプレイスの特徴を解説

NFT取引の注意点著名アーティストの作品が75億円で落札されるなど、世界中で高額販売の事例が相次ぎ、活況を呈するNFT市場。日本も例外でなく、数々の大企業が参入を表明し、しのぎを削っている状況です。本記事では、このようなNFTをめぐる現状をみて、「自分もNFTを売買して見たい」「NFTで利益を得たい」と思っている方向けに、そのヒントをお伝えします。関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説
目次
NFTとはどんな種類のNFTがあるの?どこでNFTを売買できるの?どのようにNFTを売買するの?N…
引用元: CoinPost

リップル社、中東地域で初のODL導入へ

中東初のODL導入事例リップル社は26日、中東地域のブロックチェーン企業Pyypl社が暗号資産(仮想通貨)XRP(リップル)を利用するODLを導入することを発表した。まずはアラブ首長国連邦(UAE)での国際送金で利用する。ODL(オンデマンド・リクィディティ)はリップル社の提供するプロダクトの一つ。従来の国際送金では現地通貨を事前に保管しておく必要があるが、仮想通貨XRPをブリッジ通貨として利用することで、送金コストの削減や時間短縮などにつながるとしている。XRPが現地に到着した際に、法定通貨と交換する仕…
引用元: CoinPost

「正規NFTを判別可能に」JCBIがウォレット・コントラクトアドレスの認定事業開始

ウォレット・コントラクトアドレスの認定事業ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ(JCBI)は26日、一般社団法人となり、コンテンツ企業向けのウォレット・コントラクトアドレスの認定事業を開始したことを発表した。JCBIは、ブロックチェーン技術を活用した共同運営型のプラットフォームにより、日本のメディア・コンテンツ業界のデジタルトランスフォーメーションを促進するための企業連合。2020年2月に7社共同で任意団体として発足以降、様々な業界の企業が参加。現在では、朝日新聞、エイベックス・テクノロ…
引用元: CoinPost

シンガポールの決済企業Nium、世界の銀行に仮想通貨サービス提供へ

金融機関の仮想通貨参入を容易にシンガポールの決済ソリューション企業Niumは25日、金融機関が暗号資産(仮想通貨)を扱えるようになる一連のサービス「Crypto-as-a-Service(CaaS)」を提供開始すると発表した。金融機関は、NiumのAPIを統合することで、ユーザーに仮想通貨投資を提供できるようになるという。このサービスは、2021年に米国でスタートし5つの仮想通貨に対応、さらに2022年には、35カ国で20銘柄の通貨に対応する予定だ。APIとは
「ApplicationProgrammin…
引用元: CoinPost

マスターカード、銀行等の仮想通貨サービス導入を可能にする新サービス提供へ

マスターカードの新サービス決済大手マスターカードが、同社の決済ネットワークを利用する企業(銀行や加盟店)が仮想通貨サービスを導入できる仕組みを準備していることがわかった。加盟店や銀行などは簡単に仮想通貨を利用したサービスを提供できるようになり、一般消費者のデジタル資産エコシステムへのアクセスが拡大する。同社はこの新たなサービスを「Crypto-as-a-Service(CaaS)」として位置づけた。顧客が提供できる予定の仮想通貨サービスには、デジタル資産の売買(取引機能)や保有(ウォレット機能)、仮想通貨…
引用元: CoinPost

ビットコイン先物OIは過去最高更新、イーサリアムのバーン総量2800億円を超える

10月の仮想通貨動向10月第3週の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)は20日、4月14日以来およそ6ヶ月ぶりに過去最高価格(ATH)を更新、66,000ドルを突破した。日本円建で760万円に達した(bitFlyer)。
出典:CoinMarketCap
イーサリアム(ETH)も5月以来となる4,000ドルの高値圏に突入し、一時は4,300ドルまで高騰。EIP-1559の導入以降、バーンされたETH総量は60万ETHを突破し、25億ドル(約2,880億円)相当の量に達した。
出典:CoinMa…
引用元: CoinPost

仮想通貨IOTA、スマートコントラクト機能(べータ版)提供開始

満を持したスマートコントラクト機能提供暗号資産(仮想通貨)IOTAの研究・開発を行う非営利組織「IOTA財団」は21日、新たにスマートコントラクト機能を備えたベータ版の提供開始を発表した。財団によると、IOTAスマートコントラクトの目的は、手数料、スケーラビリティ、相互運用性といった既存のソリューションの欠点を解決し、今後見込まれる爆発的な成長のチャンスをフルに生かす、新たなエコシステムを構築することだという。IOTA2.0DevNetでスマートコントラクトの開発が可能になるが、相互運用性の面ではイーサリ…
引用元: CoinPost

テックビューロ、新生COMSAのサービス開始予定と「CMS:XYM」のエアドロップを発表

「新生COMSAサービス」ローンチへテックビューロ株式会社は25日、11月25日よCMS:XYMトークンのエアドロップをオプトイン形態で開始すること、及び「新生COMSA」のローンチを発表した。事実上の大型アップデートだと思われる。新生COMSAでは、すでに発行されているコムサトークン「CMS:ETH」、「CMS:XEM」、「CMS:XYM」によるトークン3種の価値の最大化を目指すとしている。COMSAとはCOMSAとは、テックビューロ社が開発した、実ビジネスにおけるブロックチェーン技術の導入を支援する「…
引用元: CoinPost

米CFTC、予測市場プラットフォームPolymarketを調査

CFTCが調査米CFTC(商品先物取引委員会)が、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)基盤の予測市場Polymarketを調査していることが判明した。ブルームバーグが報じた。Polymarketは、23歳のShayneCoplan氏が設立した米ニューヨークに拠点を置く予測市場プラットフォーム。昨年11月の米大統領選挙の結果やスポーツの試合結果など、最新トレンドに基づく先物市場を提供しており、昨秋には400万ドル(4.5億円)の資金調達を完了したばかり。また、関係筋によれば、最近でも10億ドルの評価額…
引用元: CoinPost

「NFTはこれから」日本発のNFTマーケットプレイスが目指すもの

動画コンテンツ紹介9月30日に、SBIホールディングス株式会社はNFTマーケットプレイス「nanakusa」を運営する株式会社スマートアプリの株式を取得し、連結子会社化したことを発表し、社名は「SBINFT株式会社」に変更された。また、SBINFTが国内でアート×ブロックチェーン事業を手がけ、アートのブロックチェーンインフラ「Startrail」を構築するスタートバーン株式会社と業務提携に関する基本合意書を交わしたことも発表され、今回の提携により、ブロックチェーンを活用したプラットフォーム事業の拡大に向け…
引用元: CoinPost

分散型ウェブがもたらすプライバシー改革とは|オーキッド寄稿

Web3.0が変えるプライバシー意識ここ数年、デジタルテクノロジーの未来を牽引する重要な要素として、分散化が急速に台頭してきました。金融、ゲーム、NFTなど様々な分野でのブロックチェーンアプリケーションの成長に後押しされ、分散型テクノロジーは、私たちの経済およびそれを支えるデジタルインフラの中核的存在となりつつあります。この新しい傾向は、いくつかの異なる名前で知られるようになりました。代表的には「Web3.0」、あるいは「分散型ウェブ(DecentralizedWeb)」などです。名称がどうあれ、この現象…
引用元: CoinPost

過去最高値更新のビットコイン、調整入るも今後の資金流入はポジティブ

今週(16日〜22日)の仮想通貨相場今週のビットコイン市場は760万円と過去最高値を記録。この影響はアルト市場にも波及し、ETHやSOLなども大きく価格を上げている。

目次
各市場の騰落率bitbank寄稿

各指標の騰落率一覧22日の終値時点の週間騰落率は、以下のようになった。
週間騰落率
月初来騰落率
月間騰落率
年初来騰落率
年間騰落率
(今週の騰落率は、先週の終値、今週の終値を用いて計算。月初来、年初来についても前の月、年の終値で計算)(仮想通貨の価格は取引所コインベースを参照、各銘柄の価格は…
引用元: CoinPost

週刊仮想通貨ニュース|ビットコインETF上場で過去最高値更新、GMOコインにXYM上場

今週のニュース一週間(10/17~10/23)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。今週は、米国初のビットコインETF承認、取引開始を迎え、ビットコインも上昇した。市場では、ビットコイン先物ETFの初日出来高が1000億円を突破した。このほか、国内取引所GMOコインでシンボル(XYM)が上場、bitFlyerもXYMの配布方針を発表した。

目次
今週のニュースランキング相場ニュース|今週の市場の動きは仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング1位:米初のビットコイン先物ET…
引用元: CoinPost

コスモスによってステーブルコインはどう変わるのか【CONNECTV・動画解説】

動画コンテンツ紹介暗号資産(仮想通貨)市場に、様々なブロックチェーン上で発行されたステーブルコインが数多く存在しているが、コスモス上でステーブルコインを発行することはどういった意味があるのだろうか。今回のCONNECTVでは、株式会社CauchyE代表木村優氏を講師としてお招きして、コスモス上でステーブルコインを発行することによってどのような課題を解決し得るのかについて、コスモスをまだ詳しく知らないという方にも分かりやすく動画で解説をする。動画の目次ステーブルコインとはコスモス上でステーブルコインを発行す…
引用元: CoinPost

仮想通貨重要トレンド、レイヤー2による投資機会【CONNECTV・動画解説】

動画コンテンツ紹介イーサリアムを初めとしたブロックチェーンのスケーラビリティ問題の解決策として「レイヤー2」が注目されている。今回のCONNECTVでは、「レイヤー2はどのうような投資機会を創出し得るのか」についてHashHubCEO平野淳也氏に解説をしていただいた。暗号資産/ブロックチェーンのリサーチサービス「HashHubResearch」とCONNECTVのコラボ企画として配信してく番組「『HashHubResearch』を読む」では、今後もさまざまなリサーチレポートを解説、深堀していく。動画の視聴…
引用元: CoinPost

金融庁開催の研究会 DeFiやステーブルコイン規制を議論

DeFiやステーブルコインを議論金融庁は22日、9月15日に行われた金融庁によるDeFi(分散型金融)やステーブルコインの規制などに関する研究会の議事録を公開した。関連:金融庁「デジタル・分散型金融に関する研究会(第2回)」の議題を公開「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」は、学習院大学の神田秀樹教授が座長を務め、ジョージタウン大学の教授でありBGINの議長を務める松尾真一郎氏やLayerXのCTO、松本勇気氏らが参加している。2回目となった今回の研究会では、前回に続き松本氏をはじめ技術…
引用元: CoinPost

Web3.0時代のデータとID管理とは|Ontology(オントロジー)寄稿

Web3.0への転換点インターネットはいま、重大な転換点を迎えつつあります。10年前には想像もつかなかったような、社会の根幹を揺るがすような変化の瀬戸際にあるともいえます。Web3.0は、より分散化された、オープンかつ安全なインターネットを、正しい指針のもと提供することが可能です。その実現のためには、企業ではなく個人が、そして利益ではなくプライバシーが、Web3.0の主導権を握る必要があります。関連:Web3.0で何が変わる? ブロックチェーン技術が実現させる新しいインターネットデータ争奪戦Web2.0時…
引用元: CoinPost

身代金の8億円ビットコインが移動中、米企業などのランサムウェア攻撃で

「ダークサイド」のビットコインが移動ブロックチェーン分析企業Elliptic社は22日、米国企業にランサムウェアを利用した大規模なハッキング攻撃を行ったグループ「ダークサイド(DarkSide)」が保有する700万ドル(約8億円)相当のビットコインが動き出したと発表した。5月に、米国最大規模の石油パイプラインを運営するコロニアル・パイプライン社がランサムウェア攻撃を受け、パイプラインの稼働を一時的に停止していた。この攻撃にも、ロシア語圏のグループとされるダークサイドがシステムを提供していた。この事件に関し…
引用元: CoinPost

FTX、マイアミ・ヒートのNBA開幕戦で限定NFTを配布

FTXアリーナでヒート快勝 NFTも配布大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXは米時間21日、米フロリダ州マイアミのFTXアリーナで開催されたNBA開幕戦の入場者全員に記念NFTを配布した。FTXは21年春、プロバスケットボールチーム「マイアミ・ヒート」の本拠地である旧名「アメリカン航空アリーナ」の命名権を獲得したばかり。以後、米プロスポーツ界の提携を積極的に行っており、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)界の伝説的ベテランのトム・ブレイディ選手とのアンバサダー契約を締結した。関連:仮想通貨取引所FT…
引用元: CoinPost

バイナンス、新規取引ペア3つを追加

新規取引ペアを追加大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは22日、新規取引ペアの追加を発表した。追加される取引ペアは以下の通り。先週に続き、ファントム(FTM)の取引ペアを追加したほか、シークレットネットワークのネーティブトークンである仮想通貨シークレット(SCRT)が対象となった。
ファントム(FTM)/オーストラリアドル(AUD)ファントム(FTM)/ブラジルレアル(BRL)シークレット(SCRT)/バイナンスUSD(BUSD)
取引は日本時間22日19時より開始される。バイナンスUSでフラッシュク…
引用元: CoinPost

仮想通貨取引所AscendEX、リスク分散プラットフォームWaterfall DeFiを上場

AscendEXがWaterfallDeFiを上場暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、トランチングによるリスク分散プラットフォームのWaterfallDeFiを上場したと発表した。米ドルステーブルコインUSDT/WTFのペアで取引可能となっている。WaterfallDeFiは、利回りを生むDeFi資産ポートフォリオをトランチングすることで、リスク分散を提供するプラットフォーム。トランチングとは証券化商品の組成において、リスクや利回り等によって区分けを行うことを意味する。WaterfallDeF…
引用元: CoinPost

bitFlyer、ネムの新通貨XYMの付与方針を発表

bitFlyerがXYM付与へ国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは22日、ネム(XEM)の新通貨であるSymbol「ジム(XYM)」に関して、オプトインに伴う対応方針を発表。付与タイミング予定を2022年3月中とした。(延期する可能性あり)
【暗号資産ネム(XEM)のSymbol(XYM)オプトインに伴う対応方針について】現在当社では、XYMの付与に向けた準備を進めております。詳細は以下をご確認ください。https://t.co/IahoPNpLmj・付与のタイミング(予定)2022年3月…
引用元: CoinPost

サザビーズのNFTマーケットを支援するMojito、23億円調達

サザビーズのNFT手掛ける新興企業が資金調達NFTマーケットプレイスの構築を支援するMojitoは22日、最初の資金調達ラウンドで2,000万ドル(約23億円)を調達し、評価額が1億ドル(約114億円)に達したと発表した。FuturePerfectVenturesがラウンドを主導し、サザビーズ、Serotonin、MooreStrategicVentures、CMTDigital、Sfermion、Ancientなどが参加している。資金調達の発表と同時に、Mojitoはサービスの正式ローンチを発表した。

引用元: CoinPost

「Mirror World」の開発元rct AI、シリーズA3ラウンドで約12億円の資金調達を完了

rctAIが11億円の資金調達に成功ゲーム業界にAI(人工知能)技術を活用したソリューションを提供しているrctAIは21日、1,030万ドル(約12億円)相当のシリーズA3資金調達ラウンド完了を発表した。出資ラウンドに参加した企業や個人は以下の通り。
YuanyuzhouVentures(リードインベスター)SpringWindVentureCapitals(リードインベスター)GalaxyInteractive(シリーズA2におけるリードインベスター)BonfireUnionEverestVentur…
引用元: CoinPost

DCG、ビットコイン投資信託の購入予算を10億ドルに引き上げ

BTC投資信託の購入予算引き上げデジタルカレンシーグループ(DCG)は20日、グレースケールが提供するビットコイン投資信託(GBTC)の購入分を増やす計画を発表した。これまで発表していた7億5,000万ドルから10億ドル(約1,100億円)まで、購入可能な予算を引き上げる。現時点で購入に当てた予算額は3億8,800万ドル。予算追加する形で、GBTCの需要創出に繋げる考えだ。GrayscaleInvestmentsは、デジタル通貨を主な投資事業とするDigitalCurrencyGroupの子会社で、金融の…
引用元: CoinPost

ブロックチェーンゲーム企業Animoca Brands、70億円超の資金調達でNFT事業強化へ

74億円の資金調達を完了ブロックチェーン企業のAnimocaBrands社は20日、22億ドル(2,500億円)の評価額に基づいて6,500万ドル(74億円)相当の資金調達を完了したことを発表した。AnimocaBrandsは多数の企業や投資家らと引受契約を締結。総額74億円に相当する、累計4,385万枚の新規株を1株あたり約1.48ドルで発行した。参加した企業は以下の通り。
LibertyCityVenturesUbisoftEntertainmentSequoiaChinaDragonflyCapit…
引用元: CoinPost

米仮想通貨投資企業Bitwise、Polygon(MATIC)の投資信託を販売へ

Bitwise、MATICの投資信託を発表米暗号資産(仮想通貨)投資企業Bitwiseは機関投資家向けの商品を拡充し、Polygon(MATIC)の投資信託(ファンド)を販売することを発表した。Bitwiseはこれまで、主要銘柄の投資信託『Bitwise10CryptoIndexFund』とDeFi系投資信託『BitwiseDeFiCryptoFund』を提供し、1,600億円相当の資産を運用。BitwiseDeFiCryptoFundなど、DeFi銘柄に間接的に投資できるファンドの提供などを行ってきた。…
引用元: CoinPost

ブロックチェーンはアフリカを変えるか? Jeluridaが現地で普及活動

急成長する巨大市場、アフリカアーダー(Ardor)、イグニス(Ignis)、ネクスト(Nxt)の開発および提供で知られる、スイスのブロックチェーン企業ジェルリダ(Jelurida)が10月12日、教育イベント「EastAfricaBlockchainExpedition(東アフリカ・ブロックチェーン・エクスペディション)」の開催を発表。10月23日〜11月24日までの約1ヶ月間、東アフリカの8ヶ国でブロックチェーン技術の教育と普及を目指す。
JeluridaAfricaWillKickoffTheEast…
引用元: CoinPost

国内大手仮想通貨取引所「GMOコイン」 シンボル(XYM)上場

国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所GMOコインは20日、シンボル(XYM)の取扱いを開始した。対象サービスは、「取引所(現物取引)」と「貸暗号資産」の2つ。
【シンボル(XYM)の取扱開始および付与完了のお知らせ】GMOコインは、2021年10月20日(水)より、シンボル(XYM)の取り扱いを開始いたしました。また、2021年3月12日のネム(XEM)スナップショット取得により発生したシンボル(XYM)の付与を実施いたしました。https://t.co/JiBU0rUHbM—GMOコイン【公式】(@gmo…
引用元: CoinPost